スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「GOSICK-ゴシック-」#1【黒い死神は金色の妖精を見つける】ちびっと感想です。

今期新作アニメは、ほとんど心惹かれる作品が
なかったりするのだけど、
「GOSIK-ゴシック-」は少し気になってたんですよ。
まー、もともとゴシック調美術とかがツボな人ですし
この作品も時代が昔のヨーロッパみたいで
世界観的には合いそうかなと思ったんだ。

視聴した感想は、…わりと良いかな。
原作未読だしよく分かってませんけど。
作画は綺麗だったし、色彩や風景が好みだし。
視聴は続行。
感想は、今期は全て不定期ということで、
書ける時間取れた時に、書けれるものを…って
感じなのでご了承を…。

今回はとりあえず、ざっとポイント感想あげときます。

これって原作はもともとラノベ?

GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫)GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)
(2009/09/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


でもコミックにもなってるのね?↓

GOSICK01 (角川コミックス ドラゴンJr. 128-1)GOSICK01 (角川コミックス ドラゴンJr. 128-1)
(2008/07/09)
天乃 咲哉

商品詳細を見る



あらすじ 第1話「黒い死神は金色の妖精を見つける」
時は1924年、長く荘厳な歴史を誇る西欧の小国・
ソヴュール王国。貴族の子弟たちが通う名門、
聖マルグリット学園にやってきた、東洋の島国
からの留学生・久城一弥。ある日、一弥は学園の
図書館塔の一番上にある植物園で、人形のように
美しい一人の少女と出会う――。


各話タイトルがDTBみたいだな。

最初はちょっと、げげ~って思ったよ。
ウサギ食い殺されてるし、占い師のばあさんの顔怖いし。
こ、この話って、ひょっとしてグロいの~?と
構えたら、
OPがうってかわって明るくてコケた。

OPはyoshiki*lisa の「Destin Histoire」。

TVアニメ「GOSICK-ゴシック-」オープニング・テーマ:Destin HistoireTVアニメ「GOSICK-ゴシック-」オープニング・テーマ:Destin Histoire
(2011/03/02)
yoshiki*lisa

商品詳細を見る


背景がとってもミュシャだな。
あっ主役二人のフレームがもろ、ミュシャだ。
シーン画は可愛いし、作画綺麗だね。

ヴィクトリカだけ見てると
ローゼンメーデン?って思う。

主人公の男の子が、
「黒い死神っ!」
えっ黒(ヘイ)?どこにどこに?
中の人は居ますが真逆の役だよね、
この作品では。

黒髪に黒い瞳ってんで不吉がられてるの?
ただ日本人なだけなのにねぇ。
きっとお腹の中まで真っ黒…って
それは酷い偏見だ。
黒髪黒眼で歓迎されるのは渋谷有利だけかしらね。

一弥が図書館で手に取った本に描かれてる
灰色狼が気になった。
これってOPにもちらっと出てましたよね。
絡んでくるのかな。
こういうケモノは好きなんだよね。

図書館の階段怖すぎ。
ハリポタみたい。
高所恐怖症の私にはとても登れぬ階段。
下見れないっ下見れないっ。
よく頂上まで登ろうって気になったね、一弥。
尊敬する…。

でも登ってきた価値ありだね。
頂上が温室植物園って凄い。
ヴィクトリカ可愛いね。
一弥は彼女の退屈を埋めるために
選ばれたらしい。
あ、違った、
退屈を埋める欠片のひとつに、か。
扱い、ちっさ。

一弥は明日また、ここに来る運命だそうで。


-人形に!?
 人形に未来を占われたぁ~!!


え…そこ?

夢だったと思いたい一弥だけど、ヴィクトリカって
クラスメイトらしい。
えー、永遠の時を生きてるような存在じゃなくて
普通に学生なの?彼女。

ヴィクトリカの予想したとおり、
先生のお使い頼まれて、やっぱり一弥はまた
ヴィクトリカに会うことに。
床ゴロゴロしてるヴィクトリカが可愛いね。 

あらやだ。エレベーターあるんじゃないの。
上がってきたのは…黒い死神じゃなくて
黒の死神…なんだけど、似ても似つかぬキャラ。

グレヴィール、公式で容姿見た時も吹いたけど
「なんて独創的な髪型!」
いや一弥、独創的とかいうレベルじゃない気が…。
ドリルだよ毛先、ドリル!

木内さん、こういう役もハマるのよね。
頭もこんなで奇天烈で、周囲から浮いていて
まさに龍蓮。
龍蓮の方が全然可愛いけど。

これ、推理モノだったのね…。
グレヴィールは事件の解決の為、こうしてしばしば
ヴィクトリカの知恵を借りてるわけか。
だしにされてる一弥がおもろい。

グレヴィールが解けない謎も、ヴィクトリカにかかれば
一瞬で解決。
また退屈になってゴロゴロしてるよー。
こういうトコ可愛いね。

「私の事が知りたければ…」
「知りたければ…?」
「…踊れ」

吹いた。

なんでそーなる。 

で、盆踊りを真面目な顔で踊る一弥にまた吹いた。
日本人だなぁ。
踊れといわれたら、やっぱりそれになっちゃうよねー。
多分私もそうなるだろうなぁ。
それは…東京音頭か?
久しく踊ってないから忘れたが。
鼻歌がそれっぽかったね。

「昨日は三番まで踊ったのに
…結局教えてくれないなんて」
カツレツの添えのポテトをツンツン突付いて愚痴る一弥。
いやーん、このカツレツに反応しちゃった。
カリッと揚がって黒コショウ乗ってて、
ドイツで食べたあのわらじのようなカツレツと似てる。
ドイツでもあれは南でスイスに近いエリアだったんだよね。
スパイシーで美味かったんだよ。

ヴィクトリカが謎を解いたのに
グレヴィールの手柄となってるわけね。
それで怒鳴り込んでいく一弥。
そういやぁ正義感強い設定でしたな。

週末のヨット遊びに混ぜてもらえる事になったよ。
ヴィクトリカの外出許可はグレヴィールの許可がないと
駄目って…。
やっぱり頭良いだけの普通の子じゃないんだよね? 

「久城、貴重な週末をだね、
グレヴィールとともに過ごしてだね、
君、楽しいのか?」

あはははっ。ここの言い方、良いね。
面白いやヴィクトリカ。
原作知らないから、イメージ合ってるのかどうか
わかんないけどさ。

「しかし出られるのか…この牢獄を」
ヴィクトリカはここに閉じ込められてるようなものなの?

旅行の支度をすると言い出したヴィクトリカ。
いくらなんでも早すぎと突っ込まれて頬膨らませてる顔が
可愛いね。

エレベーターはヴィクトリカと教師専用らしい。
「君は辛い辛い思いをして、
腿をだるーくしながら
えっちらおっちら
階段を下りたまえ」

 ひどっ。

たかだかヨットの一泊旅行に、なにその荷物…。
荷物を開けて、これもいらないあれもいらないと
言い出す一弥。
椅子はさすがに要らないだろ。
わー、むくれた。
ヴィクトリカとしては、それだけるんるんだったんだろうな。

ヴィクトリカは随分むくてれたみたいだけど
汽車が走り出すと窓の外の景色に見とれてる。

-まるで初めて機関車に乗った人みたいだ。

初めてなんでしょうね。

-こうしてみるとやっぱり人形みたいだなぁ。

あ、ほっぺた指でツンツンしてる。
確かにしたくなるほっぺだ。
一弥は日本の遊びでこういうのがあるのだと誤魔化す。
そんな遊びはありません。
ま、私もよくやるタイプですけどね。
どっちかってぇと、ツンツン突付くより
ぷにぷにつまむ方かな。

街に着けば物珍しさに眼を輝かせてるヴィクトリカ。
一弥はすっかり保護者だな。
いやー、でも街並みとかも綺麗だね。
もともとヨーロッパの建物とか風景とか好きだから
綺麗に描かれてると楽しい。

一弥が指笛で馬車を呼び寄せる所はカッコ良いね。
「魔法か?それとも彼は君のしもべか!?」
には参りましたわ。

「よー、相棒」
 いつから相棒になった。
そしてその服はなんじゃグレヴィール。
やはり龍蓮に通じるキャラだなぁ。

犯人であるアラブ人のメイドが逃げてグレヴィールは
署に戻ることに。
ヨットは乗っても良いけど運転は駄目と言われ
残された一弥たち。
免許無きゃ運転出来ないわよね。

ヨットの中にはこのヨットの持ち主だったロクサーヌ宛ての
招待状が置かれていた。

この近くに停泊中の豪華客船でのディナー、
箱庭の夕べ。
メインディッシュは野うさぎですって。

占い師ロクサーヌは野うさぎを飼っていた。
箱庭の夕べ、
そしてアラブ人メイドの言う箱の復讐。
何か繋がりそうですね。
二人はその箱庭の夕べに、潜入することにしたみたい。

EDは、「Resuscitated Hope」。
OPはあまりさして何も感じなかったけど
EDは曲も良い感じだったな。
あ、コミネリサか。

EDの画は、最後にヴィクトリカの服が
カラフルになってるのよね。
普段モノトーンの服しか着てないヴィクトリカがさ。
しかも白黒写真が、何かが触れて起きた波紋でカラーに
変わっていく。
これは一弥が起こす波でヴィクトリカにとっての環境が
変わっていく事を示しているのかなと想像してます。

良いコンビになりそうだね。

予告。
ディナーは一人分のようですね。
ロクサーヌ宛ての招待状だったんだもんねぇ。
「こぉ~きゅうにくはぁ~
あぶらみもう~まい~♪」

ちょっ!ヴィクトリカ~っ!

あ、でもほんとそうだよ。
上司の奢りで頂いたことあるけど、脂身も美味かった…。

※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GOSICK-ゴシック-#1「黒い死神は金色の妖精...

「混沌(カオス)の欠片」を「知恵の泉」が再構成する。金髪の名探偵、登場!?「黒い死神は金色の妖精を見つける」あらすじは公式からです。時は1924年、長く荘厳な歴史を誇る西欧...

GOSICK -ゴシック- 第1話 「黒い死神は金色の妖精を見つける」

「カオスの欠片は全て揃っている  ここで再構成してやろう」 一弥が図書館塔で出会った美少女―! 殺人事件に隠された謎―― 【第1話 あらすじ】 時は1924年、長く荘厳な歴史を誇る西欧の小国・ソヴュー...

ゴシック・アンド・ロリータ

エコバッグ! 「これは箱の復讐です ・・」 箱って何だ?!箱って・・? *新番組*『GOSICK -ゴシック-』 第1話 黒い死神は金色の妖精を見つける ミュシャ風の、なんたる美麗で緻密な作画のOP。 本...

『GOSICK -ゴシック-』#1「黒い死神は金色の妖精を見つける」

「君は選ばれたのだ。私の退屈を埋めるための欠片の一つに」 珍しく原作既読。 OPが綺麗な絵でしたね♪これは好感触ですわ☆ 1924年、西欧の小国ソヴュールの名門校、聖マルグリット学園に留学してきた久城一弥。 春なのに彼の心はなぜか重たかった。 なぜなら...

GOSICK -ゴシック- 第1話 「黒い死神は金色の妖精を見つける」

ミルキィと違って本当の名探偵登場です(笑) 第2次大戦前の欧州の小国ソヴュールが舞台。 名門校・聖マルグリット学園に留学してきた久城一弥。 その黒い瞳から、ソヴュールの伝説にある「春来たる死神」...

GOSICK―ゴシック―#01

第1話 『黒い死神は金色の妖精を見つける』 2011冬アニメ、視聴第5弾!そして感想記事確定、第1弾!! まあ、正直言えば“駆け足過ぎる感”も 否めなくはないですが―― 取り合えずココら辺りは、小説でも ...

新アニメ「GOSICK-ゴシック-」第1話

  第1話「黒い死神は金色の妖精を見つける」時は1924年、長く荘厳な歴史を誇る西欧の小国・ソヴュール王国。貴族の子弟たちが通う名門、聖マルグリット学園にやってきた、東...

コメントの投稿

非公開コメント

おお、ご視聴なされましたか!

こんばんわ、チョコっと失礼します!

“GOSICKは、橘さんの琴線には触れないだろうな~”
とか思ってたので、これは嬉しい誤算ですww
なにせ、“王道古典ミステリー”ですもんねぇ。
好みが分かれちゃうトコロです。

でも…言われてみれば、そうでした。
まさしくタイトル通り、今作は“ゴシック調の世界”でした。
……まだまだ、当方修行が足りませんね。
なるほど、ソコに食いつかれましたか。
確かに、心惹かれる舞台設定です!

個人的な印象としては、原作でも風景描写等には
割と力を入れてるようですし、なによりアニメの方では
より細かく、考証がされてたように思います。
その点でも、期待出来そうですよね♪

ミステリーパートの方も、好みは分かれちゃうと思いますが
古典を意識してるだけあって、“捻くれた反則すれすれ”
の、難解すぎるモノはないと思います。
基本的には、空気感と軽快な遣り取りを楽しむ作品かと。

>これって原作はもともとラノベ?
というコトには、なりますかね。
初版は、富士見ミステリー文庫から
出版されてますし。

>ヴィクトリカだけ見てると
>ローゼンメーデン?って思う。
公式ページ見たとき、当方も思いました。
…なので、ちょっとだけ“配役にも期待”したの
ですが、違う役柄での登場みたいです。
あ、でも“悠木さん”のヴィクトリカは
素晴しいと思います!
難しいニュアンスの声を、見事に
演じきってたと思います!!

>カツレツの添えのポテトをツンツン突付いて愚痴る一弥。
>いやーん、このカツレツに反応しちゃった。
>カリッと揚がって黒コショウ乗ってて、
>ドイツで食べたあのわらじのようなカツレツと似てる。
…実に、美味しそうですなぁ。
拝見してたら、なんだかお腹空いてきましたww
あ、ちなみにココは、アニメオリジナルの
拘りっぽいです。原作では、パンとフルーツとか
簡単なメニューだった気がします。

しかし、ドイツですか。列車の旅でらしたんでしたっけ?
いいなぁ、優雅だなぁ~。憧れますね。
当方海外は、ロスのダウンタウンとカナダの田舎の方に
チョビっと行ったことがある程度なんですよねぇ。
羨ましい限りです(笑)

>あ、でもほんとそうだよ。
>上司の奢りで頂いたことあるけど、脂身も美味かった…。
ハハハ、さすが“美味しん坊”様ですな。
冗談に抜きに、お腹空いてきたw

色々とお忙しいコトとは思いますが
楽しく視聴が続けられる作品になると良いですね。
当方も、期待して次回を待ちたいと思います!

コメント失礼しました。
ではでは!

ドューハンさんへ

ドューハンさん こんばんは。
いつもコメありがとうございます。

> “GOSICKは、橘さんの琴線には触れないだろうな~”
> とか思ってたので、これは嬉しい誤算ですww
> なにせ、“王道古典ミステリー”ですもんねぇ。
> 好みが分かれちゃうトコロです。

ミステリーものにそんなに関心があるわけでは
ないのですけどね。
古典って部分がちょっと引っかかったわけですな。(笑)

> なるほど、ソコに食いつかれましたか。
> 確かに、心惹かれる舞台設定です!

そうなんです。
主人公どんな子か知らないけど、とりあえず見てみるかと
いう気持ちになる程度、そこは好み。
なんですが-…。
それでも、それこそ画が綺麗じゃなかったら
食いつかなかったね。

> 個人的な印象としては、原作でも風景描写等には
> 割と力を入れてるようですし、なによりアニメの方では
> より細かく、考証がされてたように思います。
> その点でも、期待出来そうですよね♪

そうですね。今のところ、とても綺麗ですし、
ヨーロッパの空気も感じますね。ちゃんと。

> ミステリーパートの方も、好みは分かれちゃうと思いますが
> 古典を意識してるだけあって、“捻くれた反則すれすれ”
> の、難解すぎるモノはないと思います。
> 基本的には、空気感と軽快な遣り取りを楽しむ作品かと。

そうですねー、謎解きは難しくないので、
あ、そこまでそっちに比重があるわけじゃないのか、
と思いました。

> >ヴィクトリカだけ見てると
> >ローゼンメーデン?って思う。
> 公式ページ見たとき、当方も思いました。

けっこう皆さん、同様の印象だったかもね。
といっても私、ローゼンメイデンは、しっかり知ってるわけじゃ
ないのよね…。
友達が好きだったからビデオが回ってきて
数話…4,5話?見た…ぐらいかな。

> …なので、ちょっとだけ“配役にも期待”したの
> ですが、違う役柄での登場みたいです。

あー、真紅ね。沢城さんですもんねー。
というか、あれを友人に見せられた当時は、
沢城さんよく分かってなかったので、
沢城さんとしてインプットしてないから、
橘の脳内に、沢城さんの真紅声はデータとして
入ってないんだなぁ。
思い出せないもの。

> あ、でも“悠木さん”のヴィクトリカは
> 素晴しいと思います!
> 難しいニュアンスの声を、見事に
> 演じきってたと思います!!

原作のヴィクトリカがどんな感じなのか
分からないのでコメントしにくかったですが、
あの独特な口調とか、とっても面白かったです。

> …実に、美味しそうですなぁ。
> 拝見してたら、なんだかお腹空いてきましたww
> あ、ちなみにココは、アニメオリジナルの
> 拘りっぽいです。原作では、パンとフルーツとか
> 簡単なメニューだった気がします。

あ、そうなのですねー。
でもなかなか地域を踏まえたメニューで
良かったんじゃないかと思ったり。

> しかし、ドイツですか。列車の旅でらしたんでしたっけ?

いや…日本からは飛行機ですよ。(当たり前)
今もあるかどうか分からないけど、
ドイツの国鉄DBは、ツーリストカードといって
国内全線乗り放題のパスがあって、
(4日間、9日間、14日間で値段違う)
それを購入して使いましたね。
宿泊費浮かすため、北から南へ下る時に寝台列車で
一晩過ごしました。
もともと列車の旅が好きです。
車酔い、バス酔いする人なので。

> いいなぁ、優雅だなぁ~。憧れますね。

いやいや、全然優雅ではありませんよ。
現地の人には日本人留学生だと思われたりした。
いきあたりばったりで、町に着いてから
泊まるトコ決めたりしてたし。

> 当方海外は、ロスのダウンタウンとカナダの田舎の方に
> チョビっと行ったことがある程度なんですよねぇ。
> 羨ましい限りです(笑)

そっちの方がよっぼどカッコ良くないです?
私、アメリカ行ったことないですよ。
カナダは行きましたけどね。
ドイツもカナダもトラブルだらけの珍道中でした。

> ハハハ、さすが“美味しん坊”様ですな。
> 冗談に抜きに、お腹空いてきたw

すいませーん、美味しいものは好き(笑)
でも太るの困るから、美味しいものをちょっと…
を心がけています。
いくら好きで、美味しくても、食べ過ぎぬよう。

> 色々とお忙しいコトとは思いますが
> 楽しく視聴が続けられる作品になると良いですね。
> 当方も、期待して次回を待ちたいと思います!

ですね。
もーこの先、今期は全部見るだけで終わるかも…。
テガミバチも書けないかも。
ごめんね、ドューハンさん。
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。