「DARKER THAN BLACK 流星の双子」#7-3【風花に人形は唄う…】紫苑の能力って…。

※注意:こちらは7話のCパートの感想になります。
    最初から見てくださる方は、Aパートの方からどうぞ。
    TB下さる場合は、出来ましたらAパートの方に頂けるとありがたいです。
    強制ではありませんので、既に貼った後でしたら、構いません、
   そのままでどうぞ。

Aパート感想はこちら。
「DARKER THAN BLACK 流星の双子」#7-1【風花に人形は唄う…】想いが見えた。

Bパート感想はこちら。
「DARKER THAN BLACK 流星の双子」#7-2【風花に人形は唄う…】シビレたよ…。

はい、Cパートです。

水槽で泳ぐクラゲ見てる紫苑。
でかいクラゲだな。
で、また車椅子で片目包帯状態に戻ってる。
ガサ入れ受けたあの日、対価は払い終えたと言って立って歩いてましたよね。
またしばらく対価を払わなきゃいけないほど、能力使ったってことですか。
紫苑の能力って一体…。

「もう起きたのか」

起きたかってことは、ここで寝泊りしてるってことですね。
水族館かと思ったんだけど、違うのか。

「そろそろ用意して」
「ん?」


「ハンティングするなら早く行って待ち伏せしなくちゃ」

ハンティング…何を狩るんですか紫苑くん。
FSB?CIA?三号機関?
待ち伏せして勝てる自信があるんだよね…。
う~ん。

さて仙台駅。朝4時半のカシオペアは無理だったようですね。
時刻は4時52分です。
階段駆け下りて列車に飛び乗るヘンテコ家族御一行様。
ちゃんと姉が弟の手を引いてます。ちょっと弟がコケそうです
でも…イイ。

彼らが飛び乗るのを、レプニーンが見ていました。
同じ列車に乗ってるようです。

次回予告。
-あの夏の日のきらめきを、ボクは忘れない。
 窓から零れ落ちる木漏れ日。
 君のブロンドの髪に踊る水しぶき。
 もうあの日には戻れない。


予告でレプニーンと黒(ヘイ)、蘇芳とターニャが話してました。
予告語りの"ブロンドの君"とは、ターニャの事ね。
あの夏の日とはOPでチラリと映る、海岸での楽しそうなひとときでしょう。
ニカが死んでから、OP見るのが辛いんだよね…。

"夏の日"をわざわざ出すってことは…
温水プールに浮いてる死体はエレーナでしょうか。
サーシャはすっかり蘇芳の記憶消されてたけど、
エレーナは、出てきてないですよね。
うつ伏せなので顔分かりませんが、髪の色と長さから、そんな気がします。


エンドカードは、アリエル&ベレニス。

そうね、君達もジェミニだ。
ジュライの横に書かれた文字が読めない…。


7-1、7-2共に文字数ヤバヤバだったので、
書ききれなかった事などを、ここで書いときます。

★キャプ量、異常っす。

キャプがね、今回異常ですよ。75枚も取っちゃって
でも感想の文字数がパート毎に分けても6000文字超えてましたので、
キャプ貼れる量も限られてきます。
gooの1記事文字制限は10,000文字ですが、
9000超えると10,000以下でもエラーになった事があるので、
9000ちょい越え程度に収まるようにしてるのですよ。
なのでキャプは13枚~15枚くらいになる。どれを使うか迷って迷って。
けっこう良いショットがありましたよね~。使えなくて残念。
縮小してくっつけてUPって手もあるけど、それやってるとまた時間掛かるし、
私的にはこのサイズにしときたいしな。


★助けに来た黒(ヘイ)と、見捨てようとした黒(ヘイ)を見て思うこと。

結局助けに来た黒(ヘイ)。
でもよく考えたら、もう守らなくて良い相手なんですよね。
黒(ヘイ)にとっての蘇芳って。
マダムとは手を切ったのだから、任務は終了しています。
黒(ヘイ)の目的は流星核を手に入れる事と
銀(イン)を殺すこと…ですよね、とりあえず。

流星核は、蘇芳のペンダントだと思うんだが、
それは黒(ヘイ)も気づいてないみたいだし、
あれは一部であって、元は紫苑が持ってるのかもしれない。
で、紫苑にたどり着くには蘇芳を連れていた方が便利?
でも紫苑が東京に居ると分かったなら、黒(ヘイ)なら蘇芳を頼らなくても
自力で見つけれるでしょう多分。
一人の方が動きも取りやすいと思うし。
お子ちゃま連れではどうしたって目立つし、フットワークも鈍るし、
危険度も増すわけじゃない?

それでも共に居るのは、
『連れてってやる』
という約束を守るため?
黒(ヘイ)は固いとこあるしな。

やっぱ変わってませんね。
口ではキツイ事言っても、結局放っておけないんだよね。
今回の感想記事書くにあたり、1期の17話18話を見直したのよ。
(そんなことやってるから感想UPがどんどん遅れるんだよね)
"ドールの自発的行動"って点で、今話と共通してるからね。
健児にも手厳しい事を冷めた口調で言ってましたが、
結局、逃亡に手を貸した黒(ヘイ)。
彼の任務はあのドールの回収だったわけで、
そんなことしたら自分の立場もヤバくなるってのにさ。

ジュライのことは見捨てようとした黒(ヘイ)。
所詮道具、という扱いでした。
なんでそんなにジュライに冷たいんだ、銀(イン)の扱いと違う、と
蘇芳に言われてましたね。
でも銀(イン)の事があるから余計、ドールに対して距離置くというか、
道具として接することに徹しているのでは?と、思ったりもしました。
それぐらい、銀(イン)の事で彼は傷ついてる、そんな気がするんだ。
ドールを信用しちゃいけない、みたいな。

でもそーなると、私が思ってた銀(イン)が兵器として利用されそうだから
自分の手で殺す…というのとは、少し違ってきますね。
外伝チラ見せから得た情報と描写から想像するに、
銀(イン)は本人の気持ちに関係なく、
別物へと変化してしまったのかもしれない。
それはどうも彼女に最初から仕込まれていたモノのよう。
時期が来たら変化するように、さ。
でも黒(ヘイ)には裏切られたような形になってるのかな。
黒(ヘイ)のやさぐれ様見てると、そっちの方がハマりますよね。

ミチルをあっさり殺した件もあるし、銀(イン)はもう昔の銀(イン)じゃなくて、
でも潜在意識の中にかつての銀(イン)は残っていて、黒(ヘイ)をまだ愛してる。
それは前話のコンビニ帰りに現れた銀(イン)の観測霊で感じられましたよね。


★MEネットワークと生きてた博士の謎

MEネットワーク、という言葉が出て来た時、
あのガサ入れの時の紫苑と蘇芳を思い出しました。
秘密の通路を使って蘇芳が自宅に入った時、紫苑の声に誘導されましたよね。
この時点で紫苑はもう脱出していた筈ですから、
どうやって会話が成り立っていたか、です。

あの通路に仕掛けをしておいて無線?とも考えたけど、
隠し通路といっても各部屋と板一枚で繋がってるわけで、
移動中の蘇芳が父親と誰か(黒(ヘイ))が言い争ってる声が聞こえて、
そっちの通路に向かったように、
逆にあの通路で声がしてたら聞こえてしまうと思うのよね。
蘇芳がどこを通るかわかんないから、この方法取るならスピーカーになるし、
ちょっとやる筈のない案。

蘇芳は紫苑の部屋へと行って着替えたりしてたけど、
その間も声は蘇芳に付いて来ていた。
蘇芳の行動も見ているものも分かってるような会話でしたよね。

つまりあれがMEネットワークだったのかなと。

ネットワークと言うからには情報の共有ですよね。
今現在も蘇芳の身に起こる事は、全て紫苑に筒抜けだったりして。
ペンダントはお守り、持っていれば再会も可能だと紫苑は言った。
筒抜けならば確かに再会は可能だろうし、
ひょっとして契約者の能力まで共有出来たりするのならば、
守ることも可能だよね。文字通りお守りだ。
それはちょっと行き過ぎかな…。
で、ネットワークを繋げるのに、流星核が必要ってところでしょうか。

博士の遺体はDNA鑑定では間違いなく博士だった。
でも記憶は一日分しかなかった。
東京で目撃された博士。記憶はこちらの博士に移行されてるんだろう。
問題は身体ですよね。
Aパートの感想で私、死んだのはダミーだと書きましたが、
DNA鑑定で博士だと断定されたなら、今生きてる方が身体もコピーってことか?

一つ気になるのは博士の態度の差。
脱出前の父子の会話から受ける印象と、今回のCパートでの父子の印象、
全然違うんですよね。
今の博士は穏やかで、まるで紫苑達の幼い頃、
家族で水族館来た頃みたいに落ち着いてる。
それは…作った博士だから?

対価は払い終わったと言って立ち上がっていた紫苑がまた車椅子に
戻ってるって事は、あの後、能力を使ったって事になる
二年間掛けて対価支払わなきゃいけないって…大技ですよね。
それで、考えられるのが…
タイミングからして、二年前蘇芳を作って、今回博士を作った…とか?

また進むにつれて違う案も出てくるかもしれないけど、
今日の段階では上記のようなことを考えてました。


★ペチャマオの描写6話のやりすぎ感。

6話の時に書きたかったんだけど、前回は外伝チラ見せ分もあったから
3分割しても、あの量でしたので、いい加減長過ぎ…と追記を諦めたのです。
でもウチの常連さんのまことさんが、コメントで突っ込んでて、
やっぱ、そこ、突っ込むよね、さすが感性似ているよな、とニンマリしつつ、
次回にでも書かなきゃなと思ったのです。

6話でペチャマオは、足を組んだり横になって尻を掻いたり、
腕組んで考え込んだり、と人間っぽい動きが目立ちました。
面白いは面白いけど、ちょっとやりすぎかなぁと思う。

人目がある時はモモンガらしくしなきゃいけないけど、
身内だけになったら地が出て…という所を見せたいのかとも思いましたが、
大通り公園の噴水の所でミチルが現れるまでのシーンで、

こんな格好してたけど、外でこれはまずくないかい?と思ったよ。

1話の中で一箇所、なら分かるけど、
6話中やたらこういう"モモンガならざる"姿が頻繁に出て来たので
気になりました。
突然だから余計にね。

今回はまたちょっと戻った感じで、この件に関してはホッとした。
うん、このぐらいにしといて欲しいところです。
1期で、猫だった時は、表情は猫ならざる豊かなモノでしたが、
ちゃんと猫の習性というか、猫らしい動きも見せていたものです。
普通にシリアスな話をしてる最中に、後ろ足で耳の後ろを掻いたりね。
身体はあくまでも動物なんだってところを、
猫の時の方が時々思い知らされた気がします。

それにしても毎回ペチャマオは可愛くて困る。
取るキャプが増えるのは半分は彼のせいですからね。
今回、感想記事中に使いたくて使えなかったのもたくさんある。
これなんかも…

蘇芳の膝の上ですよ。中身通りのオッサンだったら犯罪ですよね。

またまた長くなっちゃいました。
最後まで読んで下さった方がいらしたら、お疲れ様でした。
ここまでお付き合いくださって感謝です。

次週も出来るだけ頑張ります。

やっぱ、ダーカー、おもろいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まことさんへ

まことさん こんにちはっ。
いつもコメありがとう~♪

今回も面白かったね。ジュライが堪らんかった。
蘇芳との姉弟度が増しましたねぇ。

>ここ数話橘さんと話してた家族設定が実際出てくるとは

他のブロガー様達の間でも、やっぱり家族みたいに見てる方たちは
多いですね。
少なくとも蘇芳とジュライは、皆さん姉弟と捉えてる。
黒(ヘイ)のあの変装っぷりは、渋さ増して確かに父親でした。
もうカッコ良い風貌を見るのは不可なのかしら。
肝心なのは中身で外見は二の次、な橘ですが、
でもちょっとカッコ良い姿の黒(ヘイ)も、見たいデス。

>猫はなんだかんだ言って、ちゃんと助けてくれますね。

彼は黒(ヘイ)と違ってまだ任務中だもんね。
でもそれだけじゃないとも思いますけど。
この二人、良いコンビになってて楽しいです。

>この前まで鶴を撃って涙した子とは思えない。
やっぱり蘇芳は何か変ですね。

普通ではないんだと思います。
黒(ヘイ)やペチャマオが言ってた、成長過程だから云々という
曖昧なものではなく、彼女の存在そのものに関わってるんだと思う。

>でもやっぱり戦闘シーンは短い…もっと見たいです。

そうですねー、見たいのはやまやまですが、
恐らく1期のようなバランスで見ることは、この先もないかなと思う。
1期は黒(ヘイ)が主役でしたから、当然多かったけど、
2期は蘇芳メインで、テーマも別のところにありますよね。
動画のコメント見てると、それを不服に思う方もかなり居るようで、
1期の方が良かったって書かれてましたけど、
同じことやっても仕方ないと思うので、
私の意見としては、これでいいんじゃないか(別の所にスポット当たってる)
と思います。
もちろん、カッコ良い戦闘をいっぱい見たい!という気持ちは、
もちろんあるんですよ?
ただ、作品として考えるとね。

>これ読んでこちらもニンマリです。
今回くらいがちょうどいいですよね。

えへ、やっぱりそう思いました?
ニンマリして下さってありがとう(笑)

>ガムテで窓に貼り付けられた猫はツボでした。
ピンチだけど、かわいすぎる

そう!酷いぃぃと叫びつつも、可愛いぃぃと喜んでしまう。
Sね、私たち。
でもあれは良かったよね。

>続きが気になりますけど、また一週間の対価を払わないと

ほんと、最初に言った人、偉いと思うわ。
正に対価だよ。待ちきれないっ。

謎が増えましたね

橘さん、こんにちは。
今回はジュライ満載でしたね。
蘇芳とジュライの姉弟っぷりがよかったですね。

>ジョライは青森から一人で旅行に来て事故に遭ったって設定で、
 黒(ヘイ)と蘇芳は、"お父様とお嬢様"だそうです。
ここ数話橘さんと話してた家族設定が実際出てくるとは
でも猫はここではペットですね。
黒は一瞬誰だか分かりませんでしたよ。

ジュライ救出時の蘇芳と猫のコンビもよかったです。
猫はなんだかんだ言って、ちゃんと助けてくれますね。
ほんとに面倒見のいいおじいちゃん状態。
しかし蘇芳は…
>カッコ良いけど容赦の無さが怖い。ここら辺が契約者って事なのよね。
もういいって~と猫とハモりました。ほんと怖かったです。
この前まで鶴を撃って涙した子とは思えない。
やっぱり蘇芳は何か変ですね。

>イリヤとの戦闘、マジ痺れました。
かっこよかったですね。さすが黒
でもやっぱり戦闘シーンは短い…もっと見たいです。

>やっぱ、そこ、突っ込むよね、さすが感性似ているよな、とニンマリしつつ、
これ読んでこちらもニンマリです。
今回くらいがちょうどいいですよね。
ガムテで窓に貼り付けられた猫はツボでした。
ピンチだけど、かわいすぎる

生きていた博士のこと、紫苑のこと、銀のこと…
謎がどんどん増えていきますね。
まことも暇があると考えてたりします。
続きが気になりますけど、また一週間の対価を払わないと
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR