fc2ブログ

「デュラララ!!」#13-1【急転直下】セルティ、いちいち可愛すぎる~っ。

OP&EDが変わりましたね。
その辺りの話もしたいのだけど、
13話はAパートの方が長いので、
こっちに入れると確実に文字オーバーになりそう。
Bパート感想の後ろに余裕あれば、そっちで語ろうと思います。

あらすじ、タイトル意味は公式HPより。

#13 「急転直下」
ダラーズの集会から半年。一見平穏を取り戻したかに見える池袋の街。
しかしその裏側では、斬り裂き魔、黄巾賊が活動を活発にしてきていた。
穏やかな日々を掻き消すように忍び寄る影。それぞれに向き合うことに
なる、それぞれの現実と過去。一方、セルティが対峙した恐怖の集団と、
それに追い打ちをかけるように現れた人物とは――。


◇「急転直下(きゅうてんちょっか)」
事態が急転して、速やかに解決や結末に向かうこと。(出典:大辞泉)


注意:当ブログでは、セルティの不思議SFとんでも物質=モクモクと呼んでいます。


「いらっしゃーい、いらっしゃい。露西亜寿司よ、美っ味いよ、やっすいよ」
今日もサイモンが客引きをやってる池袋。
人々の話題もモニターで流れてるニュースも、
切り裂き魔で持ちきりです。
ん?半年前に池袋で発生した大規模な集会?
って「僕は数に頼る!」な集会のことよね。
おー、あれから半年経過してるのか。
(あらすじちゃんと読めよ)
切り裂き魔が現れたのもこの頃、とニュースで言われてる。
更にセルティの「ふっきれた!」な行動まで荒い画像で流れてら。
あの時、皆さん撮影してたもんねぇ。
でもやだな、これ。
この画像だけ見たら、セルティ悪者みたいじゃない?

「切り裂き魔」「首なしライダー」「怖~い」「嘘!」
「ほんと?」「ダラーズ…」
人々の恐れる声に混じって「寿司食いねぇ」ってサイモン~。


-街では日々、何かが生まれ、消えていく。
 それでも何も起きない。何も変わらない。
 それが、彼女の日常。


花澤さんのナレーション…だけど、杏里で語ってますよね。
杏里の目線なのか?(←そういうわけじゃなかったね)

来良学園のお昼休み。
それぞれが弁当なりパンなりを手にしてるわけですが、
皆が皆、その手を止めてしまうほど気を取られてるのは、
低い植え込みに申し訳程度に身体を隠して、密着している誠二と美香。
ポーズが卑猥で、見てるこっちがおろおろしちゃう~。

「俺達の愛は何もかも偽物だ」
「でも本物よりも強いんです」
「俺はお前の首の傷を愛する。その傷を通して本物の愛へと繋がるんだ」
いやー、繋がらないっしょ?
だって美香の首の、その傷とセルティはなんの関わりもないんだし。
「私は誠二さんを愛しています。誠二さんの全てを全力で愛します!」
ヒシッと抱き合う2人。

そんな彼らの様子を金網越しに見て、
何度見ても羨ましいと紀田は情けない顔で溜息をつく。
はは、植え込みの影でやってても、上から見たら丸見えですわな。
ちょっと待て、何度見てもって事は、毎日昼休みの度にこうなのかしら。

綺麗な女の子が居たら見る、そして声を掛ける。
それがDNAに刻まれたチーム男子の宿命なんですってよ。
帝人は一緒にしてほしくないらしいけど。
紀田の身体は皆の物だが、心は杏里だけのものだそうで。
「俺はいつも思うわけだ。杏里はどうしてそんなにエロ可愛いのかって」
「いや…エロは無い。え、エロは無いよ正臣!」
帝人は立ち上がって抗議する。
あれ…帝人って紀田クンって呼んでたよね。今は名前で呼んでるんだ。
エロ、有りだと思うよ私は。
なんか杏里って、こう…誘ってんのかコラみたいなとこ、ありますよね。

紀田は言葉尻を取って、エロは無いけど可愛いのは認めるんだとニヤつく。
いやそれは…と困った帝人に、
「ほぉ?ならば杏里は可愛くないと?」
「か、可愛いよ?可愛いけどさ…うっ」
赤くなる帝人、杏里もいたたまれない感じで身をすくめて赤くなってる。
杏里のエロさも認めてる紀田は、帝人より深く理解し愛しているんだとか。
エロの分だけって、どんな自慢。
「よってこの勝負…俺の勝ちっ!」
紀田がそんなこと呟いてる頃、杏里の視線は全然別のものを捉えていました。
同級生が見てる雑誌、「プレイボーヤ」。
ボーヤと来ましたか。
表紙の大きな見出しは、「今、池袋が危ない!!」
特集1はダラーズを追う!!
特集2は実録!切り裂き魔!!
キミが本当に気にしてるのはどっちなんだろうね。

-半年前、ちょっとした騒ぎが起こった。
 街でも学校でも、しばらくはその話題で持ちきりだった。
 しかし、彼女には関係ない。
 興味も無い。


本当に?
デュラのキャラ達、みんなそれなりにちょっとは掴めて来たけど、
杏里は未だ分かんないね。正体明かしてないって事もあり。
でもいずれにしても、苦手なんだよなぁ、この子。
正体分かって物語り進んだら、少しは近づけるかなぁ。

杏里が階段を降りて教室へと向かおうとすると、
その先に那須島が立っていました。
杏里を見て鼻でふふっと笑う。キモイよ。
思わず俯く杏里ですが、紀田が回り込んで杏里を己の背に隠し、
那須島に向かってニヒッと笑う。

良いオトコだなぁ紀田。
てか、こういう当たり前みたいに守られてるの、ちょっと嫌だな。
紀田も帝人も勝手に杏里が好きで(紀田の場合は本気じゃなかろうが)
だから守ってるわけで、他人がどうこう言う事じゃないのだけどね。

-何も起きない。何も変わらない。
 それが彼女の日常。


馬の嘶き~。セルティが走ってるんだね。
それに気付くシズちゃんとトム。
わーい。シズちゃんだっ嬉しいっ。

アニメイトでゆまっちと狩沢はお買い物ですか?
ポイント溜まってたそうで。
うん、キミ達ならすーぐ溜まりそうね。
買ってる量が半端なさげだもん。
こちらの皆の耳も、嘶きを捉えます。

「飛ばしてんなぁ」
とシズちゃん。
「なんかよぉ、最近、前にも増して堂々と走ってねぇか?」
トムは不満そう。
シズちゃんとセルティが友達だって事は、トム知らないんだよな。
「そうっスね」
シズちゃんも下手に庇った事言わず、同意してるわけですが…
ひぃぃぃっ。シズちゃん!後ろ後ろ!!

切り裂き魔が見てるぅぅぅ。
なんだよ、なんでシズちゃんのこと見てるんだよーっ。

でも凄い…気配に気付いたんだよね?
振り向いて、彼女の居た辺りを眺めるシズちゃん。
ぱちくり瞬きするのが可愛いよーっ。

ああいう存在はもうちょっとこっそりしててほしいとゆまっちがぼやく。
「お嬢様の秘密-みたいに、アタシ達だけが知ってるぐらいが丁度良いのにねぇ」
それもラノベネタ?この2人の会話は濃ゆくてちんぷんかんぷんですよ私。
「お前らな…」
「まぁそういうな。きっと色々あんだろうよ。アイツにも」
ドタチンはやっぱ大人~。セルティの事情も汲んでくれる。
あ、そうか、半年前、橋渡しの役目したんだもんな。
皆より少しだけセルティを知ってるよね。

「おい見ろよ、首なしライダーだ」
街の人たちの反応が、以前よりも多くなった。
それだけかと思いきや…なんと白バイがセルティを追ってきましたよ。

-これがセルティ・ストゥルルソンの日常。
 いつもの慣れた事だった。

 

駐車場に白バイ達を誘い込み、モクモク攻撃で警官達を脅す。


-非日常に引きずり込まれた人間は、パニックを起す。
 その隙に悠々と脱出する。
 それが、セルティ・ストゥルルソンのやり方だった。
 だが…

 
うろたえる所か、それがどーした、みたいな雰囲気で
警官達は、微動だにしない
ちょっ!こいつら、何者?なんで平気なんだよ。
セルティの首があれ?とでも言いたそうに傾く。
これがまた可愛いんだよねぇ。
そしてセルティは、放っていたモクモクをひっこめました。

「いつも思ってた。俺達はお前みたいなのが出てくる漫画や映画の中で
いつだって噛ませ犬だ。超能力者の主人公様が現れた時には、
いつだって血溜まりの中に倒れていて、相手の強さを演出していた」
超能力の主人公って…えらく具体的だなオイ。

藤原さんがこっちでもまた濃い役で。
あっちでは濃いどころか、緑色でしたけどね。
藤原さんって、アクの強い役やらせたら天下一品だ。
男前キャラで、良い声聴かせてくれた方が私的には嬉しいのだけど、
演技を楽しめるのはこういう役ですよね。


「それは良いんだ」
良いのか。
「それだけ俺達が強い存在と思われてるって事だからな」
そ、そうかな…。

演出としてしょうがないこと。
だけど一言、言いたいとは思っていたのだと男は言う。
「本当に怪物とか悪のサイキッカーとか、人造人間とか、
忍者が現れたら…」
ええっと…白バイ乗ってるだけあって、
ひょっとして、仮●ライダーマニアだったりする?

「一言だけ…一言だけなんだよ、俺が言いたいのは」
そういってスロットルを回してブンブン吹かす。

ここの白バイの眩しすぎるヘッドライトとセルテイの身体に映る虹が
良い感じですねぇ。

「交機を舐めるなよ、化け物」
近づいてくるパトカーのサイレンを気にするセルティ。
「もう一度言うぞ。化け物ふぜいが、交機を舐めるな!」
シールドに映る、到着したパトカーが、5台?6台?
バイク4台はずっと吹かしてるし…これは怖いよね。
無敵のセルティでもピンチって感じだ。

【2010.4.10 AM11:20修正】
修正箇所:法規→交機
「ほうき」って聞こえたので、法規かな?思って「法規を舐めるな」と
昨夜この記事を書いた時点では、書いていたのですが、
原作既読の我が部長(宵待月さん)から、教えて頂きまして。
毎度世話のやける部下で申し訳ありません~っ。
でも助かります~。今後も宜しくです。(あれ)
交通機動隊の略で、交機なんだって。
これ、未読の人は分かんなかった人、多いんじゃないのかなぁ…。




ここで画面は暗転し、カメラはリビングでノートパソの画面見ながら
鼻歌歌ってる新羅を映す。
ドアが開いてセルティが入ってきましたが、
思い切り肩を落としてますよ…。
お帰りと新羅が声掛けたらば、胸に飛び込んできました。
ヒューヒュー、ご馳走様っ。
ほんっと可愛いよなぁセルティ。

「何?どうしたの?キミに抱きしめられるなんて、
僕にとってはまさしく山高水長(さんこうすいちょう)の誉れ。
あ、いや、使い方微妙に間違えているけど…あっ」

四字熟語データバンクによると山高水長とは、
~不朽の功績・名誉を、山がいつまでも高くそびえ、
川が永久に流れ続けることにたとえた語。~

となっている。
うん、使い方違ってるぞ、新羅。

「ちょっと…なんか震えてるよ?どうしたのさ本当に。セルティ?」
新羅の腕の中でほーんと、ガタガタ震えてます。
怯えるデュラハンって…初めて見たよ。

あ、メットをテーブルに置いてる。
恋人の前では素顔のままで、ってか?にやにや。
PDAを打つ手にも振るえが残る。
『こここ…怖かった。怖かったぞ、新羅。さっ最近の警察は化け物だ!』
「警察って…」
『10台近い白バイやパトカーが、まるでひとつの生き物みたいに私のこと
追い詰めてきて…』
鎌を振るい、愛馬でジャンプしてパトカーの屋根に飛び、
サイレンぶっ壊したりしたけど…
ってタイヤ(愛馬クンの後ろ足)によって、一瞬にしてぐしゃぐしゃに
踏み砕かれたサイレンの、

豆電球だけ生き残ってるのが細かいというか、ツボ~。
ってまた変なトコばっか見てますかね、私。
デュラの見るトコ、間違ってますかね。

しつこく追跡して来た、仮●ライダーマニアな(←それ、ほんとなのかよ)男の、
不適な笑みを思い出して、ぶるっと身を震わすセルティ。
くふふっ上げたちょっと奇妙な声も、上手いわー沢城さんっ。
そういえばセルティに対抗する為に、
他所から凄い白パイ隊員が来たと聴いたと新羅。
名は葛原金之助。名前がまたなんとも言えないよね。
金之助って…。
彼は相手を追い込みすぎてよく事故らせる問題警官らしいよ。

もじもじと振るえ、
『怖かった。本当に怖かった。邁進してた。
これからは慎ましく生きて行くから許して下さい。
ごめんなさい、ごめんなさいごめんなさいっ』
と頭下げて…あ、頭ないけど、首下げてぺこぺこと謝るセルティ。
もういちいち可愛すぎるー。

そんな弱気のセルティはセルティらしくないと新羅。
「僕に弱さを見せるのはベッドの中だけで…ぐはっ!」
『こんな流れで恥ずかしいことを言うな』
みぞおちに拳入りましたよー。さすがはセルティ♪

そ…それで良いと呻きながら返す新羅。
キミの愛は本物だなと思うわ。
あ~それにしてもベッドの中って…
へぇ…する事はしてるんだ…。

そんな所、悪いけど…と新羅はセルティに、
人を迎えに行ってほしいと頼む。
仕事じゃなくて…とちょっと言いよどむから、なんとなくそんな気がした。
迎えに行くのは父親、森厳ね。
「帰って来たんだよ…父さん」
あんまり嬉しくなさそうです。
愛の巣に邪魔が入るからってだけじゃなさそうよね。

迎えに行く道中、タクシーにでも乗ってくれば良いものをと
胸中でぼやくセルティ。はい、はぁい、私もそう思う。
だいたい迎えって…ニケツすんのかよー。
いやだーっあんなオヤジとニケツするセルティ、見たくないぃぃ。

で、その森厳は待ち合わせ場所で、黄巾賊の法螺田らに絡まれていた、と。
新羅同様白衣姿で、更には東京の空気は悪いからと、
ガスマスクみたいのしてるんだもんなぁ。
危ない人臭漂いすぎてて、絡むのも躊躇しそうだけどなー。
「このオッサン、どっか湧いてるっぽいぜ」
と法螺田が言えば、手下がコラララを森厳の頭の上から流す。あわわ。
大人の力を見せてやる時が来たなとかカッコつけてますが、
どーせセルティ頼みなんでしょ?
…てか想像以上に弱っ。
「指刺さる、指刺さるっあいっあいっあいっ…」
…明夫さん、おもろすぎっ。
「何してるんだねセルティ君。早く私を助けたまえ」
腰に手を当てて眺めてるセルティ。
首傾げて、
-助けたくないなぁ…
分かります。

森厳が強気に出たのは、セルティの姿が見えて安心したからだってのは、
嫌でも分かりますってば。
ぽりぽりと頬をかく…いやシールドを掻くセルティが可愛い~っ。
比賀が黒バイクを知ってました。
セルティは会話を試みようとPDAを打ちかけますが、
つかつかと近づいてきた法螺田がその手を払い、
PDAは地面に落ちて滑った。
セルティが固まってるんだよね。
話しかけてる法螺田より、PDAを気にしてる。
説明なくても顔の表情なくても、分かっちゃうよね。
セルティの気持ちがさ。

法螺田的には、自分達のシマでダラーズがデカイ顔してるのが
気に入らないそうな。
「どうした?!なんか行ってみろよ、あぁ?」
俯いて拳握ったセルティの足元の影が走る…。
モクモクがプライド(ハガレン)化だ~。
う…、プライドか…アイツと一緒にするのは嫌だな。
モクモクは可愛いんだからっ。(え)
(橘は球体モクモク出現以来、モクモクが可愛く思えております)

それにしてもこれは怖いよね。ビビるよね。ちびるよね。(おい)

「なんだこりゃあ」
3人が逃げていくとモクモクが戻ってセルティの影を象る。
象る瞬間の赤ちゃんの笑い声みたいなのがちょいと不気味ね。

-うん、これが正しい反応だよな。

あ、ホッとしたみたいねセルティ。
葛原たち相手に自信無くし掛けていたもんなぁ。
怯えられてホッとするってのも変な話だが。
PDAを拾って、ポンポンと打って壊れてない事を確認するセルティ。

-良かった、壊れてない。
 新羅がくれた大事なものだから。


PDAをぎゅっと胸元で握り締めるなんて…。
なんて乙女なんだっ!セルティ、可愛すぎる~っ。

見たか、これが大人の力なのだと偉そうに笑う森厳が、
なんだかなぁ~、ですね。

-やっぱり…好きになれない…。

ガックリ首垂れるセルティ。
だよねぇ…。私もこんな人、マジ勘弁。
だけどさ、新羅と結婚するなら義理の父親だよ?
もれなく付いてくるんだよ?
考えモンだよね…。

Aパートはここまで。
Bパートは土曜日中のUPを目指します。
書いたらまたリンク貼りますね。

【2010.4.10 PM4:50追加】
Bパート感想UPしました♪
「デュラララ!!」#13-2【急転直下】杏里が苦手…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
ここ数年、仕事と体調が
落ち着かず
ブログ更新はまばらです💦
お急ぎの方はTwitterにて
連絡ください。

本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


音楽、アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
刀剣乱舞、グラブル、
夏目友人帳、うた☆プリ♪
あと、進撃の巨人、黒執事
ハイキュー!!、七つの大罪
黒バス等も好きです。

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR