スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デュラララ!!」#10-2【空前絶後】人が変わってるし…(汗)

※注意:こちらは10話のBパート感想になります。
    最初から見てくださる方は、Aパートの方からどうぞ。
    TB下さる場合は、出来ましたらAパートの方に頂けるとありがたいです。
    強制ではありませんので、既に貼った後でしたら、構いません、
   そのままでどうぞ。


Aパート感想記事はこちら。
「デュラララ!!」#10-1【空前絶後】帝人よ、その笑みの理由は…。

はい、Bパートです。

「以上で代表委員会を終わります」
帝人と杏里は授業後、代表委員会に出ていたようですね。
紀田も風紀委員らしく…え?風紀委員?紀田が?ええ~。

運動部だろうか。
運動着姿の女子生徒二人が、きゃっきゃっ楽しそうに廊下を駆け抜けていく。
そんな二人を微笑ましく、また少し懐かしそうに、
立ち止まって見送る杏里。
彼女の胸によぎるものを帝人は知っている。

「その後、張間さんの事、何か分かった?」
いや…アンタ昨夜同じ屋根の下で寝たでしょう…という突っ込みは
誰もが入れてるよね。
「竜ヶ峰ー!」
誰かに呼ばれて振り向く帝人。今更ですが、ほんと違和感ある名字だな。
紀田は帝人と呼んでるからまだ良いんだけど、
他の生徒は名字で呼ぶわけよねぇ。
「紀田が先に帰ってくれってよー」
なんでも紀田は、風紀委員会で大激論を繰り広げているらしい。
どんなだ…。
帝人の引きつり笑いとへらへら振る手が笑えます。

「えと…じゃあ、いこか」
「はい」
二人きりだとちょっと照れるか?帝人。ふふふ。
ああ~もうすっかり存在忘れてたけど、うえださんが二人を見てますよっ。
あ…えっとうえださんキャラ…なんだっけエロ教師…
そうそう那須島、那須島。
この間、首なしライダーに追われ、切り裂き魔にも遭遇するという恐怖体験して、
少しは大人しくなったかと思いきや、相変わらずのようですな。

「あ…紀田君、何を激論しているんだろうね。
あ、やっぱり服とか髪とかかな…」
二人だと会話がやっぱりちょっとぎこちない?
そんな二人の頭上に、紀田の声が降ってきた。
「帝人~っ美女の話、よぉく訊くんだぞぉ~。
今度俺の事も紹介しろよぉ~。ビシッ!じゃ、ね!!」
…ほ~んと過保護な父兄みたいだなキミは。

さて杏里にも聞かれてしまってマズイと思った帝人は苦しい言い訳を。
ビジョーさんという露西亜寿司で会ったフランスの人で、
鼻ピアスをしている、と。
その鼻ピアスについて紀田は激論しているのだろうって?
帝人のアタフタ振りが面白いよ。

そんな帝人に杏里は、本当はずっと前から帝人の事を知っていたのだと
意味深発言を!
入学届けを出す際のチェック票にあった名を、
カッコ良いなと思っていたら丁度チェックした人が居た。
その人物と一緒にクラス委員をやる事になって…って、
おいおいまさかのフラグですか?
でもそんな杏里の話に、帝人は誠二と美香のパターンを重ねる。

-まずいよ、ストーカーなんて。
 いや、こんな可愛い子ならアリなのか?
 いや、待て待てナシだろう。 
 下手すれば…


あはは、帝人お得意の人形劇の始まり始まり~。
刃物持った杏里がアパートの前で待ち伏せですかっ。怖っ。
杏里人形は、帝人人形を刺しながら、
『ん~っ、あい、うぉん、ちゅー(I want you)』
…吹いた。
『ふぁいや~(Fire)』
お次は放火?
『あいるびーばぁっく(I'll be back)』
んで、家族を人質って…
あれ?両親随分老けてるね帝人(そこかよ)。
 
-でも良い性格だったら、ストーカーでも良いんじゃ…。
 いや待て、ストーカーする時点で性格良くないし~。


頭抱えて悩む帝人。アンタちょっと妄想激しすぎだってば。

「冗談ですよ。私みたいのに付きまとわれたら迷惑ですよね」
ちょいと杏里さん、貴女今、帝人の心を読んだんですか?
あぁいや読めなくても帝人が変な妄想して一人でジタバタしてるのは、
見てりゃ分かりますけどね。
「安心してください。私はストーカーじゃないですから」
でも美香と重ねてストーカー扱いした事までピンポイントで分かるか?
ってのが疑問。
「あ、いや…その…」
あわあわする帝人が可愛いわね。
「…御免」
がっくりうな垂れる帝人に、からかったのは自分だから謝らないでと杏里。
ちょっと気まずくなった二人ですが、
「これからも宜しく!」
「私の方こそ宜しく」
ってお辞儀し合う二人が可愛いわ。

門の外にヤンキー座りしてるお姉さんが居ますが…誰?
「あぁあああああ!!タケシ!コイツだよ、コイツ!」
彼女は帝人を指差して叫びます。そのタケシさんの頭が凄い。
随分恨みを買ってるようですけど…。
帝人の知り合いのおかげで携帯を新しく買ったんだと怒りをぶつけられる。
携帯?…あぁ!あれね。
臨也が踏み潰した携帯がありましたっけ。
あの三人娘の真ん中の子か。普段はこんなヤンキーなの?
学生服の時は背中に羽根なんかつけてるクセに。

とたんに青ざめる帝人。
彼らにはすっかり、臨也のダチだと思われちゃってますよ。
「いや…友達というほどの間柄では…」

「じゃあなんだよ?親か?連帯保証人か?あ?」
タケシのトサカが帝人の額で縮んでるのが笑える笑える。

その推理には偏りがあると指摘する帝人に、
「ああ?お前、俺に説教する気か?あ?
てっめぇ上下関係ってものを教えてや…え゛?」
ちょいちょいと肩を突付かれてタケシが振り向く。
手が黒手袋でしたので、既にニヤけてしまったよ。

そして華麗な回し蹴り~っ。
かっけぇ…。

上下関係教えられるのはタケシの方でしたな。

んで倒れたタケシの上に「よっ」っと乗ったこの足は臨也ですね。
対象が携帯と違って大きいので、今度は両足でぴょんぴょんぴょん。
実に楽しそうです。ははは。
そして彼女に向かって、
「彼女にしたいけど、ゴメン、君、タイプじゃないから…」
指でびしっと方向示して、
「帰れ!」
そりゃヤンキーでも、うわぁああんって泣き去るわな。
酷いヤツ。ま、ちょっと気持ち良いけどさ。(どっちなんだ)

「さて、竜ヶ峰帝人くん。俺は君に会いたくて、校門のところに
隠れて待ってたんだぁ。ちょっと用があってね」
ひぃぃ~っ。まぁ来るとは思ったけどさ…。
今、臨也が一番面白み感じてるのは、帝人なんだろうし。
「ところでさ…なんで黒バイクが居るの?」
下から舐めるようにカメラがセルティを映す。
プロポーション良いよねぇ、としみじみ思ったよ。
ちょっと身体を傾げているポーズがまた絵になります。
横だから全体絵が撮れなくて残念。

セルティがここに居た目的も当然帝人。
臨也も分かってて言ってるんだから始末が悪い。
帝人もセルティが美香を探しているから自分を訪ねて来たのだと
理解する。
「あああ~っ忘れてた!」
いきなり声を上げるので杏里がビックリしてるよ。
今日はちょっと急ぐのでと臨也達に頭を下げ、
「じゃ、園原さん、僕はこれで」
帝人はすたこら去ろうとしましたが…甘い甘い。
ぞろぞろと付いて来ちゃいましたよ。

ぶるんぶるんっぶるるるんってバイク吹かす真似しながら歩いてる臨也が
なんとも…。セルティは一応またがって進んでるのね。低速運転?
こんな低速はバイクじゃ無理だと思うが、この子は馬だもんね。
カッポカッポと歩いてるようなものさね。便利で良いな。

振り返った帝人が、そんな二人の姿を認め、

-シュール過ぎる。

ほんとにね。
でもこのままでは間違いなく、臨也とセルティはアパートまで付いていきますよ。
そしたら自分を頼って「助けて」と言った彼女を裏切ることになる。
トンネルの途中で立ち止まった帝人。
「あ、あの…その…用件があるなら、ここで伺いますが…」
声震えてるよ。そうだよね、なんといってもこの2人は、
紀田からも関わっちゃいけない人物だと忠告されてた臨也と、
都市伝説の首なしライダーですものねぇ。
と、その時臨也の携帯の着メロが鳴った。
「俺の用は、黒バイクのが済んでからで良いや」
そうセルティに譲って、電話に出る臨也。
セルティはバイクを降りて、帝人に近づく。

「お、お聞きしたいことがあります」
セルティはすばやくPDAを取り出し、
『なんだ?』
と見せる。

-意志の疎通が出来るんだ。

出来ないと思ってたんだね。まぁ、知らない人はまずそう思うわな。
首が無いわけだしね。

「あの…貴女は何者なんですか?」
『行方不明になった親戚の娘を探しているものだ。
昨日見つけたが、娘は何故か逃げてしまった』
ぷはははっ。沢城さんの言い方がまたイイ!


-う、嘘が下手過ぎる…。

帝人の顔がおもろすぎる。
「す、すみません…信じられないです」
言われてガックリ頭を垂れるセルティがかわいすぎる~っ。
『君は私の事をどれだけ知っている?』
都市伝説の一種で、エンジン音がしない、
ヘッドライトの無いバイクに乗っている。
「それで…貴女には首が無いと」
それを信じているのかと問うセルティに、帝人がこっくり頷く。

頷くそれはこれまたメットのシールドに映った状態で見せてる。
「あの…見せてくれませんか?そのヘルメットの中を」
帝人の依頼もシールド越し。
そしてそういわれて僅かに顔を上げる(メットの角度が動く)描写で、
セルティの感情も伝わる。
もちろん沢城さんの「え?」って声も我々には聞こえているわけですが、
こういう描写で汲み取らせる手法は、好みなんですよね、私。

-自分でもそんな事が訊けるなんて思っても居なかった。
  でもうずっと以前から、こんな風な瞬間が来るのを待っていたような気がした。


絶対悲鳴を上げたりしないという約束付きで、セルティはシールドを開ける。

-その時の気持ちをなんて言えば良いのか、今も分からない。
 僕は胸の中でただ、あぁやっぱり、やっぱり、と繰り返していた。


「あ、ありがとうございます」
頭を下げる帝人、礼儀正しいな。
臨也がニヤ顔でこっち見てるよー。
楽しんでるなぁ。

その後セルティは、美香を追ってた本当の理由と、
自分の事を帝人に話したようです。

-普通なら、何もかも信じられないような話だけど、
 僕は不思議と、その言葉は全て真実だと思えた。


『君はあの子の友達なのか?』
昨日知り合ったばかりなのだと帝人は応える。
色々訊いたが記憶を失っているようで、という帝人の言葉に、
PDAを打つ手が止まる。
「セルティさん?」
動揺が伝わったよね。
うんうん、言葉を発しなくても、表情が無くても、
ちゃんと見てれば通じる。

その子に会わせてもらえないかと帝人に頼むセルティ。
「多分、いきなり追いかけられたせいだと思いますけど、
彼女はセルティさんの事を怖がっています」
立ち上がったセルティが再び画面を見せる。
『私はどうしてもあの子に会いたい。
なんとかして、誤解を解いてもらえないか?』
そんな風に言われて、帝人の表情が引き締まるのが良いですね。

帝人とセルティが手を結ぶのは嬉しい。
早くそうなって欲しかったんだ。
離れてニヤニヤ聴いてるだろう臨也と三人が、
日々チャットしてるメンバーだってのに、
分かってるのが臨也だけってのがズルイよねぇ。

おやこちらはドタチンメンバー。矢霧製薬を張ってるの?
この間はドタチン一人で様子見てたけど、結局皆で探る事にした?
「昼はフルーツ牛乳に限るぜ」
って渡草~っ。小指立ってるし、鼻の下に牛乳付いてるし、
昼って言ってますが、空は確実に夕暮れだし…
どこから突っ込んで良いか、突っ込むとこばっかで困る。

ちなみに私も瓶のフルーツ牛乳大好き。コーヒー牛乳も。
スーパーでパックで売ってるようなヤツは甘くてダメなんだけど、
この瓶のヤツは甘さほどほどで、未だに時々飲みたくなりますね。
今日はフルーツ牛乳にしようか、コーヒー牛乳にしようか、
子供の頃は真剣に悩んだものだ。

あ~、ゆまっちと狩沢はまたとってもオタクな話で盛り上がってら。
矢霧製薬から出て来たバンが小石を弾き、渡草の車に当たりました。
うわっへこんだよ。それ見た渡草は…キレたのね。
凄い形相で急発進。後ろのゆまっち達はあわあわ。
停車中でもシートベルトしてたドタチンは凄いな。
でもシートベルトしててもヤバイ揺れです。
「何やってんだお前!」
「あんにゃろ…小石を…小石をぶつけやがったぁぁ」
「落ち着け渡草…うわぁ信号、赤!赤!赤ぁぁ!!」
キレると暴走するのね、渡草って。
んで車が大事なのね。

アパートの前で待っていてくださいとセルティに頼む帝人。
「僕が彼女に事情を説明します。先にセルティさんの姿を見られて
僕が裏切り者だと思われるのは嫌ですから」
そんな帝人にセルティは了解したと返す。
その声がちょっと嬉しそうだ。
「けっこう慎重な坊やじゃないか」
とは臨也。ますます気に入りましたか?

帝人が部屋に入ると彼女の姿はありません。
そらそうでしょう。
でも、てことは鍵開けっ放しだったってことよね。
無用心だなぁ。
まぁ取られる物なんてたいして無さそうだけどね。
あっでも大事なパソがあるじゃないか~。
と、両脇から伸びて来た手で、帝人は頭を畳に押し付けられてしまいました。

コン…と石がセルティのバイクに当たる。
投げたのは臨也のようです。
こっち向かせるために投げたの?
口があるんだから呼べばいいじゃないか。

んで、セルティの名を初めて知ったとか外国人とは知らなかったとか
いいやがる。

-嘘つけ…

なセルティが好き♪ここ、顔…あ、いやメットの動きだけですが
独白とピッタリだよね。
『今度私の馬に石を投げたら、ただではおかないぞ』
なんて言うセルティも好き。
そう、マシンであっても石ぶつけられたら怒るけど、
この子は馬なんだからねっ。もっとダメだぞ。
あ、この石投げ、渡草と対比してる?
「へぇ~馬なんだ、それ~」
しらじらしいね、臨也。

それにしても遅くないかと臨也が伸びをする。
セルティは泊まってる清掃業者のバンを見て、こんなボロアパートに?
と不審に思い、まさか…とアパートを振り仰ぐ。
はい、中では帝人が畳に顔を押し付けられてました。
この畳、なんか湿っててカビてそうなんだけど…気持ち悪いな。

「だからよぉ、兄さんが匿ったっつう女が、どこ行ったのか、
それが知りたいわけよ」
「布団にあったこの髪の毛、女のモンだよなぁ」
怖ぇぇぇ~っ。アンタら矢霧製薬の社員なんだよね?
まるでヤクザだな。
「ほ、ほんとに知らないんです。か、勘弁…勘弁してください」
泣きはいってる帝人の髪をくしゃりと掴んで顔を上げさせ、
耳元で男が囁く。
「お前には顔見られちまったしなぁ。この場で始末してやってもいいんだぜ」
始末ってさ…。ほんと、アンタ達そういうのなんとも思ってないんだな。

階段を上がる音に気付いて男達は窓から逃げる。
チッ、うっかり足でドアを開けて飛び込んでくる臨也が
カッコ良いとか思っちまったぜ。
「た、助かった…」
くふっ帝人の情けない顔~。
逃げた男達を追おうとするセルティに、
「追いかけなくていい。出所は分かってる。
バンに見覚えがある。あれは多分、矢霧製薬の連中だな」
っていう臨也が、やっぱりなんだかカッコ良いんだよね…。
困るな。

「矢霧…製薬…?」
「そ、最近落ち目で外資系に吸収される寸前のデク会社」

-居なくなった首の女。
 デュラハン。
 行方不明。
 張間美香。
 矢霧誠二。
 人買い。
 そして…ダラーズ。


ばらばらに集まって来ていたパーツが、帝人の中で繋がった。


とたん、帝人はパソコンを立ち上げ、すさまじい勢いで画面に向かい
キーボードの上で指を走らせる。

-何を始める気だ…。

セルティは唖然とするが、臨也は確信した様子。
「正直、疑い半分だったんだが…」
声がマジですよ。臨也の声が。

「お願いです。少しの間、私に協力して下さい」
おいおい、口調まで変わってしまっているよ…。
 
-普通の事は嫌だった。
 人とは違う事をして見たかった。

 
「駒は私の手の内にあります」
うっわー、人が変わってる~っ。
楽しそうに笑って、セルティの肩を掴む臨也。
「大当たりだ!」

-だから、僕は…。

だから、ダラーズを作ったって事だよね。
情報屋の臨也が突き止めた情報であっても、疑い半分になるほど
信じがたいよね、帝人だなんて。
だけどあの人格の変わりようなら、ちょっと納得かなぁ。
スイッチ切り替わるみたいだものね。
だから普段のヘタレも間違いなく帝人で、
こっちの帝人もちゃんと帝人なんでしょうな。

Aパートで滝口から話を聞いた帝人が浮かべてた笑みの理由は、
ここにありました。
自分の目指したものが正しく伝わっていて、満足した。
そんな笑みだったんだよね?帝人。

これは面白くなって来ましたね~っ。
次回が待ち遠しいじゃないか。
あ、シズちゃんも次回はちらっと出るみたいだしね。
台詞付きで頼みますよ~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。