「花咲ける青少年」#17【届かぬ想い】怒れる立人にときめいた♪

今回は立人祭りでしたね~。
もう終盤の怒りの立人、長台詞、嬉しいぃ~。
熱が入ってて凄い良かったよ~森川さぁぁん。

作画はアップは綺麗でしたが引きはやっぱり今一歩でしたね。
まぁこのぐらいならヨシとしなきゃイカンのかな。
他所ではもっと綺麗なのがあるから、
あのレベルで見たかったよってつくづく思ってしまう。
比較するものがなければ諦めもつくんでしょうけどねー。

あらすじは公式HPより。

第17話 届かぬ想い
ルマティ救出の際に、銃で撃たれ傷を負う立人。作戦は失敗かと思われたが、
倣グループの総帥である自分に対し身代金を要求しようと考える連中に、
最後の好機を作り出す為の揺さぶりをかける。そしてそれは、彼らの心に
ほんの少しの迷いを生じさせるのだった。その後ほどなくして、ボートに
乗せられる立人たち。立人が冷静に好機を待ち続けるも、ルマティの身柄
の引渡しは刻一刻と近づいていた。


外の死体隠しときな、か。
アーネストはやっぱり死んだのか…。
役に立たない!と先週私もなじったけど、
考えてみりゃこの男、気の毒かな…。
でも倣グループの総帥のボディガードだったら、
もっと腕の立つヤツであるべきかと。
つまりは曹の人選ミス?

ルマティを引き渡したら立人の身代金要求もするつもりらしい。
それを聴いた立人、
「そこそこのやり手と思ったが、そうでもないみたいだな。
割に合わないことをするとは」
まどろっこしいことをせず、本人から直接金を取ろうとは思わないのかと
言い出します。

同じ事だと相手にしない男に、分かってないなと立人。
会社に金を要求すれば、犯罪だが、立人が直接払う金は善意の寄付となる。
その金は大手を振って使える。
立人は倣家のトップ。何にどれだけ金を使おうと一族はそれに従う。
言い値を払おうという立人の言葉を嘲笑う男。
ならば一億ドルと言えば払うのかと。

「いいだろう。それで手を打つな?」
簡単に受けましたよ立人。
でも男はそれにも乗らない。
どうせ時間稼ぎだろうと。
ふうん、なかなか分かってるなコイツ。
そこへ立人、ルマティの分を二億ドル、足して三億ドル払うと言う。
一生遊んで暮らせる大金を手に入れるか、
小国の兄弟喧嘩の片棒を担いではした金を手に入れるか。
ブライアンの方は揺れてますねぇ。
そりゃそーでしょうとも。
でもさすが兄貴分、そこまで言われても乗りませんでした。
ブライアンが悔しそうなのがお約束な展開ね。

-楔は打ち込んだ、彼らの迷いが最後のチャンスだ…

それにしても弾が貫通して立人の肩に空いてる穴がさー、
見てるだけで痛い



ハラハラするのと同時に、痛み、苦しむ姿は美味しいと思ってしまうから
Sよねぇ…私。

「殿下、合図をしたら海に飛び込むのです」
ハッとするルマティに、
「今度だけは、言う事を聞きなさい」
うは~言う事を聞きなさい、かぁ。私も立人に言われてみたいぃぃ。
そしてこの台詞がなんて似合うんだ森川さん。
と、私がときめいている間に、立人はルマティと花鹿を重ねていた。

-大きく見開いたオリエントブルーの瞳。これがグレーなら…まさに花鹿じゃないか…。
 今までそう思わなかったのが不思議なくらいだ。
 なんて似ているんだ…私の花鹿に…。

私の花鹿ときましたか。
むふふふふ。

その花鹿はホテルで目覚めました。
「立人…」
と声を発して。
離れていても察したってヤツですね。ふふふふふ。

「もう眼が覚めたか」
ユージィンの作画があんまり良くなくて、
私は半眼になりましたけどね。
作画が悪いと小野さんの声がそぐわなくなるから困る。

立人の夢を見たがどんな夢だったか覚えていない。
楽しい夢ではなかったし、眼が覚めてもドキドキしてる。
立人に何かあったのではと心配する花鹿。
「あのそつのない男が心配するような事をすると思うか?」
というユージィンに、立人の事を誤解してると花鹿が反論する。

もともと無鉄砲なところがあるのに、倣家の為に押さえているのだと。
押さえているだけに余計に怖い。
いつか、たがが飛んじゃいそうで。
彼のことだから、ギリギリまで我慢するだろうし…
花鹿ったら、よく理解してるんだなぁ立人のこと。

「そういった人間は小爆発させて発散させるよう周りが仕向けて
やると良い。例えばお前…例えばルマティ殿下」
ユージィンったら、よく分かってるじゃないか。
「アイツの常識の通用しない相手が好ましい」
うんうんうん。犬猿の仲なのに、よーくご存知だこと。

私が非常識ってこと?と身を乗り出す花鹿に、
一般常識に捕らわれないということで、褒めてるつもりだとウィンクする
ユージィンですが、このウィンクはもちっと綺麗に見せて欲しかったよ。
眼にゴミが入ったみたいじゃないか…。

寝不足じゃナジェイラに圧倒されるからもう少し寝ろといわれる花鹿。
「圧倒」ユージィンがそう感じたことに興味を持つ花鹿。
おやおや頭を枕に押し付けたりして、
ユージィンったら花鹿にぞっこんのクセにやることは割りと乱暴なのね。
白い獣だった時の名残ですか?
掛け布団のかぶせ方とか、笑えた。
細かい部分は覚えてないんで、ユージィンってこういう人だったっけ~?
って新鮮な感じですが、なんか小野さんちっくで楽しい。(どゆいみ?)

え…睡眠時間少ないと早く老けるの?
…今日からたっぷり寝よう

ユージィンは早く嫌なじーさんになって人に嫌われたいのだそうだ。
なんですかその願望は~。あ、変に愛されすぎて疲れてるのか?

-きっと立人に会いたくて、あんな夢を見たんだ。
 なんだかんだ言って、私、立人に頼ってる。子供だな。

いやぁ良いんじゃないの?
頼ってあげた方が、彼は嬉しいだろうしねぇ。

ブライアン達は海上の仲間から合図を受け、
ルマティを引き渡す為に向かいます。
立人も連れてくるよう指示を受けたブライアン、
すかさず確認してますよ、さっきの立人の話を。にひひ。

なんであんな小国の王子にそんな大金を出すのかと訝しがるブライアン。
ラギネイはアジア一の石油算出国だと説明する立人。


「分からないか?」
ひぃ~っその声~っすんごい立人ちっく!ここは作画もヨシ!!

ルマティが王位につけば、以降ラギネイの原油は自分たちが一手に出来る。
そうなれば何百億ドル単位の金が動くことになる。
それに倣の総帥である立人がこんな軽率な行動を取ったという事実もマズイ。
社会的信用を落とし、公表されれば株の下落に繋がる。
それらを持ってすれば、口止め料の三億ドルなんて安いものってことです。
もっともらしく語るなぁ。こりゃ落ちますね、ブライアンなら。

「三億ドルだ。新しい人生を買える額だぞ」
わぁ~悪魔の囁きだぁ~。
ゴクリと唾を飲むブライアン。

小型船で海上の船へと近づく。
引渡したらこの仕事は終わりと男は余裕の笑み。

-たたき上げの用心深い古狸が。
 分かってるさ、アンタみたいなのには何を言っても無駄だってな。
 効果があるのは…

立人の視線の先にはブライアンの背があります。
仕掛け通りに動いてくれますかね。
 
「あ、アニキ、いいんですか?本当に」
このままルマティ引き渡したら、10万ドルにしかならない。
あら…10万ドルなんですか。
頭を冷やせ、上手すぎる話ほど危ないものはないんだと、
ほんと冷静だ、この古狸。

そうですよねと一度は言葉を引っ込めたブライアンですが、
船が近づくにつれ迷いは膨らみ~
そろそろだなと感じた立人はルマティに眼で確認。
さて小型船は動きを止め、ブライアンが銃を兄貴に向けました。

やっぱり三億ドルが欲しい、もうヤバイ橋を渡るのはうんざり、
とブライアンが兄貴の懐から銃を取り出し自分の胸に仕舞う。
ブライアン達のやりとりの間、後ろ手に縛られた縄を解く立人。
…けっこう時間掛かってるよね。鍵を開けるのは10秒でも、
こういうのは苦手?なんかサラッと解きそうな雰囲気なのに。

あ、やっと解けました。丁度船も様子見にライトをこちらに当てて
眼くらましになりました。タイミング良過ぎだ
ルマティを海に飛び込ませ、立人は操縦を。
乱暴に船尾を振って兄貴を海に落とす。
騙されたと知ったブライアンが立人に銃を向けますが、
その腕を掴んで空に向ける。
やっぱ立人、ボディーガード要らんやん。
「このガキ!」

一瞬、「ガキ?へ?」と思ったよ。
そら実年齢からいけばガキの類かもしれんけど、
この顔と態度見てて、「ガキ」って台詞は出にくいと思うがな。うん。

きゃあ~ピンチ!!と思ったところで何者かがブライアンを撃ちました。
曹だったら良かったのに~。
ただの部下その一っぽいね。

「近くに殿下が居るはずだっ!探せっ!早く!!」
声を上げる立人。
「…殿下…」
ほんとに心配してるっぽい。…きゅん。

ブライアンったら、なかなかしぶといわね。
まだグスグズぼやいてるわ。
悪魔がこんな顔してるとは、ですか。
「私は悪魔じゃない。囁いただけさ。君の心に巣食う欲望という悪魔にね」
それこそ悪魔の常套手段って言われちゃったよ。はは。

あら…ここの顔がまたちょっと雰囲気違うわね。
貼っとこ。


「アーネストはどうなった」
「残念ながら…」
「そうか…」
この「そうか」の言い方がまたなんともいえませんね。
亡骸を前に胸の痛みを感じてるような立人の後ろに近づく足音。
少し眉が上がり立人の眼が険しく動くのが良いね。
それでも口をつく言葉は
「殿下、ご無事で何よりでした」
なんだね。

そこに倒れているのは誘拐犯が殺した立人のボディーガードかと
確認するルマティ。
「はい。私のミスです。やり方が強引でした」
悲しそうな顔で応える立人。
ジョンは重症だけど命は助かったようです。
風邪を引くから着替えようと伸ばした手をルマティがピシリと払う。

こ・い・つ・は・よぉぉぉぉ!!!

どうして放っておかなかったのか。
自分はバーンズワースの望むことなんて何も出来ない。
命を掛けてまで守ってもらう価値などないのだと、いいやがりました!
立人、キレました。
私はもっとキレたけどさっ。
腕を掴んで部屋に引っ張っていく。
「しばらく誰も近づけるな!」

そして…

殴ったぁぁぁ!!王子を殴りましたよっ。
それも往復かよ、おい。
「痛いですか?痛くてけっこう!生きてる証拠ですからねっ!
アーネストは二度と痛いとは言えない!」
普段だったらよくも殴ったなと反抗しそうなものですが、
こう言われちゃ黙るしかないよね。
「彼は私と貴方とで殺したんだ」
はっとするルマティ。
「貴方が無謀な行動を起こしてきっかけを作り、
私が無理な計画を立てて!身体の傷はいつかは癒える。
だが、この痛みは私に一生付いて回る。貴方もその心の痛みを負いなさい。
そして愚かな自分を自覚すべきなのだ。
自分の置かれてる立場も状況も判断出来ない、馬鹿な子供だということを」
もっと言ってやって立人。

「バーンズワースが貴方を利用しようとしている?
ハリーがその気なら、もっと上手くやってる」
匿ったのは完全に厚意から。
「ハリーにとってラギネイなどどいう小国は、たいして重要な存在じゃ
ないんですよ!!」
うわー、本気で怒ってる~立人。

石油があるから…とルマティは思ってたみたいだけど、
その石油、あと何年持つかってところらしい。
もって30年、悪ければもっと早く枯渇する。
それなのに王室は大揉め、ラギネイは岐路立ってる、
それが分からないのか。
今どうにかしないと元の貧しい国に逆戻りとなる。
貧困を知らない現在のラギネイ国民が、
それに耐えられると思うか。
間違いなく怒りは王室へと向けられ、内乱になる。
国際社会がどれだけすさまじい弱肉強食の世界か、ルマティは知らないだろう。
そんな事態になれば10年も経たずにラギネイ王国は消える。
そうなればソマンドが守りたがってる王位などなんの意味もなくなる。
今ラギネイに必要なのは強力な指導者。
カリスマ性という才能を持った人間。

「貴方はその稀有な才能を内に持った人間なのだ!
私が我慢出来ないのは、貴方がわざとその器を見て見ぬ振りを
していることです!」

いやぁ~、熱くなってるトコ悪いけど、
それさ…わざとじゃないってば立人。

「そっそんなもの、俺は知らない!自覚したことも無い!
俺が欲しいのは、そんなものじゃないっ!!」
ほらね…無自覚なんすよ、この子は。
マハティとは違うの。

「俺は…そんな才能も…王位も要らない。要らないんだ!」
泣き崩れるルマティ。
「何故…何故兄上は俺に直接おっしゃらないんだ。
死んでくれと一言!そうしたら…そうしたら…俺は…」
ルマティの顔を覆っていた彼の手をどける立人。
怒り狂ってたのにルマティの泣き顔を見つめれば、
身体が反応してしまうんだね。



優しい表情…包む腕、抱きとめる胸…いつものように。
そう、いつも花鹿にしているように、
してしまうんだね。

「兄上…兄上…」
ルマティは、抱きしめてはくれない兄の代わりに、
その身体にすがり、彼を思って涙する。
立人は、愛しい少女の代わりに、孤独な王子の心を
優しく抱きしめてやる。
抱きしめながら、こうしてこの腕の中に閉じ込めておきたい少女を
思っているのでしょう?



その苦しげな表情は、それが叶わぬからでしょう?
私の…と呼びながら、一番傍に居ながら、叶わぬ想い。

切ないのぉ。



でも最後の絶叫が「兄上ぇぇぇーっ」なのはちょっと美しくないな。
抱きしめてる図も、なんとなくデッサンが…。

まぁそれでも立人を堪能したんだから、良かったことにしとこうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

花咲蕾さんへ

花咲 蕾さん こんばんは~
コメントありがとうございます♪

>それに、すっごい丁寧に詳細に書いてますね!?
すごく時間がかかったのでは!?

簡易にしようと思ってたんですけどねぇ…
終盤の立人の台詞とか、やっぱり拾っておきたくなってしまい…
ええ…時間掛かったのですよ今回。

>とても詳細にご覧になったんでしょうね!!

キャプ取ろうとすると、どのみち同じシーンを数回見ることになっちゃいますね。
止めるタイミングで表情違ってくるから、
何度かやりなおしたりするし。
だから割と詳細…な方ですが、夏目友人帳に比べたら全然です(笑)
あれは自分でも「お前書きすぎ」と突っ込みいれずにいられないほど
細かく拾って書いてしまいましたからね…
原作コミックスも、アニメも。

>たちばなさんご本人様がひよこに思えて来ました(笑)

あははは。そんな可愛くない。(笑)
そういえば幼児の頃は、ヒヨコじゃなくてアヒルに似てましたよ。

>今回は、まさに立人祭り・大感謝祭

ですねー。たっぷり堪能しましたよ。これで作画がもっと美しかったら、
画面の前でへろへろになってただろうに。

>ご自分で小説をお書きになる方は、感情のあやを丁寧に読み解かれるなぁ

あぁいやいや。人様(作家)の息子(キャラ)でも、キャラがよく立ってる作品で
自分が入り込んじゃうと、自分の息子(キャラ)たちと対話するように、
語りかけてしまいがちなのです。クセなんですよー。
まぁでも、感情がちゃんと流れてくると、ですね。
そこはやっぱり演出と声優さんの演技によるでしょうね。

>また少し読み進めさせて頂きました♪
音楽をよく知らない私でも、ばっちり臨場感が伝わってきました。

ええーっ読み進んでくださったのですかっ?
凄い嬉しい~っでもちょっと恥ずかしい~(^∇^;)
臨場感が伝わりました?うわーん、そんなこと言ってもらえて嬉しいです。

>僚ちゃんのイメージが、読んでるときになぜかレンでした??
ヘンですね、性格かなり違いますよね??
どちらかと言えば、修一さんのほうが近いですよね、きっと?

NANAをかなりお好きなのですねー。
私もNANAは好きですから、アニメもコミックスも感想書いてるんですよ。
自分の小説は影響受けたわけじゃないですけどね。
書いたのもっと昔だし。

遼がレン?ぶははははっ。
すいません、笑ってしまいました。
あんなカッコ良くないですよー。いや、遼たんもステージ上ではそれなりに
カッコ良いですし、男としてなかなかカッコ良いとこもありますが、
見た目などは美形ではありませんし…関西人でお笑い系なので。
シュウはね…やや近い面もあるかもしれませんが…。
うふふ。でも花咲さんとウチの息子たちの話が出来るなんて、
くすぐったい…。

あまり無理をなさらないように。
もちろん読んで頂けるのは大変ありがたいのですが。
ブログ仲間さまに気を使わせたくはないので…。
そこらへんは気にしないでくださいね。

あれれ!?

すみません、どうしてだろう!?
コメントが途中で切れちゃってますね!?
あああ、見苦しいコメになってしまってごめんなさい!!
改めて、続きから・・・

ええと、たちばなさんは、原作本とかお持ちではないみたいなのに、あの大量の台詞の抜き出し&エピソードの細かい紹介。
すごいです、尊敬です(*^。^*)
とても詳細にご覧になったんでしょうね!!

>ハラハラするのと同時に、痛み、苦しむ姿は美味しいと思ってしまうから
Sよねぇ…私。

同類ですーー(笑)
イケメンの苦しみ萌え~(笑)

ひよこちゃんのツッコミがめっちゃ可愛い♪
たちばなさんご本人様がひよこに思えて来ました(笑)

今回は、まさに立人祭り・大感謝祭でしたから、立人派にはとっても美味な回でしたね(*^。^*)
立人、失神しそうなくらいカッコよかったです!!(*^。^*)

ラストの立人とルマティの絡み。
たちばなさん、とても詳細に分析なさってましたね。
さすが、ご自分で小説をお書きになる方は、感情のあやを丁寧に読み解かれるなぁ、と感心しておりました。

その、小説のほうですが。
また少し読み進めさせて頂きました♪
音楽をよく知らない私でも、ばっちり臨場感が伝わってきました。
過去に2階だけライブハウスなるものに行ったことがあるのですが(知人が出演していて)、そのときのことを思い出しましたー(*^。^*)

私は、どーしても『NANA』から離れられないのですが(すみません、モデルとなったお店や場所に行っちゃうくらい好きなんです~)、僚ちゃんのイメージが、読んでるときになぜかレンでした??
ヘンですね、性格かなり違いますよね??
どちらかと言えば、修一さんのほうが近いですよね、きっと?
まだ第2章だけしか読んでないので、間違ってたらすみません(>_

お邪魔しまーす

たちばなさん、こんばんは(*^。^*)
TBありがとうございました♪

いやー、今回も面白いレビューでした!!
それに、すっごい丁寧に詳細に書いてますね!?
すごく時間がかかったのでは!?
たちばなさんは、原作本とかお持ちではないみたいだし、台詞を抜き出したりとか、とても大変だったと思います(>__
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR