「花咲ける青少年」#15【月下の巫女】ナジェイラで萎えた…。

作画はハラハラですが、声合戦が毎週楽しみな「花咲ける青少年」
なのですが…
なんかナジェイラが嫌過ぎて、今回けっこう萎えた。
作画もあんまり良くなかったから余計…ね。

お陰で、昨日見ることは見たんだけど感想がポンと出なくて…
今日もえらく時間掛かって書きましたわ。
ここんとこ、BASARAゲームの感想も、夏目記事も、ヘタリアも、
ノリノリで書いてるものばっかだったから、
筆が進まないのって久々な気が…。

やっぱ面白い度合いによって、筆のすべりも変わりますよねぇ…。

あらすじは公式HPより。

第15話 月下の巫女
初回放送:2009年 7月19日(日)
イズマルの屋敷で、王族であるとは別に巫女としても強力な
権力を持つナジェイラに呼び出されたユージィン。
花鹿に興味を持ち、その交友関係にあるユージィンに会って
見たかったのだと言うナジェイラに、ユージィンもこれを機
と探りを入れようとする。しかし、ナジェイラから発せられ
る迫力に圧倒されてしまうのだった。
一方、アメリカ大使館を訪れた花鹿は、そこでカールの父親
がハリーを恨んでいる事を知る。


ユージィンも帰ってしまったし、パーティは飽きたと席を外す
イズマル。まだ客は残っているというのに無責任よねぇ。

一方こちらはナジェイラとユージィン。
綺麗な月をユージィンの髪に例えるナジェイラですが~。
ダメだ…どーしても顔と声が合いません。
咲世子さんが浮かぶよー。後でルルも出てくるしねぇ。

原作を読んだ大昔も、ナジェイラは多分嫌いだった思う。
でも声がついてもっと嫌な子になった…。
ムカつくわー。
こらーっ!!気安くユージィンに触るんじゃねーっ!!
と叫んだら、
「ムスターファに触るなー」
ってコメントが流れたわ。
考えることは皆同じだな。
私、この手の動画を見るとき、コメント消して見るんだけど、
今回は他の方の意見も見てみたくて流しておいたのよね。
けっこう思ってること一緒だわ。はは。

今回のクーデター騒ぎについて、どう思ってるのかと
ユージィンが問う。
「王族として無視出来ないでしょう」
するとナジェイラ、
「あっはははははははははははっ」
って高い声で笑う…この笑い方が嫌だなぁ。
「つまんないこと聞くじゃない」
うーん…なんだろ…少女とはいえ気位の高い女だから
この声とこの演技にしたのか?
でもこの「つまんないこと聞くじゃない」っていう声は、
どーも老けてますよ。
あぁ確かにナジェイラって王族といってもあんまり品がない女
かもしれないけどさぁ。

今回あっちこっちでものすごーく気になったんだけど、
デッサンが酷いですよね。
身体のバランスが変過ぎる。
ここでナジェイラがバルコニーの柵に腰掛けて片足抱え込むような
格好するんだけど、その上げた足が変。
どういうポーズしてるのか最初わかんなかったよ。
ユージィンも首長、なで肩で、肩幅もちょっと妙。
着てるのはスーツ(礼服)なのにガバガバしてて
インのスカーフのせいもあり、着物着てるみたいだ。

「私もお前が気に入ったわ、ムスターファ」
うわぁぁぁ~っ!!ウザイ!!
この女ぁぁぁ。
ユージィンの前で自殺した女たちの話を聞かせろとか、最悪。
「どうやって死んだの?銃で?ナイフで?血を見た?どれくらい?」
あぁ…この台詞も声のトーンで印象変わってくるだろうな。
大人っぽい声だから余計ムカつくよね。
今回はユージィンの作画もあまり良くないなぁ。

「貴女は自分が何を言っているのか、分かっているのか」
静な怒りが感じられるユージィ声、良いわぁ小野さんっ。

い、いきなり頬を平手打ち~っ!!
「そんなこと聞いてないっ!!そんな言葉欲しくないっ!!
悪い言霊を私に与える気か!!」

この小さな身体から発せられる迫力はなんなのだとユージィンは
おのれの胸中で問いますが…。

ふむ…なるほどね、その「迫力」とやらの表現がこれか。
これは違うと思うなぁ。原作うろ覚えのくせに偉そうなことは言えませんが、
彼女のその迫力って巫女だからだよね。
ちょっと常人離れしたとこがあって、プライド高くて激しくて。
でもこの演技だとね、精神病んでる人の発作的な喚きに見える。
いやぁ新井さんというより、監督の指示だったんだろうから、
感覚が違うなぁと。

ノエイはもうマレーシアに発ったのね。
セズンは知らぬ存ぜぬを通してるそうで。
立人の
「なまじ生真面目なだけに始末に困る」
って台詞が、まぁその通りではあるんだけど、ちょっと笑えた。
ノエイは筋金入りの軍人だから潜伏のノウハウも心得てるだろうと
あっさりしてる曹も曹ね。
クインザがソマンドに寝返ったとは思っていない立人。
「だが断言しても良い。王室内紛のシナリオを書いているのは、ヤツだ」
瞳アップで、シャキーンと動く。
ベタ過ぎて笑った。

花鹿は大使の自宅の前で衛兵と押し問答。
ハリーの名刺はあっさりと振り払われちゃいましたねぇ。
寅之介…期待もたせといてワイロかよ。
ここであっちゃーな花鹿と寅之介ですが、
ポーズがまた…ね………だんだん哀愁漂ってきた、私。

で、古典的な方法で気をそらして強行突破ね。はいはい。
にしてもエントランスに入れちゃうってのがねぇ。
さすが少女漫画?
「ジム!?」
「そろそろ来る頃だと思ったよ花鹿」
大使はハリーの友人で、花鹿も顔見知りでした。
だったら最初からさぁ…。

ジムは花鹿が来ることをハリーから聞いてたようです。
それなら花鹿にもジムの事を教えといてやれよ、ハリー。

イズマルがローゼンタール家と接近している事を告げるジム。
ローゼンタールのこと、寅之介はちゃんと知ってましたね。
ハリーとローゼンタールの会長ネルソンとの間には因縁がある。
20年前、バーンズワース財閥は一介のインデペンデントの
石油会社に過ぎなかった。
一方、ローゼンタールは石油メジャーと呼ばれる多国籍企業の
大部分を牛耳っていた。
それがある事をきっかけに、両者の地位が逆転した。
ローゼンタールは急速に衰退し、それ以来ネルソンは
バーンズワースを眼の仇にしているらしい。

ある事ってのはラギネイの石油をハリーが掴んだことかな。
何故ハリーが掴めたのかは、手腕じゃなくて出生なんだろうし、
それは極限られた人しか分からないだろうから、
ネルソンにしたら悔しくてたまらなかったろう。

その息子、カール・ローゼンタールがラギネイに入国しているという
ジムの言葉にやっと花鹿はパズルが解けたね。
カールの態度が急に変わった、その理由が。

うーん、回想シーンのカールの作画が綺麗な分、
花鹿と寅之介の酷さが…。
顔だけじゃないもんなー身体のバランスも変だもんなー。
ううう。

「今…外に出たい、と…おっしゃいましたか?殿下」
うはは、この言い方が良いよね立人。
ルマティの気持ちも分かるけどさー、自分の置かれてる立場を
考えてよねーと言いたくなる。
ここに保護されてなかったら殺されてるかもしれないのよ。
14歳だから仕方ないかなぁ。

まぁでも浪川さんヴォイスと森川さんヴォイスを楽しめて
嬉しい筈なのですが…皆さんもコメント入れてたけど、
ソファに手を掛けて仁王立ちしてるルマティの脚の短さや服装のダサさが
気になって気になって…。

何故ハリーが自分をかくまうのか、分からないルマティ。
それは自分で答えを出すべき。分からないなら勉強不足、か。
手厳しいね。
「俺は、お前が嫌いだ立人!」



「それは殿下のご自由ですね」
ここの立人は素敵~。アップだけは気合入るのね、作画。
あ…でもさー、この顔2/3のアップって…この作品中でよくやる手ですよね。
最近そういうトコも気になるようになってきた。
あまり同じ表現多いと、またか…って感じで、絵が綺麗でも感動薄く
なっていきますよね。

「もう少し上手く言いくるめることも出来るでしょうに。
どうしてそうトゲのある言い方なさるんです?」
と曹に指摘されて、
「何故かなぁ」
と笑う立人。ルマティには地のままで相手をしたくなるそうで。
「ルマティ殿下は花鹿さまではありませんよ。
叱り付けたところで素直に言うことを聞くとは思いませんが」
と言われて、なんでそこに花鹿が出てくるんだ、なんて言ってる。
立人、自覚足りないよねぇ。

ルマティぃぃぃぃぃ。
お世話になってる家で、物壊しちゃいけません。
しかも貴方、今、文無しでしょ?
外に出られないなら死ぬって?
簡単に死ぬって言うな!
お子ちゃまだなぁルマティ。

「兄上は…こんな仕打ちをなさるほど…俺が嫌いなんだ」
結局はそれが辛くて、荒れてるんだよねキミ。

お…幼き日の仲良かった二人はちょいと可愛い。



やっぱりちびに弱いのぅおまへ。

カナーンとサレハがソマンドを抱え込んで、彼からルマティを遠ざけた。
それは当たってますよね。あることないこと吹き込んでたみたいなこと
彼らの口から漏れてましたし。
でも今回の件が奴らの仕業ってのは、ハズレですよ殿下。
彼らは所詮小者です。踊らされてるだけなんだなぁ。

ソマンドは操られているだけ、とルマティ。
「兄上は一人では何も決められない方なのだから」
…って、なにげにバカにしてるじゃないかキミ。
もしそうなら許さない、八つ裂きにしても飽き足らぬ…って言ってますけど…
それ…そうする相手はその二人じゃなくて、キミの良く知る人だからね。

なんとしても帰らなきゃと思うルマティですが、
ここからどうやって出るか。立人をどう油断させるか。
「演じれば良い。運命に大人しく従った力のない子供を演じるのだ。
必ずチャンスは来るはずだ」
なんだよいきなり落ち着いちゃって。
ま。冷静になればこの子、本来は頭良いし的確な判断の出来る子なんだろう。
王の器なんだし。

自分の眼と耳で確かめるまで信じないってのは、悪くないと思うけどね。

こちらはイズマルの屋敷。
エディがカールに接触し、ナジェイラがユージィンと会見してると教える。
「あの部屋から出てこなかったヤツは、俺が知ってるだけで三人」

ふむ、カールが人肌脱ぎに行くのか…。
ちょっと細かいところは、はしょります。

「グレゴリー、君はいつからナジェイラの侍従になったんだ?」



この福山さん声は好き~。でもとってもルルがよぎったよ。
こういう凛とした喋りだと似てくるよね。

ドア越しに声を掛け、返事がなければ入ると断ってから扉を開く。
部屋に居たのはユージィンだけでした。
「君は?」
という小野さんの声が良かった。
ナジェイラに変わって非礼をわびるのかカール。大人だな。
姫はカールが苦手だそうで。
分かっててやったんだよねカール。
ユージィンを無事に花鹿に返すため、か。

エディが馴れ馴れしいなぁ。
ユージィンの車をホテルまで運転していくってさ。
「はぁ?」
がまた良いわ。
カールに知らせたのはエディ。だから助けたのは自分だと言いたいのか。
「ちょっとは感謝しろー」
あつかましい男は嫌いです。

「ヴォルカン君、花鹿に伝えてくれ。これで借りは返した、と」
-花鹿に…借り?

ユージィンは訳分かんないよね。
でもカール、なかなか良い男ではないか。
福山さんのルル声のせいで、男前度、原作より上がってるしな。

ユージィンがバーンズワース邸にいることを掴んだカール。
ソマンドに報告するようです。
ルマティが無謀な行動を起こす事を願う、ですか。
はぁ早速願いは叶いそうですよねぇ。
しかもカール、それはルマティの性格を読んだ上で言ってる。
カールにまで読まれてるよルマティ。
そんな君が立人を騙せるかねぇ。

ローゼンタールが欲しいのは、毒にも薬にもならぬ王。
利発な王も、毒そのものの女王も要らない。

最後の黒い横顔は良かったね、カール。



次回、予想通りルマティは抜け出して…暗殺されかかる、と。
立人はしっかりルマティの行動分かってて、後をつけてて、
危険を察して盾になるのか?

立人が怪我したら、許さないぞぉぉぉルマティ!!

…このあたり原作まるで覚えておりません。
立人が怪我するのは嫌だけど、ルマティを大人にするには必要なのかも。

あぁはらはら、ドキドキ。
次週はユージィンの作画も酷いみたいなので…。
眼をつぶって声だけ聴くか?

【2009.7.23修正】
夕べ後半はねむねむで書いてたので、誤字脱字などがかなりありました。
ただ今読み直して修正しました。は、はずかちぃ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR