スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAMPS 2nd album「BEAST」感想♪

アルバム発売からライブまで一週間だったので、
細かい所まで十分聞き込む時間無くライブに参戦で、
ちょっとオタオタしました。
それでも発売前にライブだった地域の方に比べたら、
どんだけ幸せって感じで、贅沢言っちゃいけませんな。

いやそれ以前に一週間ありゃ聞き込めるだろ!と
突っ込み入りそうですけどね。
VAMPS好きと言っても、それだけに時間割ける
わけではないもので。
ステレオの前に座ってじっくり音楽を聴く…なんて事、
もう何年もしてないんだよなぁ。
CD買ったらさっさとパソに取り込んで、ウォークマンに落として、
通勤時のウォークマン聴きか、パソ作業やってる時のBGM状態で、
MediaPlayerランダム再生って感じです。

そんなわけでライブレポが先になってしまいました。
送ればせながらアルバムの感想も書いておきます。

BEAST(DVD付)【初回限定生産:デジパック仕様】BEAST(DVD付)【初回限定生産:デジパック仕様】
(2010/07/28)
VAMPS

商品詳細を見る


初回限定盤は1stの時もそうでしたが、本になってるんだよね。
丁度ハードカバーな絵本みたいな感じ。
曲目が目次っぽくて、歌詞+うっふん♪なお姉ちゃんとかバイクの画、
時々師匠やK.A.Zの写真(笑)、クレジットで16枚の本。
このスタイル、私は気に入ってます。

DVDは既にPVがあちこちで見れる【DEVIL SIDE】【ANGEL TRIP】以外にも
【REVOLUTION】【MY FIRST LAST】が入ってるんだ。
通常盤の方が安いけど、どうせならこっちをお勧めです。


※当ブログでの師匠=hydeです。

アルバムは発売日にちゃんとAmazonから届きました。
すぐにでも聞きたい気持ちではありましたが、
その夜はやらなきゃいけない事もあったので、
とりあえずウォークマンに落とし、
ちゃんと聴いたのは翌日の通勤時。

今回は音楽雑誌とかも全く見てないし、
予備知識入ってないので、
まずは作曲者当てをやろうと思いました。
ちゃんと師匠の曲、K.A.Zの曲の見分けがつくかな?とね。
シングル切ってる2曲と【MEMORIES】は、
Mステでやってるから音聴く前に作曲者名見てしまってるので、
アルバムの13曲から3曲除いた10曲。
おぉ丁度計算しやすいじゃないか!
集中して聴いていたら、電車乗り越しそうになっちゃったよ。

結果は70点
3曲落としました。
落とした1曲は、【PLUG IN】なので、まぁこれはね…。
正直どっちでもアリかなと思ったんで。
曲というより導入の効果音的な感じなのでね。
でも後の2曲は、ちょっとショックだったな。
【THE PAST】を師匠、【GET UP】をK.A.Zだと
思っちゃったんだよね、初聴きの時は。
今、よくよく聴くと、自分の騙され部分とかも分かり、
確かに【THE PAST】はK.A.Z、【GET UP】は師匠だなと
思えるんですけどね。まだまだ修行が足りないですね。

まぁでも2人の境目もちょっと溶けかけて
混ざり合ってる感じですよね。
聴いて育って影響受けた音楽も一緒で、
好きなものも作りたいものも似ているわけでしょ?
1stの時みたいに、師匠が作った曲をK.A.Zに丸投げして
K.A.ZがアレンジしてたりすればK.A.Z色も濃くなるわけで、
素人の私どころか、音楽雑誌のライターさんまで
「この曲、K.A.Zかと思った」って思った曲もあったわけで。

ま、仕方ない。
2人が混ざり合うのは良いことです。
互いに刺激も受けて、変化もして来ているようだし。
特にK.A.Z。2ndのK.A.Zには、ちょっと驚かされました。

とりあえず、1曲ずつ順番に行きましょうかね。

※注意:あくまでも私の勝手な感想ですので、
    そこのところご了承くださいませ。



1.【PLUG IN】

まぁこれは導入部なので、感想と言っても…
ライブの幕開けはこれなのねと思いました。
彼らはアルバムはあくまでライブを想定して作ってる筈だから
こっちもそういう意識で聴きますね。


2.【DEVIL SIDE】

これは音聴く前に師匠の曲だと分かってしまったわけですが、
そうでなくともこれは分かるよね。凄く師匠っぽいもの。
サビなんか特に。
イントロで師匠の♪Fu、woe~oh~、woe~oh(文字にするの難しい)に
絡むK.A.Zのギターがカッコ良いんだよねぇ。
AメロのShake,shake,shake…な師匠は怪しげ。
こんな歌い方されたら、身体をくねらせるしかないじゃないかっ!

雑誌(先日購入)のインタビューでこれのPVについて
K.A.Zがああいう映像って洋楽では見たことあっても、
日本では無いって話をしてて。
ダークなのは駄目っていう傾向にあるらしい。
私は逆に日本のアーティストのPVなんて、ラルクとVAMPSぐらいしか
見る機会なくて、よく見ていたのはMTVの80年代の洋楽ロックだから
こういう感じは見た記憶ありますけどね。

自然と身体が踊りだします。
しかもちょっとエロいポーズを取りたくなる。きゃっ。

♪Calling for your…のザザザ、ザザザ、ザザザと刻むリズムは
いかにもヘドバンしてくださいって感じですな。
ライブのOpenningにピッタリの、一気にテンション上がる曲。


3.【ANGEL TRIP】

これも先にK.A.Zの曲と知った上で聴いたわけですが、
これには驚きましたね。
知らなかったら師匠だと思うんじゃないかな。
ここまでキャッチーな曲がK.A.Zから生まれるとは思わなかった。

VAMPADDICTの新聞で今回のアルバムが全部キャッチーですねと言われ
師匠が「俺よりK.A.Zクンの曲の方が…」と言ってますが、
ほんとそうです。今回のアルバムではK.A.Zがけっこう変化してると思う。

この曲はまたライブで盛り上がるだろうと、すぐに想像付きました。
実際タオル回し&飛ばしで、皆ハジけましたよね。
VAMPSの持ち曲にこういう曲が加わったのも良かったのではないかな。
幅が広がった感じです。
一言で言うと、楽しめる曲。


4.【MEMORIES】

これまた先にK.A.Zの曲と知っちゃったわけですが、
とてもキャッチーで、
Mステで聴いた時、ビックリしたんだ。
キャッチーではあるけど、K.A.Zらしさを感じます。
これは師匠の曲とは思わないだろう。
聴けば聴くほどじわじわクルね、この曲は。
初聴きの時よりも、どんどん好きになって来てる。

Bメロからサビへと移る所のギターのフレーズが、
凄い好き~ K.A.Zらしい音運びですよね。

サビでアリーのドラムがドコドコドコドコいってるのもツボ。
ライブではCDよりもしっかりドコドコ感じれて、
にやにやしてたんだ。


5.【EUPHORIA】

出だしは怪しげな雰囲気をかもし出してますが、
どんどん変化して行き、ちょっとめまぐるしいというか
つかみ所がないというか留まってない感じの曲。
(う~上手く表現出来ん  )
これは初聴きでいかにも師匠の曲だなと思いました。
毒のある雰囲気とかね。
他のアーティストでこういう毒のある感じって
ないですよね。
少なくとも私は知らないな。

サビのI melt flowの歌い方なんかは、
ちょっとラルク初期の頃を思い出させるな、うん。

Look at this euphoria…の所は
バックも重々しく壮大さがあり、
雑誌でK.A.ZがJesus Christに近いイメージと言ってたけど
確かにそんな感じ。特にここのパートがね。近いと思う。


6.【VAMP ADDICTION】

これは初聴きで間違いなくK.A.Zだろうと思いましたよ。
雑誌で師匠がキャッチーなんだけどダークさを持ち合わせていて
DEVIL SIDEとコレ、どっちをシングルにするか悩んだそうで。
今回ほんと、シングル切れそうな曲ばっかなんですよね。

VAMPADDICTの新聞インタビューでは、師匠がこの曲はK.A.Zの
これまでの路線とは違う感じだと言ってるんですが…
そ、そうなの?じゃあ初聴きでK.A.Zっぽいと感じちゃった私は
何か間違ってるのかしら…。むむむ。

適度なダークさで聴きやすい感じかと思う。
重すぎず軽すぎず。耳馴染み良い感じ。


7.【REVOLUTION】

これはウォークマンで聴いてて失敗したなと思った。
自ずと曲に合った歩き方しちゃうんで、周囲の人が見たら
「どしたのあの人?」
になっちゃうー。
特にサビ部分聴いてると
腰で歩いちゃうよ、これ。
ヤパイです。

聴いた時にヒトラー的なイメージも浮かんだ
とK.A.Zが(雑誌で)言ってました。
うんうん、師匠のこれでもかとぶつけてくる
BUNG ON STOMP EVERYBODY!は確かにそんな感じですね。
あと行進してる感じや一体感もあるとK.A.Zが付け加えてましたけど、
BUNG ON STOMP EVERYBODY!の後のギターのリフとリズム隊の音は、
まさしく行進してくださいって感じですよ。
あ、ギターがちょっと引っかかった感じの音出すトコがまた好きです。

身体が勝手に反応して踊っちゃいますね。
これも間違いなくライブで大活躍するだろうと思いましたよ。
実際はノリの方だけじゃなく、BUNG ON STOMP EVERYBODY!を
歌わされもして、燃えましたねー。

これ、PVがアニメーションで可愛いんだ♪
師匠とK.A.Zも人形になって(顔部分だけ)
摘まれたり落とされたりして面白い。
時々フレームに入ったセピアな画で
歌ってる師匠、演奏してるK.A.Zがそれぞれ挿入されますが、
このK.A.Zが素敵なんだ。カッコ良い…むふふふふ。
師匠ももちろん素敵なんですけどね。
ここの画像は、セピア具合とK.A.Zの動きとが、
合ってまして…。
全体はアニメーションで面白い仕様で、
ちょこっとカッコ良いのを見せられるから
余計、ドキッと来るってのもあるよね。


8.【THE PAST】

これは最初師匠の曲だと勘違いしたわけですが…。
今聴くと…K.A.Zに聴こえて来る。
師匠らしいと思ったのがどこだったのか、
わかんなくなっちゃったよ。

これは珍しく真ん中にギターソロっぽいものが
あるんだよね。
とはいってもK.A.Zだから、弾きまっせぇぇぇって感じじゃなく
あくまでもメロディの流れをギターで繋いでますって感じの
スタンスなんですけどね。

この曲なにげにお気に入り。
ってかこのアルバムで嫌いな曲なんて無いですけど。


9.【PIANO DUET】

一番早く覚えた曲ですね。
バラードだし日本語だし覚えやすいってのもありますが、
メロディが一回聴いただけで、凄い残りました。
K.A.Zの曲だろうとすぐ分かったけど、
師匠に似合う曲だなぁ~としみじみ思いましたね。
逆に言えば、師匠じゃなければ生かせないかも、とも。

サビで一気に押し寄せてくる音。
それはこの物語の主人公の気持ちが、ドッと溢れる所でもあり
この雰囲気を出せるボーカルって、他にいないでしょ。
そこまでは回想しながらまったり穏やかで、その落差や、
感情の乗せ方が絶妙ですよね。

もぉ~これはサビで絡むK.A.Zのギターにメロメロ。
いつもながらK.A.Zのギターは良く歌ってますよね。

文句なしにお気に入りの曲です。


10.【RUMBLE】

これはK.A.Zでしょーと思った。
アレンジもK.A.Zっぽいんだけど。
ジャズっぽくてホーンまで入るんだよねコレ。
K.A.Zはロカビリー風と言ってましたね。
あぁうんうん、ジャズっていうよりもちっとヤンチャかな。
VAMPSでこういう曲ってのはまた驚きでしたね。

リズム隊フューチャーですよねこの曲は。
ドラム堪能出来るし、ベースも良く動く。
ん、ちゃ、ん、ちゃ…なリズムがまた妙に残る。
そんなわけでこれも早く覚えました。

11.【GET UP】

これは初聴きでK.A.Zかと思っちゃったわけですが、
どの辺りが…というとサビの♪Ah~the seasons never last
のメロがK.A.Zっぽかったんだよ…しくしく。
Aメロ~Bメロなんか
よくよく聴けば師匠じゃないかと今なら思います。
疾走感あって気持ち良い感じですよね。


12.【SAMSARA】

以前からライブでこういうのやってたんですよね。
次の曲に繋がるインストの曲。
インプロって言うらしいです。
2008年のライブの時は「perfect moment」に繋げて
ノスタルジックな曲をやったんだけど、
あれ、もろ好みだったんだ。

【SAMSARA】もそんな雰囲気でインドっぽい感じ。
私が良く行くインド~アジア風な飲み屋で
掛かってそうな曲。落ち着くわぁ~。
だいたいあの店へはまったりしたくて行くんだよね。

ボーカルは坂本美雨さん。
知らない方は居ないぐらいかと思うけど、
父は坂本龍一氏、母は矢野顕子さんという
サラブレッドな方です。

あぁ合いますねぇこの曲調と実雨さんの声が。
最初は師匠が歌、入れてたそうです。
でもインプロ・スタイルにしたかったから、
そこで自分が歌うのは違うなと思って、
女性ボーカルを探してもらった、という事らしい。

美雨さんが、不思議な雰囲気を持ってるのは
やはり顕子さん譲りかしら。
彼女の声を初めて聴いたのは、
名前明かさずSisterMとして龍一さんと共演した
【The Other Side of Love】ですが、
あれ好きだったよなぁ…。


13.【MY FIRST LAST】

これはもうどっから聴いても師匠な曲。
「書こうと思って書ける曲じゃない」ってK.A.Zが言ってましたが
ほんと独特な世界観ですよね。
これはAメロの師匠の歌い方というか声の出し方が
またちょっと変わっていて、それが余計雰囲気作ってる。

師匠も、「今回は表現の幅が広がった」と言ってましたが
これもその一つですよね。



今の所、こんな感じでしょうか。
かなり聞き込みましたが、1stほどでは無いので、
またこの先何か語りたくなったら、語るかも。

上でも書きましたが、ほんとどの曲もシングル切れるくらいの
パワーある上質なカッコ良い曲たちです。
師匠とK.A.Zには、良くぞ生んでくれましたって感謝ですよ。

まだしばらく、「BEAST」ヘビロテしそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。