スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAMPS LIVE2010 BEAST 参戦しましたv。

VAMPS LIVE2010 BEAST 8/6 ZeppNagoya参戦致しましたっ。
ちょっと遅れましたが、ライブレポ書いておきますねー。
ライブ…レポにならないかもしれませんが
なにしろ頭飛んでまして、やった曲目とかライブ終了直後ですから
抜け落ちてまして…。
友人に、あれやったっけ?これやったっけ?と確認する始末。あわわ。
なんちゅう情けない。
記憶率、過去最低です。
まぁそれには色々と理由というか、言い訳になっちゃいますが
あったりするので、ぼちぼちと書かせて頂きます~。

VAMPS2010LIVE1
ツアートラックは、ばっちり撮影出来る位置にあったんで、
皆さん携帯で撮ってました♪
私はトラックのオケツ側から撮ったので
師匠の顔がちっこくなってしまいましたね。
絵面的にこの角度が良いと思ったんですよ。
ライブはもう一日参戦するので、
その時は頭からの角度で撮ろうっと。


※注意:師匠=hydeの事です。
    橘はラルクのHEARTツアーの頃からずっと、
    彼を師匠と呼んでるので。


ライブ数週間前から、当日の事がこんなに不安だったライブは
過去にないかもと思います。
とにかく猛暑続きで、食欲もなく、
夜も十分に眠れず通勤時の陽のキツさにふらふらしながら
日々仕事に行っていたので(今もですが)。
こんな体調最悪な時に、ライブで弾けれるだろうか、と。
おとなしくしっとり見ていられるタイプのライブならいざ知らず…
あぁいやせめて席のあるライブなら、気分悪くなっても椅子があるし
通路もあるから、会場から出る事も可能だけど、
スタンディングのライブハウスじゃ、抜け出すのも一苦労でしょ。
そんな心配しなきゃいけないぐらい、夏バテ、バテバテ…で。

普段ならね、多少風邪引いたり仕事でくたびれていても、
ライブで発散して却って元気になったりしていた橘です。
私ってばライブハウスで育ってて、
基本、ライブはビタミン剤な人ですからね。
でもその私が不安になるほど、
今年の暑さは堪えてる
この間、ちょっと庭の草むしりしてただけで
熱中症もどき(吐き気と酷い頭痛)でダウンして…。
怖いよ、ほんと今年の夏は。

一番楽しみにライブを、手放しで喜べないって辛い。

そんな不安だらけで迎えた当日。
平日だから仕事終わってから駆けつけました。
17時半は回ってたな…40分ぐらいだろうか。
グッズも少し並んだだけで買えて良かった。
あれって、開場時間頃に一度閉めちゃうんだよね。
もうすぐ閉めます~って所だったので、
ギリギリセーフって所でした。危ない危ない。

購入したのはTシャツとタオル♪
VAMPS LIVEグッズ1
色が全然再現されてないわ…携帯カメラ。
タオルの紫部分はもっと濃くて綺麗だし、
Tシャツはショッキングピンクなのに…。

もはやライブでグッズのタオルは必需品ですよね。
ライブ中に汗拭くのにも必要ですが、
今回のライブでは使う場面もありましたから。
タオルは2種あって、BEASTのジャケデザインの方のもあったけど、
好みとしてはこっち。
ちなみにこれは在庫が無くなり次第販売終了となってました。

タオルはねー、2008年のデザインのが今の所一番好きです。
でもあれ、買いそびれてしまったんだ。
もう手に入らないから、今回もあれを使ってる人見かけては
良いなーと指咥えてました。

VAMPS LIVEグッズ2

Tシャツはラグラン袖のが在庫無くなって販売終了になってた。
BEASTのジャケマークのTシャツが、白と黒2種あって、
こっちにしようかと思ったんですが、
これ、バックはツアー日程が印刷されてて、
それは良いのだけどお尻から尻尾生えたセクシーなお姉ちゃんも
そのツアー日程の横に居て…。
ライブの時は良いけど、ライブ以外の時には着難いかなぁとか
思っちゃいまして。

あ、そうそう、このタオルね、首に巻いてて汗かくじゃない?
黒い毛羽が首に付くんだよ。 
巻いてる時は良いけど、帰りの電車とか、恥ずかしいからはずすわけで
はずしたら、別の恥ずかしさが…。首真っ黒。
ちょっとこれは困りましたね。
BEASTタオルの方が黒い部分少ないからマシなのかな。
あっちは買ってないから分かんないけど。

グッズを購入して、指定の列に並びました。
FC会員の整理番号はV。その後に一般のABC…が来るみたいですが、
Vだけで半端なくいるので、A以降の方の列は横断歩道の向こう側なんだよね。
なんかこの時点で切ないだろうなぁと思いました。
私はライブの為にFC入ったんだ。
師匠がソロ始めた時に。
FC入らなきゃチケットなんて取れないだろうと思ってさ。

FCのチケットは、規制がかなり厳しくなって、
入場時に本人確認で免許書やパスポート等の身元の証明が出来るもの、
FCの会員証を提示する事になってるから、
ゴタつくかなと思ったけど、けっこうスムーズに入れました。

トイレ寄って荷物をロッカーに入れて、さて場内。
1柵目は既に混み混み。
もとより1柵目に行くつもりはなかったけど、
1柵目と2柵目までの間が、けっこう余裕だったんだよね。
で、そこに陣取ったのが、そもそも間違いだったんだよなぁ。

あの辺りはフラットだから、前に背の高い人が来ると見えない…。
距離的には近いのに、見えないってキツい。
舞台のセットも、お陰でしっかり分からなかったんだ。
ライブハウスであんな凝ったセット付きって、
滞在型だから出来る技でもあり、師匠だからこそのこだわりですよね。
普通ライブハウスのライブなんて背景黒でしょう。
インディーズなら、まずそうだし、メジャーのバンドは
あまりライブハウスで見る機会が無いので比較が出来ないのだけど。
あぁでもKenちゃんとかも、最近は行ってないけど、
S.O.A.P.のライブとか、特にセットなんて無かったよね?

石造りの壁の部屋みたいになってて、中央に水牛の首の剥製(を真似た)が
飾ってあったな。
あと燭台がいくつも置いてあった。
灯りは蝋燭ではなく電気だと思うが。
左右二階があるような雰囲気で窓と柵があり…。
う~ん、でも細かい所、良く見えなかったから、
このぐらいしか語れない。

例によってカウントダウンで始まり、6時66分で幕が上がった…けど、
すぐに彼らの姿が見れるわけでなく、
お姉ちゃんのロープ使ったサーカスの影。
ブラジャー外して下に落として、下のお姉ちゃんが受け取る。
実際に幕の後ろでやってるわけじゃなく、
これも映像なんだよね。
一瞬騙されそうになっちゃった。

【PLUG IN】から、【DEVIL SIDE】へ。
幕が開いた時点で私の前に居た方々はドドッと前に押し寄せていったので、
隙間が出来たのですが、そこに当然また人は新たに流れてくる。
でも他より若干隙間があったりするものだから、
ワイルドなノリの方がですね…私の前に来られまして。
ゆらゆらふらふらと予想付かない動きでぶつかられるので怖くて。
髪が顔をくすぐるし、
私が腕上げると殴っちゃいそうで思い切り振れないし…。
なんとかこの方から離れられないものかと、他に動けそうなスペースを
ずっと探したりしてて…
結局前半、曲に集中できず、やった曲を覚えてない始末…。
聞きたかった【RUMBLE】は、聴けた~と喜んだ記憶がある
【MEMORIES】もやった筈が、記憶飛んでる。
【EUPHORIA】【COUNTDAWN】も、多分やったと思うんだけど、
記憶が怪しい。ノリの良い曲ほど、前の方の動きが怖かったので、
ストレスが多くて…。

【ANGEL TRIP】では、皆がタオルを首から外して手に持って、
回したり、飛ばしたりするんだよね。
六本木ヒルズのFREE LIVEでも、やってる映像が映ってる。

これまた聴きたかったから記憶に残ってるのが【REDRUM】。
順番とかは分かりませんわ…。
あ、【SECRET IN MY HEART】もやった。
大大大好きな曲なので、聴けて幸せだったよ。

中盤しっとりした所では、皆さん聞き入ってたので、
順番も覚えてる。

【PIANO DUET】は、絶対聴きたかったんだ。
師匠、良く声出てました。
シャウトした後で、こういう歌もスッと声が出るって
やっぱ凄いよなって思う。
六本木ヒルズの時より、喉の調子は良さそうでしたね。
油乗ってる感じでしたわ。

【SAMSARA】~【MY FIRST LAST】
【SAMSARA】はアレンジで長くなってましたね。
【MY FIRST LAST】は、声の出し方が変わっていて、
アルバム聴いた時、ちょっと驚いた曲。
アルバムの感想は、ほんとはライブ前にUPする予定が
間に合いませんでした。
発売が7/28で、ライブまで一週間ぐらいしかなかったし、
家でじっくり聞く暇もなかったから、
通勤時にウォークマンで聞く程度だったからねぇ。

アルバム感想は、また後日UPしたいと思っています。

【Jesus Christ】
この曲の時はいつも、白黒の宗教画をバックに映し出しますよね。
この曲をやったのは、8月6日だからでしょうか。

当日の朝「あぁ、今日、8月6日なんだよなぁ」と思いました。
広島に原爆が落ちた日。
その意識はありました。
広島は学生の時、修学旅行で一度行ったきりですが、
原爆ドームや資料館もしっかり見学ルートに入っていて、
資料館で気分が悪くなってしまった記憶があります。

親戚や知人に原爆の被害にあった人は居ないけど、
原爆に関する書籍や映画はこれまでにもかなり見ていて
テレビでドキュメント番組とか、二時間ドラマとか、
そういうのをやると、必ず見てた。
見ると辛いのだけど、見なきゃいけないって思う。
知っておかなきゃいけないって思うんだ。

師匠も、それは意識していたようで、
「広島の悲劇を忘れない。
どれだけ経っても…」
というような事を呟いて曲に入りました。
燭台の日が慰霊のように灯ったのもこの時…だよね?
(誰に聞いてる)

【HUNTING】【DOLLY】【TROUBLE】
【SEX BLOOD ROCK N' ROLL】は、やったな。
【LIVE WIRE】…もやったよね?

真ん中のしっとりセットの頃には、場所をちょっと移動してました。
距離近いのに、人の頭で師匠やK.A.Zが全く見えない状態で
これはイカンやろと思って。
でもそれがまた凶と出たようで、知らず知らずの内に、
ワイルドエリアに突入してて、
後半のノリノリ曲の続く頃には、今度は後ろの方が
長髪でヘドバンしてくれるので、
背中や頭に鞭のように髪があたるんだよ…。

私もさぁ…20代はヘビメタだったんで、
ヘドバンしたくなる気持ちも分かるよ。
当時は私も少しはやってた。
ホールだから人の背中に当てるようなことは無かったけどね…。
そんなわけで、これがまた、かなりストレスになりまして…。
終盤また曲に集中出来ず…。
ちょっと残念なライブになってしまったわけです。

あ、アンコールは、
【LOVE ADDICT】
【REVOLUTION】
【Midnight Celebration】
【REVOLUTION】では、♪BANG ON STOMP EVERYBODYを
散々歌わされます
楽しいです。
やっぱりライブは参加型が良いね。

曲に集中出来なくて残念な結果になってしまったのは
自分のミスです。
ワイルドエリアを選ぶなら、覚悟しなきゃいけなかった。
幸いもう1公演見に行けるので、今度はそのあたり踏まえて
場所も選んで楽しみたいと思います。

そうそう、アンコールの時に、師匠の水かぶりました。
けっこうどっちゃり。
これはやっぱ前の方に居たからであり、
体験しときたかったので、(前回も浴びたけど)
ヨシとしましょう。

MCは、Ju-kenが面白かったですね。
注意:台詞は正確ではありません。
こんなような事、程度でご了承を


名古屋けっこう好きとか言ってくれて、
どうも尊敬する先輩ミュージシャンに名古屋出身が
けっこう居るみたい。
名古屋と西海岸が似てるって言い出して、
「えーっ!!」
と皆からブーイング受けたんだけど、
「えーって言ったヤツはきっと名古屋じゃないヤツらだな。
名古屋のヤツは、おっJu-kenもたまには良いこと言うじゃないかって
きっと思ってる」
みたいな事、言ってた。

そうそう、
「アニィとハモってて凄い気持ち良い」
って言ってて、
あー、そうだろうなぁと頷いたよ。
だから我々にも歌っちゃいなって話で。
「だってアニィと生でハモれる機会なんて無いよ?」
確かにそうだよなぁ。

そこで師匠が
「皆、音程のこと気にしてるでしょ?」
って口を挟み、
「気にしなくてよいから。
低かったら高く、高かったら低く歌えばいい」
ってね。優しいわー。
師匠は声の幅が広いので、男性は高い部分が
女性は低い部分が、どうしたってカバーしきれないですよね。

あとなんだっけ…
【HUNTING】の前の「腹減った」でひつまぶし食いたいと言ってた師匠ですが、
実はもう食ったらしく、他にも名古屋は何かあるのかって話で、
皆が口々に叫ぶと
「炭水化物ばっかやな」
とか言ってました。
味噌カツと言う声が上がると、
師匠は「味噌嫌い」とバッサリ切った。
「八丁味噌でしょ?あぁ~、駄目」
みたいな感じで、
「なんか勘違いしてるで。普通に食った方が美味いって」
とか言ってました。
師匠はソース派。トンカツに味噌は有り得ないらしい。

私は両方好きだけどなぁ。
すんごい味噌カツ派ってわけじゃなく、
自宅ではソース掛ける事の方が多いけど。

あ、グッズで水着作れば良かったって言ってましたね。
水着作ったら水着着て来るか?下着作ったら下着で来るのか?って
師匠が訊いて、
「(下着で歩いてたら)捕まるで」
ってぼそり。


ライブ中のアクションについては、上記の理由で
あまり見れてなかったりするので書けなくてすみません。
K.A.Zの動きはカッコ良かったけど、
全然見れない時もあったし…。
前回は指の動きまでチェックしたのになぁ。
アンコールだったと思うけど、K.A.Zの後ろに師匠が
ピッタリくっついてる時があって、
K.A.Zの表情がちょっと微妙だったのが印象的。
ちょっと口元緩めながら、でもちょっと戸惑ってる?みたいな。
照れてる?みたいな。ふふふ。

VAMPS LIVEチケ等

ライブ終了後、出口でビニール袋に入ったフライヤーもらえます。
そん中にステッカー入ってますよ。
手前の透明なのが、ステッカー。
左がグッズカタログです。右上はチケット。
FC会員のチケットは、毎回ライブに合わせて
デザインされたものだから、捨てれないよね。
一般の方たちは、ぴあとかローソンとかのチケットで、
味気ないのだろうなぁ。

すっかり長くなってしまいました。
長い割りにライブの内容薄くて申し訳ない。
次のライブはもう少しちゃんと見て来るつもりなので、
書けたらまた感想書くつもり…です。
ただ、その後お盆突入でイベントフルなので、
書いてる暇があるかどうか…。

出来るだけがんばります。

【2010.8.14 PM5:07】
2度目参戦(8/12)レポ書きました。
VAMPS LIVE2010 BEAST 2度目参戦レポ(レポってほどでもないが…ぽりぽり)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。