スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薄桜鬼」#3-1【宵闇に咲く華】これまで分割になるとは…(汗)

池田屋事件回、色々美味しかったです。ご馳走様。
斎藤、土方に惹かれていた橘ですが、一気に沖田も加わっちゃいました。
たーんじゅーん。

いや、前回辺りから予感はしてたんだよ。
こういう一見意地悪だったり、厳しかったりするキャラが、
実は気に掛けてくれていたり、一番見ててくれたりするものですし。
今回のあのシーンは、森久保さんの演技もあって、
ちょっと堪りませんでした。

ううー、沖田も好きだ。
だけど沖田に惚れると物凄い悲しいEDになるでしょう?ゲームだと。
薄桜鬼はやった事ないけど、他の新選組系のゲームやったことあるから…。
退場早いんだもん。
薄桜鬼は、史実に基づきつつも、独自の展開もあるようなので、
沖田も史実のまんまじゃないかもしれんが…。
てか、ほんとにゲームやりたくなって困るぅぅぅ。

あ、今回まだ公式サイトにあらすじ載ってないので、
あらすじ無しです。

薄桜鬼公式サイト


元治元年六月。池田屋事件の続きですね。
伝令に走る千鶴、前のめりに必死に走ってる。
転ぶなよ~。

近藤が名乗りを上げて池田屋、宿内検めに突入。
「手向かいすれば容赦なく斬り捨てる」
という近藤の言葉に、先方は一斉に刀を抜きました。
「斬れー!!」
始まっちゃいましたよ。

「わざわざ大声で討ち入りを知らせちゃうなんて、
凄く近藤さんらしいよね」
新八と背中を合わせた沖田が言う。
「いいんじゃねぇの?正々堂々と名乗りを上げる。
それが討ち入りの定石ってもんだ!」
うんうん、武士は…というか剣士は、
基本、正々堂々であって欲しいと思うな。

普段ちょっと緩い感じの近藤ですが、剣を持てば流石です。

ちょっと血が出すぎな感じでアレですけど、
彼の良いシーンなんでパシャリ。
今回はね、ほんとカメラマンになって気分で
パシャパシャ取り捲りましたよ。
やっぱり剣士は戦ってるシーンが一番カッコ良いですよね。

二階への階段を登る平助と沖田。
相手はわずか二人だ!ひるむなとの声が上から降って来ましたが、
「威勢が良いわりに、すっかりひるんじゃってるみたいだけど?」
と沖田が言えば、平助は、
「土方さん達が来る前に片付いちゃったりして」
へっと鼻で笑って向かってく。
一人倒してへへんと喜んでる平助の横を、
「お先にっ」
と抜かして上がっていく沖田。
「あっ汚ったねぇ!」
平助は悔しそうに、後を追う。
可愛いな二人共。

二階に上がった沖田と平助が、バッサバッサと気持ちよいくらいに
軽く倒していく。
この二人の腕ならばね。
だけど沖田が薄く襖を開けて覗いた部屋に居た男二人は、
佇まいだけで、出来そうな気配です。
一人は優男風だが、窓に腰掛けて、なんの感情もなく庭を見下ろし、
そこでの斬りあいを眺めてる。
もう一人はいかにも強面な男で、入ってきた沖田と平助へと
鋭い瞳を向けました。

こちらは四国屋の様子を伺ってる土方隊。
それにしても所司代が遅いと原田が苛立ちを含んだ声で吐く。
「もう一度使いを走らせますか?」
斎藤の言葉に、土方が考えるような表情を浮かべた時、
「伝令!!」
千鶴到着です。
「雪村クン」
驚く井上に、
「何やってんだてめぇ」
口は悪いが、今なら愛情付きと分かる原田の声が続く。
「本命は、池田屋!!」
ぜいぜい息をしながら、千鶴が伝えた言葉に、皆は息を呑む。

その池田屋では、平助が先程の男相手に苦戦中。
殴られて襖ごと隣の部屋に吹っ飛んでるよ。
彼は拳系キャラなのかな。
歯を食いしばる平助の顔がイイ。
「化けモンか」
「よせ、私には戦う理由がない」
この男はEDによると天霧って名らしいから、今後は名前で行きますね。
天霧は、平助が引くなら、むやみに命を奪うつもりは無いと言います。

「あいにく俺らには理由があるんだっての!
長州の奴らを見逃すわけにはいかねぇんだよ!」
斬りかかった平助の刀を天霧は手で掴んで止める。

手袋みたいのしてますけどね。手で真剣止めるって…。

「頭から私を長州と決め付けるのは感心しません」
敵ですが、なかなかまともな男でカッコ良いですね。
そんな天霧が平助の額に強烈な拳を…。

史実では
『藤堂は汗で鉢金がずれたところに太刀を浴びせられ、
額を斬られ血液が目に入り戦線離脱』となっている。
(wiki「池田屋事件」参照)

薄桜鬼では、天霧の拳が鉢金にヒットして砕け、額にまで到達、
額を負傷とう展開。ふむ、ちゃんと結果は合わせてきましたね。
「まち…やがれ…」
平助は意識を失う。とどめを刺さずに置いてくれてありがとう天霧。

一方、沖田はもう一人の男、風間と対峙していた。
沖田の振るった刀が、風間の髪先を斬る。
斬られても不適な笑みを浮かべてる風間は、その身のこなしといい
タダ者ではなさそうです。
ゲーム経験者の方たちの記事を読むと、どうもこの方、"ちー様"とか
言われて人気が高いようで。
OPでも最後に土方と対峙してますし、重要人物なんですね。

沖田の渾身の一撃を刀の柄で受けるとか、
ちょっと風間ったら強すぎそうな気がしてドキドキします。
ここに来てやっと刀を抜く風間は、
「少しは歯ごたえがあるのだろうな」
と確認。
刀を抜く価値も無いヤツには抜かないタイプの男ですね、彼は。
なるほど。
「油断してると歯ごたえどころか、何も噛めない体になるよ」
と沖田が返す。

今回、作画が良くないという声もあったけど…。
確かに引きの絵は少々繊細さに欠ける。
主線もちょっと太いしね。
美麗キャラな作品だと、毎度作画が問題になってきます。
だけど、私的には、キメるとこキメてくれたら良いかなって
思うんですよ。
全部美しいのが望ましいけど、そうも手を掛けていられないのなら、
それぞれのキャラのここぞという場面や、アップだけは美しく。
そこを守ってくれたら、引きは多少眼をつぶるよ。
だから今の所、薄桜鬼の作画については、そんなに文句いいません。
時々、ここ、変だね…くらいは言っちゃうかもですが。

うっわぁ…風間、ほんと強いんだな。
沖田の剣を今度は脇に挟んで止めたよ。
そして足キック…あわわ。
立ち上がった沖田は吐血します。
これは…結核ゆえか、胃を蹴られたせいなのか。
後者とも取れますよね…。
史実では喀血して倒れて戦線離脱しているわけで、
とりあえず血を吐く所は合わせてきましたね。

ようやく池田屋に駆けつけた土方隊。
池田屋の前には既に浪士が倒れています。
土方は井上らに回りを固めさせ、原田は自ら裏に回ると告げて動く。
千鶴が気配に気付いて土方に声を掛けました。
ようやく役人らの到着ですか。
これまた史実通り、手柄を横取りされない為に、
土方は中の事は斎藤に任せ、自分は彼らを食い止めるつもりのようです。

斎藤が早速突入。
「誰一人逃がすな!手加減無用!手向かうものを全て斬れ」
カッコ良いですわ~。斎藤な鳥海さん、良いなぁ。

「伝令ご苦労だった」
ちゃんと千鶴をねぎらう土方。
「先手を討てるのは、お前の手柄だ」
静かに落ちる言葉には、真の心が感じられます。
「先手?」
千鶴は意味が分からなかったようですけどね。

「新選組か、ご苦労であった。後は我々会津藩がお引き受けいたす」
その前に立ちはだかった土方。
「局長以下我ら新選組、池田屋にて御用検めの最中である。
一切の手出し、ご無用」
その不逞浪士の制圧に来たのだと返す会津藩に、
「池田屋には立ち入らないでもらおうか」
と凄む土方の瞳アップがまた美しい。
「あんたらの為を思って言ってやってるんだ」
ぞくぞくしますねぇ、その瞳。

奥へと踏み込んだ斎藤を階段に座って迎えた新八。
「よぉ!遅かったな。残念ながら、美味しいところはもらっちまったぜ」
ふっと笑った斎藤が、
「今日は譲ってやる」
と返す。
新八も、ほんとはもうヨレヨレなんじゃないかと思うし、
ほんとなら、おっせぇよ!って所だろうに、
こういう台詞吐く所が良いよね。
で、それに応える斎藤もさ。

裏から逃げようとする男を原田が斬る。
裏口から突入し、見つけた安藤と新田にもう大丈夫だと声を掛ける。
そしてふと大量の血溜まりと共に地に伏している隊士に気付き、
ハッと表情を固める。
「よくやったな奥沢、立派な死に様だ」
ここもちゃんと史実に基づいているのね。

実際、この3人が裏口を守っていて、
土佐藩脱藩、望月亀弥太ら浪士が脱出しようと斬りこみ、逃亡。
さっき原田が斬った男もその一人なわけだね。
史実でも奥沢はそこで命を落とし、負傷したこの安藤&新田も、
この一ヶ月後に亡くなっている。
ちょこちょこと史実絡めるのは、私は好きですし、勉強になって良いわ。

ところで、ここのハッとした原田の横顔が
綺麗だったのよね~っ。
ちゃんと遊佐さんな感じの顔だった。うふ。

さてこちらは土方。
先ほどのあんたらの為…の続きです。
「隊服を着ていない者がうかうか踏み込んだら、中の隊士に斬られるぞ」
あー、そりゃ確かに。区別付かないもんね。
戦国時代は、だから旗とか背負って、戦ってたんだよね?
「命が惜しかったらここでじっとしてるこったな。
今一度言う。一切の手出し、無用」
呆然とそれを見ている千鶴に、ちゃんと山崎が説明してやるのが良いね。
さすが乙女ゲーム。

「このまま役人が踏み込めば、長州浪士制圧は奴らの手柄。
先に踏み込んだ新選組の武勇など、無かった事にもなりかねない」
それだけ新選組は軽んじられている。
土方はたった一人で新選組の盾となり、仲間の手柄を守ったんだよね。

池田屋から負傷した隊士が表に出て来て、千鶴が大丈夫ですかと駆け寄る。
自分は大丈夫だが中にまだ怪我人が居るという言葉を聞き、
池田屋に飛び込んでいく千鶴。
いや君、気持ちは分かるが、足手まといになるだろーっ。
「お前!何やってんだ!」
「君はこんなトコに来ちゃイカン!」
ほら新八と近藤に叱られた。
手の傷を気にする千鶴に、新八は沖田が血を吐いてると告げる。
彼は2階だと聞いて、近藤の制止の言葉も聞かず階段を駆け上がっていく千鶴。

2階からは浪士が降りてきて千鶴に向けて刀を振り下ろさんと構えます。
千鶴~っ固まってる場合じゃないよ。
腰のソレは飾りなのかい?
って実際だったら私も萎縮するだろうけど、ゲームキャラとしてなら、
すぐ○ボタン押すぜ。

固まってる千鶴の顔横に伸びた刀。
千鶴に斬りかからんとしていた男は
その刀に胸を貫かれて即死です。
男が倒れて、明らかになる。

刺したのは斎藤です。
そうだろうなと思ったよ。
いつもこんなタイミングで助けてくれるね。
それも黙ってグサリと、ね。

好きだなぁ斎藤。
「アンタに死なれても寝覚めが悪いが、俺の仕事はアンタを守ることじゃない」
ごもっとも。でも助けちゃうんだから、優しいよなぁ。
「勝手に飛び込んで来たのなら、自分の身は自分で護れ」
うんと力強く頷く千鶴ですが…。
これまでにも同じようなこと言われておきながら、
自分の身、自分で護れてないですよねぇ。

2階に上がった千鶴は、
肩で息をしながら風間に剣を向けている沖田の姿を目にする。

はわわわわっ。
すいませんっ。文字オーバーになっちゃいましたので、
Aパートで切ります。

Bパート感想記事はこちら。
「薄桜鬼」#3-2【宵闇に咲く華】沖田株急上昇シーン(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。