fc2ブログ

「PERSONA ~trinity soul~」#21【残刻】哀れだ…。

今回はけっこう今まで謎だった部分が明らかになりました。
ぽろぽろ解って来ていたアヤネのことも、
ここで更に整理された感じですね。
そうしてみて、やはり言えるのは、「切ないなぁ」ですねぇ。
稀人の連中も、アヤネも。
根底にあるのは「愛されたかった」ってことだもの。
父に愛されたかったアヤネ、孤児の自分たちを施設ごと引取り
育ててくれた小松原(九條)の恩に報いたかった統馬たち。
弱い立場の彼らに「特別」という甘い言葉を与えて自信つけさせて、
利用してた小松原(九條)が憎いよ。

あらすじは、公式HPより。


第21話「残刻」
洵を拉致した稀人たちは洵のペルソナを利用し、
制御の限界を超えつつある複合ペルソナの安定を図ろうとする。
そして慎は、かつてペルソナの研究に関与していた柊社長から、
諒だけが知っていた両親の過去についての真実を知らされる。


あー、楢埼はやはり無気力症になってしまいましたね。
あんな目の前で発動されたんじゃ…ね。
でも叶鳴のペルソナで、というのが更に不幸。
楢埼は彼女を"守る側"に入れていたのに。

結祈が持っていた紙袋の中は女性用の服。
ブラウス?ワンピースかな。ピンク色でフリフリで。
それを見つめる慎の表情が重い。

稀人たちのアジトを見つけるため、洵(結祈)を囮に使ったと
知って激怒する慎。
自分じゃいけなかったのか!という言葉に、つくづく兄だなと思う。
諒とやっぱ兄弟ね。弟が危ない目に合うぐらいなら自分が、と思う。
でも稀人が欲していたのは洵だから。
いや正確には洵のペルソナ。あの癒しの力を持つ子が必要なのよ。
底を付きかけてる制御剤の代わりにね。

すぐに洵の命が脅かされることはないだろうと冷静な真田。
人がペルソナを持て遊ぶことで積み重ねて来た歪みと、
更なる歪みの可能性の全てを一刻も早く断たねばならない。
それは確かに必要なこと。
だけど慎にとっては、
「知るかよそんなこと!」になるさ。
その為になんで洵と結祈が危険に晒されなきゃいけないのか。
「洵に…結祈に…もしものことがあったら、
どーしてくれるんだよ!!」

慎がちゃんと結祈も個人として訴えてるところがまた泣けます。
作画、ちょっと怪しげになってきてハラハラですが、
慎に襟を捕まれた真田のアップは綺麗!カッコ良かった。
あ…殴った。慎、やるなぁ。
「お前の兄貴からも…一発喰らった気分だ」
うん…その気持ちはわかる。

さて稀人のアジト。
結祈が「今は出せない」と言ったのを怖がってるとでも捕らえた荘太郎。
どのみち強制発現させるって…それでも無理よぉ洵いないんだから。
やっぱ、洵&結祈は、まゆり=沙季と解ってたんだ。
何故皆に言わなかったのかと問う沙季。
「揺れてるの…解ってたから」
確かに揺れてたし、根は悪くない子だよ沙季は、でもね…。
まったく洵&結祈はお人よしなんだから。
良心が読めてしまうのも問題かなぁ。

うお…叶鳴、お目覚め。
沙季を見て、まゆりに化けて自分達を騙してたのか、
なんていっちゃってます。
ほんとに別人格の時の記憶、残らないのね。
山崎まゆりは存在しない。そして、叶鳴のこの人格も。

学校では無断欠席者続出で、教室はガランとしてます。
矢野くんは出席してるけど、
「ちがうもん、僕こうきだもん。かやまこうき」
…多分中身の年齢はもっと低いのね。
小学生くらいかもしれない。
いきなり高校生の身体じゃ驚くわなぁ。
みんなに笑われてるけど、同情しちゃったよ。
この子のせいじゃないんだものね。
「だってちがうんだもん。ちがうんだってばぁぁ」
泣き出しちゃった、矢野の身体に入ってるこうき君。
結局お母さんがタクシーで迎えに来たみたいだけど、
それも飛び出してます。
あー、やっぱ小学生だな。

なにがどーなってるのか…。
早退してまゆりと叶鳴のところへ行ってみようと言うめぐみ。
そして洵も様子がおかしかったことを拓朗に告げる。
女の子と話してるみたいだった。
えぇ結祈は女の子ですし。
亡くなった妹、結祈のことは知ってるめぐみと拓朗。
昨晩、真田に詰め寄った時の台詞もちゃんと拾っていた。
ひょっとしたら洵も、さっきのこうき君と同じことが起きてるのかとでも
思ったみたいだけど…。
ちょっと違うんだけどね、洵たちは。

囮の件は、洵が自分から言い出したことだった。
真田も考えてはいたが、危険すぎるし常軌を逸してる。
だから実際の選択肢には上げなかった。
だが…やはりそれしか方法がなかった、ということですな。
『みんなの悲しみの元を、失くす戦いなんでしょ?』
組織の中に居ながら組織だった行動が取れないでいる真田&戌井たち。
与えられた任務は事実の隠蔽、だが彼らはその根絶を目的としている。
渡った薬剤の量や、複合ペルソナの状態から察して、
ここ数日で稀人たちが動くことは計算出来た。
それは自分たちにとっても最後のチャンスだったのだと戌井は言う。
そして「すまない」と慎たちに謝る。
彼らを巻き込み、命を掛けさせることを当たり前のこととは思っていない。
真田も…。
「あの人は昔…ボクシングの学生チャンピオンだった」
ハッとする慎。そう、そんな人を殴ったのよね、アナタ。
真田はボクシング馬鹿でしたよねぇ。
武器もグローブで、戦闘スタイルはパンチで。懐かしい~。

慎は柊社長に会いにきましたが、アポなしで大手企業の社長には会えませんぜ。
やっぱ断られたようですな。
でも丁度車で出かけた柊の姿を見て…追いかけますか。

洵(今は結祈)のペルソナを強制発現するべく、荘太郎と宇働が迎えにくる。
なんでこんなことをするのかと抗議する叶鳴に、
「もう1人の貴女は、教えてくれないの?」と沙季。
ほんと、解ってないようですね叶鳴は。
その人形、黙らせてよと荘太郎。
人形…なんだよねぇ叶鳴。
同じ施設に居て1人だけ裕福な家庭に貰われたから、
山崎まゆりに負い目を感じている。
それはあくまでも設定。
叶鳴の両親の影って全く感じられなかったけど、
実際居ないんだろうね、多分。
あのマンションも、1人で住んでたんだろう。
仕事忙しくて不在がちな両親、じゃなくて、
そういう設定にしといて実は存在していない、と。
沙季がまた耳元で囁くと、パタリと倒れました。
叶鳴も可哀想っちゃ可哀想だよな。

荘太郎は怖がってる。空っぽになることを。
今も結祈は"読めない"はずだけどね。
以前に会った時は読めたから。
荘太郎、図星だったみたいです。

慎は柊の車をタクシーで追ってました。
柊が海を見たいと車から降りたのでチャンス!
そっと近づいて話しかけました。

稀人のアジトの特定が出来たと真田から連絡を受ける伊藤。
了解と席を立った伊藤が
「楢埼、行くぞ」と声を掛ける。
誰も居ない隣の席に、ハッとする伊藤。
こういうの、辛いよねぇ。
もう染み付いてしまった習慣と、思い知らされる現実。
でもとっても刑事ドラマっぽいわー。
伊藤の人柄もあるから余計ね。
私、最初の頃の感想に確か書いたよな>刑事ドラマっぽい。
ここらへんも気に入ってるところ。

椎葉は九條の元を離れない。もう相当ヤバイ状態なのにね。
椎葉が九條を慕うのは、すがる場所がそこしかなかったから。

慎が柊から聞く形で色々なことが解りましたね。
多少解っていたことのおさらいにもなった。
アヤネは適正にすぐれていると解り、小松原(九條)は実験体にした。
父親を喜ばせたい一心で、献身し魔女になったアヤネ。
薬の副作用で身体は成長が止まった。
やがて自らの存在が大いなる過ちの象徴であることに気づき…
…気づいてどうしたの?
行方不明ってことになってるけど、自殺した、とか?
実際、生きてはいませんもんね、今。

小松原(九條)は、まだ生まれていない慎の適正に期待すると、
神郷夫婦に告げた。それで眼が覚めた2人は組織を抜けたのだった。
諒は、そこらへんのことも、両親の電話のやりとりで知ってた。
だからこそ、慎たちが危険だと解っていたからこそ、
あんなにこの町から出て行くように冷たく振舞ったんだ。うるる。

そして研究に取りつかれた小松原(九條)は養護施設を買い取り、
子供たちを実験体にしたというわけですね。
それが今の稀人たち。

沙季たちの回想とシンクロする。

結祈のペルソナが発現しないから、慎に既に切り離されたのでは?と
思う宇働。ここを出て慎に切り離してもらって、やり直そうと提案する。
荘太郎的にはありえないって感じね。
「やり直さなきゃいけないようなことだったの?私たちは選ばれたって…」
そう甘い言葉で利用されてきたんだよね、キミタチは。

わーい!統馬だぁ~。もう声聴けないかと思ってたよ浪川さんっ。
統馬声、好きです。
統馬、少しは疑問を感じてたみたいだな。
それでも彼らは九條を信じるしかなかった。
そうなるだろうね、この生い立ちじゃ。
ちびの頃の彼らって、可愛いねぇ。
やっぱ統馬がカッコイイ。
荘太郎は遅れて参加だったのか。
傷だらけってことは、親のDVってとこ?

ひ、柊さーん、もうすっかり夜ですけど。
仕事に向かうところじゃなかったのか?良いのか?

洵と結祈の命の恩人だと思っていた小松原。
2人は彼の実験体にされただけ。
癒しの力を持っているのも、小松原がその研究をしていたから。
諒の怒りと苦しみが、それを知って洵も涙したその事実が、
今ようやく慎にもわかった。
両親の罪と、
生まれる前の慎を実験体として狙い、
更に洵と結祈を実際に実験体にした小松原への怒り。

椎葉が限界を迎え、ペルソナは暴走し始める。
その振動で九條が目覚めそうな気配だよ…。
荘太郎は、面白いものを見せてやると、沙季をある部屋へ。

うげっ予告で出ていたリバースは椎葉だったの!
ウチの画面が暗くて不鮮明で良かった…。
九條が椎葉のペルソナを取り込んだのね。
彼の姿が消えています。

柊は罪を公表して裁きを受けると慎に約束する。
10年前のことは事故のショックで記憶が抜け落ちている慎。
柊はまだ何か知ってるみたいですね。
慎はやはり、10年前に何か「した」か「されたか」してるんだよね。
だから諒が余計恐れていたのでは?とも思う。

荘太郎が連れてきた部屋にはアヤネのコピーが。
本物は実験で殺されてしまったのだろうと予測している荘太郎。
なぜこんなものが作られているか。
「最後にこの子に乗せかえるつもりなんだよ。
僕も君も植木鉢だったのさ」

みんなからむしり取ってコレをよりしろに、人々を無意識から支配しようと
している。
荘太郎も苦しみだし、ペルソナが浮かび上がる。
僕ら稀人は生贄だった。
切ない話です。
「そんな眼で見るな、空っぽの眼で見るなぁぁぁ」
荘太郎のペルソナがコピーに攻撃を加えようとしたところで、
つ、づ、く。
うわーん、こんなトコで?
でも九條がこっちに向かっていたので、荘太郎は粛清されるでしょうね。
稀人のみんなも、哀れだよホント。

九條の目的も明らかになり、いよいよクライマックスって
感じですね。
どーなってしまうのか…どきどきです。
スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
ここ数年、仕事と体調が
落ち着かず
ブログ更新はまばらです💦
お急ぎの方はTwitterにて
連絡ください。

本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


音楽、アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
刀剣乱舞、グラブル、
夏目友人帳、うた☆プリ♪
あと、進撃の巨人、黒執事
ハイキュー!!、七つの大罪
黒バス等も好きです。

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR