fc2ブログ

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」#5【哀しみの雨】また見比べちゃったぜ。

ちょっと書きにくい鋼錬の感想でございます。
今回はロイな三木眞さんにときめいちゃって、ほんと困ったよ。
大川さんのロイを一瞬忘れてしまったじゃないか。
なまじ好きな声だからさ~ヤバイんだよね。
でもでも…ロイはこんなカッコイイ男じゃないのよぉぉぉ。
そう叫びつつ、ドキドキしてしまう私は裏切り者だ

やっぱり前作の15話も見ちゃいました。
ああそうか、この頃はOP、ラルクだっだんだよな~って見てたら…
えっえええっ!ヒューズがガンダムOOのOPのアレルヤと同じポーズ
してるぅぅぅ。
…つうか、アレルヤが真似なんだな。

あらすじは公式HPより。

第5話「哀しみの雨」
アメストリス全土を騒がす、神出鬼没にして国家錬金術師
ばかりを殺害する謎の人物「傷の男(スカー)」がイース
トシティに現れた。エドとアルは、街中で偶然そのスカー
と遭遇。問答無用で襲いかかるスカーに応戦するも、その
超絶した体術と不思議な“破壊の右手”に圧倒されるエド
とアルは…。


子供の頃のエド。練成したものを母親に見せて、褒められてる。
幸せな頃の夢?と思ったら、ぎぇぇぇ~でた~っ!!
「でも、お母さんはちゃんと作ってくれなかったのね」
前作か原作でも、夢で母親のこの台詞にうなされるってあったよね。
キツいよねぇ、この「ちゃんと作ってくれなかった」って言葉と、
でろんでろんの体…。
そしてニーナの
「お兄ちゃん、遊ぼう」が加わり、飛び起きるエド。
そら、うなされますわ。

髪縛ってないエドが、なんだか新鮮。
いつも髪を束ねてる人が下ろしてると、それだけでときめくよなぁ。
彩雲国の誰かさんとかさ。
エドですら、ちょい色っぽく見える(あ、酷い)

タッカーとニーナが殺されたこと、エドたち知らなかったんですね。
前回「救えなかった」とエドが石段に座ってうな垂れてたじゃない?
殺されたところまで含めての後悔かと勘違いしてたわ私。

あーやっぱリザの声、未だ慣れないや。
声に滲むクールさ厳しさも、ちょっと違うんだよなぁ。

リオールではエンヴィーがコーネロに成りすましてるんだけど…
エンヴィーがコナン君だよ。
高山さんの少年っぽい声は特徴あるからなぁ。
変な感じです。

白鳥さんのグラトニーは、悪くないと思いますよ。
私の好みは(白鳥さんはプリン伯爵が一番♪)置いといて。
「んふっ人間ってどうしようもなく愚かだわ」
レベルアップしちゃったラストは、すげー怖いけど、
見ごたえありますねぇ。前作と存在感が違うわ。

スカーによりグランも倒され、国家錬金術師ばかりが狙われてるので、
ロイも危険です。
護衛を増やしてしばらく大人しくしててくれって言うヒューズ。
「これは親友としての頼みでもある」
に、にやにやするなぁ。
あ、これは「腐」じゃなくてですよ。
この二人の友情も好きなんだもの。

この辺りで有名なのはタッカーとロイだけだろって話になり、
ふと気づいたロイの「マズイ!」が良かったなぁ。
前作ではさ、もっと余裕かましてましたよね。
ほんと声が変わると性格まで変わっちゃって
男前なロイだなぁ。うーんって思いながらも、
そんな焦ってエドを心配するロイの図に萌えることは萌えるわけで…
あぁ複雑~っ。

落ち込んでるエド。
「俺たちの信じる錬金術ってなんだろうって、ずっと考えてた」
雨に打たれた髪の毛が、へろんへろんとした感じなのが、なんか良い
「分かってるつもりだった。でも分かってなかった。だから母さんは…」
もやもやした気持ちを雨が洗い流してくれるかと思ったが、
顔に当たる一粒すら鬱陶しいとエド。
アルは雨の当たる感触も分からなくて寂しいし辛い。
やっぱり元の身体に戻りたいというアルの眼に落ちた雨が流れるのが
涙が流れたように見えるのが良いね。

「鋼の錬金術師、エドワードエルリックだな」




うつろな眼で見上げるエド。
そんな緩慢な動きしてる場合じゃないわよーっ

「兄さんっ!!」



アルが引っ張って避けるのが良いわ。

-なんだコイツ、ヤバイ、ヤバイ…

逃げなきゃと眼を見開くエドですが…
原作ってこんなにビビってるんですか?
前作ではそんなビビってなかったような…。

「人に恨みを買うようなことは…いっぱいしてるけど…
命狙われる筋合いはねーぞ」
恨み買ってる自覚あるのねエド。ここの顔、おもろい。

今作のエドアルがスカーにやられるシーン、破壊のショックは前作
の方がインパクト強いかなぁ。
バラバラになった腕を見せたところは、今作リアルですけどね。
このあたりは好みで分かれる?

ここらへん前作ではエドアルはマルコーと行動を共にしてる。
だからエドアルがスカーにやられた時、マルコーが賢者の石もどきで
スカーの右手の動きを封じて、難を逃れるんだな。
今作はマルコーの助けがないから、エドに迫る危機と恐怖、
逃げないエドへアルが叫び続ける時間が長くなる。

「じゃあ約束しろ、弟には手を出さないと」
「兄さん…何言ってんだよ。何してる?逃げろよ。
立って逃げるんだよ。やめろ。やめろ、やめろ、貴様ぁぁぁ」
…なんかアルが前作より男臭い?

「そこまでだ。ずいぶん派手に暴れてくれたな、スカー」
登場も声効果もあってなんだかカッコ良いじゃないかロイ。
前作も同じように銃を空向けて発砲したけど、
エドたちのいないシーンでしたから、重みは今回の方が増しますね。

うはっスカーに向かうロイの足をはらって、リザが撃つあのシーン。
ここ、大好きなんだ。
いきなり何するんだというロイに、雨の日は無能なんだからとリザ。
ここは同じですね。
前作でけっこう長いこと石化してたロイと、今回の無能の二文字に
頭潰されるロイ、どっちがお好み?
「こう湿ってちゃ火花出せないよなぁ」とハボック。
面白いシーンですよね。
ハボックの台詞一つ言い方が違うんだな。
うえださんハボックは上記の台詞でノリは、そ~だよなぁって感じの
空見上げてほやんとした感じ。
松本さんのハボックは「こう湿ってちゃ火花出せないよな?」で、
うんうん、そうそうていう感じ。
ニュアンス違ってきます。キャラの性格が違うなって思いますね。

あんまり比較しちゃイカンと思うけど、ここのシーンは
前作の方がカメラワークがカッコイイです。
ロイが名乗り、スカーがそれを知り、向かっていく動きが、
今作ではロイもスカーも止めに追うリザも全員横顔並列ですよね。
リザが足をはらう時も三人並んだ状態で横からのアングル。
前作はロイに向かうスカーが地面からの煽りで、
右手構えて突進する動きにスピード感があり、なおかつそれをスロー
モーションで止め、ロイも同様にスローが掛かり、リザが足払うとこは、
二人の足を映してる。

その後のリザの両手撃ちも、前作の方がキレが良くて
射撃っぷりがカッコイイ。
ここも今作は一瞬構えた後に撃つリザ姿が横顔なんだよね。
ここら一連の動き、キャラの動きはほぼ同じなんだけど、
アングルが違うんだ。
良い勉強になるね。アングルでこんなに印象変わるという例になりますわ。

アームストロングとスカーの対決は、前作はアバンに持って来ていて、
二人だけの対決でした。これまたインパクトありました。
切り離すことで、バランスも上手く取れてる気がする。
イシュバールの話は、真ん中でマルコーがもっとリアルに語ってるしね。
今作ではスカーを取り逃がした後で司令部でロイが語る。
ちょっとバランスが悪い気がしました。
あの現場で終わったかなと思ったら、まだ続きがあった…という
変な感じで。

やっぱ”魅せ方”は前作、上手かったんだよなぁと、
改めて思いますね。

あぁでも聞けば聞くほどハボックの声、違和感が…。

リザもねぇ…。
「なぜ裸…」
というリザの台詞は面白いんだけど、ものすごく折笠さんだ。
折笠さんは凄く好きなんだけどね。
あれ?リザじゃないって思ってしまう。

そうそうリザといえば、
「速いですね」のとこ、
前作ではここでスカーが逃げるために壁を上へ飛び登るんだよね。
あそこカッコ良かったんだけどな。
最終的に地下水道へ逃げるのは一緒なんだけどさ。

「すまんな。包囲するだけの時間を稼いでもらったというのに」
いやぁぁぁん、カッコ良いよー。なんか喋るとカッコ良いよー。
ロイなのにぃぃぃ。

あ、ヒューズの万国びっくりショー発言は一緒。
ちょっと言い方違ってるけど、どっちも良い感じー。
藤原さんのヒューズっぷり、好きだぁ。

アルを心配して駆け寄るエド。
アルの事情に驚くアームストロングとハボックですが…
あれ、前作ではアルの秘密がバレないようにロイが周囲を封鎖する
んだよね。今回しませんね。
あれ、愛情感じたんだけどなぁ。

返事をしないアルを心配して何度も呼ぶエド、殴られた!
ロイたちの反応が笑えます。
「何で僕が逃げろと言った時に逃げなかったんだよ、このバカ兄!」
アルを置いて逃げるわけには…あ、また殴られた。
「生きて生きて生きて、生き延びて、もっと錬金術の研究すれば、
元の身体に戻る方法も、ニーナみたいな子を救う方法も、
見つかるかもしれないのに。その可能性を捨てて死ぬ方を
選ぶなんて、そんな真似絶対に許さない」
アルが熱いです。原作ってこうでした?
「あぁ!右手もげちゃったじゃないかっ!兄さんのバカタレ!」
やっぱアル、前作より強気だな。

二人のやりとりをちょっと苦笑して見守ってるロイの眼が
やさしいんですけど~っ。
「まったく、万国スペシャルビックリショーだな、こりゃ」
「あぁ…スマン」



だーかーらー、いちいち良い感じなんですけどっ、ロイ~。
その「あぁ…」だけでときめいてしまう私は、そうとう三木さんの声に
弱いんだなぁ。
「オーケィ上には内緒にしとくさ」
ヒューズの顔とこの台詞がまた良いわ。
エドに上着掛けてやるリザがやさしい。
「バレたら色々やっかいなんだろ?」
「あぁ…兄はともかく弟の身体は言い逃れが出来んからな」
「それにしても…やっかいなヤツに狙われたもんだ」




ここらの声は美味しい。二人の顔の表情も良いし、合ってるね。

イシュバール殲滅の時に、マルコーのアレを使ったのは、
アニメオリジナルなの?
例の医師たちを撃った件は?
ロイの情けない顔も出ませんでしたね。
原作がどーなってたかわかんないからなぁ私。

スカーは、ほんと台詞も変えてあって性格が違いますね。
前作のスカーは、ちょっと古風な台詞が置鮎さんにとても合ってた。
「おろかな…」
っていう台詞も、置鮎さんっぽい。
今作のスカーは、もう少し現代人っぽいんだよね。
イシュバールの民の、絶対的な信仰ぶりを見ると、
古風な置鮎さんスカーは納得行く感じでしたが、
原作は三宅さんスカーが近いのかな。


次回は整備士殿のところへ行くのね。
叱られるだろうなぁ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

まことさんへ

まことさん こんばんはっ。
いつもコメありがとね~。

そうですねー。今作、流れは速いですな。
どーも前作でやった部分はショートカット
って感じなのかな。
グラン准将も出てきてすぐサヨナラって
感じですね。

んでも今作の方が原作には近いのでしょう?
原作派の方には、良いのかもしれませんね。

>このシーン、まことは今作の方が好きかも。

おぉそうですか。好みはありますよね。
今回は不発の瞬間も見せてしまっていて、
男としては見せて欲しくなかったとか、
そんな意見を他所で拝見しました(笑)
ロイとスカーの顔接近は、確かに面白かったですね。
前作ではそんな近づく前に足払われてますんで。

>前作の方が丁寧なのかもしれませんね。

そうですね。見比べると私は前作の魅せ方や、
説明入れるバランスとかは上手かったと思うのです。
まぁでも今作には今作の良さがあることも
わかります。
まぁ割り切って楽しんだもの勝ちかなぁ。

>エドが諦めるのも早すぎる気もしました。

ちょっと早かったよね。

>前作でもエドはビビッてましたよ。

おぉそうだったのか。
前作をちょこちょこ見直してますが、
関連してる話しか見てないので…
多分一話前に出てきてるんだろうな。

次回はまたウィンリィの声に、
うーん…となりそうですが、
とりあえず見ますよー。

今回はおもしろかったです

橘さん、こんばんは。

今作はやっぱり流れが速いですね。
前作の何話かまとめられてて、微妙に設定が変わってるしで。
グラン准将はこの前ちょっと出てきただけで
殺されちゃうし(ちょっと扱いがひどい気も
マルコーさんは次回出てくるっぽいですしね。

>うはっスカーに向かうロイの足をはらって、リザが撃つあのシーン。ここ、大好きなんだ。
同じく、ここ大好きです
このシーン、まことは今作の方が好きかも。
今回はロイの炎が不発するとこまでありましたし、
ロイとスカーがものすごく接近してましたしね。
自信満々な顔して不発って

今作のこのあたりのシーンは、
前作では2話に分かれてるところをひとまとめにしたんですね。
前作は『マルコーさんに会いに行ったら巻き込まれた』で、
今作は『初めから狙われてた』と。
まとめ方も無理は無いと思いますけど、
前作の方が丁寧なのかもしれませんね。
エドが諦めるのも早すぎる気もしました。
なんだかエドらしくない、
そんなに弱気じゃダメでしょう
そうそう、前作でもエドはビビッてましたよ。
初めてスカーと会った時、
グラン准将が目の前で殺されたあたりだったと思いますよ。
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
ここ数年、仕事と体調が
落ち着かず
ブログ更新はまばらです💦
お急ぎの方はTwitterにて
連絡ください。

本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


音楽、アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
刀剣乱舞、グラブル、
夏目友人帳、うた☆プリ♪
あと、進撃の巨人、黒執事
ハイキュー!!、七つの大罪
黒バス等も好きです。

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR