fc2ブログ

VAMPS話の続きです~。K.A.Z多め(笑)

前に書いたVAMPS album記事以降も、ちょこちょこ本屋で音楽雑誌を
立ち読みしてました。
一体どれほどの雑誌に掲載されてるんだよVAMPS。
本屋ちらりと覗くと、新しく出た雑誌にまた載ってるんだもんなぁ。
それで読んでてまた、あら…と笑った箇所があったので、
書きたくなっちゃった。くどい?ゴメンね~
私、ハマるとまっしぐらで、頭ン中そればっかになっちゃうのよねぇ…。
まぁ常連さまはそんな私の性質も、もはやご存知とは思いますが…

興味のある方のみ、読んでやってください。
VAMPS話、K.A.Z多めです

ちなみにVAMPS 1st albumについて書いた記事は、

VAMPS 1st album 買ってきましたよ~っ♪

VAMPS 1st album話 追加版。

です。現在VAMPSはツアー中ですが、こちらの地域はZEPPツアーの方は
来ないのよアリーナツアーまで待たなきゃいかんのよ。
だからライブ感想はまだ当分先です。
ライブ感想求めて来られた方はすみません。
お友達のブロガー、うっちぃさんが丁度ライブ行って来て感想書いてるから、
良かったらそちらへもどうぞ。
ううっ。うっちぃさんっ!羨ましくて仕方ないぜっ。
私も早く見たいよぉっZEPPで見たかったよぉ。

と、気を取り直して…
雑誌の話、雑誌の話…

ふと手に取った雑誌。
私は初めて見る雑誌だったので雑誌の名が分かりません。
そのインタビューアはK.A.Zを良く知る方のようで、
インタビューのやりとりを見ても、
あぁこの人K.A.Zの事ほんと好きなんだなぁというのが、
良く分かる感じでございました。
その人が、今回のアルバムの「EVANESCENT」はK.A.Zの曲だと思ってて、
クレジットみたら違ってたので驚いたとか書いてて。
そーでしょう?やっぱそーよね、と口元緩んじゃった。

前の記事でも書いたのだけど、私もコレ間違えそうになったクチ。
サビのフレーズなんかは師匠(hydeくん)っぽさがあるのですが、
イントロからAメロあたり聞いた時点でK.A.Zかなって思ったのよ。
まぁイントロ部分はアレンジがK.A.ZならK.A.Zらしくて当然なわけですが。

これはでも、ちょっと自信につながりましたよ。
OBLIVION DUSTだって全部聴いたわけじゃなし、
K.A.Zの他の仕事はまだ聴いてないんだし、ほんとなら、
それでK.A.Z語ろうなんて100年早いじゃないですか。
…あ~いや、K.A.Zを語ってるつもりはないですけどね。
あくまでも自分の感じてることを叫んでるだけで
それでもね、良く知りもしないのに良いのかな、
大丈夫かな、私、変なこと言ってないかなって、
ちびっと心配でもあったのよ。(←案外小心者)
だからほっとした。私、とりあえずちゃんとK.A.Zを掴めてるっぽいな、と。

もう一つ、そのインタビューアの発言で、OBLIVION DUSTは
K.A.Zだと思った、なんていう大胆なコメントもありましてね…。
フロントマンであるKENではなく。
これは、OBLIVION DUSTを知り尽くしてない私がいい加減な事を
ここで書くべきではないのだけど、
実際、初めてOBLIVION DUSTを聞いた時、
「めためたK.A.Zじゃないか」
と私も思ったものです。

私は、師匠のソロアルバム「666」「Faith」で初めて
K.A.Zを知ったわけで、当時はアルバム聞き込んでも、
何処までが師匠で、何処からがK.A.Zのセンスなのか、
正確には分かってなかった。
ギターのフレーズやアレンジ部分はK.A.Zの色なのだろうとは
思いましたけどね。
だからOBLIVION DUSTを聴いて、共通のセンスがそこにあれば、
そこがK.A.Zってことになる。
師匠の2枚のアルバムとOBLIVION DUSTのアルバムの、
K.A.Z部分が両方聴く事で明確になる筈、と思ってたわけですが…
実際聴いたらK.A.Zだらけだった。両方とも。

師匠のアルバムで私の耳にも馴染んでいた音と感性が、
OBLIVION DUSTから溢れていたんだ。
アルバム聴く前までは、OBLIVION DUSTではバンドの一員としてなんだから、
ギタリストとして、コンポーザーとしてのK.A.Zを
どのぐらい感じられるかなと思ってたんで、
「はいぃぃぃ~?」と思ったものです。

私の場合は、K.A.Zから入ったOBLIVION DUSTなので、
どーしてもK.A.Z部分に耳が行くのかもしれない、とも思いますけどね。
他の音があっても、彼の音を、個性を、耳が拾っちゃうだろうから。
KENは充分カッコ良いボーカル聞かせてくれてるんだけど、
曲のそこここに感じるK.A.Zらしさの方を拾ってる。
もうそれは無意識に。

私はKENとRIKIJIの色がまだ分かってないので、
はっきり言えませんが、このインタビューアの言葉を受けると、
実際OBLIVION DUSTでのK.A.Z色は、強いようですね。

そういえばこんな事も言ってました。
K.A.Zの生む音楽は消失的で、奥へ奥へ、端へ端へと向かっていたけど、
VAMPSではポジティヴだって。
それは"HYDEがポジティヴな人だから"。
影響を受けてK.A.Zにも変化が出てきたってことなんだよね。
すっかり良い相棒ですよね、この二人。

で、師匠と来たら色んな雑誌でK.A.Zをベタ褒めしてて凄い
K.A.Zは師匠にとって、『行きたいところへ連れて行ってくれる人』
K.A.Z以外は信用してないって言っちゃうもんなぁ。
本来は自分しか信用してないけど、K.A.Zは自分の理想を叶えてくれる、
言い方悪いけど便利な人ということで。
『唯一無二のギタリスト』とも言ってましたね。
あー、kenちゃんは違うのかと、kenちゃんも好きな身としては、
ちらっと思いました
うんでも、師匠の言いたい気持ちは分かるかな。
才能認めた上手いギターであっても自分の作る音楽に必要なギタリストとなると
また別物ですものね。

『良い曲書けないギタリストには今ひとつグッと来ない』という師匠。
K.A.Zの作る曲が日本人っぽくないところにも惹かれてるようです。
自分の曲を彼に預けるのも、彼に掛かるとドメスティックさが無くなる
からだということで。
確かにそうですね。OBLIVION DUSTが洋楽っぽいのは、KENがネイティヴ
だからという理由だけじゃないもんな。

師匠の『理想』の話に戻りますが、育った音楽が似通っていて、
好きなモノも作りたいモノも、二人は似てるわけなんですよね。
上の方で書いた「EVANESCENT」の件も、K.A.Zの曲だと思ったという
インタビューアに対して、K.A.Zは好きなモノが似てるからと返してます。

昔、そういえばsakuraが、
『こっちが踏ん張らないとアレンジャーの匂いに潰される』
ってな話を雑誌のインタビューでしてたなと思い出しました。
実際、自分で曲書くアーティストでも、アレンジを誰かに委ねれば、
出来た曲はアレンジャーの色が出てしまうものですよね。
私はスタジオミュージシャンにハマってた時期があり…
彼らがアレンジ、プロデュースを手がけたアルバムなんかを逆聴きするという
マニアックな事をしていたものです。
J-POP系の人達のアルバムです。
クレジット見ずに、これはギターは誰々でベースは誰々…と当てっこしたり
してたんだ。つまりはそれだけ、彼らの色が出てるわけですよ。

師匠には『理想』があるけれど、細かいオタク作業(笑)は出来ないわけで、
誰かに委ねることになるけど、思い通りなモノが作れる保障って、
そのこだわりが強いほど難しい。
師匠もこだわり強い人ですものね。
だからまさに翼を得たって感じじゃないでしょうか。
自分の代わりにオタク作業してくれて、尚且つ望む形に仕上げてくれる人。
そら、雑誌でベタ褒めしたくもなりますよね。
『27歳で死んでいたらK.A.Zに会えなかった』
だから幸せだと言っちゃう師匠に、そこまで?と驚いたけど、
それほど彼にとって『理想』が叶えられた事が大きかったんだよね。

うわ…また長くなっちゃったなぁ。
この後、アルバムに関してもちっと語りたいことがあったんだけど
次の機会にしますか。
どんだけ引っ張るんだって感じですが…。
まぁ「日記」なので
自分の記憶の為にもって事で、ご容赦くださいませ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

うっちぃさんへ

うっちぃさん こんちは~。
無断で記事内にリンクしちゃってゴメンね。
VAMPSライブツアー中はさー、
ライブ感想求めて検索掛けてる方が、
けっこうこの離島にまで流れてこられて
申し訳なくてさ。
今回は8月まで書けませんもの。
で、うっちぃさんとこに流れてもらおうと。
狡いでしょ(笑)

あーでも私って、ライブレポはめっさ下手なの。
ライブ中トリップしてるから、
終わってから、「あれ…どの曲やったっけ?」
って思い出せなかったり…。
うっちぃさんはしっかり書いてて凄いですよー。

インタビューはね、一冊除いて全部立ち読みなので、読み込んではいないのですよ。
流し読みですし。

二人の相思相愛っぷりは素敵ですよほんと。
だからこそ、このアルバムが出来たんだなって
実感しました。
二人が出会ってくれたことに感謝です。

ええーっ私の「語る言葉」が多いって?
それはきっと誤解です。
上手く表現出来なくて、同じことばっか書いてる気がして情けないのよ。
うっちぃさんの方が絶対文才あるよー。
表現力もあるもの。
見習わなきゃっていつも思うよ。

うう…うっちぃさんのSSもまだ読みかけなのよね。ゴメンね、最近ゆっくり見にいけなくて。
ちょっと時間が空くと、ついBASARAに走ってしまうヤツです。

願わくは息子ちゃんがテストで良い点取りますように。
うっちぃさんにも是非見て欲しいよBASARAゲーム。きっと喜ぶと思うわ貴女も。むふふ。

そおなのねえ!!!

たちばなさん、私の記事リンクしてくれてアリガトvv
私ももっとガッツリ語りたかったけど言葉足らずに終わってしまったので、たちばなさんがライブ行ってレポ書いてくれるの楽しみにしてます♪

たちばなさん、インタビューしっかり読みこんでますねぇ!
そしてこのように自分の中でまとめあげられるなんて、愛のなせる技かしら?ww

なんかHYDEとK.A.Zは相思相愛な感じですねw
お互いを理想と思える相手。
そうそう出会えるもんじゃないですよね!
今回のアルバムはまさに二人が「融合」してできたもので。
そのクオリティの高い結果が二人の関係を物語っている気がします。

>うわ…また長くなっちゃったなぁ。
>この後、アルバムに関してもちっと語りたいことがあったんだけど
次の機会にしますか。

私もアツい想いを色々語りたいけど知識もないんで言葉が十分でてこないんですよね★
たちばなさんの記事は「語る言葉」がたくさんあって読み応えがあるので楽しみです♪

ではまたー♪
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
ここ数年、仕事と体調が
落ち着かず
ブログ更新はまばらです💦
お急ぎの方はTwitterにて
連絡ください。

本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


音楽、アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
刀剣乱舞、グラブル、
夏目友人帳、うた☆プリ♪
あと、進撃の巨人、黒執事
ハイキュー!!、七つの大罪
黒バス等も好きです。

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR