「花咲ける青少年」#27【重い鎖】作画ちょっと戻った?

作画はちょっとまともになりましたね。
この間は立人が誰?って顔になってたけど、
今回はちゃんと立人に見えました。
演出も普通で、過度なギャグやら突然の文字もなく…。
あれは一体なんだったんでしょうね。

感想遅れちゃいましたし、あらすじはしょり気味の簡易で失礼します。


あらすじは公式HPより。

第27話 重い鎖
突如、屋敷を訪ねてきたグリュクスヨルド夫人から「ユージィンが誘拐された」
と聞く立人。話の裏を取るためにカールと連絡を取り合うのだが、その会話を
花鹿に聞かれてしまう。花鹿は、危険を冒してでもルマティとその国の為に
行動している皆に対し、自身も何か力になりたいと訴えかける。しかし、
それでも立人は頑なに反対。「わかった」と答える花鹿だが、心の中ではある
決意をしていた。


花鹿の姿を見かけてどこへ行くんだと訊く立人。
散歩もさせないつもりかと花鹿がムッとする。
森川さんの、「…いや」という言い方が良かったわ♪

で、寅ちゃんに当たる花鹿ですが、
花鹿がソファに寝転がって、寅ちゃんのシャツをグイグイ引っ張ってるがツボだった。


引っ張られてるのを戻そうとしてる寅ちゃんが、
またなんだか可愛いじゃないか。

マジでラギネイは今危ないから堪忍して~な寅ちゃんですが、
花鹿にしてみればここまで首突っ込んだら一蓮托生だと。
こういうことはハリーや立人に任せておけば良いんだといわれ
ますますむくれる花鹿。
「私が動くと邪魔だって言いたいの?」
「そういうことです」
おおーっ寅ちゃんも言うねぇ。
生意気ってポカポカ殴られちゃいましたけどね。

どんなキャリアを持っていたって感に叶わない時はある。
あ、それは私も同感。
私も感で生きた来た人間なので
自分の感を信じてる花鹿。
「ここが騒ぐんだ、早く早くって」
あー、正に血が騒いでるんでしょうね。
花鹿の身体に流れるラギネイ王家の血が。

例えハリーや立人と喧嘩しても、今回だけは自分の信じるとおり
行動するという花鹿。
協力は出来ないと言う寅ちゃんですが、そんなことは花鹿も分かってる。
気持ちを言っておきたかっただけだという花鹿。
寅ちゃんにぶつけることで、自分自身再確認した感じかな。

人に話すことで、自分の気持ちを整理出来ることってありますよね。
花鹿は寅ちゃんの扱いが酷かったりしますが、
はけ口として、寅ちゃんは役に立ってるんだと思う。
これはこれで、花鹿に必要な存在なんじゃないかな。

この件は一切花鹿に知らせるなと立人ず曹に言い含めてるので
何事かと思ったら、あぁ…ユージィンの件ね。
そうか、イサベラも一緒に行ってたんだもんね。
ユージィンが行方不明…誘拐された、か。
自分から付いていったのだけど、軟禁されてるなら結果は誘拐と一緒か。

ホテルに置いてあった荷物もなくなっているから、
イサベラには誘拐だと分かった。
ユージィンは高価なものがトランクに入っていても、
平気で置いていってしまう子だから。
クインザはそんなこと知らないものね。
荷物を引き上げさせた方が、自主的に居なくなったと思うだろうとの
判断だったわけですが。

金銭的な要求はない、だけど…
「お金じゃないわ。彼なら誰だって欲しくなるもの」
えぇ確かにねぇ。そういう貴女もだものねぇ。

国王の別邸からユージィンを外へ連れ出せるものとなると
王族かその侍従…。



おぉこの立人は良い感じですね。立人らしいかな。
監督変わってキャラの顔が激しく変わって困ってましたが、
ちょっと戻りましたね。やれやれ。

もしやイズマルかと疑うイサベラですが、ヤツにそんな度胸はありません。
さすが立人もそれは分かってますな。
でも営利目的な誘拐でないのなら、かえって安心ではある。
彼自身が目的なら、危害を加えることもないだろうと言って、
イサベラを少し安心させる立人。

とにかく我々にお任せをという立人に、頼もしさを感じてるイサベラ。
「倣立人」というのは、彼女にとってもブランドのようですし、
ちょっとくらって来てるっぽいね。

イサベラを見送ったのち、可能性を考えてナジェイラに行き当たった立人。
だが王家より祭司に近いシャドリ家に居てくれれば、
政変が起きてもユージィンは無事だろうと考える。
ん~、シャドリ家にいるわけでは…ないよね?

ラギネイではイオエがサバジ&革命評議会のメンツと会い、
あおってました。


あおっておいてこの顔。オヌシも悪よのぉ。

あ~、でもイオエ、けっこう可愛い顔してるよね。
前出てきた時、こんな顔してましたっけ?
クインザ慕って心酔していく過程で艶が出ましたか?

ええっとぉ~、その頃ノエイはコペルと会ってるんですが…。
うわーん、サバジとコペルがおんなじ人に見えるぅぅぅ
人柄はコペルの方が品があってまともそうだけど、顔が…。
どこが違うんだ?


これがサバジで…


これがコペル

え~っと頭に巻いてる布の色が
サバジは朱でコペルは草色。
サバジの方が鼻がちょっと大きい。
コペルの方がトップの髪が長め。
コペルは髭があってサバジよりは少し顔もほっそり。

だけどパッと見で、それぞれだけ見せられたら、
どっちがどっちだっけー?と思うよ。

コペルとノエイは手を結びましたが、コペルの元から去る途中、
イオエ達に見られてしまいました。
目指すところは一緒なのにと訝しがりつつ
一緒にいた仲間は、イオエの指示に従い、ノエイの後をつける。

ある意味ソマンド派よりも始末が悪いとクインザが言っていたから。
奴らを一網打尽に出来ればクインザが喜んでくれるだろうってことで。
ほんと、イオエったら心酔してるなぁ。君も利用されてるだけなのにねぇ。

立人はカールと連絡を取り、ユージィンの事だからそう心配しなくても
大丈夫だと思うが…と話すが、そこを丁度花鹿に聞かれちゃった、と。
ま、当然ラギネイに行くと言い出しますわね。

保護者が駄目と言ったら駄目、と立人が言えば、
立人は保護者じゃないと花鹿が返し、
ハリーに委託されてる立派な保護者と立人…。
二人の間でおろおろする寅ちゃんが気の毒ね。

何を犠牲にしてもラギネイの為に何かしたいと
立人に強い視線をぶつける花鹿。
そんな花鹿の様子に、やはり王家の血が迫り来る嵐を感じ取っているのかと
察する立人。
それが分かっていても、花鹿の身が危険になることだけは許せない。
「立人、私は行くよ」
そこまで強く言われても、


「駄目だ」
と返す立人。

分かったと部屋を出て行く花鹿ですが、
いつもの喧嘩とは違うと戸惑う寅ちゃん。
うん、なんか決裂した感じだよね。

うはー玲莉登場~。
って、この子ってこんなキャピキャピでしたっけ?
長い黒髪とおとなしそうな顔の子っていう印象だったんだけど…。
声も思ったより元気で高いな。
なんか笑い声が…イメージと違う…ような…。
といって原作うろ覚えのヤツなので、いい加減っちゃいい加減なんだけど…。

こりゃやっぱ、どっかで原作読んでおきたいなぁ。

長老会の御三方がやってきたのは、立人の嫁を玲莉に決めたから。
寅ちゃんから報告受けた花鹿の胸がちくんと痛む。
やっと自覚症状現れましたかぁ?

御三方に対し、自分の嫁は自分で決めると言い放つ立人。
玲莉は大事な従姉妹だけど愛しては居ない。
ってそれが隣の部屋の玲莉に聞こえちゃうって、どんな薄い壁?
小芸もさ、彼女を通す部屋、考えなきゃ。

叔父さんの「錯覚けっこう、恋愛自体、大いなる錯覚だ」って台詞には
笑ったわ。おいおい。

「錯覚で結婚するほど、私は人間が出来ていません」
って立人、それ人間が出来てるとかそういう問題じゃないから。

玲莉ったら、花鹿に協力してくれって…
この子ってなかなかですね…。

立人が遠く感じる花鹿。
こんな気持ちのまま別れて良いのだろうかと…
あ、あれこの後ってさ…
ひょっとして花鹿が、後悔するようなことが起こらなかったっけ?

花鹿は玲莉の乗ってきた車に忍んで、脱出ですか。
本当はルマティが行きたいところだが、
もう今となっては思い足かせがついてしまった、
だから…
「この眼はお前の眼だ。この眼でお前の国を見てくる」
あ、うん、確かにその眼は王家の血を引く眼だしなって思っちゃった。

駆け足で細かいトコ拾ってなくてすいません。
次回はまた作画がちょっと変だったような気がする。
花鹿は我慢するから、立人とユージィンだけは頼むよう~っ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR