スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戦国BASARA弐」#3【慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!】猛暑なのでお市ホラーで涼めと?

今回もむちゃくちゃ早い30分だった。
ホントあっという間に終わっちゃって、
ええ~っもぉ終わり!?と思わず叫んだね。
そんだけ引き付けられてるんだよなぁ。

★フィギュア
戦国BASARA ワンコイングランデフィギュアコレクション 戦国BASARA  第弐陣 染衣装編 (ノンスケール塗装済みミニフィギュア) BOX戦国BASARA ワンコイングランデフィギュアコレクション 戦国BASARA 第弐陣 染衣装編 (ノンスケール塗装済みミニフィギュア) BOX
(2010/03/27)
壽屋

商品詳細を見る


くぅぅぅ~っ。このフィギュア可愛いよぉぉぉ。
アニキと慶ちゃんが特に気に入ってしまって…。
ほっ…ほしい…。わなわな。
あらすじは公式HPより。

あらすじ 
第三話 『慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!』
秀吉の所業は前田慶次にとって魔王・織田信長と変わらぬもの。
そんな秀吉の掲げる覇道と、時代の趨勢に慶次は心を曇らせていた。
「戦のない、和やかな生活を皆が送ることができないのは何故か?
人が幸せになってこその天下ではないのか。」
そう、晴れぬ胸の内を謙信に吐露する慶次であったが、そんな慶次の
思いを踏みにじるかの如く告げられる衝撃の事実。
悲痛な思いを抱え、慶次の向かう先とは・・・。



-トシ、まつ姉ちゃん、やめてくれ!
  二人が謙信と戦うなんて!


慶ちゃんは必死に馬を走らせていた。
利家達を止めるつもりですね。
キッキッと、懐から顔を出した夢吉が
そんな慶ちゃんを見て、心配そうにキィィと鳴く。
可愛いねぇキミは。 
姿やしぐさの可愛さだけじゃなくて、
慶ちゃんの気持ちを感じてるところがさ。


庭で刀を振るっている謙信に、かすがが報告に来た。
利家とまつの軍勢は、もう国境に差し掛かってる。
鉄砲隊も含め、彼らはも持てる全ての兵力を
正面からぶつけてくるつもりのようだ。
そこまで告げて下ろした先の拳を強く握るかすが。
律儀な利家らしいと謙信。
かすがが拳を握る理由もそれですよね。

慶ちゃんはほどなく前田軍と行き逢うだろう。
進軍を止めさせるべく説得するつもりに違いない。
「そうですか」
謙信が刀を鞘に納める手つきが綺麗  なんだよね。
こういうのをしっかり見せてくれる所も気に入ってます、
BASARAアニメ。

心苦しいが手はずどおりにと、謙信はかすがに指示する。
「毘沙門天の加護のあらんことを」
謙信の睫、長っ。

「トシ~まつ姉ちゃ~ん」
利家達の姿を認めた慶ちゃんは、
愛用の超刀・朱槍(刀にも槍にもなる)を掲げてそう叫びながら
彼らのもとへと馬を走らせる。
「あっ、犬千代様、慶次が」
「止まらんぞ、まつ」
このまま行くと言う利家の顔がいつになく真剣。
「心得ましてございます」
一心同体な夫婦ですねぇ。

馬から下りて両手を広げ、止まってくれと叫ぶ慶ちゃんの両側を
すべての馬が通り過ぎていく。
音が遮断される。
これは信じがたさに慶ちゃんの耳が機能を止めたから。
我に返った慶ちゃんが振り向き、再び叫ぶ。
だが馬の足が舞い上げた砂埃で道の先には土色の幕。
それが収まった頃にはもう、利家達の姿は消えていた。

呆然とする慶ちゃんの頬に、夢吉がペタリと手を当てる。
心配なんだねぇかわいいねぇ。
「問答無用ってわけかい」
慶ちゃんが表情を引き締めた時、
「謙信様に任せておけ」
頭上からかすがの声が降って来た。
「かーすがちゃん」

 ふふっ慶ちゃんの呼び方ってさ、
「かすがちゃん」じゃなくて「かーすがちゃん」なんだよね。
名をどう呼ぶかも個性だし、
その二人の関係や
相手をどう思ってるかも感じ取れるもの。
私もそういう部分は気を使う所(創作時に)なので、
BASARAの互いの名の呼び方とか、けっこうニヤリなのです。

「どこへなりと旅に出ろ。この戦、お前が見ても辛いだけだ」
優しいね、かすが。
自分達にとっても邪魔でしかないと言い放つ。
それには答えず、慶ちゃんは表情を変えず、かすがを見上げてる。
出来る限りの事はすると謙信は言っている。
だから任せろって事ですよね。
そう告げてかすがは消えた。謙信の所に早く戻らなくちゃね。
わざわざ告げに来たのは、彼女なりの親切。
慶ちゃんもわかってるだろうけど、
任せて旅に出るなんて事、出来るわけないさ。
自分の大事な友と大切な家族が戦おうとしているのに。

途中の山道で、謙信はわずかな兵と共に前田軍を迎えた。
名乗る利家とまつ。
「いつもは、甥の慶次がお世話に…」
「犬千代様、今は戦のお相手なれば」
ほんとBASARAの利家は実直ですよね。

たったそれだけの手勢で迎え撃つつもりかと
利家が謙信に問う。
謙信はこの越後を戦の血で染めるつもりはない。
利家とまつにすぐに引けと言う。
「上杉の全軍を加賀へと差し向けました」
城を落とすのはもちろんのこと、
罪もない民を巻き込むことになるが致し方ない…なんて、
 わざと言ってますね、謙信。
「それが豊臣に組し私くしの納めるこの地を侵さんとした報い」
ここで謙信を討てば、越後は前田のもの。
だがその前に加賀が上杉のものとなる。

自分たちと行き違いに兵を向けたとは、
にわかには信じがたい利家ですが、
ほどなく斥候が知らせを持って駆けつけるだろうが、
それでは間に合わないと謙信はあくまでも淡々と告げる。
これ…  ハッタリですかね。
前田軍進軍の知らせを聞いたのは、朝餉の後でしょう?
あの時点ですぐ動いたとしても、上杉軍が加賀に着くのは
今ここまで来ている前田軍より遅いはず。

引くわけに行かないと利家は言う。
秀吉と半兵衛は信じて大役を任せてくれたのだから。
馬から下りて謙信に三又槍を向ける。
けれど加賀の民が人質になっていると案ずるまつに、
もちろん民も守ると利家は返す。
謙信倒してすぐに加賀に戻るのだと言いますが
そんな簡単に倒せますか?謙信を。

そこは嫁の方が冷静です。
いや、いつもまつの方が冷静だし男前だな、BASARAでは。 
相手は越後の軍神。
武田信玄が唯一無二の好敵手と認めた相手。
利家の豪壮をもってしても、たやすく倒せるとは思えない。
目を眇めたまつが、馬から下りて謙信に薙刀を向ける。
「ここはまつめがお預かり致します」
驚いてる利家に急ぎ加賀へ戻るよう告げる。
「馬鹿を申すな」
「ご心配は無用にございます。ほどなく伊達を破った蘆名や
や南部、津軽の軍がここへ参じましょう」
伊達を破った、ね。筆頭を甘くみたいでちょうだいよー。

あぁでもまつはこういうキャラですよね。
ぶっちゃけゲームでも強いしなぁ。
利家より頼もしいんだよね。
ゲーム知ってる視聴者は、そこらへんわかってるから
うんうんって思うけど、知らない方だと
嫁がなんだよ、しゃしゃり出て~とか、思うかもしれませんね。

「私くしの相手は奥方殿で良いのですね」
「はい」
足を踏ん張り構えるまつは、険しい表情で夫に告げる。
「はようお行きくださりませ
犬千代様。
加賀の民を
かような危険に晒すことだけは、
相成りませぬ」

良い嫁だねぇ。

「待て、まつ」
利家がまつの薙刀に手をかけて止める。
ここ、珍しく利家が男臭くて良いですね。 
ゲームでは利家って、ほとんどヘタレで
バカップルぶりと、ハラペコ大将で
飯、メシばっか言ってますもね。
「加賀へ戻る」
謙信の作戦通りってところかな。

急に空は暗転、雷が鳴り響き大粒の雨が降ってきました。
利家達が加賀へ戻る為、来た道を戻っているが、
その足がなんとも重い雰囲気。
手取川まで来た所で、対岸には「毘」の旗を掲げた軍が
利家達を待ち構えていた。
立ち向かうほかないと、利家は進み、まつも軍も従う。
川へと足を進めたところで、隠れていた兵達が姿を現し、
前田軍をぐるりと取り囲んだ。

「犬千代様、もしや上杉殿は無血にて我らを降伏させんと…」
慶ちゃんから聞いていたように、
謙信は心ある武人だと感じいる利家。
「しかしながら…」
眼をカッと開く利家の脳裏には、忘れられない光景がよみがえる。
炎の中、はためく旗には織田の紋。
魔王の所業が利家にはトラウマになっているんだね。
「ここで、この槍を置くわけには参らぬ」
結局ここで対峙することに…。

うわーっ出た!兼続!
いかん、登場した瞬間から笑えちゃう。
「俺は無敵の主人公!」
今回は堂々のアップだね、アナタ。
「一年かけて名を上げた」
愛の文字をカメラにわざわざ向けてくれてありがとう。
でも一年かけて名を上げたのって他局でしょうが。
笑えるなぁスタッフ、こんな台詞吐かすなんて。
「上杉一番隊、直江兼続ぅ!
貴様などに負ける気がしな…わっ!はっはーっ」
けっこうちゃんと描いてもらってるわね。
でもやっぱりお約束…。
「無敵なのにやられたーっ」
これで〆ないとね。BASARAの兼続は。
くふふふふっ。

あらやだ、キリッとした利家が、なんだか良い男に見えますよ。
利家に上杉兵が斬りかかろうとすると、鷹がすり抜けて行く。
お~太郎丸~。 
これはまつの固有技なんだけど、
これもゲーム知らないとなんで鷹?って事になるかな。 
猪とかもいるんですよ。
レベル上がるとうりんこから大人の猪へと変化して行き、
敵兵の足元をちょろちょろ駆け回ってかく乱するのさ。
私は太郎丸は使いづらかったけど、
猪、次郎丸はちょくちょく使ったぜv。
あ~ッムズムズして来たっ。ゲームやりたぁぁぁい。

まつと利家がぐるりと上杉兵に囲まれたその時、上杉の背後から
現れた馬が兵を飛び越えて利家の前に降り立った。
慶ちゃんです。
「慶次」
一瞬口元に笑みを浮かべた利家だけど、すぐに戻す。
彼が加勢に来たわけではないと、すぐに分かったから。
「あぁ…そっちがその気なら、
俺も力づくで止めようと思ってね」
「慶次!」
まつがやや咎めるような声を上げる。
「前田の勝ちは
豊臣の勝ちだ。
俺はそいつをどーしても、
黙って見過ごすわけには
行かねぇんだ」

分かったと利家も槍を構える。

「本気だしてくれよ、トシ」
「某は、いつでも本気だ!」
うわーっ利家と慶ちゃんのバトル…。
力で相手をねじ伏せても、
いつかまた誰かに力でねじ伏せられる。
何故分かってくれないと訴える慶ちゃん。
対する利家は、力による理不尽を二度と繰り返さない為に
戦わねばならぬのだと言う。
まつにしてみれば溜まったもんじゃないわね。
何ゆえ二人が刃を~とハラハラ。

豊臣は強き国を作ろうとしている。
豊臣が天下を取れば、もう二度とあのような事は
起こらないと利家は信じてる。
でも秀吉という男を、慶ちゃんは利家より知っているんだ。
かつての友なのだから。
そして秀吉が自らの理想の為にしてきた事もね。

「あいつが作ろうとしているのは、
トシが願っているような
世の中じゃないんだよっ!!」

慶ちゃんの超刀が利家の腹を打つ。
あわわ、みね打ちでも、骨ぐらい折れそうだよね。
てかこれ慶ちゃんが刃の方向けてたら利家死んでるよね。
いや待て、でも慶ちゃんの超刀ってみね打ち不可じゃね?
利家の鍛えた腹筋は超刀でも斬れない? 

ここまで言われても、利家の脳裏に焼きついた
炎の記憶は消せやしない。
浮かぶのは、炎、炎。
炎の中逃げ惑う民たち。
そんな罪無き民が悪戯に殺された。
時には、子供の目の前で…。
訳が分からぬ子供は、呆然とした顔で倒れている親の体を揺する。

利家はどうしても、忘れられないんだ。
この光景が。

血が出るほどに利家は歯噛みする。
ふらふらになりながら、
それでも闘志燃やして慶ちゃんへと向かう。
怒りをぶつけるべきは慶ちゃんではないのだけど…
切ないわね。

ここの挿入歌がまた、なんとも切なくさせてくれる。
なんだよ、ぴったりじゃねーか。

慶ちゃんに入れた利家の一突きは
彼を後方へ吹き飛ばすほどの威力。
慶ちゃんももうぼろぼろです。

彼の脳裏にも浮かぶ影がある。
桜(かな?)の樹の下に立つこの女性は、あの人ですね。
そして慶ちゃんにとってのトラウマは、
秀吉の前に横たわる
変わり果てた彼女の姿。
どうしたって慶ちゃんが、秀吉を許せない理由。

うう…切ない。

「ごめんよ」
そう口にして慶ちゃんは太刀を頭上に上げて力を溜める。
泣きそうな顔でまつが手を伸ばして駆け寄ろうとしたけど…。
慶ちゃん、それ、バサラ技ですか。
ダメージ受けても溜まるもんねバサラゲージ。
今ので満タンになったか。
へろへろの利家がコレ受けたら耐えれないでしょう。
あらあら、地面えぐれてババロアの型みたいになってら。

一度追いやられた水が戻ってきて、
倒れてる利家の体が水に浸かる描写が良い感じ。
ぼんやりとそんな利家を見つめる慶ちゃんに
まつの薙刀が向けられた。
「構えなさい!慶次!!」
利家とはやれてもまつとは…キツイよね、慶ちゃん。
慶ちゃんが浮かべた、なんとも悲しい顔が
辛い…。 

そこに口を挟んだのは謙信。
「引くのです、まつ殿。前田の大将は深手を負いました」

愛しき者のため、その明日のため、
剣を取るものもいれば、取らぬものもいる。
そのどちらもが是だと、謙信は言う。
「そなたの甥は取らぬ事を選び、
そのかつての友は取る事を
選んだ。そなたの夫もまた」

謙信が利家の額に手を置くと、彼の眉間がピクリと動いた。
まだ死んではいません。
大丈夫だよ、まつ。

太平の世を願う気持ちは、利家も慶ちゃんも同じ。
なのに、なんと皮肉なのだろう。

さてこちらは奥州。
もう日がすっかり沈もうとしていてる荒地に立つのは
筆頭ただ一人。
周囲に倒れている敵味方入り混じった兵士達は、
皆死んでいるのだろうかとゾッとしたところ、
筆頭がつぶやいた。
「Wake up…」と。
再び声を荒げ
「Wake up,guys!」
と叫ぶ。
すると死んでいたかと思われた兵士達が
のそのそと体を持ち上げ始めました。
ちょっとゾンビみたいだけど、よく生き延びたと筆頭がほめる。

ひとまず奥州は取り戻した。
けれど筆頭が背中を向ければ嫌でも目に付く半兵衛のつけた傷。
「筆頭の背中は
片倉様にしか護れねぇんだ」

文七郎なにげに台詞多いよね。
てかこの4人組、1期より出番も台詞も多い気が…。 
最近金野さん気になってるのでうれしい。

「戻って出陣の用意をする。目指すは大坂だ。
豊臣をつぶす。小十郎を連れ戻すついでになぁ」
あ、第一目的は小十郎なのね。うふふ。
夕日バックで絵になるなぁ筆頭
歩き始めた筆頭が、ふと吹いた風にピクリとして振り向き、凝視する。
沈む夕日を背にこちらに歩いてくる巨体を…。

うわーん、また巨大化してるゴリさん来ちゃったよー。
今のぼろぼろの筆頭に、どう対峙しろと?
大坂まで行く手間が省けたという筆頭ですが…。
これは不利すぎるでしょーっ。
はらはらはらはら。

「蛇とは存外しぶといものよ。器の小さきに関わらずな」
なんて言われた筆頭、そっちの器も知れてると返す。
「部下に任せた蛇退治の顛末をわざわざてめぇで確かめに
きちまうあたり」
それは秀吉の眼に、しっかり筆頭が竜に見えている証拠。
うろこを全て剥がされて右目をも奪われた身で、
まだ歯向かうのかと秀吉は言うが、
竜のうころってのは、くたばるまで剥がれないんですって。
「一枚たりともな」
ひぃ~カッコ良いわ筆頭。 

って二人のパワーがぶつかった所で
画面は南へ向けて進んでる幸村達武田の一行へと移る。
あの小十郎似の武将が、そろそろ夜営をする場所を
探させましょうと幸村に声を掛けました。

って、これアムロ声っ!?古谷さんじゃないすか。
さすがにこの声は分かるぞ。
前回しっかりカメラが映していたと思ったら、
やはりそれなりのポジションだったな。
小山田信繁ですか。
後で気づいたけど、OPでも幸村と共に馬で駆けてたり、
巨大秀吉に驚愕するシーンでも、良直達と並んでちゃんと居ますね。

幸村が何かを気にしてる事を小山田が察する。
近江に入ってから人が皆、
朝も昼夜も絶え間なく働きづめのような気がする、と幸村。
「それも女子(おなご)やご老体、年端のゆかぬもの達ばかりが…」
眉根を寄せて憂う幸村に、
小山田は豊臣の徴兵によるものだろうと応える。

豊臣は兵となったものを一箇所に集め、
想像を絶する修練を積ませているらしい。
幸村も佐助から話には聞いていたようだけど、
こうして働き手を徴兵に取られ、
残された者達の生活を見ると、
現実味を帯びますよね。

道の真ん中でよれよれとしゃがみこむ老婆に、
幸村は気持ちの上ではすぐに手を差し伸べそうになった。
だが今はお館様から大事な使命を任されてる身、
民草一人一人を気にかけている時ではない。
そう自分に言い聞かせるも、やはり腰を叩きつつも
立ち上がろうとしている老女を見て、
放っておけなかったのね。
小山田に断りを入れて、
老婆のもとへ馬でかけていきました。

そんな幸村を、小山田は
表情の無い顔で
じっと見てるんだよね。
不気味~。なんか怪しいね…。 
古谷さんだしねぇ。化ける気がしますよね。
BASARAは史実シャッフルなので、兼続もあんなですし、
小山田もどんな設定にしてるか知らないけど、
実際の小山田信繁は、裏切り者で有名なんですよね。 
wikiでは信茂になってますが、信茂が正しいのかな。
勝頼に仕え、彼を裏切ったわけですが、
BASARAでは信玄がずっと現役で勝頼は出てきてないですからね。
それでも裏切り属性だけ活かして、対象を幸村にすげかえて使うのかな。

ん~でもOPでは、筆頭命の良直達と並んで彼が真田隊の一番前に居たよね。
それ考えると悪く転ぶわけじゃないのかもしれん…。


老婆の家族もやって来て、一安心した幸村の耳に、
どこからともなくすすり泣く声が…。
ってこの声は、お市じゃないかぁぁ
やっぱ生きてたかキミは。

「ごめん…なさい…」
最初の台詞がそれかよ。どこまでもキミらしいことで。
うわーっ空がいきなり真っ暗…どころじゃないや。
魔王モードな空になってるよ。
何もなかった山の頂上に安土城の幻まで…。

「みんな…みんな
…市のせい」

ぷーっ!! 
ごめん市。ここは寒がらなきゃイカンかったね。
猛暑続きなので、冷気をくれたんでしょう?
でも駄目…怖いより寒いより、笑える~っ。

このお城は兄様の墓標。
だから静かに眠らせてあげて。
あぁ…次回もみんな市のせい。


ぶははははははっ。
ゴメン、やっぱ笑えるって。
次回ももみんな市のせいって…。良いなそれ。

なんでもかんでも「市のせい」ってのがさ、
ゲームでもよく笑わせてくれましたよ、市は。
あー、普通は、暗い、とか怖い、とかなのかな。
確かにおどろおどろしてて、声、怖ぇよ、と言いたくなるけど
それよりも市のセンスに笑えるんだよなぁ。
長政も笑えるんだけど。
この夫婦のやりとりは、本人達は真剣なんだけど、
聞いてる方は笑えるよねぇ。

利家と慶ちゃんのバトルは切なくて後味悪かったけど、
兼続に笑わされたり、市に笑わされたり、
小山田を使い、しかも声が古谷さんという、
気になるキャラを出して来たこと。
仕掛けで楽しませてくれますね。

慶ちゃんをけっこうしっかり見せてくれたのも嬉しかった。
森田さんの慶ちゃん声はさ、確かにトーンとか言い回しとか
一護に近いものがあるのだけど、
でもすんごい"慶ちゃん"してる。
慶ちゃんの魂だと思う。
森田さん以外の慶ちゃんってありえないよなぁ。
今日も聞いててつくづく良いなと思ったよ。 

あぁ次回も楽しみだ。 

★OP曲「SWORD SUMMIT」
Naked arms/SWORD SUMMIT(初回生産限定盤)(アニメ盤)(DVD付)Naked arms/SWORD SUMMIT(初回生産限定盤)(アニメ盤)(DVD付)
(2010/08/11)
T.M.Revolution

商品詳細を見る


★DVD
戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]
(2010/10/06)
中井和哉保志総一朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国BASARA 弐(ツー) 第三話『慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!』

慶次 対 利家にきっと切ない思いをするんだろう…と予想してた通りだったけど 最後のあのお方のセリフに全身鳥肌が立ってしまった…。 ホラー作品じゃないハズなのに!! Naked arms/SWORD SUMMIT(初回生産限定盤)(アニメ盤)(DVD付)アーティスト: 井上秋緒,浅倉大介出版?...

戦国BASARA弐 #3 「慶次対利家!手取りに咽ぶゆずれぬ想い!」

叔父甥対決。 利家と慶次のバトルが高速すぎて良く見えない+ 地震速報が気になって気になってバトルシーンに集中できんです^^; 深夜ア...

万民太平の世を願い

{/hiyo_please/}食物連鎖! 半兵衛の出番がなかったので、 私的にあまり盛り上がりませんでした。 が、 作画が良いなぁ! 『戦国BASARA弐』 第三話 慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い! 利家とまつの進軍を止めようと、身体を張る慶次。 それを無視して謙信を目...

バサラ2 #03 慶次対利家!

テレビ版の 『戦国BASARA弐』 を見ました。 (以下 「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」 のネタバレです。まだご覧になって...

戦国BASARA弐 第03話 「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」

もういっぺん、死んでみる・・・? …と書かずにはいられない引きでした(((゚Д゚;)))ガクガクブルブル という事でメインキャラが辛...

戦国BASARA弐 第3話「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」

「前田の勝ちは豊臣の勝ちだ、俺はそいつをどうしても 黙って見過ごすわけにはいかねぇんだ」 慶次vs利家!! そして、筆頭の前には秀吉が…! ...

戦国BASARA弐 第3話「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」

竜の鱗ってのは剥がれないんだ、くたばるまでなっ――! 慶次の制止も虚しく、利家たちの軍勢は謙信の前に。 謙信は軍勢を加賀に向わせたと...

『戦国BASARA弐』#3「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」

「そっちがその気なら、俺も力づくで止めようと思ってね!」 慶次vs利家!火花散る戦い!!血は出ないかったけどな!(ぁ 上杉の地に前...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。