スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薄桜鬼」#17【玉響の夢】もはや夫婦(笑)

4日間、ちょびっとずつ書き溜めて、
やっと完成しましたわ…17話感想。
もうほんとに…めためた遅くてすみません。

それでも私、薄桜鬼の感想は飛ばしたくなかったし、
簡易にも出来ないんですよね。
簡易に出来ないから余計、遅くなっちゃったわけですが
ほんとさぁ…薄桜鬼キャラ、好きすぎる。

17話はなんかやたら回想シーンが多かったですね。
三箇所あって、それぞれけっこう長かった。
山崎の回想は、あの台詞が重要なので
丸々見せるの分かりますが、
"左之の借り""風間の屈辱"に関しては、
尺を取り過ぎに見えました。 
良い所で終わらせる為の時間稼ぎだったのかしら。

新八と左之に会えて嬉しかったけど、
次回とても辛い展開になりそうで…
もう皆さんとっくに視聴されているだろう18話、
私はまだ見ておりませんが、
見るのが物凄く怖いです。 

もし左之が…だったら、
ショックでこの先記事書けなかったりして…。
左之ルートで無い限り、彼はきっと史実どおりに…と
覚悟はしてるつもりですが、
予告で死にそうな左之の声を聴いただけで
もうヤバイです。

早く左之のフィギュア、ゲットしなきゃ。
(なぜそうなる?)

薄桜鬼 碧血録 第一巻 〈初回限定版〉 [DVD]薄桜鬼 碧血録 第一巻 〈初回限定版〉 [DVD]
(2010/12/22)
桑島法子三木眞一郎

商品詳細を見る


薄桜鬼公式サイト

慶応四年四月。
新選組は旧幕府軍に加わり、会津を目指していた。
共に歩いている旧幕府軍の中には、
ちらちらと視線を送っては
あれが人斬り集団かと陰口を叩くものもいる。
「黙らせてきましょうか」
わー、島田。一発殴る気でいる?
でも土方は、言いたいヤツには言わせておけば良いと返す。
もうどうでも良くなってる感じかな。
眼の下のクマが凄いし…疲弊してる様子で心配だよ。

近藤が捕縛された後、
土方は助命嘆願のために手を尽くしたが
願いは聞き入れてもらえなかったようで
近藤の消息も全くわからずじまいのようだ。
そりゃ…やつれるってもんか。

はい。毎度飛ばせないOP。
舞風 (アニメ「薄桜鬼 碧血録」オープニングテーマ)舞風 (アニメ「薄桜鬼 碧血録」オープニングテーマ)
(2010/10/06)
吉岡亜衣加

商品詳細を見る

急いでるんだけどなー、今日。
でもやっぱり見ちゃう、聞いちゃう。
OPって、こうでなきゃね。

アイキャッチは大鳥さんか。

慶応四年四月十一日。
江戸城の無血開場がなされた。
あぁNHK大河、「篤姫」は見てたので、覚えてるよ。
大奥を花で飾って去ったのよね。
あれは事実だったのか、ドラマの脚色か知らないけど。

おっ!建物の影から土佐藩邸を伺ってるのは左之!
左之~っ  会いたかったよっ。
足音に気づいて振り返り槍を振って構えなおす左之がカッコ良い。
「まだ江戸に居たとはなぁ」
姿を現したのは匡でした。
「他の奴らと一緒に、
とっとと逃げ出したんじゃなかったのか?」
あぁここの匡、なかなか良い顔してるのにぃ~。
下に流れるテロップが邪魔だ…。 

「俺は俺で、仕事があるんでな」
そういいつつ左之は構えを解いて槍を背に流す。
この動きすら素敵♪
でも左之?
構えを解くって…匡は敵じゃないってことじゃん。
ふふふ。

「そういやぁ、甲府では世話になったな」
「ヘッ!あのジジイが気に食わなかっただけだ」

確かにそうかもしれないけど、
あの時の匡はカッコ良かったよ。
それに感謝もした。
回想で見るのも悪くないけど、
凄く長いね回想。
ここまでフルで見せなくても良くない?
普通、要所要所を見せるぐらいだよね…。
ひょっとして時間稼ぎ? 

その後、新政府軍は匡達の後釜に、綱道を据えたらしい。
「やつらとは縁を切った。
もう義理もねぇ。
が、面白い事を耳にした。
綱道は、軍の過激派と組んで
近々戦を起こすつもりらしいぜ」

羅刹達を生かす為には大量の血が必要、
そこで江戸に目をつけた。
「まさか!羅刹の為にわざわざ戦を起こして、
血を奪うつもりなのか?!」

死なない軍隊を作り上げる為には、
それなりの代償が必要ってか?
敵は異国にも五万と居るから。

「あいつ等、今度はなんの関係もない連中まで
巻き添えにしようっていうのか」
壁を拳で叩き憤る左之。
「俺は、てめぇら人間が作る歴史なんて
興味が無ぇ。
が、あのジジイの所業は黙ってらんねぇ」

匡が偉くカッコ良いなぁ2期。
1期の時は、私、そぉんなに好きじゃなかったよね?
(誰に訊いてる…  )

「不知火!お前、一人で綱道さんを
止めるつもりか!
鬼のお前が何故そこまで…」


身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも
留め置かまし 大和魂


これは吉田松陰の辞世の句なのですね。
私も知らなかったので調べて分かったんですが。
訳は、
『私の命がたとえこの武蔵野の野で終えることになっても
自分の思想はここに留めておこう』

「それは?」
「ある男が、良く口にしていた言葉だ。
大和魂なんて人間が抱く、都合の良い幻想だろうがな」
いやー、困ったね。匡も良い男だよ。
薄桜鬼ってほんとよりどりみどりだなぁ。 

「甲府での借りはきっちり返すぜ」
義理堅い貴方のことですから、匡の手助けする気なのね。
でも左之…貴方まさかそれで命落す
…とかじゃないでしょうね。
胸がざわざわするよ…。 

「貴方が土方君ですか?」
ぼんやり座ってる土方に青年が声を掛けた。
「僕は歩兵奉行の大鳥圭介」
名乗る傍からはめていた白い手袋を外し
「初めまして」
握手を求める。

目の前に手を差し出された土方の、
「なんだ…」
が笑えた。 
知らないよねぇ土方は。
欧米での挨拶のようなものだと説明し、
大鳥が再チャレンジするも、
無反応で睨むように彼を見る土方が
いっそ素敵です。 
眼の下、クマだけどさ。 
あぁでもなんだかとっても三木眞さん顔。(あれ)

旧幕府軍は、先方、中軍、後軍に別れていて
大鳥はその総督を任されている。
「総督?アンタが総大将か」
「僕は先方軍の参謀に
土方君を推薦したい」

新選組の土方の名は、敵にも味方にも
知れ渡っているからね。 

島田は中軍のようで、土方と引き離されましたね。
鳥羽伏見の戦いを経験している島田を
理論はあっても実戦経験がない連中と組ませた。
道理は通ります。
「副長の命令であれば従います。
ですが、一つ確認させて下さい。
新選組が、無くなってしまうわけでは
ありませんよね」

ここの島田の顔、作画も良いし良い顔だよね。
島田は洋装の方が若返るな。
キリッとなって良い感じ。

「自分は新選組の島田魁として
この戦に参加するつもりです。
誠の隊旗を掲げます」
「…好きにしろ」

島田も良い男だよ。
彼が恋愛対象になってないのは、
みてくれがゴツイし、真面目で地味な雰囲気だからかな。
実際の島田魁氏が、どんな人物だったか
良くは知らないのだけど。

辺りが寝静まっても、
土方は島田と話してた場所に座り込んだまま
ぼんやりしてる。
そこに千鶴が現れ声を掛ける。
「なんだ…まだ寝てなかったのか」
声が優しいよね。まぁ疲れてるってのもあるだろうけど
千鶴に対してだいぶ変わってきてるよなぁ。

島田の言葉が気になって眠れないと千鶴が言えば、
土方の疲弊した顔に更に憂いが混ざる。
「近藤さんが居ない今、
俺一人で新選組を支えきれるわけねーだろ」

ちょいと投げやりな感じね、土方。

新八や左之の言った通りだった。
新政府軍に江戸城を明け渡すと決めたのは
勝安房守だったらしい。
「俺たちは江戸から体よく追っ払われたってことだ」
結局負け戦になり、近藤まで捕らわれた。

「その先に何かがあると信じて、
死に物狂いで坂を登って来たんだぜ。
登った先に何も無えってわかっちまったら
一体何を信じて生きていきゃいいんだ」

言葉の終わりは荒げるでもなく、殺したような声
だからこそ余計、彼の不安や焦燥が感じられる
相変わらず声の演技素敵です。

でも土方…千鶴の前でだけは、
弱音吐くようになったんだね。
貴方って他の誰にもそんな所見せないでしょ?
斎藤に多少愚痴ることはあってもさ。
いや、良い傾向だよ。

たった一人弱音見せれる相手って…だよね。 

そんな土方に何か言ってやらなきゃと思うも
上手く言えない千鶴。
「今ここに残ってる隊士さん達が信じているのは
何かっていうと、やっぱり土方さんなんだと思います。
だからその…土方さんなら…えっとぉ…」
頑張ってるんだよね千鶴なりに。
その気持ちは土方にはちゃんと伝わってるよ。
ほら、表情が和らいだ。

「見失っちまったものは、
てめぇでもう一度見つけなきゃ
どーしようもねぇよな」

うんうん。

今は大きな戦を控えている。
あれこれ考えるより勝つ事を考えなきゃと
土方も気持ちを切り替えました。
はいと本当に嬉しそうに頷く千鶴が可愛いよ。 

和んだ所でいきなり土方に発作がっ!
「くそっ!…こんな時まで…」
土方が苦しんでるというのに、
わー、とっさに千鶴の背に手を回してるーとか
ニヤついた私って酷いよね。(てへ)

土方の髪はみるみる白く変わり瞳は赤く光る。
千鶴はキリリとした顔で周囲を見回し、
土方を森の奥へと連れて行く。
そこで千鶴は迷うことなく剣で自分の手を切ろうとしますが
土方が苦しい息の中、やめろと彼女の腕を掴む。

ここで血を飲まなければ、このままじゃと揉み合った二人。
気づくと互いの顔が近くてハッとします。
見詰め合う眼と眼。
むふふふふ。 

「俺が…やる…
向こうを向いてじっとしてろ」

あぁやっぱりそうなるのか。
いや、私は斎藤ルートやってるのですが、
流れは一緒なんだなー、と。
でも刀で斬る場所は違うんだよ。
個性が出るのかしらね。
全員別の場所なのかな。
斎藤にはねー、めっさキュンキュンさせられたよ、
これに該当するシーン。

千鶴~アンタってば、うなじ綺麗ね。

首筋を少し切って、溢れて来た血を土方が舐める。
いきなり吸い付かず、舐めるのかぁー。
ちょっとこれはエロいな。 

「そのまま…振り返るんじゃねぇ」
うわぁこの図は…ヴァンパイアちっくー。
「すまねぇなぁ」
「いえ」
土方は落ち着いたようです。
千鶴も傷口はすぐに塞がり、なんてことなさそう。

「もしもの時は、
いつでも私を呼んでください。
私はずっと土方さんのお傍に居るつもりです」

そういって微笑む千鶴を見つめる土方の顔が、
なんとまぁ穏やかで優しいこと
「少し休んでください」
千鶴の言葉に素直に従い、
吸い込まれるように彼は眠りについた。


鹿沼宿で新八の靖兵隊と合流。
これも史実通りですね。
なんか新八見るの凄く久しぶりな気がする。
前回1話分居なかっただけなのにね。
あぁ多分気分は千鶴なんだな。
皆の顔が少しでも揃うとほっとするんだ。

島田から近藤の事を聞いた新八。
「そう…か。
土方さん、デカイ物を
しょいこんじまったな」

土方の心配をしてやる所が良いな。

「原田さんはどうしていますか」
良くぞ訊いてくれた島田!
新八が居るのに左之が居ないって変な感じだよねっ?
「何か大事な用件があるとかで江戸へ戻った」
それは…匡に借りを返すためなの?左之…。

史実でも、左之は途中の山崎宿で離隊となっている。
『なぜか江戸を離れてから用を思い出したと
江戸に戻って彰義隊に加入した』
って事になっているのだけど
どういうわけか隊の名簿に
左之の名は載っていなかったらしく
薄桜鬼はそれを上手く利用してるなぁとニヤリとしました。

慶応四年四月十九日、
旧幕府軍は新政府軍に味方する宇都宮城に攻め入った。
二倍以上の兵力差で、旧幕府軍は宇都宮兵を圧倒したか゜
城が盾となり、戦況は膠着状態にあった。

このままじゃきりがない、と土方。
そろそろ敵陣に突っ込む頃だという彼の呟きに
周囲の兵はこの銃弾の中を?と眼をむく。

敵の銃は旧式で命中度も低い。
弾の一発や二発当たったって
すぐ死ぬわけじゃないからという土方の言葉に
兵士達からどよめきが起こる。
「お前ら、戦をしに来たんだろ。
死ぬ覚悟ぐらい持ち合わせてる筈じゃねぇか」

合図をしたら突撃を掛けろといわれた兵士が
「俺は嫌だ」
と立ち上がる。
「こんな所で死にたかねぇ!」
逃げ出した兵士に土方が刀の切っ先を向ける。

「敵前逃亡は軍規違反で死罪だ!
どうせ死ぬのなら、
やるだけの事をやって死ね」

土方は切っ先を敵へと向け、
「俺に続け!!」
唸るように叫び、銃弾飛び交う中に突っ込んでいく。
その勢いのまま、敵兵をばっさばっさばっさ…。

「なんて人だ」
「あんな人…今まで見た事もねぇ」
「あれが新選組の、土方歳三か…」
まぁ…この人実は銃弾当たっても死なないしねー、
ちょいと自棄も入ってるしねー、
というのは、彼らには黙っておこう。
「続け!土方さんに続けーっ!!」
せっかく彼ら、感動して熱くなったんだし。 

城の内部に入った土方は、風間と天霧に遭遇。
薩摩の命で密書を届けに来たらしい。
戦に巻き込まれたのは天霧も想定外だったようです。

「あの時の屈辱を晴らす時が
来たようだな」

あの時?あぁ頬を斬られたのを根に持ってるのねー。
ってここの回想も随分たっぷり見せるのね。
ここまでしっかり見せなくても分かるのに。
やっぱり時間稼ぎなのかな。

風間が刀を抜きましたが、
なにやら普通の刀じゃないねそれ。
蒼いオーラまとってる
これ以上人間に思いを抱くなと天霧が忠告するけど
余計な口出しするなら貴様も斬ると風間は耳を貸さない。
「鬼の仁義を失い、
一族の後ろ盾を失くし、
はぐれ鬼となろうともですか」

天霧の喉元に風間の刀が向けられた。
天霧は黙して一歩後ろへ下がる。

土方は羅刹化して風間に突っ込んで行きますが
まだ日没までは間があり、羅刹が動くには辛い時間。
土方は断然不利です。
それに付け加えて風間のこの刀。
土方は胸を斬られますが、血が止まりません。
それもその筈、この刀は童子斬安綱
源頼光が酒呑童子を斬る時に使った鬼斬りの刀

って、鬼のお前がそんなもんで紛い物斬るなんて、
それもどうなのよ。
ここ作画は綺麗だけどねぇ。
安綱さんも風間も美人だ。 
  (↑さん付け?)

「紛い物相手に随分大層なものを」
ほらほら、土方にも言われてるー。
「ようするに斬られなきゃいいだけだろーが」
そうそう、そういうことよね。
貴方のそういう所、好きだわー。

あぁだけど羅刹も解けてしまった。
そろそろ限界のようです。 
「いまいましい新選組の名もろとも貴様を葬り去ってやる!」
「新選組を葬り去るだと?
そりゃ俺一人で抱えるには
重くて重くて仕方なかった荷物だけどよ。
だが、てめぇらごときに葬られちまうと思うと
虫唾が走るぜっ!」


ただの人間に戻ったのに、風間の安綱が押されてる。
火事場のなんとかじゃないけどさ、
人間、切羽詰った時って、信じられない力が発揮出来たり
するんだよ。

二の丸が燃えている。どうやら火を放ったようです。
…って、この部屋までいきなりこんな
本能寺炎上ステージみたいになるもんか?
(それ違うゲームだから)
油でもまかなきゃいきなりこんなにはならんよねぇ。

ま、炎の中のイケメン対決は絵になりますから
良いけどさー。(おい)

風間は諦めて刀を鞘に収め、背を向けて去りました。
膝を付き苦しげにあえぐ土方。
「羅刹は力を使えば使うほど、
命を削ることになるのですよ」

天霧ったら、まだ居たのね。
ほんと堅い人だ。見届けようと思ったのかな。
そして斎藤に教えといた筈の事が
伝わってないようだと思ったのか(笑)、
またわざわざ助言してる。良い人だ。

「大切なモンを守る為には、
それぐらいの代償は当たり前だ」
「我々鬼の一族は、
倒幕勢力から手を引くつもりです。
遠くない内に幕府は滅びます。
沈み逝く船にこのまま乗りつつけるつもりですか?」
「俺が守りてぇのは将軍でも幕府でもねぇ。
近藤さんと共に築こうとした新選組だ!」


「…風間の事は君たちに任せます。
もう我々には関わりの無いこと。ではこれで」

あー、一番良い血筋であっても鬼の仁義を失くした者は
排除ですかー。
鬼の世界も厳しいね。

天霧が去ると張り詰めていた神経が緩んで、
土方は倒れる。
安綱で斬られて出血も酷いし無理も無い。
「土方さんっ!何処だーっ」
新八が真っ先に飛び込んでくるから、
じんわりしちゃったじゃないか。
やっぱり皆一緒が良い。

土方が決死の思いで落とした宇都宮でしたが、
四日後にあっけなく新政府軍に奪い返され、
旧幕府軍は再び会津を目指した。
でも負傷した土方は、日光で逗留し、
治療を受けている。
千鶴がかいがいしく看病していて、
もう既に夫婦の図ですよね。

…って千鶴ーっ!
それ、乗っかりすぎ乗っかりすぎ!
それだけ体乗っけてちゃ、土方が潰れる。
ひょっとして重苦しくて土方、目覚めたとか?
ぷぷぷっ。
でも優しい眼で見ますねぇ千鶴を。

眼を離すとすぐ起きて仕事してる土方。
「ダメですよ!死にかけたっていうのに」
ははは、言いますねぇ千鶴。
「その書類が終わったらすぐ横になってください。
私の目を盗んで仕事しようとしてもダメですよ。
ちゃんと見張っていますからね」
怖いカミサン。

「あぁ…世話をかけたな」
おやおや、土方が素直だと拍子抜けるじゃない。

「え?」
-土方さん…。

あら千鶴ったら顔赤らめて、ポカンと口を開けてます。
恋する乙女はリアクションが違う。

「副長!」
ぽやんとしていた千鶴は障子開けては言って来た島田の声に
物凄くビックリしましたね。クスクス。

大鳥も続いて部屋に入ります。
「良かった。あの時はほんとに
どうなることかと…」
涙声になってる島田が可愛いね。
あれっぽっちじゃ死にはしないと土方が返すと、
「そっそうですよね。
副長は何があっても
絶対に死んだりしませんよね」

おいおいおい。
島田ったら相当土方信者?

土方の宇都宮での働きを正に鬼神の如しと褒めた大鳥が
同じ口で土方を諌める。
「君の戦い方は参謀として失格。
問題外だ!」

厳しい顔で言い切る大鳥を、土方は療養中なのにと
島田がたしなめる。

「いいや言わせてくれ!」
大鳥も、けっこう熱い。

「いいかい?土方君。参謀は頭脳だ!
頭脳が死んでしまっては、
例え手足が残っても
戦の遂行は出来ないんだ!」

あぁその言葉は…と思ったら、
やっぱり土方もハッと思い出した。

山崎…。
このシーンは、忘れようったって忘れられませんね。 
ここで山崎の台詞まるまる回想で入れるのって反則。
何度見てもこれは堪りませんわ…、山崎ぃぃぃぃ。
良いヤツだった。生きてて欲しかった。
羅刹になってでも!生きてて欲しかったよ。

…てかさ、山崎も恋愛対象メンバーにしてくれよぉ。
後のバージョンのは出来るのかな…。

ふっと笑う土方に、
「ちょっ!土方君、何が可笑しいんだい?
僕は真面目に話しをしているんだよ!」
なんかこの人もけっこう可愛いね。
土方の綺麗な眼に見つめられて、
「きょっ!今日は何を言われても!
凄んでも!
意見を曲げるつもりは無いからな!」

くふふ、やっぱり可愛いわ。

なんかでも…まるで知ってる人みたいなキャラだな。
どっかの作品で、こんな雰囲気の人居ませんでした?

「あぁ分かってるよ大鳥さん。
迷惑かけちまってすまなかったな」
「えぇ?」

なにその声。ぷぷぷっ。顔も傾いでるし…。
ほら土方、貴方が素直だとみんな、調子狂うってよ。

「島田もすまない…。
俺をここまで運んで来てくれたのはお前なんだろ?」
「はっはいっ」
そこに、
「俺もだぜ?」
ひょっこり顔出した新八。
彼が加わると、とたんに空気が変わります。

元気そうじゃないか心配して損したと
新八は相変わらず。
「お前に心配されるほど、
落ちぶれちゃいねーよ」
「相変わらずだなぁ土方さんはよぉ」

そうそう、新八の喋り方、けっこう移っちゃうのよねぇ。
お陰で最近、橘は少々江戸っ子。 

二人で大笑いするのを大鳥が不思議そうに見てる。
まぁ、そうでしょうね。

「にしても、宇都宮城は惜しかったな。
もう少しだったんだが」
という新八に、靖兵隊の奴らはお前の無事を
喜んでいるだろうと土方は返す。
「城はいつでも奪えるが、お前の命は
取り返しがつかねーからな」

土方が穏やかに笑ってる。
これには新八もビックリだね。

「そういう事だろう?大鳥さん」
「うっ…ぁ、ああ」
「そうだな…」
新八は察してるね。
じっと土方を見つめてる。
土方は少し変わった。けれど余分な事は言わないんだよね。

「なんだ」
「いや、なんでもね」
新八も…好きだ。(お前なぁ…)

「俺の部隊は先に行く事になったからよ。
会津でまた会おうぜ」
「あぁ…またな」

島田に土方の事を頼む新八。
「ほっとくと無茶するからよ」
「なに言ってやがる」

二人のやりとりを本当に嬉しそうに見ている千鶴。
うんうん、私も同じ気持ちだよ。
見ていてとても温かくなる。

やっぱりみんな一緒が良い…。


EDも好き。しみじみするよ。
茜空に願ふ アニメ「薄桜鬼」第二期EDテーマ茜空に願ふ アニメ「薄桜鬼」第二期EDテーマ
(2010/10/06)
mao

商品詳細を見る


あれ…斎藤出てないのにクレジットされてる。

予告。
沖田もやばそうだし、
ちょっ!左之が!左之がぁぁぁっ!!
史実通りに行くのなら、江戸に戻った左之の運命は
そういう結果なのだろうけど…。
見るのが怖いけど、遅らせても結果は変わらないのだから
いっそ早く見てしまった方が良いかな…。
悶々としております。


◆ドラマCD

ドラマCDも続々出てきますねぇ。
アニメ「薄桜鬼」ドラマCD ~改名秘帖録~アニメ「薄桜鬼」ドラマCD ~改名秘帖録~
(2010/12/08)
ドラマ

商品詳細を見る

聴きたいけど、とても手が回りませんわぁ…。



※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

薄桜鬼 碧血録 第17話「玉響の夢」

会津を目指し旧幕府軍と行動をともにしていた新選組だけど、 まわりからはあからさまに陰口を叩かれ冷たい視線に浴びせられることに… 土方さんも近藤さん助命嘆願のために奔走しているものの一向に行方はわ...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。