FC2ブログ

「荒川アンダーザブリッジ」13BRIDGE やっと書けた…。

引越し時期と重なった為、す~っかり遅くなってしまいましたっ。
荒川UB最終回の感想です。今頃ですみませんっ。

前のブログは1記事の文字制限があったので、
ハマったアニメの感想記事は、大抵2分割、たまに3分割になってました。
こちらでは文字制限がなさそうなので1記事でイケますが、
半端なく長くなりますよね…大丈夫でしょうか。
ほんと、
活字中毒の人にしか勧めれない長さ
じゃないスかこれ…。

少々不安がよぎりますが、とりあえず1記事で行きます。
読みにくいから分割の方が良いとか、この方が良いとか、
もっと短くしろとか、何かご意見あればお聞かせください。

あらすじは公式HPより。

13BRIDGE 
河川敷立ち退き騒動が解決してから数日後。相変わらずのニノや
住人たちの奇行に翻弄されるリクは河川敷の美容院へ皆で訪れる
ことに。そこにはちょんまげ頭で日本刀を振るうラストサムライと
呼ばれる美容師がいた。


荒川河川敷には色んな人達が住んでいる。
いつものメンバーと、話には絡んで来てないけど、
ちらちらと画面の端に登場していた人達。
ええ、ずっと気になっていたけど、ちっとも取り上げてくれなかったよね。
まさか最終回で彼らの話やるなんて。
最終回というより、12BRIDGEが1期最終回で、これは番外編、
みたいな感じね。

というわけで、ラストサムライ、ビリー&ジャクリーンに
ようやくスポットが当たりるみたい。

-今日は、この三人に焦点を絞ってみる事にします。

ええ~?
この三人の話だけじゃなかったじゃん。

ま、いいけど。



第101話「ラストサムライ」


ニノは、たまに寝ぼけてリクの部屋に寝に来るのだけど、
リクはその度に気になってることがあるらしい。
…って、気になるどころの騒ぎじゃないぞ、これ。
寝癖だと言ってますが、そんなレベルじゃねーだろ。
髪の先っちょが蛇顔になってやしないかとビビりますよ。
まるでメデューサ。

この寝癖、簡単には治らないが、水圧を利用すれば
なんとかなるのだそうで…。
「かなり…ガッツのある寝癖なわけですね」
寝癖にガッツってなんだよ。

朝の漁はヘアスタイリングも兼ねてるらしい。
あはははは。
「漁」って言葉と「へアスタイリング」って言葉は、
真逆の方向を向いてるものだと思うが。

ロングヘアーは手入れが大変って事で、
リクはニノに髪を少し短くしないかと提案。
当然この人の待ったが入りましたよ。

「散発、ダメ!絶対!」

星ったら、タイミング良過ぎ。
ニノがリクの部屋へ上がって行くのを、
しっかりチェックしてたようです。
人知れず見守るのも騎士(ナイト)の仕事なんだってさ。
何時から騎士になったんだよ。
だいたい、騎士って顔じゃないだろう、星。

そして開けっ放しのドアの外では、トリートメントに行こうかなと
前髪を弄る村長が…。いやそれってホント、髪なんですか?
河童のそこの部分ってそういう素材じゃないよね…多分。
「最近ストレスでキューティクルが失われつつあるんだよね」
ストレスもキューティクルも、どこに持ってるんですかアナタ。

じゃあ、みんなも誘って美容院へ行こうとニノが言い出す。
切らないでくれよとニノに念を押す星。
ほんとにニノの長い髪が好きなのね。

着ぐるみ野郎に散発も何もないだろうとボソリと呟くリクですが、
「リク、お前もだぞ」
ニノに言われちゃいました。
かなり髪、伸びてるしと村長が言えば、
「うん、ウザさ倍増してるもん♪」
それは池袋にいるリクでしょう。あ、アレは倍増どころじゃないか。

専属のカリスマ美容師が付いてるからと拒否るリクですが、
メデューサなニノが皆で行こうとリクに足を進める。
なんかこの頭だと、妙に迫力出ますね、ニノ。
それでも行かないというリクの肩を掴んで、
「一緒に行くんだ」
強引に連れて行くニノが素敵。
そう、もうずっと一緒、なんだもんねっ。

にしても随分本気で嫌がってるなと思ったら、
「だって美容院って!美容院って行ったら!あの人が!」
リク、ひょっとしてラストサムライが苦手?

「たのもぉ~」
「いらっしゃあい」
あ、わりと高めの声なんだ。
ラストサムライの声聞くのは一発芸予選以来だよね。
あの時は一言二言だったんで"ラストサムライの声"は
掴めてませんでした。こういう感じなんだ。ソフトだね。

「ほら、出ちゃったじゃん。せっかく12BRIDGEまで
フラグ立てないようにしてたのに!!」


おいおい、キャラが言うな、キャラが。


第102話「散髪」


シロやP子、シスターも来て、
結局いつものメンバー全員散髪ですか。
「椅子はパイプ椅子になるが、良いでござるか?」
ふふ、妙に顔に合ってますな、声。

視界の隅にチラチラ入ってはいたが、リクは今までわざと決定的な出会いを
避けて来たらしい。
あくまでも客と美容師として接すれば…と、
椅子に座っても尚、思考巡らしてるリクですが、
横にはラストサムライが立って、リクの顔を覗き込んでますよ。

ラストサムライの方もリクの事が気になってたそうです。
「地毛とは思えぬほど見事な黒髪。もしかして毛先にブルーを入れて
いやサムライブルー、入れてる?」
「いえ…何も…」
やっぱり言い直してまで侍ネタ入れてきた、と冷や汗流すリク。

星もカットだけしたいそうな。
ちゃんとマスクは外すんだろうな?
P子よ、前髪はプチトマトな感じってどんな感じだ。
全体がプチトマトなんじゃないのかよ。
え…全体はキュウリ寄りって、それもしかして誰かさんを意識して?
でもキュウリ寄りってどんな髪型よ。
そんなP子の要望に、彼の返事は、
「ござる」
おーい、ラストサムライさん。
"ござる"に了解って意味は無いぞ?

ラストサムライに会うのが初めてじゃないのに、
随分他人行儀だと、村長とシロに突っ込まれました。
当たり前だと返すリク。
ちょんまげの美容師なんて、隙見せたらこっちまでちょんまげにされる、と。
なぁんだ、リクが恐れていたのはそこですか。

それ聞いて笑った村長、そのまんま本人に言っちゃいます。
するとラストサムライは、あっははと笑い、
「そんなのしないでござるよ」
そしてリクにはちょん髷が似合いそうもない…と言いかけて、
シマッタ!顔になる。ははは。
「あ…あ、あ、いや違うよ、うん。そういうアレじゃなくて…
うん、似合うと思うし…結おうか?」
逆に気を使わせてしまったようで。
なんかこの台詞ってノリが銀魂みたいだね。
絶対似合わないわけでもない、ちょっとシャギー入れたら…って、
シャギー入れたらますます髷結えなくなるんじゃ…。

ちょん髷を強制する人じゃなかった。
思ったより普通の人のようだと、リクは認識を改めたようです。
「もしかしてリク殿は、緊張していたでござるか?」
ラストサムライの声って、ほんわか良い人モードだよね。
知らなかったら私、これ悠一さんだと分かんない気がする…。

リクの緊張をほぐす為に、物真似でも見るかって事になりました。
坂本竜馬の物真似だそうですが…。
トントンと肩叩いてしょっぱい顔を作り、
「肩凝るぅ~」
よ、良く分かりません…。
ゴメンナサイの札、上げても良い?

どお?って訊く悠一さんの声が、なんだかとっても甘いんですけど…。
ポーズはとっても怪しいけど…。

ちょっと世代が違うんじゃない?とシロが突っ込む。
「俺達は分かるけどよ、古いよー」
村長にも言われて、
「あぁ~ジェネレーションギャップでござったかぁ」
私も古い人間の筈ですが分かんないんですけど村長~っ。
もっと古いネタなのか?

「さて、そろそろ仕事に取り掛かるでござる」
今日は人数も多いしシスターも居るからって事で、
風が通り抜けただけのスピードで6人の髪を済ませるラストサムライ。
村長、確かにキューティクルきらきらだわ。
しかもなぜか髪伸びてるし。
瞬時に皿回してロングにしてトリートメントかっ?
星のマスクが飛んで、素顔見れるかと思ったら真っ黒で誤魔化された~。
チッ!
「よし、これで後はシスター殿でござるか」
仕事、速っ。
「うわぁえ~!!」
頼むからリク、文字に起せないような叫び声上げないでくれる?
ええーとうわぁーが混ざった感じ?器用だなぁ神谷さん。

さぁもう出た方が良いとリクは村長とP子に促されますが、
今の早業が見えてなくて、パニくったままです。
「さぁて、じゃあシスター殿?今日はどう…隙ありーっ!!」
きゃあ~穏やかな笑顔から豹変したぁぁ。
い、椅子に刀刺さってますぅぅ。
シスターが避けなかったら、顔を刺してたってことっ?
「スマン、また避けてしまった。つい反射的に申し訳ない」
「は、はははは。シスター殿、動くと却って危ないでござるよ」
ちょっ!この二人ってば…。

「そんなの…見えてたらそりゃ避けるよ!!」
リクが思わず叫んでますが、この二人はきっとこれがリクレーションであり
コミュニケーションなんじゃないでしょうかね。



第103話「ビリーとジャクリーン」


あぁ二人で始めちゃいましたよ。チヤンチャンバラバラ…。
あ、いや、シスターは相変わらず椅子に座ったままか。
武器を手にしているわけでもなく、ただ刀を見切って避ける、
その戦いなわけね。

両手で耳を押さえてリクはテントの美容室から離れる。
やっぱりこの橋の下にはまともな人はいないのか、
そう思った時、視線の先に寄り添うカップルを見つけました。
ビリーとジャクリーン。
立木さん、やっとビリーとして喋れるね。
葉っぱ食べてるよー。鳥になりきってるんですかアナタ。
「愛してる、愛してる、よ」
言葉を教えている?ビリーがかぶってるマスクがオウムなだけに?
設定って…おいリク。

尚もビリーに「愛してる」を言わせようとするジャクリーンですが、
ビリーは噛んでた葉っぱをペッと吐く。
「おい、黙れよ」
あらけっこうワイルド路線?
他人の言葉を借りる人生は卒業したのだそうです。
ビリーのビリーはロカビリーのビリーだって…はは。
不安なんだと眼に涙を浮かべるジャクリーン。
「だって、私達みたいな不倫の関係!」
橋の下にあるまじきディープな話にリクが固まったぁ。

「「怖いの。もしもこの事が、巣にいる3万匹の子供と
1万匹の旦那に知られたらって思うと!」

「あー…」
リクの反応に賛同。
なるほどそのコスプレ通り、女王蜂設定なわけか。
ビリーは気持ちを言ってくれない。
オウム返しでも言って欲しい、
愛してる、ジャクリーン、と。
でもビリーはクールな眼でチラリと彼女を見て、
嘘は付かない主義だと言う。
「お前のオウム返しじゃ、嘘になっちまうからな」

自分が口を挟むことじゃないが、冷たすぎるのでは思うリクですが…。

愛してるなんて使い古された言葉じゃ、
気持ちの1/100も表せやしないのだそうで。
「巣に居る1万の男が束になっても、
俺の思いには敵いやしねぇんだぜ?」
な、なんだよ、カッコ良いではないか。オウムのくせに。
えっと…素顔見せてください。
感動して彼の名を叫ぶジャクリーンに、
「うるせえっ」
ぷふふ。

「愛でござるな」
「美しいな」
いつから見ていたのか、リクの後ろから声が…。
デコから血を垂らしてるラストサムライと、
刀やらなんやら身体に刺さってるシスター。
あんたら、それ…。

-なんにしても、関わりたくないと思いました。

確かにね…。


第104話「荒川ドリームランド」


上の歩道を歩く親子連れの会話が、
青空教室の生徒達の耳に入った。
遊園地に連れて行ってもらった子供達の嬉しそうな声。
また連れて行ってやるからなと言ってる親の声はチョーさんだよね?

いいな遊園地、行って見たいなと呟く鉄人兄弟。
彼らは昔は研究所、今は河川敷なので遊園地に行った経験なんか無い。
…って昔は研究所って設定を、ちゃんと信じてるのかリク。
やっぱキミって人が良いね。

遊園地なんかに気を取られてないで、しっかり勉強しろと言った口で
「それくらい、明日にでも連れてってやるから」
優しいなぁリク。
「リクさん…」
「あぁ…遠足だ遠足」
てっきり子供達も感動したのかと思いきや、
「そんな…そうやって僕らを夢の国という名の研究所に
連れて行くつもりだね!?」

ステラも巨大マッチョ化しましたよ。
「出るもんか!絶対に河川敷から出るもんかー!」

「どっちだお前ら!」
はははは。

「行きたいけん!遊園地!!」
「でも死んでもここからは出るもんかっ!」
そんな彼らの訴えに、リクはここに遊園地を作ってやると言い出した。
「俺に不可能などない!」
一週間で凄いの作ってやると約束しました。

大丈夫?

部屋に戻ったリクは、まず企画を高井に頼もうと考える。
『行様、出来ましたぞぉ~夢の国がぁ』
ミステリアスビューティ行様ランドですか。
アトラクションの一つが、
【サウンドロマンス~行様の吐息の部屋~】?
「愛してるよ。愛してるよ」
リクの顔の形したヘッドフォンから、リクの囁きがぁぁ。
いやコレ、我々(声オタ)にはバッチリじゃないか。
あ、でも高井、
もっと密室で暗い方が雰囲気出てオススメだぞ。

更なるアトラクション、【ドキ!行様の膝でフリーフォーレ】
いやコレは…椅子がリクになってるだけだしな。
ま、高井的にはツボなんだろうが。

「…は、駄目だな」
瞬時に想像出来ちゃうから笑えるわね。
高井をよく分かってらっしゃる。
リク自ら腕を振るうことになり、遊園地ってどんなだっけと
キーボードに指を走らせてたリクは、
自分も行った事が無い事に気付きました。
「そりゃそーだ。遊びになんて連れてってくれる父さんじゃなかったもんなぁ」
でしょうねぇ。
楽しみにしてる子供達の笑顔がちらつき、行った事がなくても
気合と才能でなんとかなるとパソコンに向かうリク。
夜になり、朝になり、また夜になり、朝になり…どんどんリクが
干からびていくよ…。

そして3日後。
うわぁぁぁ~酷い顔になってるぅぅ。
そんなリクの部屋のドアを叩くニノの声がしました。
開けてみるとニノとP子が立ってます。
「なんですか?すいませんが今取り込み中なんでまた…」
ヨレヨレ声でそう告げるリクに、ニノがプレゼントだと
かぱちゃんランドのアトラクション券綴りを見せる。
ぐはははっ
かぱちゃんランド!!
作ったのか、あの人たち。

「聞い少し大きい文字たぞ、遊園地の事」
「やるじゃないリク。そんなトコに気付いてあげられるなんて」
褒められちゃったけど、実際リクはまだ何もしてません。
遊園地はもう作ってオープンしてるらしい。
ステラ達を連れて来いと言う。
「先生の仕事は、生徒達の引率なんだろ?」
これにはグッと来ましたよ。
良い話だねぇ。
これは助かりました。住人達って個性的でバラバラなようで、
なにかあった時の団結力は強いですよね。

ちゃんとゲートも出来ていて、ギター抱えた星がお出迎え。
マスコットキャラクターも居るようですが…
って、怖いよ村長~っ!
着ぐるみ二枚重ねで蒸れて妙な湯気立ってるし、
中の本人へろへろで声がアブナイ人になってるし…。
あ、ステラが巨大マッチョ化で威嚇~。

「なぜ無理にもう一枚着てんだぁ!」
「やめろリスよ。子供達の前で中の妖怪なんて、居ないリスよ。
背中のコブには、夢と胡桃と尻子玉が詰まっているんですよっ」
村長、汗だらだら。声も必死だな。
しかしリスに尻子玉は関係なかろう。



第105話「アトラクション」


「二人共!アイツ、ボコって良いぞ。それが着ぐるみと男子の正しい関係だ」
あ~確かに男の子ってよくボコりますよね。
「見ろリク!」
ステラが見つけたメリーゴーランド。
案外立派な物が出来てると驚くリクですが、
このアトラクションの管理人はマリアのようですよ。
そうよね、馬、だもんね。
この時点で嫌な予感が…。

ステラは馬、鉄人兄弟は羊に乗ってご機嫌です。
いやメリーゴーランドに羊ってトコも、既にヤバイでしょ。
リクに白馬を勧めるマリア。
なんか恥ずかしいと言いながらも、
ちょっとだけ…と白馬にまたがるリク。
「しかし凄いですねぇこのバリエーション。
その上作りも豪華って言うかリアルって言うか、
細部までよく作って…」
振り返った馬がよだれ垂らしてニヤリ。
はは…ははは。

「さぁ、走りなさぁい!」
マリアがムチで叩いて白馬は嘶く。
「リアル家畜だーっ」
そりゃそうでしょう。
「予算の問題で仕方なく、ねっ」
マリア~ほっぺ膨れてる膨れてるっ。

「俺は…いったい何を油断してたんだ。
…ここは荒川住人の作った遊園地だってのに…」
もうズタボロですな、リク。
おや今度は3Dシアター【河童の逆襲】ですってよ。
ちゃんと3Dメガネまで用意してら。
それを渡すシロがカッコ良く見えた。

キャストは村長、ニノ、シスター。
ほんとに飛び出して見えると感動するリク。
内容はパクリだけどそこにあるかのような臨場感。
圧倒的な音響音。
「まさかここまで本格的な3Dシアターを…」
ほんとに飛び出してるし、そこにあるし、
目の前でやってるから音もまんまなだけでした…。

「弾が飛び出して見えるー」
ほんとに飛び出してますから…。撃ってますから。
壁に穴開いてるし。
流れ弾に当たって引率教師が死にかねません。
ニノのライトセイバーが壁を突き破り、
外でしゃがんでいた星のマスクにも穴が開きますが、
ここの星のリアクションが、なんかイイ。
星ってやっぱり杉田さんだなと、ここの顔見て思ったよ。
(なんのこっちゃ )

「おい観客、立っていると危ないぞ」
「これもリアルか!」
予算と時間考えれば…ねぇ。
「3Dシアターはリアルさが売りなんだろう?」
シスターってば、リアルさ、であって、リアル、ではありません。

その前に夢を売ってくれ、
遊園地をなんだと思ってるのかとリクが反論。
でも村長が子供の頃は遊園地なんか無かったのだそうで。
娯楽といえば親父が連れてきてくれた人里近くの川、
「尻子玉集めに夢中になったぜ」
徹底してますねぇ村長、河童設定。
「あぁ良いですねぇ。私はたまに軍隊長に連れてってもらえる最前線が…」
「そんな血塗られた三丁目で、夕陽は見たくないです」
ははは。

こんな不具合だらけの遊園地で、子供達を遊ばせておくわけにいかない。
リクは連れて帰ろうとしますが、子供達はまだ遊びたいとごねる。
そこに星が顔を出し、
まだ絶叫マシンのチケットが残っているだろうと告げます。
「どう考えてもそれが一番ヤバそうだろう」
そんなことはないとシロが口を出す。
激しく動くようにはしてないし、シスターが手間を掛けて作ったそうな。
子供達は乗りたがっています。
ケチケチしないで乗せてやれと星にも言われ、
リクは仕方なく承諾した。

で、その絶叫マシンとは、ジェットコースター…ではなく、
アイアンメイデンですか…。
行ったよ昔、メイデンのライブ。(違)

ベルトと手錠をしっかりつけて、
「ま、相当な痛みを伴うが…絶叫は間違いナシだ」
死にますってば。

「声も出なくなってんだろうが!」
引率教師が抗議です。


第106話「忘れじのパレード」


荒川は綺麗な夕暮れの景色に変わりつつあります。
リクはベンチに座り、
結局誰も遊園地の事を分かってなかったんじゃないかと呟く。

声も出ない程、ショックを受けたアイアンメイデンコースターですが、
子供達はよじ登ったり、別の楽しみ方をしてる。
メリーゴーランドの馬は持ち場を離れて草食ってら。
うんでもさ、良いんじゃないかと思うよ。
大人達が子供達を楽しませようと一生懸命考えた、
その気持ちが大事でしょう。
ほら、だって子供達、笑ってますよ?
楽しそうじゃないですか。

「全く。あいつらに掛かったら、どこでも遊園地だな」
うん、そういう事ですよ。
「リク…」
気付いたらニノが風船を持って、隣に座っていました。
子供達も貰ったようで、リクに見せに来る。
「ワシは赤じゃ」
「僕は青」
「そりゃ良かったな。楽しいか」
そう声を掛けてふと気付く、こんな記憶がどこかにあったと。
「うん」「「すっごく」」
『楽しかった!』
目の前の子供達の言葉に、子供だったリクの声が繋がります。

リクがそう言って笑顔を向けた相手は、積パパ。
『そうか良かった。…飲みなさい』
あまり良かったと思ってるように聞こえない声で、
彼はそう言い、息子にジュースを差し出した。
ほんとに不器用さんなんだねぇ積パパは。

ちょっとだけ愛しく思えてきました。

「なんだ…」
顔が緩んだリクに、どうしたとニノが訊く。
「今、思い出したんです。父さんと遊んだ日の事を。
どうして忘れていたんだろう。あんな珍しい事」
その思い出を聞かせてくれと恋人が言う。
ほんとに優しい顔で、リクを見るのねニノ。

あれはデパートの屋上だそうで。
そういえばそれっぽかったね。
一度だけ連れてってくれたそうな。
メリーゴーランドに乗って、二人でベンチに座って、
ジュースを飲んだ。
それだけの事。だけどニノは、
「それは…嬉しいな」
やばっ!ちょっと泣きそう。
リクじゃなくて私が…。

ハッとしたリクは少しの間を持ち、やがて穏やかな顔で、
でもとてもしっかりとした瞳で、応えた。
「…はい」
ここの顔がほんとに良い顔でしたね。

もっと思い出を作ろう、とニノがリクに風船を持たせる。
「私と皆と一緒に」

いよいよ暗くなりかけてきました。
ベンチで一人ぼんやりしているリクのもとに、
子供達が走ってきました。パレードが始まるそうです。

-あいつらも今日の事をいつか思い出すんだろうか。
 俺もいつかまた、今日のこの日の事を…
 ニノさんと皆と過ごした今日の事を。


ニノ、綺麗だぁぁ。
ってその後ろから男どもが着ぐるみでセルフライトアップで
付いて来てる~。女子の分で電球足りなくなったらしいが…。
怖ぇよ、顔!!
とっさに子供達の眼を隠すリク。愛情感じるわ。
「思い出すどころか!脳裏に焼きついて離れんわー!!」
荒川らしいオチですね。
でも子供達の為にリクが手から離した風船が
空に上っていくのがまた良かったわ。


第107話「秘宝」


「オッケー、今日も秘宝の無事を確認。侵入された痕跡もないね」
ちょっ!誰これアマゾネスって。
声はさっちゃんだよね。
これまた濃いキャラだなぁ。
んでここは何処なのよ、荒川の地下?
ロケット?なんでこんな所に…。

二期乞う期待ってことね。


第108話「(タイトルなし)」


おぉいつもアバンでやってたポエムを最後にもってきましたか。

濁流の中で溺れる。
せせらぎの中でたゆたう。
剥がれ落ちた感情が、
何かが足りなかった日常が、
流れるうちに、角が削れて丸くなり
まるでパズルのピースのように小さい一欠片に変わる。
この愛しい欠片は、
この美しい欠片は、
きっと、
お前と
貴女と、
繋がるための、一欠片。

わー、良いですね。
素敵だぁ。

予告代わりに第2期制作決定ってことで、
橋で釣りしてるリアル村長とリアルリク~。
顔がしっかり見えないところがミソね。
お待ちしてますよぉ~。

エンドカードは作者、中村光さんでした。
原作はこういう顔なんだ…。

荒川、ほんと面白かったです。
これまでにも何度か書いてきたけど、ほんと基本、私らしくないのコレ。
でもハマってしまったのでビックリです。
毎週とても楽しみになっていました。
2期でまた彼らに会えるのを楽しみにしています。

いつも荒川UBの感想を読みに来て下さっていた皆様、
ありがとうございました。
TBやコメントを下さったブロガー様、読者様、
感謝しております。
また何か機会がありましたら、覗きに来てやってください。

※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)



スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

荒川アンダーザブリッジ #13 ラストサムライ (最終回)

テレビ版の 『荒川アンダー ザ ブリッジ』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 河...

『荒川アンダー ザ ブリッジ』#13(最終回)

「もっと思い出を作ろう。私と、みんなと一緒に」 とうとう荒川も最終回ですが、第2期制作決定!! 「只今、鋭意制作中」ってことは、そ...

荒川アンダー ザ ブリッジ 第13話「13 BRIDGE」

『河川敷立ち退き騒動が解決してから数日後。 相変わらずのニノや住人たちの奇行に翻弄されるリクは河川敷の美容院へ皆で訪れることに。 そ...

荒川アンダー ザ ブリッジ 13BRIDGE

「もっと思い出を作ろう、私と皆と一緒に」 二期制作決定おめでとうございますっ! ようやくラストサムライの出番! そして、荒川河川敷の危険...

想い出をいっぱい

{/kaeru_fine/}地球温暖化! 今まで絡んでこなかった住人達のお話でした {/m_0056/} 『荒川アンダー ザ ブリッジ』 13 BRIDGE *第1期最終回* 第101話 「ラストサムライ」 ニノさんの寝癖、酷過ぎ^^; 髪がレゲエ状態だから。じゃないですよね? 絵に描いた太?...

荒川アンダー ザ ブリッジ 13話『13BRIDGE』

『ラストサムライ』 ニノは寝ぼけてリクの家に来ることが常であるが、その度に気になることがあった。

コメントの投稿

非公開コメント

終わっちゃいましたね~

たちばなさんこんばんは!
感想アップお疲れ様です!!
最終回ということでこれまた気合入った長文で読み応えありました
あ、個人的にはがっつり読みたい派なので1記事でも全然問題ないです^^

>おいおい、キャラが言うな、キャラが。
あはは、ラストサムライが出てこなかった理由が明らかに!
丁髷が似合わないと同情されてるリクも面白かったです~
いや、されても困るんですけどね…似合う人がいたらやるのかと(笑)
侍なだけにイメージ的にはもうちょっとゴツゴツした低い声かと思ってたら優しい声で♪
シスターとバトルしてる以外は穏やかな人なんですねw

>いやコレ、我々(声オタ)にはバッチリじゃないか。
囁きなんて聞いたらニヤニヤしちゃいますよね~
是非とも実現させてもらいたいです(マテ)
星@杉田さんやシスター@子安さんのも聞いてみたい♪
というか河川敷住民でやったらかなりヒットしそう…と思ってしまいました!
高井制作の遊園地もツッコミどころ満載ですが、荒川住民はそれ以上だったなと(笑)

>ちょっとだけ愛しく思えてきました。
リクパパってホント不器用ですよね、
息子に対して愛情あるのにそれを素直に表現できないというか
リク専用の着信音設定してるあたりとか見たら可愛いとこあるなと思いましたw
中々向き合うことできずじまいですが、ちょっとでも話してたらまた違ったのかな~と
リクパパの過去にもなにやらありそうですし二期ではそのあたり少しでもわかるといいなと思います

新番組いくつか始まってますがたちばなさんと一緒に盛り上がれるアニメがたくさんあるといいなと♪
ではでは、お邪魔しました!

お疲れ様でした!!

たちばなさん、こんにちは(*^。^*)

荒川UB第一期感想の完走、お疲れ様でした!!e-420
荒川は大好きなんですが、諸事情により自分とこは感想を途中で終わっちゃいましたが、他のブロガーの方たちが記事を上げてるのを見ると、何だか嬉しく思ってましたよe-343

私は原作から荒川のギャグ部分が大好きなんですけども、たちばなさんは、ポエム部分に代表される、ストーリー性というか、情緒的なエピソードに惹かれたとか。
うーん、人によって惹かれる部分が違って、それだけ振り幅の大きい、魅力的なアニメだったんでしょうねe-68

今回の遊園地のエピソードが第一期のラストになるとは思ってませんでしたが(ジャクリーンとビリー、ラストサムライも最後の最後まで触れられないとは思ってませんでしたが)、なんかほんわかしててよかったですねe-51
個人的には「着ぐるみと男子の正しい関係」のくだりが、原作当時からめちゃ好きです(笑)

第二期も楽しみにしてますが、それまでに感想記事を上げれるような状態になってるといいなぁ・・・e-263

たちばなさんの今後の記事も楽しみにしています(*^。^*)

李胡さんへ

李胡さん こんにちは♪
コメありがとうございます。

> 感想アップお疲れ様です!!
> 最終回ということでこれまた気合入った長文で読み応えありました
> あ、個人的にはがっつり読みたい派なので1記事でも全然問題ないです^^

気合入ってましたかね。(笑)
うん…ちょっと入ったかな。
というか、デュラと薄桜鬼終わって、
ちょっとゆとり出来た後だからってのもあるかも。(笑)
あっ李胡さんは、がっつり読みたい派ですかっ。
ありがとうございます。
でもさ、良く考えたら、そういう方しかウチに遊びに来ようとは
思わないだろうなぁと最近つくづく思います。(汗)

> あはは、ラストサムライが出てこなかった理由が明らかに!

まさか主人公の思惑だったとはね。(笑)
悠一さんファンに恨まれるぞ。

> 侍なだけにイメージ的にはもうちょっとゴツゴツした
> 低い声かと思ってたら優しい声で♪
> シスターとバトルしてる以外は穏やかな人なんですねw

声も悠一さんだから、低いだろうと想像してたんですけども
柔らかかったですね。
この手の声で来られると、私、聞き分け出来ないっスよ(汗)
いやこの声も良いんですけどね。

> >いやコレ、我々(声オタ)にはバッチリじゃないか。
> 囁きなんて聞いたらニヤニヤしちゃいますよね~
> 是非とも実現させてもらいたいです(マテ)

うん実現希望。(笑)

> 星@杉田さんやシスター@子安さんのも聞いてみたい♪
> というか河川敷住民でやったらかなりヒットしそう…と
> 思ってしまいました!

皆良いよね。声、豪華だからどれも聞きたくなる。
藤原さんも力也さんも欲しい♪

> 高井制作の遊園地もツッコミどころ満載ですが、
> 荒川住民はそれ以上だったなと(笑)

ですねぇ。ホント彼ららしい遊園地だったよ。(笑)


> リクパパってホント不器用ですよね、
> 息子に対して愛情あるのにそれを素直に表現できないというか
> リク専用の着信音設定してるあたりとか見たら
> 可愛いとこあるなと思いましたw

あれはキタよ。>専用着信音設定
なんだ、愛情あるじゃんってあの時思いましたね。

> リクパパの過去にもなにやらありそうですし
> 二期ではそのあたり少しでもわかるといいなと思います

ですね。皆色々背負ってるものがまだ全然分かってないし
ある程度分かった星も、どこまで本当なのか怪しいと(笑)
素顔がちゃんと出てないし、気になりますよね。
最近さぁ…ちょっと星が好きになって来ちゃったんだよなぁ。はは。
杉田さん効果もあるよねぇ。

> 新番組いくつか始まってますがたちばなさんと一緒に
> 盛り上がれるアニメがたくさんあるといいなと♪
> ではでは、お邪魔しました!

感想は書かないのもけっこうあると思いますが、
李胡さんとこで感想見かけたらコメとかさせてもらいますねっ。

また今期も宜しく~。

みゆさんへ

みゆさん こんにちは~♪
コメありがとぉ~。
あっ記事には関係ないけど、ちょっと私信。
(こんなトコ私信でゴメンね)
今日スーパーで例のヤツの類似品が、4つだけ棚にならんでたのっ。
迷ったけど買っといた。(笑)
類似品すら手に入らない今日この頃なので。(笑)

> 荒川UB第一期感想の完走、お疲れ様でした!!e-420
> 荒川は大好きなんですが、諸事情により自分とこは感想を
> 途中で終わっちゃいましたが、他のブロガーの方たちが記事を
> 上げてるのを見ると、何だか嬉しく思ってましたよe-343

みゆさんの感想も楽しみにしていたんで、残念でした。
みゆさんは原作既読だから、この部分はオリジナル~とか書かれてて
参考になったしね。
もちろん多忙なのに無理される事はありませんから、
責めてる訳でもありませんし、無理はして欲しくないので
誤解なきよう。
ただ読みたかったな、ってことで。

> 私は原作から荒川のギャグ部分が大好きなんですけども、
> たちばなさんは、ポエム部分に代表される、ストーリー性というか、
> 情緒的なエピソードに惹かれたとか。

ギャグオンリーだったら、多分ハマってませんね。
ギャグなだけじゃない、キュンと来たり、時には考えさせられたり
よもや泣かされるとは思わなかったんだけど、
そういう色んな要素が、ちょこちょこ入ってるのが
面白いなと思います。
ポエム部分は、おまけ的に見てました。
ちょっと切り離して。
雰囲気も作画もガラリと違ってましたし。
あれは非常に好みでしたね。

> うーん、人によって惹かれる部分が違って、
> それだけ振り幅の大きい、魅力的なアニメだったんでしょうねe-68

そうですね。ポエム部分は要らないって声も、
ちょくちょく見かけたので、へぇ…と思ったものです。

> 今回の遊園地のエピソードが第一期のラストになるとは
> 思ってませんでしたが(ジャクリーンとビリー、ラストサムライも
> 最後の最後まで触れられないとは思ってませんでしたが)、
> なんかほんわかしててよかったですねe-51

良い感じでしたよね。遊園地のエピソードで終わったのは
正解だったんではないかな。


> 個人的には「着ぐるみと男子の正しい関係」のくだりが、
> 原作当時からめちゃ好きです(笑)

あはははっそうなんだ。
ほんと男の子って、そんな感じですよね。
なんかさ、リクがすっかり子供達の教師であり保護者になってるのが
微笑ましくてねぇ。
時には足蹴にされたりするのに、
彼らの事をちゃんと考えてるじゃない?
リクの事も、どんどん好きになりましたよ。

> 第二期も楽しみにしてますが、それまでに感想記事を
> 上げれるような状態になってるといいなぁ・・・e-263

ですね。私もそう願います。
みゆさんの感想見たいし、語り合いたいし、
分かんないトコ聞きたいし(そこかっ)。

> たちばなさんの今後の記事も楽しみにしています(*^。^*)


ありがとうございます。
ご多忙なのに、私のブログ移転以来、ちょくちょくコメ下さって
感謝しています。
また今後とも宜しくお願い致します~(^▽^)
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
ここ数年、仕事と体調が
落ち着かず
ブログ更新はまばらです💦
お急ぎの方はTwitterにて
連絡ください。

本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


音楽、アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
刀剣乱舞、グラブル、
夏目友人帳、うた☆プリ♪
あと、進撃の巨人、黒執事
ハイキュー!!、七つの大罪
黒バス等も好きです。

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR