「薄桜鬼」#10-1【絆のゆくえ】お帰り斎藤♪

ちょぉ~っと、ほんとに左之がカッコ良くて困るんですが…。
いや左之がカッコ良くてもね、やっぱり斎藤が好きだし、
沖田も好きだし、土方もね…(どんだけ気が多いんだお前)。
その気持ちは変わらないのですが、ここんとこ左之パワーが凄くて、
ゲームで斎藤ルートやってる私としては、
今はちょっと困るんだよ。
斎藤に集中したい所なのに、左之が気になって気になって…。

斎藤ルートの次は、沖田か土方のつもりだったけど、
左之やろうかな…。
もぉなんだか頭ん中、左之だらけですわ。

あらすじは薄桜鬼公式サイトより。

大十話「絆のゆくえ」
風間の襲撃によって、不動堂村への屯所移転を余儀なくされた新選組。
まもなく大政奉還が成立するが、坂本暗殺の嫌疑が原田にかかるなど、
その波紋はやがて大きなうねりとなって新選組を襲い始める。
御陵衛士と事を構えると知った千鶴は、藤堂が心配になり……。


慶応三年十一月。

「千鶴、ここはもう慣れたか?」
掃き掃除をしている千鶴に左之が声を掛ける。
ほんとに立派な屯所だとにっこり笑う千鶴。

もういきなり屯所移転してるんですね。
たまたま夕べ、ゲームがこのあたりでして…。
やっぱ両方見ると良く分かる感じになってますね。
アニメではしょった部分をゲームで補完、
ゲームで描ききれてない部分をアニメで補完。

不動堂屯所は、西本願寺が土地も建物も負担したんですよね。
そうまでして自分達を追い出したいらしいという台詞が
ゲームでは聞かれました。
アニメでは左之が千鶴の立派な屯所という言葉を受けて、
坊主どもの建てた屋敷だからと応え、
ていのいい厄介払いとさらりとすませてますな。
「鬼の襲来も、ありましたものね」
「おかげでこの屋敷が手に入った。
鬼の連中にも礼を言わなきゃならねぇかもな」
鬼の襲来は千鶴のせいですからねぇ。
彼女が責任感じないように、
左之がこんな言い方するのが泣けるっ。
どこまでも気が回りますねぇ貴方は。

ヒューと風が吹いて千鶴は眼を細める。
季節は十一月か。
温暖化してる現代とは違い、当時の十一月は寒かったでしょうね。
千鶴は両手にはぁ~っと息を吐いて温める。
「寒いか?なんなら俺の手で温めてやろうか?」
ぐはははっ。ここはゲームどおりですわね。
さすが左之。左之にしか言えない台詞だなぁ。

「左~之、なにこんな所で千鶴ちゃん口説いてんだよぉ」
ってのもゲームと一緒ですが、
新八ったらそんなポーズで言ってたの?この台詞。
お前と一緒にするなと抗議する左之。
「俺は純粋に好意で、だな」
すいません、遊佐さんなんで純粋に好意とは思えません。(あ)

「なにが純粋に好意でだ。だいたいお前はな、ムッツリなんだよ。
俺みたいに正面から当たって砕けろ」

2人のやりとりが可笑しくて、クスクス笑う千鶴。
ほんと、楽しいよこの2人。大好きだ。

でも、以前はここに平助が居た。
3人のじゃれあいが、とても好きだったよ私も。
今頃どうしているのかと、千鶴は平助を思う。
私達も同じ気持ちだよ、千鶴。
やっぱりみんな一緒が、良いよね。

「大政奉還なんど、幕府も小賢しか真似をして!」
「これで薩長は倒幕の大儀を失ってしまいましたわね」
伊東が話してる相手はやはり薩摩訛りの男。
禁門の変の話の時も思ったけど、
アニメでこんなにしっかり訛り入りでやるの珍しいね。
ゲームでは禁門の変の、蛤御門イベントでも訛りナシだったんだよね。
だからこれはアニメ製作者のこだわりなのかな。
私はコレ、良いと思います。
訛りで、伊東が薩摩と通じてると分かるわけですしね。

「坂本ちゅうお方は、どっちの味方か分かりもはん!」
地元の人が聞いたらどうだか分かりませんが、
素人耳には、けっこう薩摩訛りお上手に聞こえます。

「血ぃを流さんちこん国を変えゆんなんど青臭せぇ理想にすぎんこっか」
うははは凄いな、訛りバリバリ過ぎて、
一度聞きじゃ意味分からなかった人居るんじゃないかな。
台詞拾ってみましたが、合ってるかな。間違ってたらゴメン。
標準語に直すと、
『血を流さずにこの国を変えようなんて、青臭い理想にすぎない事を』
てな感じですかな?これまた違ってたらゴメン。(おい)

鹿児島のすんごい田舎の方に三週間ほど滞在した事あるんですが、
最後まで地元の人と話すには通訳が必要だった橘です。
ここは日本かと疑うほど、まるっきり言葉が通じなかった覚えが…。

こんな熱くなってる薩摩の男に対して伊藤は、
んふっといつも通りに笑い、
「斬れ過ぎる刀は時に危険なだけですわね。坂本も、新選組も」
そしてこのやりとりを廊下で聞いている男が居ました。
斎藤、史実では複数の説が出てるようですが、
薄桜鬼では"実はスパイだった説"で行くんですね。
実際もその線が濃いみたいですが。

お、平助が刀の手入れをしている~。ちょっと不思議な光景だわ。
薄桜鬼の平助は成りがこんなだし、可愛いし、
剣士って感じがあまりしないからね。
でも実際の藤堂平助氏って、強かったのよね。

斎藤が通りかかった道端に乞食が座っていた。
割れた茶碗に小銭が三つ。
斎藤は立ち止まり、紙に来るんだ金を茶碗に投げ入れる。
「ありがとうございやす」
掠れたような声で礼を言う乞食ですが、
チラリと上げた顔は山崎。
斎藤が投げ入れたそれ、大事なのは金じゃなくて
それを包んでる紙の方ですね。
こうして連絡を取り合っていたわけですか。

洗濯をしていた千鶴は、
背後に人の気配を感じて振り向きます。
立っていたのは山崎。千鶴に話があると言う。
幹部の中でも一部の人間しか知らないことだが、
と前置きをして、山崎は千鶴に沖田がある病を抱えていると話す。
「君もそれは知っているな?」
そう言われて千鶴は俯く。
『こんな冗談みたいな話、誰にも言わないよね?』
沖田の声が脳裏に響く。約束を破れば斬られちゃうんですよね。
でも言えば斬られるからじゃなく、
死病と知って尚、沖田が望む事だから言わない。
そうでしょう?千鶴。

知らないと応える千鶴に、本当かと山崎は念を押して訊く。
それでもはいと応える千鶴を、
彼は信用に足る人物だとみなした。
試したんだね。
千鶴を見る山崎の表情が、柔らかくなってるよ。

「一つ頼みがある。俺に何かあった時は、
俺の代わりに沖田さんの看護に当たって欲しい」
何かあった時、なんていわないでよ山崎ぃ~。
ええっと山崎って史実じゃどうだっけ?
って、いちいち調べて見てるから感想記事が遅くなるのよねぇ。
見ました。ううっ…そ、そうなのか。
鳥羽伏見の戦いは…慶応4年1月?
げげっ、もう目の前じゃんか。
だからこそのこの台詞か…。

で、でも薄桜鬼じゃ、変若水もあるし千鶴の血もある。
みんな…この世界では生き延びてくれ。
薄桜鬼の山崎、けっこう好きなんだ。
アニメ山崎は、ゲームよりちょいと優しいしな。

どういう意味かと訊く千鶴に、他の者には頼めないからと山崎。
「彼の病気について知っていて、医術に明るいのは君だけだ」
そういって彼は懐から分厚い帳面を出す。
よくこんなのが懐に収まってたなとか突っ込んじゃ駄目?
山崎の手で【隊士療治惣…】までしか見えないけど、
隠れてる文字は【帳】?
いわゆるカルテみたいなもんだな。


山崎いわく、松本先生の指示を受けて隊内の怪我人や病人の
治療法をまとめたもの。
自分が留守の時はこれを見て対処してやって欲しいと千鶴に頼む。
「局長と副長にも、話は通しておく」
そう言われた千鶴は悲しい顔。
手伝いならいくらでもする、でも…。
「でも!山崎さんの代わりは出来ません」
まっすぐに山崎を見詰める千鶴の瞳が揺れている。
それは、何かあったら…の何かがあって欲しくないから。
代わりは居ないのだから、生きててくれなきゃ困る。
これを自分に渡して安心なんかして欲しくない。
言葉にしなくても、千鶴の思いは伝わってくるね。
そしてそれは、きっと山崎にも届いた。

「あぁ」
山崎がそう応えたから、千鶴はその帳面を受け取り
頑張ると伝えた。
「よろしく頼む」
山崎もね、頼みますよ。死なないでね。

「坂本が斬られた?」
驚く左之に、坂本暗殺の現場に左之の鞘が落ちていたらしいと
源さんが告げている。
「はぁ?」
「なぁんだ…左之さんが坂本竜馬を斬ったんだ。
僕も呼んで欲しかったなぁ」
ふらりと来た沖田が柱にもたれて立ち、話に加わる。

「馬鹿言え、俺の鞘はここにあるだろ」
刀を見せた左之が、
「つかお前、寝てなくていいのかよ」
マジな心配声で沖田を気遣う。
「少しは起きてないと、寝たきりになっちゃいますよ」
うん…この頃の沖田はもうこんな感じなんだよね。
寝たり起きたりで服装はほぼ寝巻き姿、上着を軽く羽織ってるだけ。
だけどゲームでは、会話で出てくる沖田は元気な頃のままだから
ちょっと違和感。仕方ないけどね。

まぁとにかく、坂本の死を、新選組の仕業にしたい人間が
居るということです。

-慶応三年十月、大政奉還により幕府と朝廷は新しい時代を迎えた。
 だがその一月後、歴史の立役者であった坂本竜馬が暗殺され、
 新選組もまた、否応なく時代の大きなうねりに
 飲み込まれようとしていた。


「ちょっと集まってくれ」
土方の声で集まった席で、近藤の横に斎藤が並んで座っていた。
なんでここにと驚く左之と新八。
2人は聞かされてなかったのね。
「本日付けで斎藤は新選組に復帰する」
斎藤は土方の命で間者として伊東派に潜伏していたのだと
近藤が説明しました。
目的は果たしたから帰って来たわけですな。
「なんだ一君、僕に内緒でそんな楽しい事してたんだね」
も~沖田ったらまたそんな事言って。
そんな所は相変わらずだけど、皆と共に並ばず部屋の隅に居る。
その姿が弱々しくて、突っ込む事も笑う事も、
もう出来ないよ、沖田。

近藤さん達も人が悪いと頭を掻く新八。
敵を欺くには味方から、ですから仕方ないわね。
良かったとホッとする千鶴は、お茶を入れに席を外す。
「うんと熱いのを頼むぞ、雪村君」
近藤は上機嫌ですが、斎藤が探ってきた内容は、
貴方には笑えない話なんだよね…。

千鶴が出て行くと、斎藤が伊東派の動きについて報告する。
新選組に対して明らかな敵対行動を取ろうとしている、と。
幕府を失墜させる為に、羅刹隊の存在を公表するつもりらしい。
坂本暗殺に左之が関与してるという噂を流したのも伊東。
新選組を陥れようとしているようです。

「差し迫った問題がもう一つ」
と斎藤。
伊東派は近藤の暗殺計画をも練ってるそうだ。
「近藤さんを…」
近藤さん大好きな沖田が即反応しましたね。
千鶴がお茶を持ってきて障子を開けた。
「というわけだ。伊東さんには死んでもらうしかないな」
土方のその言葉に千鶴がえっと驚く。
凄いタイミングで帰って来たねキミ…。

御陵衛士と事を構える事になるが、
それもやむを得まい、ということに。
「平助はどうすんだ」
やっぱり新八が一番気にするね、平助のこと。
「はむかうようなら斬るしかねぇだろ」
「土方さんっ!?」
それは千鶴には信じられない言葉だったろうけど、
この時の土方の障子開け方に、彼の気持ちが出てると思う。
八つ当たりするような、何かをぶつけるような開け方。
ちょっと猫背気味になってるのは
怒りとやりきれなさを堪えてるようで…胸が痛かったよ。

「いいんですか?皆さんは平気なんですか?」
堪らず皆に問う千鶴ですが、
「そんなわけがなかろう」
と近藤が静かに応える。
「トシだって本心では助けたいと思っているんだ」
それだけ言って彼は部屋を出て行く。
「俺達だって平助には戻って来て欲しいさ」
と左之。新八と源さんは何も言わずに出て行く。
「すみません、取り乱してしまって」
千鶴は去っていった皆に向けて、頭を下げる。


そんな千鶴に、1人残ってる斎藤が口を開いた。
「御陵衛士はこれで終わる。平助を助けるなら今しかない」
斎藤~。
ほらね、みんなそれぞれポイントが違うんだよね。
左之が千鶴の気持ちを汲む場面があれば、
斎藤が汲む場面もあり、沖田が助け舟出す事もあり、
みんなそれぞれ、ね。そこがイイ。上手く作ってるよ。

いよいよ油小路事件当日、11月18日ですか。
近藤は口実を作り伊東を招いて酒宴を設けるんでしたね。
土方と2人、出かけます。
後は頼むという近藤に、
「ところで、僕は誰を斬ればいいんですか?」
と沖田。寝巻き姿で見送ってて、それは無理でしょう。
「おめーは寝てろ。その体で何が出来る」
土方にピシャリと言われちゃった。
「恨みますよ、土方さん」
沖田がとても寂しそうで、これまた胸が痛い~。

こちらは近藤の招きで出かける伊東。
供もつけず一人で向かうというのを心配されてます。
「長州の動向を探る為に必要と用立てた金で、
自分達の寝首をかかれるとは、新選組も哀れですね」
「あら、滅多なことを言うものではなくってよ」
あー、これでもう聞き納めだね伊東の台詞も。
視聴者に嫌われてましたけどねぇ伊東。
私はけっこう楽しんでたので、ちょい寂しい。
千々和さんの演技が面白かった。
お疲れ様でした千々和さん。
(あ、この先もう少し台詞ありますけどね)

おぅっなんか大金が積まれてますよ。
近藤が伊東に渡したのは、300両。
これが"長州の動向を探る為"の金ですか。
堅苦しい話はこのくらいで、と酒宴に突入。
こういう流れは近藤の得意分野だね。

その頃平助は…井戸の横で洗濯?
一番若いから、こういう事やらされるのかしら。
ん?でも夜だよね。食事の後片付けか?
ま、とにかくそんな所に斎藤が姿を現しました。

「一君、どこ行ってたんだよ。ここんとこ姿見かけなかったから
皆心配してたんだぜ?」
ていうか何日も姿見せなかったら裏切ったと思わんか?普通。
あ、そういえば平助って斎藤の事、"一君"って呼んでるんだ。
知らんかった。
その呼び方で思い出したけど、
本当は幹部の中での最年少って斎藤らしいですね。
薄桜鬼だとどうみても平助ですが。
そんな平助に、
「ちょっといいか」と斎藤。

近藤達の酒宴は盛り上がっております。
といっても近藤と伊東だけでね。
「それがそうなのよー」
「というと、例えばどのような」
近藤がいそいそと伊東にお酌。飲ませてますなぁ。
伊東は外国から銃を大量に取り寄せて、
洋式の訓練を積んだ部隊を作っているらしい。
「ほぉ…新選組も色々道を考え直した方が良さそうですな」
やっぱり近藤は適任ですね、こういう役。

Aパートはここまで。
今回も文字オーバーになりましたので、ニ分割です。
続きはこちら。

「薄桜鬼」#10-2【絆のゆくえ】だからぁ~左之がカッコ良すぎますって。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

AOBAさんへ

AOBAさん こんばんは~
わざわざお知らせありがとうございます。
ハガレンのは削除させて頂きました。
私も時々やっちゃうんですよ。
お気になさらず~。

>ゲーム

その件でAOBAさんトコにコメしたかったんですが、
なんだか最近ほんと自分の感想記事書くので
あっぷあっぷで(泣)
AOBAさんが、一周目は自力でと書いてらしたのを見て、
「偉いっ!!」と思いまして。
私もほんとならそうしたい所なんですよ。
RPGならともかく、こういうのは自分の感も試したい所だし。
でもそれもまた余分なことやってる時間なさそうなんで、
みちゃいました攻略サイト。

>アニメを見てるとこのところ左之さんが格好良くて惹かれます☆

ですよねぇ。私、それでなくても遊佐さん声弱いんです。
左之も遊佐さんじゃなかったら、ここまでドキドキしなかったと
思うんですけどね。
もうなんだかめろめろ。

でもどっちみち、皆良いですよね。
薄桜鬼キャラ。

うう…またAOBAさんトコで語りたいです。

すみません~~

間違えてハガレンのTBを飛ばしてしまいました、ごめんなさい!

ゲームやられているんですね~私も買ったものの、まだ一人もクリアしておりません。このまま進むと沖田ルートっぽいな、とは思ってるのですが。
アニメを見てるとこのところ左之さんが格好良くて惹かれます☆

ではでは、間違えてしまってすみませんでした!
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR