fc2ブログ

「おとめ妖怪ざくろ」#13【おわり、燦々と】マジで寂しい。もっと彼らを見ていたいよっ!!

くーっこれも終わっちゃったかー。
私はこれにハマったのが人より遅いので、
まさに自分の中で盛り上がってる真っ盛りに
番組が終わっちゃった感じで
寂しくて仕方ないです。 

2期はやってくれないのかなぁ。
あっちより、作品として全然良かったのになぁ。

キャラそれぞれも魅力的でしたが、
3チームが…終盤は3カップルになってましたが 
この3カップルそれぞれが面白くて
毎週見るのが楽しみだったんだよなぁ。

もっともっと、彼らを堪能したーい。

とりあえずだな…
今後、日野さんのキャラソンとかあったら、
要チェック!
もう駄目だ…好きすぎる。 
なんでこんな良い声なんだよ。
(ただ今【二人静】ヘビロテ中♪)
薄蛍のパートを歌ってみるのだけど、
利劔日野さんの声のパワーに引きずられて
つられてしまう~。

◆DVD

おとめ妖怪ざくろ 2 【完全生産限定版】 [DVD]おとめ妖怪ざくろ 2 【完全生産限定版】 [DVD]
(2010/12/22)
中原 麻衣、櫻井 孝宏 他

商品詳細を見る


おとめ妖怪ざくろ 3 【完全生産限定版】 [DVD]おとめ妖怪ざくろ 3 【完全生産限定版】 [DVD]
(2011/01/26)
中原 麻衣、櫻井 孝宏 他

商品詳細を見る



◆ドラマCD

うわードラマCD出るのかぁ。
聞きたいなぁ。ほしいなぁ。
おとめ妖怪ざくろ ドラマCDおとめ妖怪ざくろ ドラマCD
(2011/01/12)
ドラマ、中原麻衣 他

商品詳細を見る
あらすじは公式HPより。

第十三話「おわり、燦々と」
百録に導かれ、総角、芳野葛、花桐の3人の少尉たち、
薄蛍、雪洞、鬼灯の半妖の3人が辿りついた場所には
思いもよらない風景が広がっていた。
気を失ったままの西王母桃はそのまま沢鷹の手に
落ちてしまうのか…。
その全てに決着の時が近づいていた…。
大団円、感動、感涙の最終回、
いま燦々と降り注ぐ!


おや最終回でもOPあるんだ。

MOON SIGNAL(初回限定盤)(DVD付)MOON SIGNAL(初回限定盤)(DVD付)
(2010/10/20)
スフィア

商品詳細を見る


ええーっ提供バックの画、これはやめてぇ~。
キモいぃぃ。
しかもリピート…。
ここのスタッフさんけっこう遊ぶよねぇ。
この間の終了後の提供バックの橙橙といい…。

百録に先導され近道を走ってきた総角達。
っと、その先って崖になってません?
半妖の彼女達は身が軽いかもしれんが、
総角達は無理じゃない?

ふと立ち止まった百録。
「どうしたの?」
総角ってこんな時も訊き方が坊ちゃんだなぁ。
「なぜ私を信じる」
「え?」
「お前達を案内する振りをして
陥れるつもりかもしれんぞ」
確かに安易に信じすぎ…とはちらっと思うけど、
この子達だもの、しょうがない。 

「だって、簡単だもの。
私達は同じ気持ちを、
半妖としての悲しみを抱えている。
だからこそ、信じるのは簡単なの」

以前、薄蛍は百録の手に触れて、
心の中が見えてしまい、切なくなってましたよね。

自分達は半妖同士であり女同士でもある。
ざくろを助けて全てが終わったら、
妖人省へ遊びに来てと薄蛍。
橙橙も一緒にと雪洞。
自分達は姉妹同士でもあったと付け加える鬼灯。
良い子達やねぇ。

屋敷に戻ってきた沢鷹は、蜘蛛の糸に絡まれて
宙吊りになり、干からびたような状態で死んでいる
屋敷の者達を見て、それが乱杭の仕業だと悟る。

♪わったっしゃ~、花か
 チョウチョか~、鬼か…


アンタが歌うなよ、アンタが!乱杭~。 
同じ歌がここまで
おどろおどろしくなるものか。
さすがと言えばさすがですな。

百録は橙橙を探し、既に火の回っている屋敷の中へ
飛び込んで行く。
「姉者!」
橙橙の声のした扉を開けると!

…やっぱりー、 はむはむしてたじゃないかぁ。
すると思ったよ。
でもお食事中の様子まで見せるとは…。
しかも、途中でぺいっ!

不味かったようですよ。 
酷い言われよう。
んでも橙橙の体から血が流れてないのが不思議。
乱杭の食事法は、肉体食べるんじゃなくて
生気を吸い取るようだけど、それにしたって
牙で身体に穴開けるよね。
そこから、ちゅるー、だよね。(お前もたいがい残酷だな)
その穴すらないのは、ちょっと変かな。

百録の事がずっと羨ましかった橙橙。
いつも庇ってもらってばかりの自分が惨めで。
羨ましいというより、もう妬みになっていたよね。
役に立って認められたかった。
だから乱杭に…。
その気持ちは、分からないでもないよ橙橙。
でも乱杭はそんな君の気持ちを分かってたから、
君は利用されてしまった。

いつまでもお荷物だという橙橙に、
そんなことはないと百録は否定する。
橙橙が居たからまた、百録も生きてこれたんだよね。
きっと、姉だから妹を守らなきゃと自分を奮い立たせて。
そういう心理は、きっと守られてる側には分からない。

「やっぱり姉者はカッコ良いのう…
いつもわしを守って…
でも…もうよく見えない…」

羨ましくて妬ましくて、
姉者はズルイと、そんな言葉も吐いてた橙橙ですが
それでも心の底からはきっと憎めない。
姉を慕う気持ちも、あったんでしょうね。

うわーヴァイオリンの音が止まったよ…。
橙橙~っ。

「湿っぽい三文芝居は、もう終わりかしらね」
三文芝居って、アンタ…。
まぁ空気読んでぼ~っと見てたところは褒めてやろうか。
刀を抜き、百録は半狂乱で乱杭に突っ込んで行くも、
前足で軽く払われてしまいました。

沢鷹ったら、ずっとざくろを抱いたままですが、
腕力あるのねー。
あ、床に下ろした。
下ろしかたがまた優しいんだよなぁ。
これ絶対大事なものの扱いだと思う。
口ではどう言ってても、無意識の部分で見えちゃいますね。

沢鷹が攻撃をしますが、これも軽くあしらわれる。
以前はこんなに妖力なかったのにと
双子は不思議がりますが、沢鷹がその答えをくれる。
「餌が持っていた力だ」
女郎蜘蛛は餌の生気を吸い取り、自らの力とする。
つまり力の強い者を食べれば、それだけ強くなるわけだ。
この屋敷に居た連中は、それなりに力があったわけで…。
ああっ!櫛松のお仲間のいづなも、
食われちゃったのかしら…。 

へぇ、乱杭の沢鷹への愛情と執着って本物だったのか。
彼というより、彼の地位に
惹かれていたのかと思ってたんだが…。
案外純粋?
「貴方をまるごと喰らってしまいたいくらいに」
…そうでもないか。 

うおー乱杭が沢鷹に手を伸ばした~っ。
総角が間に入って、その手を斬り付けたよ。
カッコ良いじゃないか。
「なぜお前が!?」
「上官の盾となるのは軍人として当たり前です」

あくまでも花楯中尉として扱うか。
良い男やないの、総角。
「それに!ざくろ君なら、
きっとこうする筈なんです!」

むふふふー。

ざくろという言葉に過剰反応な乱杭。
それほど憎らしくて堪らないわけね。
ずんずんとざくろに向かっていく…顔がキモくて
こっちも堪りませんわ。 
人型の時は色っぽい姐さんで、良いんですが、
元の姿はほんと醜くて敵わんわー。

ざくろを抱いて避けようとするも、
一緒に蜘蛛の糸で総角も縛られちゃった。
果敢に攻撃していく五人が素敵。
トライアングルカップル達の連携がまた良いわね。
双子が一撃を跳ね返した所を間から丸竜が飛び出して
行ってる。息ピッタリv。

動いてる動いてる。画がよく動いてる。
うんうん、戦闘は動かなきゃね。

ざくろ、早く目覚めて~。
意識は無いけど周囲で起きてることは
感じてるようですね。

『母さま、だぁい好き!』
『ありがとう。母さまもざくろが大好き』
くはー。ちびざくろ、可愛いのぉ。
ざくろはこれからも大好きな人が一杯、
増えていくだろうと母が言えば、
母と櫛松が居れば良いのだと
ざくろは不満げに返す。

『好きな人が増えて行くのは
とても素敵なことよ』


突羽根の言葉がざくろに響く。
総角はなんとか蜘蛛の糸から逃れようもがいてますが
女郎蜘蛛の糸って、普通の蜘蛛の糸より
ねばっこくてしつこいそうよね。

-ここで…終わってしまうなんて…嫌だ!
 絶対に!
  …だって…僕は…
  君にまだちゃんと伝えてない!


「ざくろ君!」
しっかりとざくろの身体を抱きしめる。
「ざくろ君!君が好きだ!」
うわー、こんなトコで告白なんかしたらざくろ怒りそう…。

「馬鹿…そういう台詞は、
全てが終わってからにして」

うわ~ざくろったら、
酔っ払ったような色っぽい顔だな、おい。
えっなになに?ちゅーするの?
…と思ったら、カックンと来て妖力放ち、
糸をぶっちぎりました。
さすが、ざくろ。でもちゅーじゃなくて残念。

目覚めたのは、やっぱ愛の力ってヤツ?
「ざくろ君…」
うわー総角。告白した後だってのに、
様にならんなぁ、そのポーズ。 

「みんな!御免ね、ありがとう。
ずっと、ちゃんと届いてたから。
みんなの気持ち」

ざくろはペンダントに手を掛ける。
突羽根がざくろを守る為に身に付けさせたもの。
だけど大好きな人達を守る為に、
ざくろは封印を解く。

「ざくろの花は何故赤い。怒り震える眼の色か。
愛する娘の頬さす紅か」
赤い月…空から赤い玉が降ってきましたけど…。
「綺麗ですわー」
って、鬼灯ぃ~。
綺麗というより血の球みたいで、怖いんですけどー。 
あ、でも地面で跳ねてるから液体じゃなく固体なのか。

うわっざくろ強い!
というか、乱杭の身体を裂きながら通り過ぎたの?コレ。
それはそれで気持ち悪いね。

けっこうあっさり逝きましたな。

百録はまた橙橙失ったことを思い出して
彼女を抱いて涙してる。
沢鷹は火の手が激しくなった屋敷の様子に、
大事な目的を思い出しました。
そうそう、貴方は突羽根の身体を守ろうと
ここまで走ってきたのよね。

扉を開けた沢鷹はハッとする。
ああー、 やっぱり見せちゃうのね白骨化。
実際の姿はこうなのだろうと思ってましたよ。
前回の総角の反応でね。
美しい人もこうなってしまうと哀れ。
この姿は見せないかなと思ったけど
沢鷹が見ていたものが幻だと教えるには
こうやって堂々と見せるしかないか。

でもそう…ざくろも、なのよね。
ざくろにも、母の姿は変わらず見えていた。
沢鷹だけじゃなかったから、引っかかってたんだ。
沢鷹だけなら、罪の意識と母への執着から、
"彼にはそう見えてる"のだと言えたけど
ざくろもだったからね。

「私には…私には
骨として見えていました」

あぁ百録、君もそういえば一緒に見たシーンがあったね。
あの時の君の様子も、そういえば少し妙だった。

空笑いをした沢鷹が膝をつき、涙をこぼす。
この涙がまた、薄暗い部屋の中で光ってて
リアルで綺麗だね。
「母親への妄執ゆえに
生前と変わらぬ姿で
見えていたというのか…」

これを
「そうなのかな」
総角がフォローするのがカッコ良いよなぁ。
「お母上は…二人だけに、
その姿を見せていたんじゃ
ないでしょうか」

ざくろのリアクションで、
ざくろにも沢鷹同様に見えていたのだと
ちゃんと察したんだな総角。
「生前と変わらぬ姿のままで、
愛しい子供達を
見守っていたいと」

くぅー、泣けますねぇ母の愛。 

でももう彼女の思いは届いたから、
ここに留まっていた魂…
というより"念"に近いかもしれませんな。
それはもう消滅し、兄妹にも本当の姿が見えるように
なったというわけですね。

おおっと屋敷が崩れだしました。
早く脱出してくださいよ皆さん。

「私はこの骨と共に、ここに残る」
うん…そう言い出す予感もしたよ。
「なに言ってるの!?
母さまも連れて行けばいいじゃない!」

ざくろ男前。 
白骨背負うか抱くかするのって、勇気要るぞ。

「頼む!…お前はずっと母と
一緒に居ただろう?
最後は…私に…」

この沢鷹の台詞には泣かされました
近藤さんの演技も良かったよ…。
沢鷹の切ない思いが、声に沁み渡っていました。

"お前はずっと母と居た"。
それが貴方の心を締め付けていたんだよね。
欲しくて欲しくて堪らなかった、母の愛。
その母の愛を、ずっと受けていたざくろが
羨ましくて妬ましくて。
けれどそんなざくろにも、母の血は流れていて
母の面影があって、本当は憎む事も出来ない人。

沢鷹、私は好きだよ、そんな貴方が。

そんな!と戸惑う総角に、
行くわよとさっさと廊下に出るざくろは
やっぱり男前。 
「好きにすればいい。
ただ…母さまがそれを
本当に喜ぶか考えることね」

うん…そうだね。
これは誰かに言われて、じゃなく、
沢鷹が自分で決めること。
決めなきゃいけないこと。

「沢鷹さま…」
「行け…お前はもう自由だ」
自由と言われても、百録は逆に困るんじゃないかな。
橙橙の為だけに生きてきて、その彼女がもう居ない今、
生きる目的が百録には無い。
「でも…こんな自由は寂しすぎる。
沢鷹さま、どうぞ私から
この自由を奪ってください。
橙橙と共に
最後まで貴方にお仕えする事を…
お許しください」


百録も一緒に死なせる訳にはいかないと
考え直すかしらね。
こういう人には理由付けが必要かもしれないから。
それで生き延びてくれるなら良いよ。
生き延びて欲しいよ。
貴方は、本当は愛されていたのだから。
人生やり直してちょうだい。
ここから。

あぁそれにしても火の粉が散る感じとか、
えらく雰囲気出てましたなぁ。
素晴らしい。

屋敷は燃え落ちて、神がかりの里自体、
これでなくなってしまったのかな。
…って、そういえば君達!
ここから、どうやって戻るんだよ。

Bパートではもう妖人省に戻ってるわ。
トライアングルカップルは、相変わらずですね。
そんなダブルで「あ~ん」と羊羹食わせてたら
丸竜、太っちまうぞ?
良いのか?君達、丸竜がデブになっても。

ざくろは牛乳が飲めるようになったみたいね。
といっても総角の手柄じゃないと
また食って掛かってる。
こっちも相変わらずだ。
「牛の手柄よ!牛の!」
いや、それもどうかと思うが…。
牛はほんとは人に飲ませる為に
お乳作ってるわけじゃないしねぇ…。
むむむ。

話があると櫛松がやってきました。
羊羹食べながらする話ではないようですよ。

「「「妖人省が解散!?」」」
みんな、声そろってますな。
あー、そうなっちゃうのか。
そもそも軍が自分達と手を組んだのは
花楯中尉の謀略によるものだったのね。
ざくろを手に入れるために。
彼が消えた今となってはそれも…ってことですか。
「嫌ですわ!」
「丸竜さまが居なくなっちゃうなんて!」

リアクション早っ!
それだけ大好きなのね、丸竜のこと。
うんうん。

「そんなの絶対」
「嫌ですわっ」
あらあら。
部屋を飛び出していっちゃいましたよ。
まっすぐだねぇ君たちは。
ほんとは薄蛍も、きっとざくろも…、
気持ちは一緒だろうけど、さすがにこの場で
あからさまな態度は取りません。
三人三様ですね。
(双子はこの場合リアクション一緒なので1人計算)
すぐに追っかけてく丸竜が良いなぁ。

人間と妖人との関係は、
まだ改善されていないと訴える総角。
それはもちろんそうで、
雨竜寿は自分達は活動を続けるという。
でも軍人である総角達は、上からの指示でここに来て
いるわけですからね。
引き上げるよう言われたら従うしかないわな。

わー、薄蛍が利劔の荷造りしてる。
ほぉんと奥さんだなぁ。
「薄蛍…自分で出来る」
「いえ…手伝わせてください」
利劔の浴衣をたたもうとして薄蛍は涙ぐむ。
「利劔様の浴衣…本当に大きい…
いつまでも…こうして利劔様のお世話を
させて頂けるのだと…」

うん、だから結婚しちゃいなよ。
もうそうなって良い関係だよね君達。

当然のように薄蛍に手を伸ばす利劔。
彼女が泣いていれば、
抱き寄せてあげなくてはね。
でも薄蛍はハッと振り向き、
行き場を失った利劔の手は二人の間で
戸惑っている。

拒絶したみたいに見えるから、薄蛍が謝る。
でも今は利劔の気持ちを知りたくない。
触れれば、気持ちが分かってしまうからね。

もし知ってしまったら、それが自分にとって
嬉しい、幸せなものであったとしても
別れが辛くなるだけだから。
それでも利劔は薄蛍を抱きしめる。

くーっ! もぉカッコ良いよーっ。
「別れじゃない」
「利劔さま…」
「別れじゃない。いつか…お前を…」
「分からない!伝わって来ないんです。
利劔様の気持ちが」
うわー、この、利劔に抱きしめられて涙いっぱいためてる
薄蛍の顔、良いねぇ。美人~。
口元の動きも良い。

ハッとしてさらに強く抱く利劔に
ニヤニヤしましたよ。
抱き方が弱くて伝わらなかったとか思った?
薄蛍はどうやら自分のドキドキが強くて
利劔の気持ちを読み取れてないようですよ。
それを聴いても更に腰に回した手に力を込める利劔。

はいはい。
 ごちそうさまー。
ったく、羨ましいねぇもぉ。
一人身が寂しく思えて来ちゃうじゃないかー。

「おーい!雪洞さーん、鬼灯さーん」
丸竜は双子を探し中。
「かくれんぼですわ」
「見つかりませんわよ」

木の上から声がしますよ。
こちらも眼に一杯涙ためてむくれ顔
クスッと笑って
「見つけましたよ」
っていう丸竜が、なんか男前

「ここから出て行く人となんて、
私くし達お喋りしませんの」
「そうですわっ」
可愛いなぁ。
きっとまた遊びに来るからと丸竜。
そうよ、別に一生の別れじゃあるまいし。

「遊びに?」
と訊かれた丸竜が、「えぇっと…じゃあ…」
なんてちょっと困って鼻の頭かいて、
それでも、きりっと顔引き締めて、
「きっと!迎えに来ます!」
なんて言うんだもん、ビックリしたよ。
だって総角や利劔と違って君の場合は…。

「どちらを?」
「私くしを?雪洞を?」

ほらねー、そうなっちゃうでしょー?
でも丸竜ったらにっこり笑って、
「どちらもです」
こりゃ惚れるわぁ。
二人とも木から飛び降りて丸竜に抱きつく。
こらこら、それは危険だぞ。
丸竜は二人の気持ちを同時に受け止める男気はある
二人の身体を一度にキャッチする体力は無いぞ。
身体、小さいしね。

「約束してくださいましね!」
「きっと!きっとですわよ!」
起き上がった丸竜は、はいと笑顔で答える。
指きりも普通には出来ないトライアングルカップル。
一人ずつしようかという丸竜に、三人一緒が良いという双子。
だったら、と丸竜を真ん中に挟んで、左右の小指で指きりです。
この三人は、これで良いんだよね。

まっ丸竜。
…頑張れよ!色々と。
ふふふ。

さてこちらは、ざくろと総角。
総角のこと、ヘタレ扱いしてたけど
本当は自分も怖かったんだとざくろが白状する。
「人間のことも、妖人のことも、
自分の、過去を知ることも」
「怖い…?君にも怖いものが…」

 こらこらこらっ総角ったら、そこはそういう事
言っちゃ駄目だってばっ!

「アンタがヘタレ過ぎるから私がしっかりしなくちゃ
だったんでしょー!!」
「そっ…そうだよね…御免…」
ヘタレ、似合うなぁ櫻井さん。
総角ってほんと櫻井さんだよねぇ(だから逆だって)。

ガックリ落ち込む総角を見詰めるざくろの眼が
それでも優しい。

総角に振り回されていたらいつの間にか怖い物が
無くなっていた。
うわー、なに?
ざくろ!今、アンタの顔、すっげ、
とろけた女の顔になってるよー。

「そう…アンタが隣に居ると、
怖いものなんて、何も…」

いやぁん、ニヤニヤしちゃうよ。
「ざくろ君」
「なに?」
「好きだ!」
ちょっ!総角!
今、このタイミングですかっ!?

そりゃざくろも怒るって。 

確かにに、そういう台詞は全て終わってからにしろって
ざくろ言ってましたけどね。
「ほっほんとアンタって最悪!」
総角は、がびーん。
ぷぷぷぷっ。

「有り得ない!どうして、
こんなどさくさにまぎれて…」
言われたこと自体は嬉しいのよね。
照れてる照れてるっ。
でも総角は、ガックリですよ。
「やっぱり駄目だった…」
「へっ!?」
「そうだよね。
結局、君に守ってもらってばっかりで
こんな男…嫌だよね」

ぷぷぷぷっ。
ざくろが焦ってるよ。

溜息を漏らし、いいんだと総角は諦めモード。
「どうせ無理だって分かってたから
…気にしないで」

お馬鹿さんねぇ、総角は。

「もぉ!ここまで来たら分かるでしょ!?
私の気持ちくらい!」
「え?…うん」
あら分かってるの?
「ヘタレで、最悪で、付き合うなんて有り得ない…」

分かってなぁーい!! 

「なぁあああああ!もぉ!」
あ、私、心の叫びがざくろとシンクロしたわ。
縁側(というべきか回廊というべきか)に腰掛けて
話していた二人ですが、
ちょこちょこちょこっとざくろが庭に向けて
足を進めました。
で、耳を両手で押さえる。
「好きよ…私もアンタが」
ざくろったらぁ、そんなぶっきらぼうに…。
でもそれが精一杯、かな。 

「どうして…耳を押さえるの?」
ふふ。櫻井さんのこういう優しい訊き方する声
好きだなぁ。
ざくろが耳を押さえている手に
総角が自分の手を重ねる。

「半妖として生まれて、
半妖の苦しみを背負って、
半妖の悲しみに必死で戦いを挑んで…
僕はそんな君を、ざくろ君を、
好きになったんだ」

にやにやにやにや。
にやけすぎて顔が痛いです。

「お父様が怒るわよ。半妖とだなんて」
だよねー、あの父、ですもんねぇ。
でもいつか分かり合えると総角は言う。
時間が掛かっても、お互いを知って
ゆっくりでもいいから、近づいていって…。

総角がざくろに近づいて…顔も近づいて
口元が…

いやーん、全部見せてくれないのーっ!?
首から下しか見えないぃぃ。 

総角達が妖人省を出て行きました。
木の上からそれを寂しげに見詰める双子。
薄蛍はぼろぼろと涙を流してる。
ざくろも寂しそうに俯く。
本当に、これで離れちゃうの?
これからだって会う事は出来るだろうけど
一緒に住んで、一緒に仕事するのとでは
違うものね。

桜と桐が道を走っていて、
桐がおばあさんにぶつかってしまいました。
すみませんとざくろが謝って桐を抱く。
おばあさんは笑って桐の頭を撫でてくれました。
これには皆、驚いたねぇ。
良かったね、桐。嬉しいね。
人間の中にも、こういう人が居る。
ちょっとずつ変わって行くと良いね。

くはーっ豆蔵のアップ!
豆蔵、ほぉんとおもろかったなぁ。
岡本さんを惚れ直したキャラでしたよ。

おおっ!
沢鷹~っ!生きてたか。
やっぱりね。
百録も一緒で。
良かった良かった。
百録、彼女達の所へ遊びに行くと良いよ。
きっとみんな、喜んでくれるよ。

で、結局また戻ってきたのね。
なぁんだ。
しんみりして損したじゃない。
ざくろはぷりぷり怒ってますよ。

利劔夫婦は、ごくごく自然に夫婦に戻ってますけどね。
三人で上を説得したみたい。
「妖人省の重要性を
必死に説いたんですよっ!」

えっへんモードな丸竜が可愛いね。
双子に抱きしめられてつぶれそうだが。

こんなことになるなら、あんな恥ずかしいこと
言わなきゃ良かったと、ざくろはちょっぴり後悔してる。
そこに顔を出した桜と桐。
「あっ!ちゅーの総角だ」
「ちゅー?」
ぶはははっ見られてたのかーっ。

あっざくろと総角が爆発した。
薄蛍、何も君が照れる事はないんだよ?

もうぐ落ち葉の季節なのに、どこもかしこも花満開。
いいこっちゃ。
羨ましいねぇ。

お幸せに。


初戀幻灯機初戀幻灯機
(2010/11/24)
総角景(櫻井孝宏),薄蛍(花澤香菜),芳野葛利劔(日野聡),雪洞(豊崎愛生),鬼灯(堀江由衣),花桐丸竜(梶裕貴) 西王母桃(中原麻衣)、西王母桃(中原麻衣) 他

商品詳細を見る


夫婦ソングをもう一度、聴きたかったなぁ。

というわけで、最終回も楽しませて頂きました。
これほんと、ちゃんと最初から感想書きたかったですね。
最初の頃は別の妖怪アニメにハマってて、
あっちの感想にリキ入ってたから…。(苦笑)

3つのカップルのその後も気になるので、
2期、やってくれないかしらねぇ。
原作もちょいと気になってきました。
機会あれば読んでみたいなぁ。

途中から書きかけた「おとめ妖怪ざくろ」の感想。
それでも読んで下さっていた皆様、
TB下さったりコメント下さった皆様、
ありがとうございました。
またこの先、何か他でもご縁がありましたら、
宜しくお願いいたします。


※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おとめ妖怪ざくろ 第13話「おわり、燦々と」(最終回)

ざくろ君、好きだ! ざくろお目覚めは総角の告白! 状況はロマンチックじゃなかったけど(^_^;) 乱杭でかー! ラスボスらしく、それなりに暴れましたが、ざくろの相手ではなく… フルボッコされてあえ...

君を迎えに・・

{/kaeru_love/}ゴミ分別! それって、プロポーズですか^^? 『おとめ妖怪 ざくろ』 第十三話 おわり、燦々と 妖人省の皆を近道に案内しておきながら、 「何故 私を信じる・・」 と疑問を投げかける百緑。 おいおい・・ 早く行かなきゃいけないのに、和んでいる場合...

おとめ妖怪 ざくろ 第13話「おわり、燦々と」(最終回)

おとめ妖怪ざくろ ドラマCD(2011/01/12)ドラマ商品詳細を見る  乱杭の沢鷹への愛情が曲がりに曲がって、暴走をしてしまいました。「神がかりの里」の者や半妖を食べ妖力を得たせいか、沢鷹でも押えられない...

おとめ妖怪 ざくろ #13(最終話)「おわり、燦々と」

「私はこの骨と共にここに残る」 最期ぐらい母の骸と一緒にいたい…って 最期だなんて言わないで沢鷹様。゜(゜´Д`゜)゜。  ↓  ↓

「おとめ妖怪ざくろ」第13話(終)

 第十三話「おわり、燦々と」(終)百録に導かれ、総角、芳野葛、花桐の3人の少尉たち、薄蛍、雪洞、鬼灯の半妖の3人が辿りついた場所には思いもよらない風景が広がっていた。気...

おとめ妖怪 ざくろ 第13話「おわり、燦々と」 レビュー キャプ 最終話

百緑の案内で近道をたどり、神がかりの里の屋敷へ向かう景達。 道すがら、百緑と分かり合えた薄蛍達。屋敷に到着すると、屋敷からは炎が あがり、人々は女郎蜘蛛に精気を吸われ殺されていた。景達が 到着する直前にざくろを抱えた沢鷹も到着、百緑は橙橙の悲鳴を聞き 屋敷...

おとめ妖怪 ざくろ 第13話「おわり、燦々と」

『百録に導かれ、総角、芳野葛、花桐の3人の少尉たち、薄蛍、雪洞、鬼灯の半妖の3人が辿りついた場所には思いもよらない風景が広がっていた。気を失ったままの西王母桃はそのまま沢鷹の手に落ちてしまうのか…...

おとめ妖怪ざくろ#13

第13話 『おわり、燦々と』 ふおぉおん!最高に良い最終話だった!! まだ“海月姫”終わってないから判んないケド インチョー的には、今期アニメで 一番良い最終回だったかもしんない! ――いざ妖々と、ツルっと拾い!

おとめ妖怪 ざくろ 第13話「おわり、燦々と」

同じ半妖だから信じられる…。 薄蛍たちと百緑は和解し共闘できたのですが。 ざくろと沢鷹。姉妹もまた古き血に翻弄された運命。 しかしその結末は違ってしまいます…。  ▼ おとめ妖怪 ざくろ 第13話「おわり、燦々と」  乱杭は里のものの妖気を吸い取り強?...

コメントの投稿

非公開コメント

ご挨拶がてら、失礼します!

こんばんは、お邪魔します!

いやいや、終わっちゃいましたねぇ、ざくろ。
ホント、良い最終回でした……。
なにはともあれ、お疲れ様でした!
当方、是非とも2期の製作を希望します!!

しかし、橙橙だけは残念でした……
沢鷹さまと百緑には、彼女の分も幸せに
なって貰いたいと思います!

そして、本年は大変お世話になりました。
いつもお世話になりっぱなしで、ホントに感謝してもしきれません!
願わくば、来年からもヨロシクお願い申し上げます!!
当方、明朝より単独登山に行ってしまいますゆえ
少し早めにはなりますが、ご挨拶まで。
良いお年を、お迎え下さい!

では、コメント失礼しました!

ドューハンさんへ

ドューハンさん こんにちは。
コメントありがとうございます。
レスが年越えになってしまって、
ほんと申し訳ないですっ。

> いやいや、終わっちゃいましたねぇ、ざくろ。
> ホント、良い最終回でした……。

良い最終回でしたよね。
私の頭の中には、まだしっかりざくろのキャラ達が
跳ね回ってますよ。
一日一回以上、二人静を聴いてるし…。(笑)
なかなか離れられそうに無い。
原作も気になりますっ。

> なにはともあれ、お疲れ様でした!
> 当方、是非とも2期の製作を希望します!!

ですね。二期、絶対やって欲しいです。

> しかし、橙橙だけは残念でした……
> 沢鷹さまと百緑には、彼女の分も幸せに
> なって貰いたいと思います!

橙橙は、きっとそうなるだろうなとは
思ってました。
姉にコンプレックス抱いているという設定
時点でフラグ立ってる感じですよね。
沢鷹と百録には幸せになって欲しいですね。

> そして、本年は大変お世話になりました。
> いつもお世話になりっぱなしで、ホントに感謝してもしきれません!

とんでもないっ。
こちらこそ、お世話になりました。
いつもコメントやTB、拍手も頂いて
感謝しております。

> 願わくば、来年からもヨロシクお願い申し上げます!!

こちらこそ、宜しくお願い致します。

> 当方、明朝より単独登山に行ってしまいますゆえ
> 少し早めにはなりますが、ご挨拶まで。

登山に関するコメントが遅くなってしまい、
もう無事に戻ってこられたようで
安心しました。
ゆっくり休んでくださいね。

はじめまして

いつも楽しく拝見させてもらってます。
初めてコメントさせてもらいます。

私の住む地域では昨日最終回でした。
最終回前に年末年始で気になって気になってしかたなかったです(笑
最終回、きれいにまとまっていて良かったですね^^
しかも全話中一番のニヤニヤでした(笑

私の中では今期一番、ひょっとしたら過去一番の作品でした^^
最初はなんとなく見始めておもしろそうかなぁと視聴継続しました。
それが2話、3話と進むにつれてどんどんハマっていきました。
なぜ1クール!と、抗議しそうにもなりました(笑
ホントに2期やってほしいですね。
桐役の田村さんも言ってますし(笑

ひょっとしてご存じないかもと思ったので書いておきますね。

利劔と丸竜がパーソナリティのWEBラジオがあります。
日野さんの声が好きならより楽しめるかと思います。
こちらも最終回になってしまいましたが…
最終回含めて過去5回分だけですが聞けます。
『少尉茶寮ざくろ』
http://lantis-net.com/zakuro/

あと原作者の星野リリィさんのブログに、放送にあわせていくつか補完漫画があります。
みんなが気になったあの間接チュー場面とか(笑
結構楽しめますよ^^
http://mushibamamire.jugem.jp/

では、失礼します。

ぴ~ちゃんさんへ

ぴ~ちゃんさん 初めまして。
コメントありがとうございます。

> いつも楽しく拝見させてもらってます。

ほんとですか?嬉しいです~。(*^.^*)

> 私の住む地域では昨日最終回でした。
> 最終回前に年末年始で気になって気になってしかたなかったです(笑

あーっ!!それは痛いですね。
気になって正月どころじゃなかったでしょう。(笑)
分かります分かります。

> 最終回、きれいにまとまっていて良かったですね^^
> しかも全話中一番のニヤニヤでした(笑

ニヤニヤでしたねぇ…。
三カップルとも大好きです。
約一カップルは、奇妙なカップルだけど。(笑)

> 私の中では今期一番、ひょっとしたら過去一番の作品でした^^
> 最初はなんとなく見始めておもしろそうかなぁと視聴継続しました。
> それが2話、3話と進むにつれてどんどんハマっていきました。

ぴ~ちゃんさんにとってかなりポイント高い作品だった
ようですね。
私もこんなに面白いとは思わなかったので
ほんと意外だったというか…。
確かに進むにつれ、どんどん面白くなって行きましたよねぇ。

> なぜ1クール!と、抗議しそうにもなりました(笑

ほんとですよ!!
もっと三カップルのその後がみたーい!!

> ホントに2期やってほしいですね。
> 桐役の田村さんも言ってますし(笑

きっとあると信じてますよ。
みんなあちこちで叫んでますしね。
叫んでいればきっと、いつか声は届く!

> 利劔と丸竜がパーソナリティのWEBラジオがあります。

ご丁寧にありがとうございます。
最近、他のアニメとかもそうですけど
けっこうその作品からスライドしたwebラジオ、ありますよね。
「おとめ妖怪ざくろ」もあるのは知ってたのですが
もう前期はアニメ視聴だけでいっぱいいっぱいで
感想も遅れ遅れだった為、とてもそこまで
手が回らなかったのです。
今期は、ハマってるのば「君とど」ぐらいなので
余裕あるはずなのですが、リアルの引越しで
既にドタバタ状態なもので、引っ越して落ち着くまでは
余裕なさそうです。

> あと原作者の星野リリィさんのブログに、放送にあわせていくつか補完漫画があります。
> みんなが気になったあの間接チュー場面とか(笑
> 結構楽しめますよ^^
> http://mushibamamire.jugem.jp/

うわー、教えてくださってありがとうございます。
早速見てきました。
おもしろーい。こりゃ溜まらん(笑)

あー駄目だ…やっぱ原作欲しくなってきちゃいました。
引越しで荷物減らすために、大量にブッ●オフに出した
所だというのに…。

引越してからにしようかな…。(苦笑)
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
ここ数年、仕事と体調が
落ち着かず
ブログ更新はまばらです💦
お急ぎの方はTwitterにて
連絡ください。

本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


音楽、アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
刀剣乱舞、グラブル、
夏目友人帳、うた☆プリ♪
あと、進撃の巨人、黒執事
ハイキュー!!、七つの大罪
黒バス等も好きです。

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR