スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テガミバチ REVERSE」#12【光、闇を照らす】やらかしてくれましたね…。

ここらはほんとに好きなところなので、
彼らが動いてて喋ってるのを視聴出来るのは
幸せなのだけど…
今回は、順番入れ替えがアダとなって、
つじつまの合わない箇所が出てきてしまい
一気に覚めてしまいましたよ。

やっぱさ、下手にいじると
あちこちおかしくなるんだって。
だからそのままやってくれればよいのに、と思う。
それが一番無難な筈なんだがな。

他のアニメでも似たようなことやってる作品が
ありますが、原作をちゃんと理解した上で
オリジナル入れるなら
こうはならんだろう…と思うこともある。
ちゃんと読んでないのかしら。
読んでないとしか思えないから怖いですね。

「テガミバチ」は、あっちほど酷くないと
思ってましたが、今回のは痛かった。

この先もちょっと不安です。


※注意:感想は原作比較及び原作語りが
    かなり入ってしまいます。
    一応原作話部分は色を変え、
    黄緑色の文字で書いていますが
    ちらっとでも眼に触れるのを避けたい方は、
    読み進まれませんよう、お願いいたします。


テガミバチ REVERSE 2【初回限定版】 [DVD]テガミバチ REVERSE 2【初回限定版】 [DVD]
(2011/01/28)
沢城みゆき藤村歩

商品詳細を見る

 
テガミバチ REVERSE 3【初回限定版】 [DVD]テガミバチ REVERSE 3【初回限定版】 [DVD]
(2011/02/25)
沢城みゆき、藤村歩 他

商品詳細を見る


テガミバチ REVERSE 4【初回限定版】 [DVD]テガミバチ REVERSE 4【初回限定版】 [DVD]
(2011/03/25)
沢城みゆき、藤村歩 他

商品詳細を見る

テレビ東京 あにてれ 「テガミバチ REVERSE」公式HP
原作の公式HP「テガミバチ」

あらすじ 第十二話「光、闇を照らす」
ラグとノワールの戦いが続く中、ヴァシュカに伝令を任せ、
加勢に戻ったザジ。そこへ小型鎧虫「ラオラオ」が空から
大群で押し寄せてきた。ラグとザジは必死で鎧虫を倒そう
とするが、数が多い上にディンゴの助けを期待できないふ
たりは苦戦する。だが、そこに頼もしい味方が現れ、
遂にラグの「手紙(テガミ)弾」が放たれた!!


小さな魔法(テガミバチ盤)小さな魔法(テガミバチ盤)
(2010/12/08)
ステレオポニー

商品詳細を見る


「戻った…のか?」
う~んと、順番が色々変えてあるからこんがらがるのだけど
これってラグのテガミ弾じゃない、気持ち込めただけの
一発目、でしたね。
ややこしいなぁ…。
あ、原作知らない方には、問題ないことですが。

ノワール(ここはあえてノワールにしておきます)は、
背を向けて行ってしまう。
待ってと追いかけようとするラグの前にロダが立ちふさがる。
「彼は世界を救う為に必要な人。
ラグ・シーイング、お前にノワールは渡さない!」
「ロダ!」
ロダを睨みつけたラグが、彼女の瞳を見て再び呟く。
「ロダ…君は…」
それは懐かしい友達の名でもある。
そして彼女の瞳は、その友達に似ていた。

と、その時妙な音と共に
大きな鳥のようなものが近づいて来た。
良く見ると小さな鎧虫の群生が
鳥の形を象っている。
ラグは心弾を装填、構えるが
「止めろ!ラグ!」
何故かザジが止める。
えっと驚いたラグは心弾を放ってしまうが、
それは群生が作っていた鳥の形を崩しただけ。
個々の鎧虫は辺りに散っただけで被害はなさそうです。

これは群生型鎧虫、ラオラオ。
ちっこくて大群だから、一箇所集中の心弾銃では埒が明かない。
青棘の方がまだ向いてますが、それにしたって倒せるのは
一度に数匹がせいぜいです。

ってここでまたカリブスとヘイズルも投入ですか…。
和彦さんの声とか余分に聴けるのは、
普段なら喜ぶところなんだけど複雑だなぁ。

ラグ達の足止めも彼らの仕事…と
懐中電灯みたいな道具を出すカリブス。
それはなんだと問うヘイズルに、
「これはだな、巨大な超音波で
鎧虫をコントロールする装置だ」

声は渋くてカッコ良いですよ和彦さん。
でもそんな貴方がこんな子供騙しみたいなの
持ってることが不思議だよ。

それ使って遊ぶヘイズルがまた…。
ここ、ギャグですか?
「カベルネが飛び立つまで、
邪魔はさせんよ、坊や」

うんうん、良い声♪…でもさ…。
こんなの入れてくれたおかげで、
カリブスが小者っぽく見えてきたよ。しくしく。


再び鳥型を取ったラオラオが、
ラグ達の居る所に向けて突撃、
避けて飛んだラグ達ですが…
あ、この時なんとなくザジがラグを気にして
ラグの方を見てるような眼をしてるのが良い。(こまけー)

この衝撃でラグやザジの居る地面には亀裂が入り、
ロダはh崩れた岩に足を挟まれたもよう。
「くそっ!ヴァシュカを連れてくるんだった。
今度同じ攻撃を受けたら…」
ザジが相棒の事を思えば、ラグもニッチへと思いを馳せる。

-こんな時、ニッチが居てくれたら…。

って、そのニッチが現れました。
これは幻影なんかじゃないですよ。

今度の鎧虫は虫の大群ですからね、
虫取り網が最適です。
ニッチがすっぽり捕まえてくれました。

「ラグ!!」
地上のラグは見上げて泣いてます。
「良かった…元気になったんだ…
戻ってきて…くれたんだ…ニッチ…」
「髪の毛、あんな事も出来たのかよ」

展開が違うので、ザジもこれを拝めましたな。
笑半分のザジ台詞、良い感じです~岸尾さんっ。 

「ヌニッ!ヌニーヌ!!」
「ステーキがスキマだらけだとゆっている!
うて!ラグ!」
「ありがとう!ニッチ!!ステーキ!!」
二人は…いや二人と一匹は、
やっぱ一緒じゃないとね。

「撃ち出す弾丸(たま)は、"こころ"の欠片…」
「ディンゴが戻って来て"こころ"が喜びで満ち溢れてる…か」
邪魔をしつつも、ラグの事は興味深く見ている雰囲気
ですよね、カリブス。

ラグが赤針を放つ。
あら…虫網籠の口がもう開いてるわ。

「一発で全てのラオラオを貫きやがった」
ザジが驚いて見上げ、ロダも仰いでる…。
って、ロダ、さっき貴女って、足挟まれてませんでしっけ?

「ラグーっ!」
「ニッチー!」
まっすぐラグの元へと降下してくるニッチ。
感動の再会…ですが、
「へっ!?」
ぼよん♪
「パンツはきなさーい!!」
あははは。
やっぱこれ聴かないとね。
ラグの、「いけませぇん」と「パンツはきなさぁい」。

あそこはラグの頭で上手く隠されてますな。
押し倒されたラグ、今度はニッチの頭ぐりぐり攻撃を受ける。
これもニッチなりの愛情表現だよね。
動物に近いですね、こういうとこ。
可愛いんだけど、やられてる方はけっこうキツそう。

「げんきはあったか?ラグ」
「ぅえ?…元気はあったって?」
「ハチノスでアリアが、ゆっていたぞ。
ニッチがいないから、ラグのげんきがなくなったと」

うわー、スタッフさん、
やらかしてくれましたね。
 
これはいくら何でもアカンでしょう。
ラグはハチノスを出て、ブルーノーツブルースに向かい
その帰館途中でピアスの街に寄ってザジと合流、
次はコナーが狙われるだろうってことで、そのまま
ラメントの街に向かって、今ここに至ってますよね。
アニメは順番色々入れ替えてるけど、
場所の移動は原作通りです。
ラグは一度も
ハチノスに戻ってません。

ニッチと離れている事も、アリアは知りません。
それなのになんで、アリアが、
ニッチが居なくてラグが元気ない、なんて
言えるんですか?

こういう事やられちゃうと…
一気に覚めてしまいますね。 
前にも書きましたが、
つじつま合わないの見せられると
魔法が解けちゃうわけですよ。

こうなっちゃったのは、エピソードすっ飛ばして
欲しい所だけ無理矢理くっつけた
からなんですよね。
やっぱり、無理をすればどこかに歪みは出ますって。

ここでこの辺りの原作話をさせて頂きます。
知りたくない方は、黄緑文字は飛ばしてね。

まずはラグがロダに対して、あれ?と思う部分はオリジナル。
これは後のシーンにも絡むので、そっちで触れることにします。

ラオラオの襲撃とニッチの帰還は、実はもっと先、
ラグ達がハチノスへ戻った後、
ラグがニッチ無しでも仕事に行かなきゃならなくて、
職業斡旋所で、日雇いのディンゴを雇うんですよ。

その斡旋所で懐かしい人との再会もあり、
以前関わった彼らのその後の暮らしぶりも見れて
良かったんですけどねぇ。
で、そこで雇った日雇いディンゴが…一言で言うと
パッ見、木の葉丸(NARUTO)みたいな子なんだけど
(性格じゃなく見た目ね)
彼と配達に出て、ラオラオの襲撃に遭い、
ラグのピンチにニッチが現れるという流れ。

原作ではニッチと離れて何日も経過している事になり、
ニッチ以外のディンゴと組む事で、
ラグの中に生まれるものもあるわけですよ。
だからこそ、

-こんな時、ニッチが居てくれたら…。

となるわけで。
そういう経緯もすっ飛ばして、いきなりこれじゃあ、
ニッチと別行動になって早々、弱音吐いてる、
やっぱニッチが居ないとラグは駄目駄目だなって
思われちゃいますよね。 

ちなみに
「げんきはあったか?ラグ」
の後の、アリアがゆってたぞ、は
原作ではシルベットがゆってたぞ、です。
その頃シルベットはハチノスに居るからね。
この12話のラスト見れば分かると思いますが。

でもアニメではこのエピソードを前に持って
来てしまってシルベットがハチノスに居るのは
おかしいから、アリアが、と台詞を変えたんでしょうね。
でもそもそも戻ってないのだから、そこだけ変えたって
つじつま合わないのは同じなわけですよ。

あ、あとカリブスが持ってた例のおもちゃは、
原作ではラグが一度だけ組む、
日雇いのディンゴが持ってたものです。
ラオラオに向けて使う、という点では同じ。
効果については、アニメとは随分違うのですが。

もう一つあった。
ニッチが金の髪で作った虫籠は、ラグが赤針を放つ
ギリギリまで口を開けずにいて、放ったタイミングを見て
口を開けるんですよ。
そこらへんも、二人の連携が見られる所で、
ニッチがフンッと鼻息(例の顔)出して口を開けるんですが
息の合ったコンビっぷりを自慢してるというか
"どうだ!"って感じで微笑ましいんですけどね。


ラグは、はっとし、涙浮かべて頷きます。
「うん…あったよ。ニッチと一緒に戻ってきた。
さすがニッチだ。へへっ」
泣き笑いなラグに、ニッチは再び、
頭ぐりぐりゴロンゴロン。
痛い痛い。 
気持ち分かるけど、痛いって、それ。
っと、ニッチがパタリとラグの上に倒れこみました。

「すまぬラグ…ニッチは眠い…」
「もしかして、まだ完全に身体が治ってないの?」
そらそーでしょう。いくらも経ってませんし…。
「まだゆくなといわれた。だがニッチは、ラグの
ディンゴゆえ…きた…」
「ニッチ…」
うーん。

ニッチがグレートアップした髪技を使うってことは、
姉さんに鍛えてもらったからと分かりますよね。
体調がまだ完全じゃないニッチを
姉さんが鍛えますかねぇ?

一息ついた所で、
「ノワールは!?」
ハタと気づいたロダがノワール探して走ると、
先ほど亀裂の入った地面が割れた、と。
落下するロダの手を掴んだのはラグ。
パッと映った画は、ブラウスの袖口がフェミニンなので
女の子のようですけど。
部分的にまだララちゃんね。 

「ザジも手を貸して!」
「え?おい、ラグ!そいつは敵なんだぞ!
ノワールのディンゴなんだぞ!」
「そうだ、私はお前の…」
「君はロダだ!」
首都でいくつもの生き物と融合されたロダ。
その中にゴーシュのディンゴだったロダが
きっと居たんだとラグは思う。
ロダは何も覚えていない。
その記憶はない。でも…。
「きっとそうなんだ。だから僕は君の友達だ」
「友達?」
「君がノワールを守るのも、きっとゴーシュの事を
覚えているからなんだ」
ロダが居なくなったら、ゴーシュが悲しむ。
あぁ、うん。
わんこのロダは、ゴーシュの良いディンゴだった。
私も好きだったよ、わんこのロダ。
ロダが融合されたと知ったら、ゴーシュはどう思うのかな。

カベルネが方向を変えて、こちらに向かって来ました。
ザジはチッと舌打ちして、心弾銃を握り締める。
ラグは頑張れとロダに声を掛けますが、
「迷惑な少年だ。
お前の"こころ"は不思議と
私の胸の奥を揺らす」

ロダはラグの手を振りほどき、亀裂で出来た谷底へと
自ら落ちていく。

「ロダーッ!!」
落ちて行きながらロダは
心の奥の方が少しだけ暖かくなるのを感じていた。
ここでわんこロダとちびラグの思い出画が入るのは
原作通りですが泣ける…。

ロダが少し微笑んでる。
ここで入った犬の鳴き声は、ちょっと大きすぎたかな。

-でも私は…リバースのロダ…

「あいつ…自分から…」
ザジが谷底を覗き込んでそう呟いた時、
ラグは手の中にロダに取られたテガミ弾が
あることに気づく。

ロダが返してくれたなら、良い子だなって話ですが…
まぁロダはこれがどういうものなのか分かってないからね。
ゴーシュの記憶を取り戻す為のものと知ってたら
絶対手放さないところでしょう。

ここも複雑ですね…。


原作ではロダはテガミ弾には触れてません。
ノワールに向けて撃つ為、装填しようとした所、
ロダの攻撃受けて手から離れ、
テガミ弾は地面を転がって行ってしまうのですよ。

それを、ザジが拾っておいてくれて、
ザジが登場した時に、ラグに渡すわけです。
あぁも展開からしてかなり違うので混乱しますが、
原作では、
1.ラグが教会から脱出して天使の羽根に向かう
2.すぐにノワールと遭遇
3.テガミ弾を装填しようとする
4.追ってきたロダから攻撃を受けてテガミ弾が転がる
5.仕方ないから思いを込めた赤針を放つ
6.効果なくて逆にノワールに銃を向けられる
7.そこにザジ登場。かわい子ちゃん&子猫ちゃん発言。
8.ノワールに心弾撃ったけどゴーシュの"こころ"に
 届かなかったとラグがザジに報告
9.ザジがテガミ弾をラグのほっぺに
 「ほらよ」って、ぴとっと当てて
 むぎゅーと押す。
10.ラグのほっぺに二十丸◎の後が付く。
11.見つけてくれたの!?と喜ぶラグ。
12.「その弾ならゴーシュさんに届くんだろ?」
っていうザジがカッコ良くて泣けたんですけどねぇ。 

アニメではラグが一発目を放つ前に
ザジ登場しちゃってるからなぁ。
テガミ弾をほっぺに押し付けるのとか、
とっても気に入ってたのに。

ロダの足元が崩れるシーンは、
アニメではロダ一人ですが、
原作では順番違うので、彼女の傍には
気を失ったノワールが居ます。
一緒に落ちそうになって、ロダはノワールの身体を崖の上に
放り上げて助け、自分は落ちていくんですよね。
まぁ彼女の身体能力からいって、
死ぬ事はないだろうからアレですけど
それでもとっさに自分の事より
ノワールを助けようとする彼女の姿に
きゅんとキタんですけどね。

ロダがラグの手を解いて
自ら谷底に落ちていく所ですが、
ここの犬の鳴き声は、原作では、クーと小さく、
ロダの喉の奥からこみ上げて来たような雰囲気なんだ。
ロダの中に眠るわんこロダが、反応したかなという感じで
ここもきゅんとしたんだが…。

ロダの中にわんこロダが融合されているという事実は
原作では明確にはしてませんし、ラグが気づいて
本人に告げるというシーンもありません。
ここのシーンで初めて、融合した物の中にあのロダが
居たのかもと読者に思わせる仕様ですね。
アニメと本では性質が違うので、
原作通りでは上手く伝わらない箇所も出てきます。
だからここは分かりやすくするために
ラグに先に気づかせたんだろうなと思う。

ただラグが、そうと気づいてないけど
こんな時に敵味方関係ないとロダの手を掴むのと、
ロダはあのロダなんだ、友達なんだ、と
助けようとするのでは、これまたニュアンス違ってきますよね。
前者の方が、人としてカッコ良いじゃないですか。

ついでにもう一つ。
落下していく時のロダの独白は、アニメでは、

-心の奥の方が
 少しだけ暖かくなる…

ですが、原作では、

-思い出すことはできないけれど…
 心の奥の方が
 少しだけ暖かくなる…

なんですよ。つまり、記憶としては無いけど、
身体が覚えているってことなんだなと理解した。
ここはそのまま加えといた方が、
分かりやすかったのではないのかな。


カベルネが近づいて来た。
「こいつは俺がなんとかする。
お前はノワール、ゴーシュさんを追え!」

おわっ!
カッコ良いけど、一人でなんとか…出来んだろこれ。
「今度こそテガミ弾を撃ち込んでやるんだ!行け!!」
それでもラグの思いを遂げさせてやろうという男気、
ほんと良い男だねぇ君ってば。

ノワールの後を追いかけたラグ。
ゴーシュと呼び、戻ったんだよねと声を掛けるけど
戻ったのならこんな風に知らん顔ですたすた言っちゃわないでしょ。
「もう…友達は終わったんだよ、ラグ。
僕はリバースのマローダー、名はノワール」
冷めた眼でラグを見て彼に心弾銃を向ける。
「君の命、略奪します」

ラグの瞳に沸いた涙がこぼれ落ちる。

-届かなかったのか…僕の"こころ"が…。 

「ゴーシュ…僕は…」
ラグが言いかけた時、黄色い閃光が辺りにいくつも輝いた。
「コナー…!サニー…!」
コナーが抱いてるサニーを見て、ラグの声色に疑問が乗る。
「…サニー?」
ラグの眼は良さそうだから、サニーの顔から表情が抜けてるの
見えたのかもしれませんね。

「間に合わなかった…
助けられなかった…
サニーの優しい"こころ"、…鎧虫に…
あいつに全部!全部!全部!」

ラグが怒りをあらわにすると彼の身体に変化が…。
瞳の精霊琥珀だけじゃなく、身体が光り出したようです。
「これの…これのどこが世界を救うんだ。
なんの罪もない人の"こころ"を奪って!」
"こころ"より大切なものがあると返すノワールに、
コナーが叫ぶ。
「お前達には分からないのか!
"こころ"を失ったら、悲しむ人が居るってことを!」

ラグはリバースの記憶を見た。
もし本当なら、彼らのやろうとしていることを
少しは分かると思った。でも…。
「もう許さない。許さないぞっ!!」
「許さなければどうする。君の心弾には殺傷力は無い。
何度やっても同じだ。僕の"こころ"には何も響かない」

ここにはノワールしか存在しない。
ゴーシュ・スエードを取り戻すことは二度と出来ない。
ノワールが再び心弾銃をラグに向ける。
ラグは彼には珍しい感情の落ちた顔で銃を構えている。

その頃カベルネを一人で相手しているザジは、
「うっひょー」
逃げてました。 
触手がズドドンと地面に刺さるように降りると
檻みたいだねー。
ザジのうっひょーが可愛いのなんの。
「ちぇっ。ノワールと一戦交えた後だっつーのに」
ぼやいてても可愛いね。
「スキマを探すにも距離が遠すぎる。
デカさも半端ねえ。
へっ!くっそぉーやべえなぁ。
どうやっても勝てる気がしねえ」

勝てる気がしないなんて言ってるのに、
カッコ良く見えちゃうってのは、
病気ですかねぇ。
原作とはシチュエーションがあちこち違うんですが、
どちらも、やっぱりカッコ良いわ、ザジ。

「カベルネは首都攻略に十分な
力を得た。
格差社会の象徴である人口太陽は
まもなく消え、世界は一つになる
…闇の中で」

ラグに向けてノワールが放った心弾をラグは
自ら放出するエネルギーで相殺した。
ラグの身体は星型に光ってる。
見ていたコナーが呟く。
「あの全身の輝き…あれは…
あれはまるで!」


首都の人口太陽みたい…ですよね。
摩訶もラグをヒカリと称していたし…。
ラグはほんと何者なんでしょう。

「ゴーシュを取り戻すんじゃない。
ノワール!お前の存在を消してやる!」
ラグがテガミ弾を撃った。
ノワールの身体を貫通していく赤針。
ノワールの心臓がドクンドンと大きな音を立てる。

-ラグは、誰かにテガミを書いたことはありますか?
 では、いつか書いてみてください…。


ラグの"こころ"の光に惹かれて
カベルネはラグの方へ向かう。
コナーはサニーをそこに残し、カベルネに向かっていく。
「そんなに人の"こころ"が
食いたいなら来い!
僕の"こころ"がここにあるぞ!」

コナー… 

「よせコナー、下からじゃ狙われるだけだぞ」
カベルネの触手がコナーの周囲にドカドカと降りてきた。
ラグはコナーを助けようと心弾銃を手にしますが、
もう"こころ"を使いすぎていて、銃を握ろうにも
手が震えてままならない。
「それ以上心弾を撃てば、"こころ"を失う!」
ザジが駆け寄って忠告しようとしたら
二人の所にもカベルネの触手が…。
ふと気づくとノワールが触手に捕まり上へと上がって
行きます。続いてラグも…。

ザジは青棘を放とうとしますが、
彼の心弾銃の精霊琥珀の光はもう弱い。
「俺の"こころ"の残量が…ラグっ!」
助けたいのに助けられない辛そうな声が良いね。

ステーキがニッチ起こすのに必死。
「ヌニニ、ヌニー!ヌニニ、ヌニー!ヌニニ!ヌニー」
訳するとー、
『ニッチ!起きて!ラグが!大変!ニッチ!起きて!』
…ほんとかよ。
うん、でもそんなところだと思うぞ。
お、眼を開けた。

なんとしてもゴーシュを皆のもとに連れ帰りたい。
触手に捕まり不安定な中、ラグは心弾を撃とうと
しますが、カベルネのスキマも分かりません。
その時、静かな声が隣からした。
「左の後羽根…。その根元を狙うんだ…!」
驚いて振り返ると触手に捕らわれたノワールが
横に居て、カベルネのスキマは複数あり、
まず飛行を不安定にさせることだとアドバイスする。
ノワールなのか、ゴーシュなのか…
戸惑いながらもラグは彼の言葉に耳を傾ける。

「二人とも"こころ"の残量が少ない。
スキマへ二人同時に撃つんだ」
二人同時に撃つなんて、息が合わないと無理よね。
「込めすぎて"こころ"を失くすなよ…
全てを失うことになるぞ
君の大切な人を悲しませるな…」


戻ったような、戻ってないような。
話し方は中間ぐらいだし、
口調はノワールに近いよね。
"こころ"を失くすなよ、なんて言い方、
ゴーシュはしないもの。

でも二人で放ってスキマに当たり、
カベルネは左の後羽根を一枚失う。
落下していく羽根一枚と、
触手から離れたラグとゴーシュ。
ニッチがラグ達を上手くキャッチしてくれました。

ノワールはまた意識を失ってしまい、
結局のところゴーシュの記憶が戻ったのかどうか
分からずじまい。
コナーは街に残ることにしたようです。
いつかサニーが目覚めると信じて。
いやでも仕事、どうするんだよコナー。

ザジはカベルネを追うつもり。
首都には向かわなかったみたいだが
放ってはおけないから。
うんと元気の無いラグに、
「ゴーシュさんも、ハチノスで
サンダーランド博士に診せれば
すぐに眼を覚ますさ」

明るくそう言ってやるザジが、やっぱ良いなぁ。

テガミ弾に込めたゴーシュへのテガミ、
なんて書いたんだとザジに訊かれたラグ。
「うん…ゴーシュに会いたいって」
「あ?まさか、そんだけ?」
くふふ。ザジのリアクションがおもろい。

前に言われたんだよね、ゴーシュに。
たった一言でも良い、それでもそれを受け取って
嬉しくて涙を流す人もいるのだから、と。

「きっと届いてる…僕のテガミ」
馬車の椅子の背もたれから覗いて
ゴーシュの顔見てるラグが可愛いですよね。

うわっハチノスでのシーンも今回入れちゃうのか。
さっきの所で終わっても良かったんじゃないの?
シルベットが付き添ってるけど台詞なしですかー。
覗いてたラグに気づいて、博士が中へ入れと声を掛ける。

ゴーシュ(ここは一応ゴーシュとしておこう)は、
治療を受けているが
まだ外からの反応には何も応じない。
"こころ"の残量には問題はないのに
目覚めないのは別の理由があると思われる。

アリアがラグの名を呼ぶ。
ラルゴが報告を待っていると、事務的に伝えている。
返事をして付いていくけど…。
ここでのシルベットや博士のやりとりは総カットですかー。
もう時間ないものね。
だから、ここは今回入れずに次回の冒頭に
してくれれば良かったのにー。

黙って歩いていたアリアが足を止めた。
「アリア…さん?」
「また…あの人に会えるとは…
思わなかった…」
思わず手で口を押さえ涙を流す。
「ありがとう…ラグ…。
彼はゴーシュなのね?」
「分かりません…」
「…そう…」
「でも感じたんです。強くて、優しい"こころ"。
あれは…あれは僕の良く知っている、強くて…
優しい人でした」

勿忘草(テガミバチ盤)勿忘草(テガミバチ盤)
(2010/12/08)
ピコ

商品詳細を見る


次回はアリアとニッチのあの話ね。
基本、原作通り進めてはいるのよね…
ただ、オリジナルの挿入がね…不安だよ。

◆グッズ

なんか新しいのが出てた。
これ可愛い~っ。

テガミバチ ニッチTシャツ デニム サイズ:Mテガミバチ ニッチTシャツ デニム サイズ:M
(2011/01/21)
コスパ

商品詳細を見る


ラベンダー色もある。

テガミバチ ニッチTシャツ ラベンダー サイズ:Lテガミバチ ニッチTシャツ ラベンダー サイズ:L
(2011/01/21)
コスパ

商品詳細を見る


こっちはゴーシュとラグ。

テガミバチ ラグ&ゴーシュTシャツ ライトグレー サイズ:Sテガミバチ ラグ&ゴーシュTシャツ ライトグレー サイズ:S
(2011/01/21)
コスパ

商品詳細を見る



※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テガミバチ REVERSE#12

ん~、チット説明ゼリフが多かった印象だけど。 なんにせよ、“(ゴーシュ+ノワール)÷2=ゴワーシュ” の、帰還は嬉しい限り!…って言うか、インチョウ的には あの“ゴーシュ”が、一番好みかも! “どっちで...

テガミバチREVERSE 第12話『光、闇を照らす』

2クールだったのか…! てっきりノワールに手紙弾を撃ち込んだところでまた次クールってな展開かと思ってました。 原作読んだ割にオリジナル要素が追加されてるので若干こんがらがってます(汗) テガミバチ REVERSE 4【初回限定版】 [DVD]バンダイビジュアル 2011-03-25…

テガミバチ REVERSE 第12話「光、闇を照らす」

ノワールに心弾を放ったラグだが。 ロダが立ちふさがって確認できず…。 さらに群生鎧虫のラオラオが襲来し、防戦一方のラグたち…。 ディンゴの助けもなく大ピンチ――その時。 ▼ テガミバチ REVERSE 第1...

テガミバチ REVERSE #12 光、闇を照らす

テレビ版の 『テガミバチ REVERSE』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 胸の奥に残された気持ち  

「テガミバチREVERSE」第12話

  第十二話「光、闇を照らす」ラグとノワールの戦いが続く中、ヴァシュカに伝令を任せ、加勢に戻ったザジ。そこへ小型鎧虫「ラオラオ」が空から大群で押し寄せてきた。ラグとザジ...

テガミバチ REVERSE 12話「光、闇を照らす」

ありったけの心を込めてノワールに向けて放ったラグ!! 果たしてゴーシュに戻すことができたのか…確かめる間もないままロダが立ちはだかる! ここからまたオリジナルのシーンが追加されてましたね、他の鎧虫が...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>次回はアリアとニッチのあの話ね。
>基本、原作通り進めてはいるのよね…
>ただ、オリジナルの挿入がね…不安だよ。

むしろこんなスピードで原作回が進んでいくこと自体が・・・9巻がほぼ丸丸吹っ飛ばされてますし。
順番変えて後で入れてくれるといいんですが。先に鎧虫を出しきっておくってことかも?
ラオラオ然り、次回然り。

>「ハチノスでアリアが、ゆっていたぞ。
>ニッチがいないから、ラグのげんきがなくなったと」
>うわー、スタッフさん、
>やらかしてくれましたね。

あれ、本当だ。気付かなかったです。順番やストーリー変えの副作用が今ここに・・・

封魔カオスさんへ

封魔カオスさん こんにちは。
コメントいつもありがとうございます。
レスがとっても遅れて申し訳ないです。

> むしろこんなスピードで原作回が進んでいくこと自体が・・・
>9巻がほぼ丸丸吹っ飛ばされてますし。
> 順番変えて後で入れてくれるといいんですが。
>先に鎧虫を出しきっておくってことかも?
> ラオラオ然り、次回然り。

9巻は、
ラオラオとニッチの帰還を今回無理矢理絡めたことで
冒頭の日雇いディンゴの話-31話がまずカットというのは
分かりますし、本当ならこの後でカリブス達がハチノスに
現れる32話ですが、これは先にやっちゃってるし
ラノワとジャズの話、32話33話は、
なんとなく飛ばすんじゃないかと思ってたんですよね…。
良い話なんだけど長めですし、テンポ落ちそうですよね。
となると次はアリアとニッチのコンビかなと。

> あれ、本当だ。気付かなかったです。
>順番やストーリー変えの副作用が今ここに・・・

下手にいじると弊害が出るんですよ。
今後も少し心配です。

No title

こんばんは、遅ればせながら失礼します(汗)

ハハハ、なるほど。今回のギクシャク感は
こういう経緯がありましたか!
さすがに今回は、原作知らなくてもツッコミどころが
多かった気がします。
前回ほど感情移入出来なかったのは、正直ありました。
役者さんの力に助けられたってトコロが
多分にあったかも……。

>あ、原作知らない方には、問題ないことですが。
う~ん、そうでもないっスよ。
『じゃあ、テガミ弾。いらないじゃん!』
とか、一瞬だけ思ったりしました。
テガミ弾がらみで、シルベット悩ませたりしてたのに……
とか、なんとかも。個人的な憤りですけどww

>ってここでまたカリブスとヘイズルも投入ですか…。
お邪魔してる立場でホント申し訳ないんですが
最近、この二人が出てくると
急にテンション下がるんですよネェ……。
いや、前回の演説?とかなら大丈夫なんですけど
今回は、出てくる意味が判りませんでした。

>それなのになんで、アリアが、
>ニッチが居なくてラグが元気ない、なんて
>言えるんですか?
この辺りは、当方自身が時間軸とっちらかっちゃってた
ので気づきませんでしたが。
ホント言うと、仰る通り『いくらなんでも、ラグ大袈裟なんじゃ』
と、思わなかったでもありませんでした。
橘さんと沢城さんのお陰で、ツッコミ入れずに済みましたがw
いつも、感謝です!

>『ニッチ!起きて!ラグが!大変!ニッチ!起きて!』
>…ほんとかよ。
見事な翻訳です!感服しました!!

なんか、便乗して愚痴こぼしてゴメンなさい。
とりあえず、今度の休みにアニメイト行って原作揃えて
来ようと思ってます!
それでなんとか、アニメに追いつければ良いんですが……。

では、コメント失礼しました!
またお邪魔しますね♪

No title

>ラノワとジャズの話、32話33話は、
>なんとなく飛ばすんじゃないかと思ってたんですよね…。
>良い話なんだけど長めですし、テンポ落ちそうですよね。

うぐぅ・・・あの話は、「鎧虫の派手さ無しで一番面白い回」だと思ってたので、カットはさびしいですね・・・
でも、そもそも「凍結物件課」の設定自体が消し飛んでるのでしょうがないですよね・・・(「凍結物件」は残ってるみたいですが)

なんか「超音波装置」然り、
原作ネタを「小ネタ」として使ってくる=そのあたりの話は吹っ飛ばされる
と考えた方が良さそうですね。

ドューハンさんへ

ドューハンさん こんばんは。
いつもコメありがとうございます。
レス遅れ遅れでごめんなさいっ。

こんばんは、遅ればせながら失礼します(汗)

> さすがに今回は、原作知らなくてもツッコミどころが
> 多かった気がします。

ですよねぇ。

> 前回ほど感情移入出来なかったのは、正直ありました。
> 役者さんの力に助けられたってトコロが
> 多分にあったかも……。

最近ほんと、声優さん達の演技のお陰でってことが
しばしばありますわー。
一昨日深夜、終わった某アニメとかね…。

> >あ、原作知らない方には、問題ないことですが。
> う~ん、そうでもないっスよ。
> 『じゃあ、テガミ弾。いらないじゃん!』
> とか、一瞬だけ思ったりしました。

あ、二回チャレンジするのは原作でもそうなんですよ。
テガミ弾なくしちゃって、一回は気持ちだけの心弾。
ニッチ姉に撃った時の事を思い出して
思い込めて撃つんですよね。
ただ、一回目と二回目の時の周囲のキャラの
配置がかなり違うということです。

> テガミ弾がらみで、シルベット悩ませたりしてたのに……
> とか、なんとかも。個人的な憤りですけどww

うふふっ。このシルベット好きさんっ!(笑)

> >ってここでまたカリブスとヘイズルも投入ですか…。
> お邪魔してる立場でホント申し訳ないんですが
> 最近、この二人が出てくると
> 急にテンション下がるんですよネェ……。

あぁ…分かります。
投入の仕方がね。
この二人自体は悪くないというか…
原作でも嫌な存在ではありますが
こんな小者っぽくはないので
原作ではちゃんと役割果たしてると
思うんだけど。

> いや、前回の演説?とかなら大丈夫なんですけど
> 今回は、出てくる意味が判りませんでした。

私も分かりません。しかもあのおもちゃを使わせたり…。
最悪だな、あれに関しては。

> この辺りは、当方自身が時間軸とっちらかっちゃってた
> ので気づきませんでしたが。
> ホント言うと、仰る通り『いくらなんでも、ラグ大袈裟なんじゃ』
> と、思わなかったでもありませんでした。
> 橘さんと沢城さんのお陰で、ツッコミ入れずに済みましたがw
> いつも、感謝です!

沢城さんも演じていて、「え?」とか思ったんじゃないかしら。
声優さん達も色々で、原作読み込む方も居れば
逆にとらわれない為に読まない方もいるので
沢城さんがどちらなのか分かりませんが。

> >『ニッチ!起きて!ラグが!大変!ニッチ!起きて!』
> >…ほんとかよ。
> 見事な翻訳です!感服しました!!

ありがとうございます。
ラグの危機を見て、ニッチに助けてもらおうと
ステーキが起こそうとしているのは間違いないんで。
ラグもさ、いつもステーキの事、ちゃんと1としてカウント
してるじゃないですか。
ニッチの付録、ではなくて、ちゃんとステーキ、として。
ここ三人の関係も、とても好きです。

> なんか、便乗して愚痴こぼしてゴメンなさい。

とんでもない。私なんて、もっとぶちまけてるんで。(笑)
一緒に愚痴ってくれて嬉しいです。

> とりあえず、今度の休みにアニメイト行って原作揃えて
> 来ようと思ってます!
> それでなんとか、アニメに追いつければ良いんですが……。

「テガミバチ」原作は、お勧めですよー。
是非読んでみてくださいね。
…って私も原作読んだの1,2ヶ月先輩なだけで
偉そうにすいません。(汗)

封魔カオスさんへ

封魔カオスさん こんばんは。
コメありがとうございます。
レス遅れてすみません。

> >ラノワとジャズの話、
> うぐぅ・・・あの話は、「鎧虫の派手さ無しで一番面白い回」
>だと思ってたので、カットはさびしいですね・・・

私もお気に入りですよー。
出来ればアニメで見たいところですけどね。
でも今の原作のどこまで見せるか、という所で逆算して
あまり絡んでない単発話とかは、飛ばしそうかな、と。
あの話は、ラグ達よりも主軸がラノワ達に
行ってるので。

> でも、そもそも「凍結物件課」の設定自体が
>消し飛んでるのでしょうがないですよね・・・
>(「凍結物件」は残ってるみたいですが)

そう、順番変えてしまって、カリブス達が
もっと前に来てしまい、
ハチノスに来た目的も違って来ちゃってるし
ラルゴとアリアの処分はどうするんだろう…。

> なんか「超音波装置」然り、
> 原作ネタを「小ネタ」として使ってくる=そのあたりの話は吹っ飛ばされる
> と考えた方が良さそうですね。

ですねー。
小ネタだけ使うっての、あんまり歓迎しないです。
変な使い方してるし…。

今後の感想、愚痴多めになっちゃうかもですが
お許しを。
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。