スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

theHIATUS 1st album 『Trash We'd Love』ヘビロテちぅ(笑)

theHIATUSのアルバム、『Trash We'd Love』がリリースされたのは
5/27の事。でも当時は私、存在すら知りませんでしたからね…
エルレ、細美さん及びtheHIATUSのファンの皆さん、
「今頃かよ!」
と突っ込まないでやってくださいまし

注意:橘はもともと長文記事が多いのですが、これもとっても長文に
   なってしまいましたので、長文苦手な方はご注意ください。



ブログ友達で心の友なうっちぃさんのオススメで聴いたエルレにハマったのが先週末。
書いた記事がこれです。

どぉしよぉ~凄いツボなんだけどっ…エルレ(ELLEGARDEN)。

メンバーのこと書いてないやと翌日続きを書いたのがこれ。
エルレ(ELLEGARDEN)にハマった話~続編とドラム欠乏症(笑)。


これで各メンバーの今の動きを探っていて、後日theHIATUSの音を探して
いきついたのがYouTubeにUPされていた【the Flare】のPV。
これに一発ノックアウトされたわけです。書いた記事がこれ。

ちょっ…一発で惚れたぜthe HIATUS。こりゃ行くでしょLIVE。

記事の最後で「アルバム…買っちゃうそうだ」と書いてますが、
24時間後にAmazonでぽちっと押してしまってましたね。

で、火曜日にCDが届きまして、それからずっと聴きっぱなし。
といっても平日はステレオでゆっくり…という暇はないので、
通勤時のウォークマン(USBタイプのヤツ使ってます)で、ですけどね。
そんなわけで感想は本日となりました。
そこそこ聴きこむ時間も必要だったと思うので、ちょうど良いかな。


とにかくね、【the Flare】のPVの衝撃は半端なかったです。
theHIATUSとの出会いがアレじゃなかったら
こんな早いペースで私、動いてないと思う。

また、初めて聴くのが、音だけだった場合と、あのPVで視聴したのとでは
全然違ってたと思うよ。
前回の記事に書いたように、曲にありったけの思いを魂をぶつけてる
彼らの姿と共に聴いたから、こちらもより揺さぶられたわけです。
見終わったあと、落ち着かなくてしょうがなかった。
そう!こういうのを待っていたんだよ!私は。
私を落ち着かなくさせてくれる曲を!


それから…
もしYouTubeにUPされていたのが【Ghost In The Rain】だけだったら、
「おっ良いね」ぐらいで終わってて、もう一歩進んでいたかどうか疑問。
まぁでも、この曲だけでも興味は抱いたと思うので、Amazonに見に行ったかもしれないね。
Amazonでは各曲45秒間の視聴が出来るので、
この45秒で惚れたかもしれんな。
【the Flare】だと45秒でサビの前半まで行くので、
ここまで聴いたらまず、「カッコイイ!」とは思うよなぁ、私の耳なら

なにはともあれ、この一曲だけでアルバム買う価値あると思った。
こんな風に思える曲、バンドに出会ったのも、凄い久し振りだ。
なかなか私を熱くさせてくれるバンド、楽曲に出会えなかったからね。
あ、師匠とカンガルー母さん以外は

前振りが長くなりましたが、ここで軽く各曲の感想を書いておきましょう。

1.【Ghost In The Rain】

これ、曲はPOPでとっつきやすいんですよね。
これ【The Flare】と同じバンドか?って初めて聴いた時、ちょっと思った
前の記事でも書いたように、OLのお姉さんにも普通に勧めれそうで
でも詩はちょっと意味深な感じなんだな。

ドラムのちょっと引っ掛かるリズムが好み~
これは私的には、飛びつくより聴けば聴くほどじわじわ来るタイプだな。
一般の(POP好きな)人は、印象逆だろうけど


2.【Lone Train Running】

ピアノのメロディは優しいですね。でも音は個性的で主張するタイプ。
悪くないです。芸術肌っぽいな、この人-えっと堀江さん。

この曲は出だしは穏やかなのですが、サビまで一巡りしたところで
こっそり忍び寄ってきていたギターとリズム隊が一気にぶち壊し
ハイスピードに♪
カッコ良いです。ドラムも気持ち良い~こういうテンポが沁みついてるしなぁ私は。

3.【Centipede】

イントロ聴いただけで、これはまさに私とうっちぃさんが得意とする路線!
好きだよねぇ間違いなくこういう感じ。(どういう感じだ)
初聴きの時点で肌に馴染んでおりました。

Aメロの裏で足並み揃えてゴツゴツと刻むギター&ベースがイイ。
後奏の途中で消化不良気味に入るドラムのタカタカがまた引っ掛かってイイ。

4.【Silver Birch】

これまた曲はとても明るいのですが、詩の内容は細美さんの心境が出てるのかなぁというもの。
英詞ですが、対訳が付いてまして、そこから感じるのは…

ひたすら理想を目指して進んできたが、ふと立ち止まり歩いてきた道を振り返る。
残してきたものへの思い、過去の傷に未だ感じる痛み。
己の目指す処へどこまで近づけたのか分からず、微かに疑念が沸きもする。
それでも前を向いて終着点の見えぬ道を進む。
遥かなる高みへ辿り着けると、己を信じて。

って感じの彼の姿ですね。

5.【堕天】

これ、大好き♪

この曲はドラム好きな私には溜まらないですよ。
イントロから走り回ってくれてるし、
ちょっと変則っぽい引っ掛かるリズム出るし~
曲も凄い好きだが、ドラムが良い~。後奏でも思い切り叩いてるし、嬉しい。

あ、ギターのリズムも私には気持ち良いですね~。

ボーカルはサビが特に、好きだなぁ♪Catch me up~
あぁ気持ちイイ。

ここまでの4曲が全部英詞で来ていて、この曲で日本語詞。
後半英詩も入りますけどね。
細美さんのボーカルって、日本語と英語でかなり印象違うんですよね。
エルレもそうなんだけど。
どっちも良いんですけどね。日本語で歌うと若くなる感じかな。(なんじゃそりゃ)

終盤の英詞の部分は、どんどん迫ってくる感じがイイ

6.【Storm Racers】

これは出だしがなんだか…西部っぽいというか、ちょっとBonJoviよぎった。私はね。
ギターのメロディがそれっぽいんだな、多分。
細美さんの歌い方、というか歌詞の乗せ方もちょいとそれっぽいというか…
最初のAメロの部分ね。テンポ速まってサビに向かうと、もう違うんだけど。

これもカッコイイ。ライブで盛り上がりそうですよね。

7.【Little Odyssey】

買う前にAmazonで視聴して驚いたのはこの曲でした。
こういう曲もあるとはね。
ピアノとボーカルだけのシンプルなセットで、
歌唱力ないと出来ないですよ、これは。
この人、歌、上手いんだ…とビックリさせられた曲です。

なんて書くと細美さんファンの方に叱られるかもですが、
御免なさい、だって私にとってはまだよく知らない人状態だったわけですから。
いや、今もよくは知らない人なんだけどさ…。
wikiでも公式サイトでもご本人に対する情報は多くないので、
ルーツとかも分かんないし。
人となりはブログをせっせと読めば掴めるかもしれないけど、
まだそこまで至ってない。
なにしろエルレもtheHIATUSも知ってまだ一週間そこそこなのだもの。
ご容赦ください。
てか、そんな人間が細美さん語るなって感じかも…。
…だよね、自分でもそう思うわ。

いや待て、語ってない語ってない。語ってるわけじゃない。
感じたこと書いてるだけだもん(何弱気になってるんだ…)

話がまたそれましたが、
そんなわけでこれは認識改めた曲となりました。

イントロのピアノの音が途切れて歌いだしまでの間がまたなんともいえませんね。
あ、でもこれ、音量下げてると間は長く感じるけど、ほんとは小さな音で1音叩いてるんだ。
音量上げて初めて気づいたよ。
それでも間はあるにはあるな。

それにしても堀江さん、ほんと個性的だね。
なんかスタンダードジャズとかもカッコ良く弾いてくれそうだ

8.【The Flare】

これはもう文句ナシにカッコ良い。
毎日何度も何度も聴いてますが、未だ飽きません。
あのPVを初めて見た時も立て続けに3回も再生ボタン押してしまったように、
相当取り憑かれています。病的に好き

もはや間奏になると細美さんがスタッフにジェスチャーで、
キーボードの音量上げてと指示してる様子まで浮かびます。
手を激しく動かしつつ、サビを歌う(叫ぶ)柏倉さんの鬼気迫るような顔とかもさ。

だいたいこ~んな切ない曲調、もろ大好物ですし、おまけに演奏がこれだけカッコ良かったらねぇ。
ど真ん中ストレート。恋に落ちるに決まってる。

インパクトで行ったら、今年一番のインパクトだったかもしれません、この曲。
(御免よ、師匠&カンガルー母さん)

この曲はボーカルについて少々思うことがあるのだけど、
それは下でまた語ろうと思います。他の曲にも共通して感じられる事なので。

9.【紺碧の夜に】

これもPOPですね。主メロ明るく希望溢れてる感じで、元気良くて。
歌詞は日本語でサビに英詞入るパターンで、
J-POP聴いてる若者が普通に聴きそうな感じ。
とっつきは良いんじゃないかな。私も普通に好き。

10.【ユニコーン】

2分31秒の短い曲です。
もともとこのアルバムの中の曲って皆短いんですよ。3分台が7曲と4分台が3曲で。
でもその中でこれが一番短い。

バックもシンプルですね。
ピアノ+シンセと、ドラムはひたすらスネアをマーチっぽく震わせて、
ほんと、これまた【The Flare】と同じバンドとは思えぬ印象で
初聴きの時は、へぇ~と思いましたよ。
幅、広いですよね。

11.【Twisted Maple Trees】

これがアルバムの中で一番長い4分55秒。
最後にふさわしい曲かと思います。
つぶやくように歌ってた細美さんの声が吐き出すように変わるとドラムも元気になり
バックの音の厚みも出て来て、聴いてるこちらもテンション上がってくる。
細美さん、階段上っていくような表現(ボーカルで)がちょくちょくありますが、良いですね。
後奏はゆるやかに荒めのギターのリズムで閉めて余韻が残ります。

うーん、今のところはこんな感じかな。
もっと聞き込むと、また出てくるかもしれんけど。


各曲の感想ねー、昼間半分まで書き終わった所で指がちょっと滑ったら
gooの編集画面、変わっちゃてさ…。
つまりは書き込んでたデータは消えたのよ…泣きました。
前振り部分は書いた後で一旦草稿状態で送信していたので生きてましたが、
曲の感想は考えつつ書き込んだので2時間くらい掛かってたのよ。
痛いわ、ほんと、こういうの。
やっぱりマメにセーブするか、最初からテキスト打ちして編集ページに
持っていく形を取るべきね。
特にこういう、資料も見つつ、音も聴きつつ、考えながら書く場合は。

総評というか、全体聴いて思ったのは、バラエティに富んでるな~と。
エルレもまだわずかな曲しか知らないので、エルレ時代はどうだったのか
分からないけど、
ほぼ一人で全曲書いてるのに、似た匂いがほとんどしないし、
タイプがかなり異なるこの幅広さ。
才能溢れる人なんだなという印象です。

英語の発音がエルレ時代より良くなってますね。
YouTubeのコメントで、ネイティヴから、
「エルレのボーカルより上手い」というコメントがあって、
「同じボーカルです」とレスしてる方がいて笑えました。
英語を更に特訓されたとかなんとか。
うん、私でも気づいたもんな。
【The Flare】を聴いた時にね、まずそこに反応したもん。
でね、ちょっとゾクッとしたんだ。
【The Flare】の歌詞の♪Refuse all I don't…のdon'tの
少し鼻に掛かった声とか♪Things start to fallのやや放ったようなfallがね、
Johnを思い出させたんだ。John Lennonね。
声が、ちょっと似てないですか?
いや全部が、じゃないんだ。ところどころそんな箇所があって。
他の曲にもぽろぽろあるんだけど。
あぁ別に彼が真似してるとか、そういうこと言ってるんじゃないですから、
誤解無きよう。

ここでJohnについて語るとまた話がそれてしまうので止めておきますが、
私にとっては彼は大きな存在なのでね、似てると気づいた時はなんとも
言えない気持ちになりましたわ。

で、Johnを感じると共に、なぁんかブリティッシュっぽいなぁと感じてたり
するのですが…。
細美さんの音楽ルーツは知らないし、彼の敬愛するバンド、Weezerは
アメリカのバンドなんだよね。
だから見当違いかもしれない。私はなんでそう感じるのかしら。
英語の発音がブリティッシュっぽいかな。

あと注目すべきは英詞の場合の曲に対する詞の乗せ方ですよね。
かなりメロディと詞のリズム及び音が合ってるんだよなぁ。
だからとても自然で気持ち良く流れてる。
日本人が書く英詞の歌ってそこらへんがね、違和感あること多いんですよね。
ネイティヴじゃないから仕方ないと思うんだけど。
サビなんかで一部だけ英詞の場合は悪くないけど、全英詞の曲とかで、
あんまり拍手モンの曲に出会ったことがない。

英語に限らず、歌は音と言葉の並びが合ってる方が当然自然だし、
言葉も届きやすい。
高校の時の音楽の先生がね、かなりこだわりの強い方で、
授業でそんな話を熱く語られたことがあったのだよ。
美しい日本語の歌が失われていく…と彼は嘆いていましてね
言葉には元来の音があるじゃないですか。
それに反した音並びにしたり、変なところで切ったりすると別の言葉に
聞こえてしまう。
まぁいまどきの歌で言葉遊びみたいな詞もありますから、
わざとやるという手もあるわけですが。

細美さんの曲を聴いていてね、その点が優れてるなと驚いたのです。

けっこう長く語ってしまいました。
お付き合い下さってありがとうございます。
11月のライブは行くつもりでいますので、
それ絡みでまた語るかもしれません。

あ~でもライブはドラムが柏倉さんじゃないのよねぇ…。
今日それに気づいて一人ショック受けていたのです。
アルバムのドラムが好みだからさ。
でも一瀬さんって方のドラムも良いかもしれないんだから、
あまり先入観持たずにライブには臨もうと思ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。