fc2ブログ

「レベルE」#13【Full moon・・・!】最終話の展開は、予想の遙か斜め上の、そのまた斜め上(笑)

感想遅れてすみません。
「レベルE」も終わっちゃいましたね。
寂しい~っ。 

それにしても…
最終話は、予想の遙か斜め上の
そのまた斜め上でした。
いやぁ、凄いね。
こんなどんでん返し、想像もしてなかったわ。

原作既読の方には、12話あたりで
やや不満もあったようで
そんなコメントも、あちこちで見かけましたが
私は未読なので、
そのまま楽しく見てしまいました。
面白かったので、
原作も読んでみたくなってますけどね。


レベルE 2 【完全生産限定版】 [DVD]レベルE 2 【完全生産限定版】 [DVD]
(2011/04/06)
浪川大輔、子安武人 他

商品詳細を見る


レベルE 3 [DVD]レベルE 3 [DVD]
(2011/04/27)
浪川大輔、子安武人 他

商品詳細を見る


レベルE 文庫全2巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)レベルE 文庫全2巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)
(2010/11/01)
不明

商品詳細を見る

あらすじは、公式HPより。

あらすじ #13 「Full moon・・・!」
ルナ王女が王子に残していった奇怪なメッセージ・・・・・・。
唖然とする雪隆と美歩だったが、王子は大げさなやり口に
疑問を感じる。彼女の真の目的とは何なのか? 
王子が思いついたとんでもない仮定から導き出されたある
推測・・・。
計画は大規模且つ入念に仕組まれ、何年も前から王子を
捕らていたのだった。相手に感心し、興味を示す王子。
真相に近づきつつある王子の推測・・・。
全ての真実が明らかになる時・・・事態は最悪の展開へ・・・・・・。
その時、王子が下した決断とは・・・・・・。
予想の斜め上をいく最終回。レベルE、遂に完結!


ルナから託された分厚い封筒の中身。
えーと、新聞記事を張り合わせてコピーしたような…
コラージュっぽいもの。
「サイコさん!」
ギョッとする雪隆&
顔ムンクにする美歩ですが、
「誤字が多いな」
王子、突っ込むトコそこ?

ルナは日本語は必死で勉強したのだから、
誤字はわざとだと王子は気づく。
ほぉ…。
「雪隆、これ全ページ10枚ずつコピー」
渡されて「はいっ」と部屋を出て行く雪隆は
やっぱり真面目なんだよなぁ。
指示されると動く習性がついてますな。

でも王子に使われる筋合いはありません。
すぐにバックしてきて、
自分でやれと放り出すのが素敵よ。

さてこちらはルナ達の乗ってきた宇宙船。
彼女は子供時代の王子の映像を大量に映し出しつつ
現在の王子と雪隆のやりとりをしっかり盗聴してる。
盗聴器はすぐに見つかるものから
絶対に見つからないものまであるそうな。
こりゃ年季入ったストーカーみたいだね。

3人で作業するなら10枚ずつもコピーする必要
なかったんじゃないの?
尻尾ふりふり眺めてるニャンコが可愛いね。

誤字に赤丸をつけて、並べて読んでみたが意味を成さない。
ふと気づいて王子が誤字どおしを線で繋いでみた。
すると「ま」の文字が浮かび上がる。
なかなか、面白いことしてくれますね。
こういう暗号解いていくの、私も好きだわぁ。 

他のページも全部やってみると、ちゃんとした文章になった。
「まんまるい つきのした ほねおさん さんちょうで
たのしい クイズを しゅつだい します」
「にじゅうじ ちょうど おまち しております」
真ん丸い月の下=十五夜ってことですね。

サドは色々試みたようですが、
全ての回線が遮断されてるようですよ。
ドグラ星どころか母船への通信も不可。
森にある空間転移装置も、
確かめるだけ無駄だろうとサドは言う。
一昨日の段階では異常はなかった。
そんなそぶりは見せなかったとクラフトは吼えますが
自分達も注意を払っていたわけじゃないから…。
「よもやだし抜かれるとは…くぅぅぅ~っ」
クラフト、ガックリですね。

って、サドはバッタを見て感動してますよ。
美しい進化形…って、どこらへんが?
あっクラフトったら、そんな掴み方したらつぶれるよーっ。
取られたバッタを取り替えそうと
手をふわふわ伸ばすサドがなんか可愛いね。 

事実は事実として受けとめ、対策考えるしかない。
サドの言うことはもっともですよ。
バッタを取り返したい動きは子供みたいだけど…。
とりあえずディスクン星人にでも連絡を取ってみればと
王子が提案。
「またあのジジィに頭を下げるのか」
「王子を結婚させたくないなら」キラーン♪
ぷはははっここのクラフトの顔~っ。
で、文字に起こせない子安さんの漏らした声がまたおもろい。

おっ。雪隆は王子の相手しつつも筋トレしてる。
偉いぞ!

これでもう少し分かってくる筈、と王子。
通信手段を断てば、ディスクン星人に助けを求める事も
あっちは想定してる筈。なんらかの手は打ってあるだろう。
つまり、無駄足と分かっててクラフト達を行かせたわけですね。
「もちろんその方が面白い」
「部下だったら殺したくなるな!」

そう、クラフトが病むのも分かるよねぇ。

それにしても凄いと美歩が書類を眺めつつこぼす。
「もっとおっとりしてる人なのかと思ったけど」
だよね…。
王子に言わせると、彼女はサイコを演じてるだけらしい。
手紙に暗号をいれこんで
逃亡経路もきちんと塞いでいるのだから。
「問題は、何故そこまでするか」
それは王子に執着してるからだろうと
美歩に言われた王子、
「んっ…嬉しくない」
なんか心底嫌そうな顔するわね、アナタ。

昔からこうだったのか…。
王子にもそれは分からない。
ルナはともかく、モハンと最後にあったのは
この星で言うところの13歳ぐらいの時。
13歳といえば、性格も変わる年頃だと雪隆。
そうね、私も第一期変貌期がそのあたり。(なんじゃそら)

「意外に、そっくりさんだったりして」
美歩のその言葉に、王子が反応。
雪隆は実の兄なんだからいくらなんでも気づくだろうと
笑い飛ばしましたけど、物凄く鋭かったみたいよ。
「いやぁ、握手握手。君たちサイコー」
ぷぷぷっ。なんだかとっても浪川さんだ。

王子はルナもモハンも別人の可能性ありだと言い出した。
では一体彼らは何者なのか。
「マグラ自由同盟」
マグラ星の中には、ドグラの衛星として
従属的な位置で置かれることを
未だに嫌ってる者たちが居る。
彼らの目的は無血革命でのマグラ星の解放。
ようするにマグラ星を独立させる為に運動してる
レジスタンスみたいなもの。
彼らは結婚の儀を攻撃のやり玉にあげていて
あらゆる手を使って妨害して来てもおかしくはない。
それで…
地球に向かっていたルナとモハンを捕まえて、
摩り替わった、と。
偽物と王子を結婚させるために。

ドグラ星の王の妻がマグラ星解放を望めば、
王は認めざるを得ない。
そしてそうなればドグラ星の力も衰退する。
そこまで状況を読んだ王子、
また何かに気づいたようです。
「ちょっと散歩に出ようか」
「はぁ?」
王子、おもちゃの手で器用に額の絆創膏はがしましたね。
んで傷の治りが早いこと。
それも宇宙人だから?

「どうでした?」
買出しから戻ったコリンが偽ルナに訊くと
「驚いた」
と彼女はイヤホンを外す。
「こぉんなに早く気づいちゃうなんて」
うわーキャラ変わってる。
こっちが素ですか。

これまでの作戦も全部バレたったぽい。
王子を甘くみちゃいけませんよ。

散歩には似つかわしくない場所へと
連れてこられて雪隆は吼えてます。
雪隆?王子の言う事を言葉通りに取ること自体が
間違ってるっしょ。

そんな雪隆に、王子は現在の地球の姿を見せる。
地球を取り囲んでいるのは、
ドグラの強大な力を快く思ってない星の連中。
ディスクン星人、マクバク族、エラル星人…。

ディスクンもなのか?
前から気になっていたのだと王子は言う。
なぜいとも簡単に、母船から抜け出して
地球に向かう事ができたのか。
なぜ宇宙会議で、地球がドグラ星の
保護観察惑星になったのか。
全ては王子を地球に縛り付けて置くために。
ドグラ星に戻れば手が出せなくなるから。

これまでに起きたことが全て
マグラ自由同盟の仕業だったとは…。
「よく出来てる。
僕の事をよく研究している」

おや王子、満足げですね。

でもそうなるとクラフト達は…。
あわわ、ディスクンのみんな、眼が赤く光ってるよー。
戦闘モードだよー。

でもクラフトは笑い出しました。
「読めたぞ読めたぞ貴様らー。
またあのバカと
グルになってるんだな!?」

ディスクン達のコレを演技だと思い込むクラフトは、
「ついに!ついに出し抜いたぞ
あのバカめ!
今度は予想の斜め上!という訳には
行かなかったようだな!
ははははははははっ」

カメラに顔近づけて喋るクラフトが面白すぎる。
コマ送りで止めると凄い顔になってるよ、ここ。

…あー、ラファティ君がちょっと気の毒そうな顔して
クラフトを見てる。
でも「やれ」と指示受ければ迷わず拳を振るう。
もともと好戦的な種族ですから、うずうずしてたんだもんね。

クラフトの叫びを聞きつつ、それが途切れた時には、
♪チーンと片手合わせた王子。
「それだけかよ!」
可哀想になぁ、クラフト。

このままだと地球が無くなる可能性もあるという王子。
今、地球を取り囲んで待機してるお客さんたち。
あれは正体がバレた時の保険の意味でもある。
もし、王子が結婚しなかったら、地球を破壊すると
脅しに使うつもりなのだろう。
彼女達の目的は無血革命じゃないのかと訝しがる美歩。
もちろん基本はそうだけど、他の星の連中が意に反して
地球を攻撃してしまう可能性もある。
「…事故でね」

まずはルナが偽物である事を暴いて話し合いの場に
引っ張り出すことが先決。
カマをかけてみる、と王子。
「確か本物の王女は右肩にほくろがあった筈だ。
ドグラとマグラを象徴するみたいに二つ。
恐らく本物の王女も、僕が知ってる事を気づいてないだろう」
この時盗聴でこの会話を聞いていた彼女の反応、
マジで驚いて、わなわなしてて…。
後でオチが分かるとなるほどって感じですよね。

でもこの時の偽ルナの高笑いが、とっても下品なんですけど。
足、ジタバタしてるし。
オチ知ってから、このシーンを見ると、「えっ…」って
思うよね。
上機嫌な偽ルナ。笑いながらモハンとコリンの所にやってきて
「2人とも!前祝よ。今夜は、ぱーっと飲みましょう!」

クラフト達は偽ルナ達が乗ってきた宇宙船に放り込まれました。
ガラス越しに見える隣の区画にはモハンとルナの姿。
何故と驚くクラフトですが、
荷物に貼られた紋章がマグラ自由同盟のそれだと気づきました。

王子が待ち合わせ場所に向かった頃、
拘束されてるクラフトとサドは、
手錠もどきをなんとバッタを使って外そうと
しています。
「地球上の昆虫の分泌液が
この金属を溶かすことまでは、
さすがに調べていなかったようですね」

ていうか、普通そんなもん携帯してないでしょ。
よくつぶれずに持ってたね、さっきのバッタ。 

そうか…宇宙人にさらわれそうになったら、
まずバッタを掴んでおけば良いのね。
覚えとくよ。(違)

一週間後に自由にしてあげると偽ルナは言った。
その時は新しい世界がクラフト達を待っていると
彼女は笑った。

ようやく拘束の解けたクラフトは、勝手知ったるモハンの船、
と、狂ったように操作し始めましたよ。
「あの…私も忘れずに…」
サド、可哀想に。
ひょこんっとフレームインしてサドに近づくバッタが
なんか可愛い。

クラフトはモハン達を救出。
コリンは…ジャンプ読んでんのか?
「大丈夫かなぁ…2人きりで」
そんなコリンの背後に立つクラフト。
銃が向けられ
「た、たいちょ~」
まだ隊長と呼ぶかコリン。

「ううううっ…撃ちたいぃ~」
「全てを吐かせてからです」

ぷぷぷぷっ。
もぉ~子安クラフト、最高!

さてこちらは満月の下、
王子と偽ルナ&偽モハンが顔を合わせました。
王子にしては珍しく、時間ピッタリだと偽モハン。
「どうしても確かめたい事があってね」
2人が本物である確信が持てない。
本物の王女なら肩にほくろがある筈。
「見せて頂けますか?」
王子の言葉に、偽ルナはニヤリとする。

何故知ってるのかと訊かれ
自分も映像メールを見るのが日課だったからと
返す王子。
その中にたった一度だけ映っていたのを記憶している。
それもまた凄いよね。
勝手に決められた婚約者になんて、
執着なかったみたいなのに。

偽ルナは上着を緩めて肩を晒す。
偽モハンがさっと顔を背けるのが素敵♪
紳士ねっ。

「これで…信じて頂けましたか?」
「えぇ…分かりました。やはり貴女は本物の王女じゃない。
マグラ自由同盟の頭首ですね」
眼を見開く偽ルナ。
ルナのほくろは2つではなく3つなんだってさ。
盗聴されてるのを分かってて、わざと聞かせたわけですか。
こりゃ1本取られたね。
カマをかけるってのは、あの時点で、だったのね。

王女を捕えていながら、ほくろの確認をしなかったのは
無血革命を望むマグラ自由同盟ゆえ。
王女は許婚以外には肌を晒す事はしない。
無理に見れば自害する可能性もある。
そこまで計算してるって凄いな。

「もっと早く気づくべきでした。
最初の時に言ってたんですよ。
ドグラ星、マグラ星、両惑星、と。
マグラ星を衛星ではなく惑星と呼ぶのは
マグラ自由同盟の特徴」

わー、2人とも悔しそうだ。

そんな2人に演技が上手だと王子が褒める。
「特にモハン役の君。
王女が肌を見せた時、
顔を背けたところ、
芸が細かくて合格」

ほんとにね。ふふふ。

偽モハンは後ろに置いてあった刀を取り、鞘を抜く。
「やめな!そんな物騒な物は、しまいな!」
「今を逃したら、こんなチャンスは二度と来ねぇ」
わー、2人ともすっかりレジスタンスな連中の口調だ。
「マグラ自由同盟の目的は、あくまでも無血革命による解放!」
「ここまで何年掛かってると思ってるんだ!
結婚の儀は二度とねぇんだぞ!
こうなったらアイツを殺して、マグラを解放する!」

偽モハンは王子に斬りかかりますが、
腹立つぐらいするりとかわし
刀を足で止めたりと遊んでるみたいだね王子。
実は強いんだね、この人。
こんなだけど…。

偽モハンの刀の上に立つとか、身軽すぎ~。
太刀筋が単純すぎるとか言ってますよ。
「それじゃあ殺気立ってる
クラフト以下、僕は斬れないよ」

ははは。

岩の上からストンと崖下へと身を落とした王子。
偽ルナと偽モハンは愕然としますが、
王子が何の用意もなく、そんな事する筈もなく…。
崖下から浮上して来たのはクラフトの操縦する小型機。
「動くな!お遊びはそこまでだ」
もう一機、ルナとモハンの乗る小型機も浮上してきました。
その外部に王子が乗ってます。

クラフト達が偽物を捕え、本物のモハンとルナ、
ようやく王子と対面です。
「ご苦労だね、モハン」
「兄上!申し訳ございません。私が無理に王女をお連れした為に
こんな事になって…」
地に手を着けて頭を下げるモハンに駆け寄り、ルナも謝る。
「いいえ!私が悪いのです。避けられているのを知りながら
未練がましく王子と結婚したいなどと…」
いや悪いのは自分とモハン、互いに庇いあう2人を前に
王子の眉間が寄る。
「やはり…この2人は苦手だ」
ま、そうだろうね。

「肝心な事を忘れてない?王子さん」
「楽しいクイズ?」
そうでした。クイズとはなんだったの?

宇宙に1つしかない指輪を、
もう偽ルナははめてしまったのよね。
これ、肉の一部になっちゃうから外せないのよね。
どーすんの?

ルナはその事実を知って失神。
キャッチするモハンが素敵ね。
「貴様!それがどれほど神聖なものか、分かっているのか!」
クラフトが銃を突きつけますが
分かってるからやったんだよねぇ、そりゃ当然。
「このうすらちっぽけな節くれが、
私たちマグラ星の民、全員を貶めてる象徴なのだから」

さぁどうする、王子!

「そうだね…答えは1つ」
王子は自分の指輪をポケットから出して眺め…
はめちゃったよーっ。

「盗賊と結婚する」
わー、すごく王子らしー。(←棒読みでどうぞ)

2人が指輪はめると光って報告が空にも飛んだみたいね。

予想の遙か斜め上でしたなぁ。
でも彼女のやり口を気に入った感じはあったから、
興味持ったんだよね、王子は。

「王様と革命家。それなりに良い感じ。
温室育ちのお嬢さんよりは、適度にでんじゃら~す」
はいはい。そっちを選ぶよね。
そういう人ですよね、アナタって。

偽ルナの肩にポンと手を置く王子。
「君、なかなか見込みあるよ。
サイコ、君、最高ー!」

まずは2人で王朝を倒してー、
その後、自分達の宿敵となる悪夢のようなガキを
作成、育成ってアンタ…。
「その為には補佐が必要だな。
公務は頼むよ、弟よ」

って指差してるの偽モハンの方。
こっちのモハンを気に入ったみたいね、王子。

「いや…本物はこっちか」
一応訂正した王子だけど…
「いいえ、そっちが本物ですよ、王子さん」

えっ…えええーっ!!
本物だと言われた偽モハン(ややこしい)は、唖然としている。
「まさか兄上が自分から本当に指輪をはめるなんて
思ってませんでしたよ。悪巧みで完敗するなんて…」

つまりは閉じ込められていたのが偽物で、
偽物だと思ってたのが本物。
凄い"ドッキリ"だよね。
みんな演技上手すぎ…。

マグラ自由同盟は、確かに摩り替わろうとして
モハン達を襲ったのだけと、捕まっちゃったらしい。
計画が全部バレたわけですが、それを聞いたルナが
興味持っちゃった、と。
「ただのお姫様なら、
芝居に協力する気なんて、
なかったけどね。
サイコの演技も、みんなへの説得も
クイズもぜぇんぶその王女さん
一人でやった。凄いよその子。
アンタが選んだ結婚相手は、
間違ってないわ」

あら、盗賊から太鼓判押されちゃったよ。 

ルナは素顔に戻ってテレテレな顔。
「ほくろは一個、パウダーで隠しました。
ほくろの事、覚えていてくれたと知ったとき、
嬉しさのあまり本当に頭おかしくなりそうでした」
うん、あの時の君、変だったモンね。
でも足ジタバタは演技なの?地なの?

「変な女ですが、末永く、宜しくお願いします」
いや…変な女じゃないと、王子は興味持たないし、
変な女じゃないと、彼の妻は務まらない。
君でよかったよ、ほんと。
王子を出し抜くなんて、たいした嫁だ。

うわー、取り囲んでいた連中、お祝いですかー。
まぶしすぎるー。
んで、王女の説得で地球は保護観察星から卒業だって。

「面白い」
王子、良かったね。面白い嫁を娶れて。

町のあちこちに堂々と宇宙船って…良いんでしょうか。
カラレンの連中も見てるねー。
先生が「げっ」って顔してるー。

綺麗にまとめたじゃないですか。
地球の行く末は心配だけどね。

夢~ムゲンノカナタ~(初回生産限定盤B)(DVD付)夢~ムゲンノカナタ~(初回生産限定盤B)(DVD付)
(2011/01/19)
ViViD

商品詳細を見る


今まで書かなかったけど、ED↑はお気に入りでした。
映像とのコンビネーションも面白かったし。
OPも、コンビネーションは良かったし曲は悪くないけど、
御免、千明さんの歌声が苦手で…。


Cパートあって驚いた。

この頃から仕込んでたなんて、王女、凄すぎる。
これって、オウムが一般的じゃないと知った王子が
監視をオウムから猫に変えた時だよね。
既にこの時に地球入りしてたのかー。
王子も自分用の監視カメラが、
もう既に王女の盗聴器だったなんて
思わないよな。

盗賊演技してたルナが、
絶対見つからないものがあると言ってたのは
コレだよね。

そう、途中でルナが偽物って事になった時、
盗賊演技しつつも王子の映像モニターで
壁を埋め尽くした部屋に居たじゃない?
あの時あれ?って思ったんだよ。
本当の盗賊なら、王子は利用する存在で、
ある程度彼の事を知る必要もあるから
多少はこういう映像も見たかもしれないけど
ここまでする必要ないじゃない?
王子側の人間の目のない場所でのことなんだし。

これほどの執着ってさ…
やはり本物の王女だったから、だよなと思うの。
そうして見るとあちこちで、やっぱり本物だったと
思えるシーンはある。
モハンがちょっとルナを好きだったのも
ほんとなんだろうな。
赤くなってたじゃない?
あれが盗賊だったら、そこまで演技は出来ないだろう、とか
思いました。

いやはや、面白かったです。
どんでんがえしの後で、更にどんでんがえし。
やってくれるなぁと感心しました。
Cパートのオチも、ナイスでした。

それほどの期待なく見始めて、
ずっぽりハマってしまった「レベルE」。
感想は終盤の数話分しか書けませんでしたが
面白かったです。毎週楽しみになってました。

原作は短いらしくほぼ消化したみたいだから、
二期はありませんね。それが残念。
もう少し見ていたかった。
2人の子供も見てみたかったよ。
原作には出てるらしいし。

レビュー途中参加の上、
遅れ遅れでしたが感想読んで下さった方達に感謝。
また他の作品でも縁がありましたら
宜しくお願いします。


※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レベルE 第13話「Full moon・・・!」

「良く出来てる、僕の事を良く研究している」 ルナ王女により追い詰められる王子! 最後まで斜め上をいく最終回…!!   【最終話 あらすじ】 ルナ王女が王子に残していった奇怪なメッセージ・・・・・・。唖然...

レベルE 第13話「Full moon…!」

最終回も まんまと騙された(^^;  斜め上の先を行く展開でしたw ルナ王女が残したメッセージは、こわっなサイコ文章!? で無く、そこに隠された暗号があった。  ▼ レベルE 第13話「Full moon…...

宇宙は女で回ってる

ゴミ分別! 昨日は『銀魂』の感想書こうと思ったんだけど~ 今まで書けなかったもろもろは、なるべく今週中に消化したいです^^; 『レベルE』 #13 Full moon … ! 最終回 王女は結構なワルなのかと思ったら、別人?! と思ったら、 レジスタンスの計画を知って入...

レベルE 第13話「Full moon…!」

『ルナ王女が王子に残していった奇怪なメッセージ・・・・・・。唖然とする雪隆と美歩だったが、王子は大げさなやり口に疑問を感じる。彼女の真の目的とは何なのか?王子が思いついたとんでもない仮定から導き出され...

レベルE#13

第13話 『Full moon…!』 どうしよう…前回分の感想で、“棒台詞”とか叩いちゃったよ……。 しょこたんさん、スミマセンでした。よもや“棒”がワザとだったとは!? 『片言を演じる女性』を“演じるキャラ”を、さらに“演じる”とは 貴女の女優さんとしてのレベ?...

コメントの投稿

非公開コメント

めでたしめでたし?

橘さん、こんばんは。

前回はイマイチだったんですが、
今回はよかったです。
いつものようにストーリーは多少派手になってますが
そんなに気にならなかったです。

前回ルナの声が…と言いましたが、
原作を読んでいて
途中で性格が変わることを知ってたからなんですが、
今回ちゃんと声の感じも変わっていて
今思うと前回も見事な猫かぶりだったなとなっとくしました。
でもモハンはやっぱり微妙。
アニメの方はまじめすぎる感じなんですよね。
原作では最後は「すげー指輪はめちまった」っていう
台詞だったのに。

原作見返してみたら、騙されたと気づいた時
王子はもっとびっくりした顔になってました。
アニメの方も最後の最後くらいそんな顔が見てみてかったかも。

>2人の子供も見てみたかったよ。
 原作には出てるらしいし。
顔はでてこなくて、
ちらっと名前とかがでてくるくらいなんですが、
見事に王子の遺伝子を引き継いでいる感じみたいですよ。
クラフトは苦労しますね。

まことさんへ

まことさん こんばんは~。
コメありがとうございます。
レスが相変わらず遅くて、ごめんなさいね。(汗)

> 前回はイマイチだったんですが、
> 今回はよかったです。
> いつものようにストーリーは多少派手になってますが
> そんなに気にならなかったです。

おっ!それは良かった。
原作既読の方も納得出来る出来ってのは、
未読の我々が聞いても嬉しいです。

> 前回ルナの声が…と言いましたが、
> 原作を読んでいて
> 途中で性格が変わることを知ってたからなんですが、
> 今回ちゃんと声の感じも変わっていて
> 今思うと前回も見事な猫かぶりだったなとなっとくしました。

前回のルナは、演技×演技だったって事ですものね。
王女に化けてる革命家を演じてたわけで、
ややこしいよね。

> でもモハンはやっぱり微妙。
> アニメの方はまじめすぎる感じなんですよね。
> 原作では最後は「すげー指輪はめちまった」っていう
> 台詞だったのに。

あー、そうなんだー。
原作のモハンも、見てみたいな。

> 原作見返してみたら、騙されたと気づいた時
> 王子はもっとびっくりした顔になってました。
> アニメの方も最後の最後くらいそんな顔が見てみてかったかも。

そうだね。
王子のことだからビックリしても
すぐに面白がるのは分かるけど
それでも、驚いたことは驚いたはずですもんね。

> >2人の子供も見てみたかったよ。
>  原作には出てるらしいし。
> 顔はでてこなくて、
> ちらっと名前とかがでてくるくらいなんですが、
> 見事に王子の遺伝子を引き継いでいる感じみたいですよ。
> クラフトは苦労しますね。

そうなのねー。顔も見てみたい所ですよね。
親が美男美女だから、
さぞかし綺麗な子なんだろうな、と。

クラフトの苦難はいつまで続くやらですね。
ご愁傷様ー。(笑)
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
ここ数年、仕事と体調が
落ち着かず
ブログ更新はまばらです💦
お急ぎの方はTwitterにて
連絡ください。

本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


音楽、アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
刀剣乱舞、グラブル、
夏目友人帳、うた☆プリ♪
あと、進撃の巨人、黒執事
ハイキュー!!、七つの大罪
黒バス等も好きです。

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR