スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黒執事Ⅱ」#11【岐路執事】坊ちゃんは置いてけ~っ!!

ハンナに関してはある程度は読めてたけど、
あの女王様ぶりは予想外でしたわー。
あと初めて抱いた感情ってヤツにもね。
ルカと契約したのはハンナだろうなと先週見てて思ったから
アロイスを気にかけていたのは、
それも契約の一環としてなのかと思ってた。
そういう感情が理由だったとはね。

ハンナに関しては、どんどん面白くなって行ったけど、
全体の展開としてはね…。
なんだかなぁと思いました。
原作でもギャグはしばしば出ますけど、
今日のアレは、ちょっと…
黒執事がギャグアニメ、
ネタアニメになっちゃったよ。

とりあえず来週最終回なので、
最後まで見てからまたコメントしますかね。


◆DVD

黒執事 II 1 【通常版】 [DVD]黒執事 II 1 【通常版】 [DVD]
(2010/09/22)
水樹奈々櫻井孝宏

商品詳細を見る

すいません、通常版の方が画が好きなので…。


◆あの紅茶を再現!!

最後だと忘れちゃいそうなので、
先に書いとくね。

作中に出てきた紅茶New Moon Drop
Red Moon Shadowが発売ですって。
New Moon Dropがダージリン、
Red Moon Shadowがアッサム。
単品2500円で2缶セットで買うと4500円とお得。
茶葉40g入り。

なんか特典はつくような事書いてあったけど、
缶の中に、指輪は入ってないそうな。 

缶がそっくりに作ってあるから、
マニア心をくすぐります。
でもまだ発売日や販売方法は公開されてません。
「黒執事Ⅱ」OVA完成披露試写会で発表ですってよー。

とりあえず、情報はこちら。
黒執事Ⅱ 紅茶発売ページ

今後、このページで情報は更新されていくようです。



落ちてしまうよ
 落ちてしまうよ…


-なんだ…何が起こったんだ。
  僕はどうしてここに…


意識の奥へ追いやられてしまったシエル。
別にパジャマじゃなくて良いと思うんだけどね…。
あ、なんか違和感あると思ったら、
シエルの右眼に契約印がないんだ。
意識が象ってるだけだからってことかな。

視線を先へと向け、セバスの姿を認めたシエル。
そのセバスは振り返り、ハンナに問う。
「どうすれば坊ちゃんを
坊ちゃんとして
返して頂けるのでしょう」

あー、それ私も心底言いたい。
シエルをシエルとして返してくれ!
姿がシエルで中身アロイスなんて勘弁。

見た目がシエルでも、もうこれはアロイスなので、
この状態を"中身アロイス"と書くことにします。

例えばここでハンナを殺せば、叶うことなのか。
「私を殺せば坊ちゃんは…」
「落ちてしまうよ」
それが聞こえているかのようにタイミング良く
中身アロイスが続ける。
セバスが憎々しげにそんな彼に視線を飛ばす。

今、シエルの身体はアロイスの物。
シエルに取り込まれたアロイスの魂は、
静かに静かに目覚めの時を待っていた。
そしてシエルの心の隙をつき、
自分の目玉を介して彼の身体を奪った。

クッと苦々しく息をもらすセバスの横で、
「坊ちゃんの身体を人質に取られては、
手も足も出せん」
クロ!
お前がそれを言うな! 

「セバスチャン!落ちてしまうよ!」
中身アロイスのウザイこと。 

「手も足も出せなくとも、心ならば差し出す事が
出来るでしょ?」
おや?
「お二方には旅に出て頂きます」
「旅?」
「シエル・ファントムハイヴを取り戻す為、
アロイス・トランシーの心の迷宮を旅し、
彼の命の証をしかと刻んでいただく」
うわぁ~ハンナの黒い笑みが怖い。
でも平野さんは良い感じですよ。

この笑みからして二人は苦しめられるのかと思いきや…
スタンプラリーって…。
はぁ?って顎外れそうになりましたわ。

「さぁ来て!早く来て!
俺の元へ!
抱きしめて!
世界の果てまで!」


はあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?
なんでいきなりランカなんだよ…。
なんの関係が。

あ、真綾さんはランカママのランシェ・メイだけど…。
前回は真綾さんが、アロイス化シエルの声、出してたけど
今回はもう、奈々さんに切り替わってるよね、声。


「だそうですよ」
というセバスに、
「私が抱きしめるのは
シエル・ファントムハイヴの魂のみ」
セバスの前でしれっと言い切るクロが憎らしい。
 お前のモンじゃ、なーい!!
「非常に気色が悪いですね」
もっと言ってやってー、セバス!!

はいOP。

SHIVER(黒執事II期間限定盤/CD+DVD)SHIVER(黒執事II期間限定盤/CD+DVD)
(2010/07/21)
the GazettE

商品詳細を見る


OP映像、思いのほかグレルに尺使ってましたが、
確かにそのくらい活躍したというか、
役に立ったと言うか、利用されたというか 
よく絡んでくれましたよね。
グレル好きとしては嬉しかったよ。

-なんだって?
 僕は、アロイスに則られた?
 記憶を取り込んで…
 記憶…?


燃えた屋敷が見たこともない村へ、
探していたのは両親の筈が…
見知らぬ少年(ルカ)へと、
すりかえられている。

-違う…
 この記憶は…
 僕の記憶じゃない!



さてセバスとクロは、出題を受けます。
最初の質問は、アロイスの本名。
ジム・マッケンと答えたセバスは、ブッブー。
どこからか蔓が伸びてきてセバスはぐるぐる巻きに…。
おいおい。

確かハリポタの試験かなんかで、こんなのあったよね。
今期アニメはあっちもこっちもハリポタだな。

この薔薇庭園は、クロが侵入者を拒む為に魔を込めておいた
ようですけど、それがアダになろうとはとクロも苦笑。
そして彼が答える。
「本名はそのままにアロイス・トランシー、と」
♪ピンポンピンポン
緑の壁がスライドし、スタンプ台が現れました。

何故と訝しがるセバスですが、
新たな名の持つ響きを
アロイスは気に入っていたのだとクロ。
この場での真実は、
アロイス自身が設定した物ということらしい。

スタンプシートもなかなか凝ってて私好みですけどね。
マジ、リアクションに困るわ。
笑って欲しいのだろうけど…。
確かに原作もギャグは混ざってますよ。
でもこれは違う気がします…。
これしきの蔓でセバスが苦戦するのも
ちょっと「ん?」と思うし。

「あーっ食い込んで、食い込みまくって、
良いわー♪その苦悩の表情。まるで愛の殉教者」
おぉグレル~。来たか。
もぉねぇ、君が救いになって来たよ。

置いてけぼりくらったあの村から、
追いかけてやっと到着って所なのかしら。
まだナイスポーズを撮影する事を諦めてない所が
素晴らしい。

カメラ越しに、セバスはじっとグレルを見ています。

「あぁ~ん…あ…あっ!!
あっいけない…あ、あのぅ…」
じぃぃぃぃぃ。
うわーガン見!
アップの作画は良いね。
今回引きの画が相当崩れてるけど。
ここ、緑の壁の薔薇が、なにげに良い配置で顔の周囲に入るし
私もカメラ構えたくなりますよー。
はい、パシャリ。

「えっと…1枚だけ…」
じぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!
グレル、がっくり。
「…了解DEATH」
元気ないから最後の★はナシ。
溜息付きつつ、悲しげな顔のグレルが、
デスサイズで蔓をカット。
「お利口DEATH★」
はははは。
ここ、作画良かったらもちっと笑えたのに。

先に進んだクロは、第二の質問を手にする。
アロイスの好きな食べ物は、
「脂ぎれの悪いフィッシュ&チップス」
♪ピンポンピンポンピンポン…
すんげー櫻井さんらしい憮然とした言い方だね。

「これに、なんの意味が!」
それは私も言いたいですよ。
まぁとってもアロイスのセンスが出てると思いますけどね。
わたしゃ、もともとアロイスのセンスが嫌いですから。
それに振り回されるのにげんなり。
クロは構いませんが、セバスがさ。
こんな事やらされるなんて。

「ふっははははは。凄いや…凄いや!
クロードは俺の事、こんなに知ってるんだ。
俺の全てを…」
ちょっ!!何やってるのアロイス!
坊ちゃんの綺麗な肌を、そんな赤くなるまで掻くなんて!!
やめてぇぇぇぇぇ!

「奥の奥の一番柔らかい所まで!」
それはまた卑猥な表現だこと。
紛れもなくアロイスだなぁ。
引っかきすぎてついには血が出てきたよ。
「旦那様、それ以上は…」
たしなめるハンナに、
中身アロイスはむっとした顔を向ける。
「この身体が心配か」
「えっ?」
「お前も俺より、
シエル・ファントムハイヴの方が良いのかっ!」
足でハンナを蹴る。
いやだぁぁ、坊ちゃんの身体で変な事するなぁぁ。

「俺の何処が、
シエル・ファントムハイヴに劣る!」

えっと…全部
容姿は君、悪くないので、好みで分かれると思うけど。
「答えろ!答えろ!ハンナ!!」
倒れたハンナの身体を足で踏みつける中身アロイス。
もーっやめてくれーっ。

セバスとグレルが辿りついた次なる質問は、
アロイスがトランシー伯爵に汚されることなく
清い死を迎えた、に対して○か×か。
事実は×ですが、アロイス的にこれは○なんだろうね。

そこでセバスはグレルの肩を引き寄せる。
「グレルさん。
私のために、
飛んでくださいますね?」

うひひひひひ。
セバスったら、ほんとグレル使いが荒いな。
でもこんな風に言われたら、
「飛ぶ?…それって…」
この後の行動が予想出来るだけに、
顔染めてうっとりしてるグレルが不憫だわ。

まずはお姫様だっこ。
これでグレルは心臓飛び出しそうにドキドキ
しただろうし、蕩けてますけど
次に取ったセバスのポーズはリフティング。
バレエやアイススケートのペア演技以外で
見る機会があるとは思わなかったよ。

そのままセバスは躊躇なくグレルを
×のドアへと投げ込みました。
「あぁあああああーっ!!
まーたらいしゅー!!」
なんじゃその"また来週"って。
クイズ番組で失敗した時の決まり文句?
あんまりそういうの見てないからなぁ。

ドッカーン!!
凄い爆発と炎と煙…。
悪魔とか死神とかじゃなかったら死んでるよ。

やはり正解は○。
ドアを壊して中に入るとスタンプがありました。
隣の通路には焼け焦げたグレルが横たわってる。
「こんなアタシに
励ましのおてまみ、
待ってます」

うわーっ可哀想に。
送ってあげるっ送ってあげるよっ!
…って言っても、来週最終回じゃん。
ゴメンねグレル。間に合いそうにないわ。

出題者の手によって、
問題が良いように改ざんされている。
ここのスタンプは、ピエロの顔。
「なんという道化の迷宮」
ほんとだよ…。
グレルが絡んで和んだからまだ良いものの、
これ、セバスとクロだけだったら
もっとつまんなかったな、多分。

-思い出せ 
 僕は両親を殺された。
 そしてセバスチャンと契約した。
 僕を屈辱の淵に突き落した相手に
 復讐する為…


あの時が、あのシーンが、フラッシュバックする。

答えろと未だハンナを足で蹴っていた中身アロイスが
突然胸を押さえて苦しむ。
「暴れだしやがった、あの小僧」
お前も小僧やろが。
「クロード!早く来い!
ここまで来い!クロード!!
もたもたするな。
お前にはハンデを与えてやっているんだ!」
あぁそんな君の言葉も、
いまやクロには煩いだけだよきっと。

「耳障りな声援だ」
煩いどころか耳障りですって。
完璧嫌われてるよアロイス。

次の問題は、イエス・ユアハイネスと三回復唱ですってよ。
「イエス・ユアハイネス
イエス・ユアハイネス、イエス・ユアハイネス」
思い切り棒読みやん。全然やる気なし。
そんな心のこもってないイエス・ユアハイネスなんて、
イエス・ユアハイネスと言ったとみなさないでしょう。

って、あら♪ピンポンピンポンピンポン?
アロイスったら、甘いのね。
スタンプは3重のハート。
「茶番」
吐き捨てるようなクロの声。

「ふふふふふ。イエス・ユアハイルスと、
ほら、まだアイツは俺の執事だ。文字色
愛されてる、俺はこんなにも。
こんなにもクロードに…」
ではなぜ、そんなに滝のように涙を流しているのよ!
…痛すぎるよアロイス。

-旦那様、貴方に本当の愛を…。

中身アロイスがまた苦しみ出す。
シエルが記憶を取り戻しつつあるからだね。

おっシエルの眼に契約印が戻った。

そう、君はセバスと共に女王陛下こそが
復讐相手と突き止めた。
でも女王の背後には天使が居て、
結局女王は踊らされてただけなのよね。
幼い少女のような女王。
なんでこんな展開にしちやったんだろうねぇ…。
ってすいません、またぼやいて。

シエルは天使も女王陛下も死んだ事を思い出した。

-どういうことだ。
 僕はもしかして…


迷宮の形が変わっていく。
全てがアロイスの心に沿って動くはずの迷宮に
シエルの意思が潜り込んだ
ふふふふ。さすが坊ちゃんだ。頑張れ。

セバスが手にした質問は、アロイスのそれではなく
シエルのものに変わっていた。
「シエル・ファントムハイヴは既に復讐を成し遂げている」
もしや…とセバスはYesを選ぶ。
するとスタンプへの入り口が開いた。
「坊ちゃん…」
セバスが坊ちゃんって呼ぶ声が大好きです。

スタンプもビターラビット。
ファントム社の人気商品です。
「坊ちゃん、貴方は今、
そこにいるのですね」

うわー、ここは良いな。
小野さんの声の熱具合も素敵。

アイキャッチ。
本日はTHE TOWER 塔 ですか。
クロが正位置、セバスが逆位置。
これは…ちょっと当たってる…かも。

シエルは自分が復讐を成し遂げた事を思い出しました。
そして契約どおりセバスに食べられるはずだった。

-セバスチャンに…?

「問題。セバスチャン・ミカエリスは、何故
シエル・ファントムハイヴの魂を喰らわなかったか」
シエルが疑問に思ってることが
ダイレクトに質問となって現れる。
「契約です」
そう答えてセバスは左手の手袋を口に咥えて外す。
「私は一度、契約印と共にこの腕を失った。
契約印が消えていた僅かな瞬間を狙われ、
貴方の魂をクロード・フォースタスに奪われた」
誤魔化さず、ちゃんと正直に答えたセバス。
正解の音は♪ピンポンではなくファンファーレです。
音まで庶民から貴族に格上げですな。

さてスタンプは、ガチョウ。
「まぬけ、ですか。ふっ。それでこそ坊ちゃん」
くふふふふ。

「何を勝手な真似をっ!」
あぁ中身アロイスが悔しそうだ。
「てめぇぶっ殺すぞ、おい」
ちょっ!何してくれるのっ。
頬を拳で殴り、額を床にぶつけ、
シエルの身体を痛みつける。
「俺だって、俺だって
クロードに聞きたい事があるのにっ」

クロードは最終地点に来ていました。
これでやっと聴きたい事が訊けると喜ぶ中身アロイス。
「クロード、お前は何故…」
顔のつくりはシエルなのに表情がアロイスって、
気持ち悪いね。

最終問題は、なぜクロはアロイスを殺したか。
アロイス的正解は、クロにも分かる。
「それは、アロイス・トランシーへの燃え上がる思い。
その愛ゆえの…ふっ」
クロは俯き、瞳を赤く光らせました。
こればっかりは、偽りの答えを口にしたくないようです。

「シエル・ファントムハイヴを手に入れる為の
道具として利用しようと殺害した」
ブーブーブー。
立っていた床が外れてクロは落下。
中身アロイスはわなわなと震えます。
「どうして…
嘘をついても良い…
この迷宮はそういうものだと
分かっている筈。
なのにっ…
それでも…お前は…」


-セバスチャン。
 そうだセバスチャンの手によって、
 僕は復讐を遂げた。
 ならば、この魂は…


中身アロイスはまた苦しみ、うずくまる。
シエルが記憶を取り戻せば取り戻すほど、
アロイスはそこに居られなくなるんだよね。
アロイスはシエルに恨み言を言い出しました。
お前はなんて贅沢なんだ、と。

「嬉しいだろ?お前を助けようとして
あのクロードが右往左往してる。
笑えるだろ。なんで楽しもうとしないんだよっ」
いやぁ、シエルは別にクロがそうしたからって、
嬉しいと感じたりはしないさ。
クロに対してはなんの感情もないでしょ。
ただ、君の、アロイスの執事であり悪魔、
それだけの認識だよ。

ぼろぼろと涙を流す中身アロイスを見て、
いよいよ耐えられなくなったのか、ハンナが胸に彼を抱く。
「泣かないで…」
ふざけるなと暴れる中身アロイスの耳元に、
ハンナはとっておきの言葉を囁く
「泣かないで…
おにぃはいつだって
最高なんだ」


落下したクロがスタート地点の銅像の下から現れる。
良い所なのにそんなひょっこり間抜けな登場しないでくれよ。
ふりだしに戻ってやり直しなのね。はいはい。

「何故ルカは、セバスチャン・ミカエリスと契約したか」
そもそも、質問が間違ってるっての。
程度か低い、前提からして違うとクロは馬鹿にするが
アンタが馬鹿にするのは
オカシイだろ

アンタが彼にそう教えこんで、彼はそれを今日まで信じて
きたのだから。

ルカと契約したのはハンナ。
やっぱりそうだったんだね。
「別名、悪魔の剣を収める鞘」
そんな別名まであるんだ…。

驚いて振り向く中身アロイスに、ハンナは優しい眼を向ける。
相手を包み込むような暖かい眼だ。
どういうことだと未だ混乱している中身アロイスに、
ハンナはようやく本音を漏らす。
「私くしは貴方の願いを叶えたいと、そう願ってきた。
それは私くしの中に眠る、ルカの願いでもある」

事の起こりはこうだ。
ハンナは悪魔としての長すぎる時間をもてあましていた。
そう、どの悪魔も行き着く所は一緒ってこと。
生が長すぎて退屈してしまうわけ。
ハンナにとって人間の魂は、退屈な食事でしかなかった。

…ってちょい待て。
当時の貴女、三つ子はべらせて女王様だな、おい。

「それが…」
ルカに呼び出されて変わったんだね。

『うわぁほんとに来た!』
ルカは満面の笑顔で、ハンナを迎えた。
悪魔が、死ぬのが怖くないのかと訊くと、
『怖いよぉ?おしっこちびっちゃうよ』
ルカは身体を揺らし、また笑顔をハンナに向ける。
『ならばなぜ…』
『おにぃが喜んでくれるから』
それこそ屈託のない笑顔で、ルカはさらりと答えた。
その笑顔と彼の思いの強さに、
ハンナはかつてない衝撃をうけた。


-彼は今まで食って来た魂とは、全く違った。
 ひたすら純真に兄を思う。
 驚いて、やがて初めての気持ちを
 抱くようになった。

 彼を…いとおしいと…。


余りに綺麗な魂だものね。
シエルとはまた違うけど、これまた滅多に味わえない味の
魂だったと思う。
でも彼女は貴重なそれを食する楽しみより
魂自身に興味を持ってしまったんだね

それは…セバスにも言えるような気がしますが。

-それでも悪魔である私くしが
 彼に出来ることは一つだった。
 契約どおり彼の願いを叶える。
 結果として、彼の魂を喰らう事に
 なったとしても。


あの日、全員全部全滅した村に、
ルカはアロイスと訪れて共にはしゃいだ。
そして村人達の持ち物をアロイスが奪っているうちに
彼は兄と離れ、一人、死を受け入れていた。

『あ…悪魔だ…』 
ハンナの姿を見て、ルカは弱々しくそう言った。
『お願い聞いてくれて、
ありがとね』

それだけ言うとルカの瞳から光が消えていった。

-魂を喰らった相手に感謝されるなんて
 初めてのことだった。

 
そして悪魔は…初めて涙を流したのだね。

クロの次の問題は、ハンナとルカの契約をクロが
知っていたかどうか。
そら知ってたんでしょう。
ルカがアロイスにイエス・ユアハイネスと言っていた事を
クロに教えたのはハンナ。
ハンナがルカの魂に執着している事も知っていて
その奇妙な考えに、クロは興味を抱いたようです。

「ハンナ…」
「ルカの面影を残す旦那様。
どんなに忌み嫌われても
旦那様の隣に居ることが、
私くしにとっての幸せだった。
私くしはルカを、そして旦那様を、
ジム・マッケンを
愛している」

まだ涙の零れてる瞳を大きく見開き、
中身アロイスはハンナを見つめる。
外側はシエルなので、ちょっと嫌なんだけど…。
アロイスに、ちょっとだけ同情しているので、
愛してくれる存在があったと彼が知ったのは
良かったと思ったよ。

「旦那様…いえ、おにぃ。
私くしと再契約を。
そして私くしの中で
ルカとの再会を。
それを私くしも、
ルカも望んでいるのです」

なるほど…悪魔に食われた魂は、転生しない。
ルカは二度とアロイス、いやジムに会えないわけで。
一緒に食われたら腹ん中で一緒か。
ははは。筋は通るが、悪魔の腹の中で
食った魂の意識なんて存在するのものなのか?

でもこの提案は、アロイスを救ったようですね。
どのみちもう彼の身体はないのだし、
いずれ消滅する魂ならば、その案に乗るのが幸せかも。

最終問題は、やはり同じなのね。
なぜアロイスを殺したか。
「何度でも言おう!シエル・ファントムハイヴを
手に入れる為」
ブッブッブー。
でも今度はちゃんとジャンプして落下は免れた。
蔓が伸びて来ても避け、柱が倒れてきても避け、
「同じ手には乗らない」
その足元がまた穴空いても、ギリギリ穴の端を掴んでセーフ。
でもそこに靴音が近づいてきた。

「お久しぶりです。クロードさん?」
ここのセバスの顔がまたちょっと変。

「ルカ…ハンナ…俺を愛してくれる、
愛すべきお前達と、俺は一つになれるのか?」
その時…右目に突然契約印が戻った。
中身アロイスが頭を抱えて苦しむ。
「シエル…」
そしてよろよろと立ち上がり、
「セバス…セバスチャン…僕は…」
「止めろ!シエル!」
わー混ざってる。

「止めさせろ!ハンナ!」
アロイスの声が響く。
彼の方が奥に追いやられたんだね。
ハンナが後ろから抱こうとしますが、
シエル…の身体は両手を広げて叫ぶ。
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁー!!!」
「ぁあああああああ!!」
アロイスからシエルへと声が変わる。
そして目を開いたシエルは、
「放せ」

あぁ…戻ってきた。シエルだ。
そして彼の名を呼ぶ。
「セバスチャン!」
「戻っていらしたのですね、
坊ちゃん」

この穏やかな声に、キュンと来たのにクロったら、
「♪見ーせちゃった、見せちゃった」
だからー…。
「♪すーがたーを見せちゃった」
もう…突っ込む気力もないぞ。

シエルが戻ってきたのは幸いだが、
セバスは姿を見せるなという命令を受けていた。
「坊ちゃんの前では貴殿は何も出来ない。
しばしの休憩を楽しむと良い。お先に失礼」
あのー、その命令って記憶操作された時の坊ちゃんが
出した命令でしょ?
もう無効に決まってるじゃないの
セバス、貴方がそんな悔しそうな顔しなくていーんだってば。

「何をぼさっとしている。
お前は僕に復讐を遂げさせた。
命令だ!さっさと魂を喰らえ」

あぁ坊ちゃん、素敵だ。
それでこそ気高き我らが坊ちゃん

「僕の魂を喰らい尽くす、
最後のその瞬間まで
お前は僕の執事だ!
セバスチャン・ミカエリス!!」

カッコいいーっ!!

色々とね、悶々としていたけど、
ちょっとスカッとしたよシエル。
ぽかーんとしているクロが笑えます。
恭しく片膝を突き
「イエス・マイロード」
と返すセバス。
クロが憎らしげに振り向いてそんなセバスを見ています。

「あっはっはっは」
あっれーっまたアロイス?
「シエルを手に入れる?クロードが?
セバスチャンが?」
また泣いてるし…。
「もうどーだっていい。
俺を愛してくれないお前達なんて
全員、全部、全滅だ!」
「旦那様」
「俺は愛してくれる人を見つけた。
ルカとそしてハンナだ」
二人は時計台の奥へと入って行ってしまったよ。

これはマズイ!と、今だけ協力関係を結び
共に上を目指すセバスとクロ。

その頃中身アロイスは、ハンナとしっかり
手を握り合っていました。
「ねぇ愛してるって言って」
「愛しています、旦那様」

ハンナは中身アロイスの流した涙を舌で舐める。
「ねぇ、抱っこしてよ」
「抱っこします。旦那様」

…ゴメンちょっと笑った
アロイスにしてみれば、大事な事で、
これ、本音なんだろうと分かるんだけどね。
ハンナが復唱するのがおもしろい。

えっと…それ抱っこというより抱きしめる…では?

中身アロイスはハンナの巨乳に顔をうずめ、
「愛ってあったかいね」
穏やかな幸せそうな顔。
身体はシエルだから嫌なんだけど…。
もー、ハンナ!
貴女、アロイスの身体もなんとかして生かして保存して
おけなかったの?
身体がないからこんなややこしいことに…。

セバスとクロがようやく着いた時には…

下に転がってるのはアロイスとシエルの指輪。
アロイスの指輪は石がなくなってる?
シエルの方は…でも光がない?

セバスが愕然としてる…。

「クロード、俺の心を蜘蛛の巣で絡め取った、
俺にとっての永遠のハイネス」
右目の契約印が、セバスの、クロードの、
新たなものとクルクル変わり、
最後には新しい物に落ち着いた。
これは…ハンナの契約印なんだね。

…なんてこったい。

「お前の愛が欲しかったよ」
涙を流しながら微笑み意識を失う中身アロイス。
身体を受け止めたハンナは契約は完了したと言う。
坊ちゃんの身体をお姫様だっこし、
「私くしは
シエル・ファントムハイヴの
魂ごと
ジム・マッケンと契約した」

はあぁぁぁぁぁぁぁ。
なんてややこしいことに…。

ハンナがアロイス食うのは全然オッケーですよ。
彼もそれが一番幸せなんじゃないかと思う。
でも坊ちゃんごとってなんだよ!
坊ちゃんごとって!!

坊ちゃんは、
絶対、全部、
セバスのものなのっ!!

置いてけーっ!!


エンドカードのルカの可愛さにクラクラきます。
麻里奈さん、良かったよー。

ところでセバス、その「か~らのっ」って何?



◆原作


黒執事(10) (Gファンタジーコミックス)黒執事(10) (Gファンタジーコミックス)
(2010/09/27)
枢 やな

商品詳細を見る


9/27日に10巻発売でーす。
まだ9巻も買いそびれてる不届き者がここにおりますが…。
表紙がタナカさんだなんてビックリ。
アマゾンはまだ画が入ってないなー。
画は公式でも見えますよ。
    ↓
TVアニメーション「黒執事」公式サイト




※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 黒執事2 第11話 「岐路執事(きろしつじ)」

黒執事 II 1 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 今回は衝撃の事実が判明!どうなる黒執事2!? *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れて?...

黒執事II 第11話「岐路執事」

「坊ちゃん、貴方は今 そこにいるのですね」 シエルを取り戻す為に、アロイスの心の迷宮へ! 何が始まるのかと思いきやスタンプラリーとはw ...

黒執事II 第11話「岐路執事」

隙を突いてアロイスの記憶を取り出しシエルの身体を奪ったハンナ! 「手も足も出せなくとも、心なら差し出すことができるでしょう?」 アロイ...

黒執事II #11 「岐路執事」

ハンナ、イニシアチブGET。 前回、三つ子の背後にいた長髪の悪魔はやはりハンナ。 最終回直前になって色々と明らかになってきた黒執事。  ...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。