スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[C] #6【conflict (葛藤)】こっちも分かんなくなって来たよ…。

ようやく宣野座功の登場でした。
公式サイトで買えるオフィシャルグッズのミダスカードが
ノーマルは公麿、ゴールドはジェニファー、ダークネスは三國の
仕様ですが、プラチナが、宣野座功仕様になってたので
「誰?」と思ってたんだ。

プラチナは、他にも堀井や竹田崎とかもプラチナなわけで、
でもまだ出てきてない人物のだったからさ、
気になってたのよ。
まぁ竹堀井や田崎のカードじゃ人気出ないというか
買い手が居ないだろうからね(ゴメン)。
功がこうして現れて、納得いたしましたわ。

あ…そういえば、5話で公麿が竹田崎に100万の
情報料支払ったとき支払い後に竹田崎のカード、
中央の絵が三日月になってるんだよね…。
これってミス?
カードの色自体はゴールドになってないのだけど…。

ショップのカードは一時期売り切れになってたけど、
また在庫入ったみたいで買えますよ。
オススメはオンデマンドの名前入りの方だけどね。
金額そんなに変わらないし。

ミダス札のメモ帳350円が売り切れてる。
分かるような気がするわ。
でもそれ、彼女にはむはむ食わせたりしないでね。

ストーリーの方は、今回は考えさせられたというか
公麿と一緒にこっちも揺れたわ。
どっちが正しいのか分からなくなる。
両方間違ってるのかもしれんけどね。
そもそも金融街なんてものがある事が
歪みの原因なんだから。

タイトル通り、葛藤、でした。


「C」第1巻 <Blu-ray>【初回限定生産版】「C」第1巻 【初回限定生産版】
(2011/08/19)
内山昂輝、戸松遙 他

商品詳細を見る



あらすじは公式HPより。

あらすじ #5「cultivation (修練)」
公麿の次の対戦相手は宣野座功という男だった。NPO法人の
代表として恵まれない人達に手を差し伸べる彼は、公麿にある
取引を持ちかけた。それは、ディールをパスし戦わない事で
現実への影響を無くそうというものだった。宣野座と壮一郎の
理念の狭間で葛藤する公磨。そして、公麿との接触を試みるサトウ。
彼女の目的とはなんなのか。


いきなり画面が『めざましモーニング 今日のKEYパーソン』
だったから、番組間違えたかと思ったよ。 

「常に何かを消費せずに、
人は生きていけない。
そういう罪深い存在であると
承知した上でなお、
生きていかなければならないのなら、
せめて、誰かの為に、
それが自然な考え方じゃないですか?」


宣野座功がTVでインタビューを受けてる声を背景に
ジェニファーのシャワーシーンですかー。
胸デカイ。
ブラは少しレースをあしらったパープル。
うんうん、似合いそう。
ニュース見ながら下着の上下を着ける。
暗くてよく見えないけどお揃いのだよね。

誰だって人の事を思う気持ちは持ってる。
少し前にも匿名で寄付の連鎖も続いた。
…って、タイガーマスクのこと?

シャツを着て髪をバサッて出すジェニファー、
なんかこれから戦地へ向かう戦士みたいな凛々しさね。
髪下ろしてると、より美人さん。 

功は29歳ですか。
NPO法人の代表なんかやってるのに若いなぁ。
あ…NPO法人って、けっこう幹部若いか。
ボランティアで指揮取ってるような人も
けっこう30代前半とか、そんな感じだもんな。

功のディール戦歴は57戦56勝1敗。
現在の個人資産は98億7千万!? 
えーと、画面に出てるのはLILTとしか読めないが、
それで98億7千万って読むのか。
功の次のディールは今度の木曜。
対戦相手は公麿。

「自分は未来への投資を行っている。
そう考えれば良いんだと、思うんですけどね」
ちらっとカメラ目線だ。はは。
功はかなりのイケメンですな。
この作品って、イケメンとそうでない人との
顔の落差が激しい…。 

「ぷっふっ…あの子と」
もぉジェニファーったら。
公麿ってだけで、笑ってるよ。

OP~。
PASSENGER(初回限定盤)(DVD付)PASSENGER(初回限定盤)(DVD付)
(2011/04/06)
NICO Touches the Walls

商品詳細を見る



早速ディール中ですか。
うわー走ってる公麿の顔が変。
引きの画はけっこうヤバイね。 
公麿を追ってるのはテディ。
今日の体勢相手、後藤のアセットです。

上手く誘い込んで、真朱に指で指示。
テディに攻撃を当て壁に叩きつけます。
公麿はアントレを探せと真朱に叫んで自分も走る。
追いかけて来たテディが公麿に組み付く。
公式に寄るとこいつは敵のアントレに組み付いてる間
マネーを奪い続けるメゾを得意とするらしい。
公麿の身体からお札が抜けて行ってるのはそういう事ね。
でも公式では更に、
『それくらいしか
有効なフレーションを持たない
残念なアセット』

とか書かれてる。 
おもろいな、スタッフさん。

公麿に組み付いてる所に真朱が攻撃。
テディは倒せたけど、アントレ、後藤の姿がない。
アントレ倒さなきゃね。

「この、役立たず~」
「「いた!」」
「あっ…やばっ」
ははは。

あら、公麿が随分冷めた顔して手からダイレクト出してる。
「分かったよ、好きにしろ!」
公麿に背中向けて正座してるよコイツ。
打ち首覚悟の侍みたいだ。
「使った分だけ頂きます」
おや三國に似てきたね。

刺されながら、後藤がちょっと快感顔なんだけど…。
Mですか?

バランスディール、成功っと。
「やったね♪」
「あぁ」
真朱と公麿、ハイタッチ。
コンビネーション、ばっちりだね。

「大したもんじゃない。相手の事調べたり
作戦練ったり、面倒って思ってたけど
結果でるもんなんだ」
公麿的には、結果出す為にやってるんだから
当たり前って感じ。
「気分どう?」
「気分?」
「気分の問題って言ってたじゃん、
勝ち続ける気分はどう?」
良いわけないと公麿は言うけど
今日はノリノリって感じだったと真朱。
すっきりしない戦いは、嫌だと思っていたが
だんだん分かってきたと言う。

「勝てば気分」
街の資産額が動くのを見つめながら、
「よせよそんな…」
そう返した公麿が
「なんで」という真朱の言葉に身体押されるのが
面白い。
「こっちもあんたを
勝たせるためにいるんだし」

公麿はそういうの時々忘れてる。
「今日のクマみたいなのが
アセットだったら
また違ってんだろうなぁ」

だろうね。

「違うって?」
真朱は女の子だし可愛いし会話出来るし…
多くのアントレはアセットを道具扱いしてるんだろうけど
人型だと相棒って感じだよね。

ぐぅぅぅぅぅ~っ。

え…今なったの、真朱の腹の虫?
お腹まですくようになっちまったんかい、君は。 
でもまたカップ麺ですね。
箸の握り方が変ですが、美味しそうに食べてる~。
すっかりお気に入りなんだねぇ。
頬染めて麺すすって幸せそうな真朱が、めっさ可愛いわー。

公麿がコショウ入れたら、それも真似してみようとして
匂い嗅いでうわっとなってる。ふふふ。
「なに?人の事、じろじろ見ちゃって」
そら見ちゃうってば。
やる事なす事可愛いんだもん。

アセットはアントレの未来を体現した物だと言うけど
どう体現して真朱なのか、よく分からんね。

「余賀君って君?」
キタキタ、来たよイケメンが。
NPO法人代表というより俳優かモデルみたいだよね。
「可愛いねぇ、
角のカーブがとってもチャーミング」

女を口説くのも上手そうだ。
真朱ったら褒められて赤くなってるよ。
あっ公麿がムッとしてるー。ふふふ。

功は名乗って次の対戦相手だと説明し
気を悪くしないで聞いてほしいと
ディールをパスする方法を持ちかける。

ディールをパスするには、自己資産の半分を収める必要がある。
「それ、僕が肩代わり…してあげよっか」
「どういう意味?」
公麿の顔が険しくなる。

つまりはこういう事、功がパスするには自己資産が多すぎて
キツイけど、功が公麿の自己資産の半分を支払うのは可能だから
公麿側からバスさせてパス代を肩代わりしようってこと。
君程度の資産…とか言われちゃったよ。
まぁ、98億7千万持ってる人からしたら、そうか。

功がカード使って別空間に移動。
相手のリサーチは毎度やってる事で、
パスを頼んでるのも毎度らしい。
「受けてもらえた試しはないんだけどね」

どうして功はそんな事をするのか。

いくらバランスよくディールをしても、
現実への影響は避けられない。
「だったらやらないのが一番良いと思わない?」
返事は急がないから気が向いたら連絡をくれと
功は名刺を公麿に渡すと、
公麿と真朱だけさっきの場所へと移動させる。

「感じわりぃ」「感じ良い~」
一緒に体験して真逆な印象って、どうなのアンタ達。

功の事、どこかで見た事があるような気がする公麿。
そりゃそーだろう。

「あぁぁぁぁぁ~っ!!」
コンビニバイトの休憩時間に雑誌見て叫ぶ公麿。
ケトルがピーと笛を吹き、その声とシンクロする。
またカップ麺ですか。
でも「クイックヌードル」なんだね…。
「俺の麺」はこの世から消えちゃったんだな。
公麿、それは気づいてる?

公式読まないと分からん設定だけど、
「俺の麺」は公麿が倒したアントレ、後藤が作ったもの。
バランスディールでも、若干の負けの影響は出る。
後藤は命まで失う事はないけれど、
自分のラーメン店の味を忠実に再現したカップ麺、
「俺の麺」は無かったことにされたのね。 

NPO法人の代表として注目を浴びている功。
新興国へのワクチン寄贈に始まり多岐に渡っている。
硬い肩書きのイメージとは異なった軽やかなスタンスと
母性本能をくすぐるイケメンぶりにボランティア王子などと
呼ぶ声もあるらしい。
「やっぱ、感じわりぃ」
あはははは。

バイト帰りの公麿見つけて横付けしたワゴン。
「余賀君?余賀公麿君だよね?」
顔出てませんが声はジェニファーだ。ふふ。
「はい?」
「急いで乗って!君の叔母さんがっ!」
うわー、ジェニファー、よく調べてあるね。
掴みはばっちりだ、それ。
詳しい事は中で、と公麿を車に乗せるのに成功。

「あのー」
ドアがロックされました。
「ちょっ!カチャッて何?カチャッて!」
 公麿おもろい。
でも拉致じゃなくとも、乗ったら普通ロックはするだろ。
「しゅまない…君を騙した」
相変わらず飴舐めながら喋るんだなジェニファー。
台詞に締まりがなくなるんだが…。

「俺みたいな下層階級攫ったって良い事ないけど?」
今はちょっと金持ちだと思うけどね、キミ。
話が終わればすぐ帰すつもりらしい。
行きたい所があれば言ってと言いつつ、
「金融街は無理だけどね」
この車じゃね。
それに、金融街では話せない内容なんでしょ?

ジェニファーは自分もアントレで
金融街の事を調べていると告げる。
公麿だって金融街の事はよく分かってない。
知りたいのはこっちの方だよね。
「それで構わない。話がしたいだけ」
ジェニファーって、面白い女だよなぁ。

三國が公麿に興味を持った事をどう解釈したら良いのか
ジェニファーは戸惑ってるのだという。
金融街に居る人間は大きく分ければ二種類。
飲み込まれてるものとそうではないもの。
公麿はまだ飲み込まれてはいない。
ジェニファーもそのつもり。そして三國も。
「あれほどどっぷり
浸かっておきながら
むしろいかに積極的に
利用できるかを考えてる。
だけどそれは危うい賭けだ」


うわーっポテトのLサイズ、あっちゅう間に食っちまった。
さすがアメリカ人。
ジェニファーは日系人って設定だから、生まれも育ちも
アメリカって事で良いんだよね。
(IMFの本部はアメリカだし)
アメリカに限らず、西洋人って食べる量が半端ないですよね。

三國は今の経済を安定させるために、
未来を食いつぶしても良いと考えているに違いない。
ジェニファーが分からないのは、彼が何処まで
自覚的に行っているのかということ。
「あれほどの知性と戦略性を
持った男がそこに
気づいてないとも思えない」

言ってる意味が良くわかりましぇん。
私も、公麿も…。

「ようするに金融街は
潰さなければ危険だということ」

そうはいってもさ…。
ハンバーガー三つ並べて
どれにしようか迷ってたジェニファーが
「私は…」
そっぽ向いたまま黄色の包みのを公麿に突き出し
「君に協力してほしいと思ってる」
なんかノリが、花束差し出して求婚してる
超テレ屋の男性みたいなんだが…。

金融街を潰すなんて、出来るのか。
あの街を形成しているシステムや集団を1つずつ潰せば
あるいは可能、とジェニファーは思ってるようだ。
「椋鳥ギルドのような…」

ギルドはディールの影響を最小限にしている。
三國は確かに資産家同士の
強引なディールによって引き起こされた
負債を回収し、
倒産による損失の発生を未然に防いだ。
「あの人は未来を潰そうとしているわけじゃ!」
だけどそれは所詮、応急処置に過ぎない。
三國は一万人の人を救ったが、
その為に投入した巨額のミダスマネーが
結果、どれだけ未来を奪う事になるのか
誰にも分からない。

「さっきから分からない事ばかりじゃん」
ぼそりと言う公麿に、
「なら君は?」
うわーっ押し倒したぁぁ。
ワゴン、揺れてるがな。
ハンバーガーも…落ちた。

「君自身はどう思う?」
公麿はギルドに入ったばかりだし、そもそもそんな話
自分に言ってよいのかとオロオロしつつ公麿が返す。

公麿、顔真っ赤だよー。うひゃひゃひゃっ。
「良いと思った」
「えっ!?」
「君はまだ、金以外のことを
考えられる眼をしてる」

ぐははは、公麿、どぎまぎしちゃうよねぇ。
ジェニファー、貴女ってばやることも性格も
男前なんだけど、身体はしっかり女なんだからぁ。
そんなポーズ、やばいわよ。

あぁそれにしても、ジェニファーにも見込まれちゃったか。

返事はいつでも構わないとい言われ、
「また宿題かよ」
公麿はげんなり。
功にも考えといてといわれた所ですもんね。
モテモテやな、公麿。

功は三國も一目置いていてギルドにも誘ったらしい。
断ったようですが。

お?ジェニファー、君、付けられてる?

いくら考えたって同じ。
いきなり現れたジェニファーと三國、
どっちを信じるかなんて決まってるよね…って、
突然スピードあげないでくださいな。
あ、追ってた車が本気になったみたいね。

駐車場に入って車を降り、カードかざしてタクシーを呼ぶ。

「またこの手のご利用ですかぁ?」
ぷははは、井種田の言い方が笑える。
いつもやってるのか、こういうこと。
「手馴れたもんねぇ」
うん、井種田の走りっぷり良かったよね。
「そりゃこの車を利用する方々は
トラブルを抱えること多いですから」
あ…公麿がジェニファーの胸でつぶれてる~。

公麿は功の講演を覗きに来ました。
功にも訊いて見ると良いとジェニファーに言われたから。
『彼も金融街と現実がどうあるべきか
心を砕いてる一人だ』

功と会って、とりあえず話しは彼の事務所で、
ってことになりました。

景気が良いように言われてるけど、
実情は経済格差が開く一方。
この国に大量に流入しているミダスマネーが
バランスを崩している。
その原因がギルドだってことですか。

内輪でディールをコントロールして
現実への影響を出来るだけ抑える。
「しかし彼らが動くたびに
世の中がだんだん閉塞して
来ている気がするんだ」

可能性の失われた未来しか残らないなら
現在がある意味もない。

金融街が未来を担保にして成立しているってことは
公麿も知ってる。その影響も目の当たりにした。
功も経験したらしい。

隣の部屋にはワクチンを届けてる国の子供達から送られてきた
絵が壁に貼られている。
絵のテーマは一見バラバラに見えるけど同じ”未来”。
貧しい自分の国が発展した姿や将来なりたい自分の姿
だったりするようだ。

功は一度ディールで負けた。
それほど大きな負けじゃなかったが、
負けは負け。戻ってから彼は気づいた。
ここに貼られていた絵の何枚かが
別の絵に摩り替わっている事に。

「消えたんだよ…
描いた未来と、一緒に」


資産が多ければ、僅かな負けでも影響は大きいって
所ですかね…。
公麿は単位ぐらいで済んだけどさ。

ディールをやれば必ず、
どちらか一方に関わる可能性の1つが失われる。
避けられるならそれがベスト。
だがやらねばならない時は、出来る唯一の事は
失われる可能性の1つを別の可能性で埋め合わせする。
それだけだと功は言うが…。

埋め合わせるって、どうやって?
昆布のおにぎりを梅のおにぎりで公麿が実際に見せて
ましたが…。
1つの可能性が消えた事で、その後ろに繋がってた筈の
可能性まで消えるって点では、おにぎりの列で見せるのは
分かりやすいわね。

バイト同僚のおじさんが長電話してたようです。
保険を解約すると言ったら保険会社が煩いのだと言う。
簡単には解約させてくれないよね。
でもお金に困ったら、解約するよなぁ保険。
将来的には損なのは確実ですが、
今を生きれなかったら、それどろじゃないですからねぇ。

「老後の心配が出来るのは、
まだ幸せだよ。
この歳になっても
今日明日の事でカツカツだ。
みじめなもんだねぇ」

現実味のある言葉だな…。

「良いんじゃない?」
真朱が軽く応えてる。
「簡単だな」
「だって最初から、気持ち決まってるんでしょ?」
真朱の気分も考慮して…だったみたいだけど、
戦いを止めるのに気分も何もないと真朱。
「だけどあの人、やっぱり私の思ったとおりでしょ?
感じ良いって」
いや…真朱、見る眼ないぞ、それ。

風がヒューと吹いて、振り向いた公麿は驚愕する。
「そんな顔で見る事は、ないだろ。
ここに来たのは俺に会えると思ったからじゃないのか?」
功の意見に賛同するなら、三國とは道を違える事になるもんな…。
「会いたいような、
会いたくないような、か?」

見透かしてるなぁ三國。

「ディールの前日にデートとは余裕だな」
デートなんて…と焦る公麿にQがあっさり、
「私達はデートなのです」
くふふ。
「デートって何?」
真朱は知らんわな、そりゃ。

公麿が功にディールのパスを頼まれるだろう事は
三國も分かっていた。いつもの事ですしね。
それでどうするんだと訊かれ、
「迷ってる」
公麿は俯く。

功は三國にもパスを頼んだ事があった。
三國の資産の半額は、
さすがの功でも無理だと思うんだけど、
知らずに持ちかけたのかな。
三國はあちこちに顔があるわけだが、
その一部しか知らなくて資産を低く見積もっていた?

功が負けた唯一の相手というのは三國だった。
「あの男の考え、面白いとは思った。
方向性の1つとしてはな。
しかし…そこが彼の限界だ」

未来と言っても、所詮は現在からの地続き。
今が失われたら、未来も存在しない。
あのコンビニバイトのおじさんと一緒ですよ。

「だけど可能性の失われた
未来しか残らないなら…」
「現在がある意味がない…だったかな。
俺も聞かされた。
だがそれは強い者の論理だ。
遠くを見る余裕のある者の理屈だ」

うん…そうだね。
三國の言ってる事は、理解出来る。
「本当に弱い者は、
その日、その日を
もっと切実に生きている」


あ…Qがまたミダスマネー食ってる。
オーロールも一度顔見せしたから、もう堂々と出てますな。

「宣野座は恐らく、
さほど不自由を知らずに
生きて来たのだろう。
あの男は金に漂う血の匂いに鈍感だ」

「血…」
「使う時や場所、それを選んでるうちに
金の周りで流れる血もある。お前にも分かる筈だ」

三國の言う、功が不自由を知らずにってのは私もそう思う。
坊ちゃん臭いですよね。
それが悪いって訳じゃないけど、
苦労した事ない人には、わからない事がある。
痛みは、経験しないと分かりませんから。
三國は今は資産家ですが、苦労もしてるからな。
歳は4つしか違わず三國もまだ若いのだけど、
見えてるものに差が出ると思う。

明日のディールは好きにすれば良いと三國は言う。
だがこの街に居る限り、逃げ続ける事は不可能。
「戦い、勝つ。
そうすることが、この世界では
よほど誠実な生き方だと、
俺は思っている」

公麿は俯いたまま。
真朱が気にすることないと声を掛けるけど、
そうじゃないよ、真朱。

公麿はまだ定まってない。
平凡な大学生なのに、三國が興味を持ち、
彼が興味を持った事で、ジェニファーも興味を持ち、
そして功も…。
皆、それぞれの考えを彼にぶつけて、
一度に言われて公麿も混乱するだろうけどさ、
よく考えて、自分はどうしたいのか
決めるべきなんだよ。
流される事なく、ね。

Qはくんくんとお札の匂いをかぐ。
「匂いなど無いのです」
「ん?」
「血の匂いがどんな物か分から無いのです。
これには匂いなど無いのです」
「そうか」
三國がQに応える声って、優しいね。 

匂いは無いけど色んな味はするらしい。
血の味も、するのかもしれないね。

結局、公麿は戦うことを選んだ。
今回はトンネルの中なのね。
パーカーのフードを被っちゃったりして、
ちょっと公麿が暗い。

パスする話を受けてくれると思ってたという功。
「そのつもりだったけど…でも…」
「でも…なに?」
「分からない…」
「そう…」
うわー功の温度が急激に下がったね。
眼が冷たい。

二人の資産、凄い差だね。

公麿は功、ジェニファー、三國に言われた事を反芻して
まだ悶々としてる様子。
決めたならやらなきゃと真朱にはっぱかけられてますよ。
「愚かな…カリュマ!」
功の顔つきが変わった。
公麿に対して、可愛さあまって憎さ百倍って感じ?
アセットのカリュマを呼んで早速攻撃。

カリュマはデカい。
公式によると、
神々しさと禍々しさが入り混じった姿で
金融街で5指に入る程強力なアセットらしいです。
遠隔操作可能な複数の発雷針により全方向へ
すさまじい雷撃を放つことが可能。
真朱はとっさにガードしたけど、
早くも両手がやられちゃったよ。

「強い…半端なく強いよ…あの人…もたないかも…」
カリュマが固有フレーションのエンジェルを放つ。
真朱の血は黒いから、
影が出来たように見えるだけだけど
両腕は真っ黒、腹からも黒が噴出して
辺り一面真っ黒になっていく。

公麿は動揺して瞳が揺れっぱなし。
動きも取れません。
功は冷めた眼で、見てるよ。
もう立つ事もキツそうな真朱が、
それでも公麿を背に立ち、ガードする。
見てられない~っ。
悲鳴を上げて真朱が倒れる。
身体中から黒い血が流れてるよぉ~。

げげっ腕がもげてる…。 

真朱真朱と狂ったように名前呼んで抱き起こす。
「大丈夫…すぐ治るから」
すぐ治るといっても痛いんだって、
この間言ってたじゃないか!
「正面から…行くしかないと思う。
フレーションは…
留めを刺されるかもしれないけど…」

「真朱…無茶だよもう…」
パニくってる公麿に、真朱が微笑む。
「分かってる、貴方の気分。
勝ちたくないんでしょ?
良いよ…私もなんか同じ気分」


下手に功を負けさせると、関わってる子供達の未来が
失われるから?
でもその功は、今本気で公麿をつぶそうとしているんだよ。
自分が関わってる者たちを失いたくない、
だから公麿は潰して良いってことにはならないよね。
まぁディールはそういう物ですよ。
勝つか負けるか、生きるか死ぬか。
でも功は、それを避けたい人なんだよね?
この世界と現実世界との関係を憂いてるような人が
自分の意見に賛同しなかったといって、
木っ端微塵にしようとするのはどうなのよと思う。

それでも公麿の気持ちを尊重しようとする真朱って
凄いなって思う。良い相棒だよ。

そんな真朱を見つめ、公麿は否定する。
「違うよ、真朱。
勝ちたくないけど、負けたくも無い。
未来よりも何よりも、
俺はとにかく身近な物を失うのが怖い」

真朱を抱く手に力を込める。
真朱がこんな風に傷つくのも、嫌なんだよね公麿。

真朱が弱く、笑った。

「行こう…真朱」
二人は真朱の血で真っ黒な手を合わせ、
唸り声を上げた。

で、場面変わっちゃったけど、
スコーチド・アース、上手く出せたのかしら。

功は引越しするみたいです。
てことは…公麿たち、勝ったのか。
事務所も引き払って、スタッフも少数精鋭で行くらしい。
「そんなにその…影響が…」
資産大きい分、影響大きいんだよきっと。
公麿ったら、勝ってもいつもこんな顔だね。
そんな公麿のほっぺをぷに、と功が指で押す。
「あっち、行こうか」

どうやって公麿達が勝ったか、ですが、
あの後メゾを2回撃ったらしい。
真朱、あんなにボロボロだったのにね。
二人の絆の力って所かな。

公麿ったらまた謝ってる。
謝る必要は、無いんだってば。
お互い様なんだから。
「でもあんな勝ち方は…」
バランスディール、出来なかったのかな。
切羽詰ってて、それどころじゃなかったか。

「僕もあの戦いが続いけば
間違いなくコントロール出来る余裕をなくしてた。
そういう意味じゃ、君の判断は全く適切だったって事さ」
功は公麿を少し甘く見ていたのかもしれないという。
自分と似たようなものをかんじていたから。

「君はあの街で戦い抜く事が出来る人間だと思うよ」
「あの…あそこに貼られていた絵は…」
「…聞きたいかい?」
訊くべきじゃないよ、公麿。

功は公麿にクイックヌードルを投げる。
今はこんなものを近くの施設に送ってるらしい。
随分規模が小さくなりました。
もうTVや雑誌で取り上げられるような有名人でも
なくなっていそうですね。
これからは寄付やカンパに頼るしかないから
大掛かりな援助は出来なくなる。
「でもね、あの金に頼るよりはずっと良い」
うん…それはね…。
それ言うと、三國とは反対意見になっちゃうんだけど…。
三國は黒い金で人が飢えずに済むなら、
そっちを選ぶわけで…。

うーん、私も公麿同様、揺れる…。

クイックヌードルは、真朱にあげてとのこと。
「僕からのプレゼントだってね…」
この後の無音状態は、公麿の心の音を表現かしら。

真朱が功を感じ良いというのも
気に入らなかったんだもんね。
渡したくないよね、こんなプレゼント。

あー、それにしてもやっぱり、「俺の麺」は消えたのね。
これまでやたらしっかり映してたじゃない?
「俺の麺」をさ。
裏設定分かると、面白いね。

RPG(初回限定盤)(DVD付)RPG(初回限定盤)(DVD付)
(2011/05/11)
School Food Punishment

商品詳細を見る



公式で聴ける”C”Monologuesは、
一週間限定で、今回は公麿です。
前回の三國の独白を、もう一度ちゃんと聞いてコメント
するつもりだったのに、すっかり忘れてて
もう聞けなくなっちゃった…うう。
おおまかには覚えてるけど、台詞は拾えないなぁ。
公麿分で、またコメントしたい所ですが、
明日、時間あったらね…ってところで…。

あー、それにしても今日も真坂木出て来なかった。
さみしーっ!!

前回までの感想はこちら。

[C] #1【complication(複雑)】櫻井さんが楽しいっ。
[C] #2【coincidence (暗合)】面白くなってきましたよ。
[C] #3【conspiracy (陰謀)】なんか三國が好きになってきたぞ…。(汗)
[C] #4【conversion (転換)】ガーン!そんな奪われ方もあるのか…。


※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) [ C ] 第6話 「conflict‐葛藤‐」

「C」第1巻 【初回限定生産版】(2011/08/19)内山昂輝、戸松遙 他商品詳細を見る 公麿の次の対戦相手は宣野座功という男だった。NPO法人の代表として恵まれない人達に手を差し伸べる彼は、公麿にある取...

[ C ]  第6話 「conflict(葛藤)」

ディールに馴れてきたが勝つても嬉しくない公麿。 少なからず相手の未来を壊しちゃうのですからね…。 そんな公麿に、ディールをパスすることを勧めて来る宣野座が登場。  ▼ [ C ]  第6話 「conflict...

気分のモンダイ

絶滅動物! 真朱が可愛かったり、ジェニファー・サトウのサービスシーンが (*´∀`) 『C(シー)』 #6 conflict(葛藤) 公磨は真朱と良いコンビネーションを発揮するようになってきました。 アセットはアントレの未来を体現したもの って、どういうことなのかな~...

[ C ] 第6話 conflict(葛藤) レビュー

宣野座功 29歳  ディール戦歴 57戦56勝1敗  現在の個人資産 98億7千万円 ディールは次週木曜日に予定 対戦相手 余賀公磨 このデータはジェニファー・サトウのもっているデータ。 宣野座功はテレビにも出るような有名人らしい。 宣野座功の声はカッキー! 公磨はとい?...

[C]THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL #6「conflict(葛藤)」

先日起こった本物のI●Fトップのニュースを知った際、 「C」という作品は私たちの居る世界と非常にリンクしているかのような、というより もしや彼も実はアントレで…なんて想像力を膨らませると 金融街という裏社会が本当に実在してそうな気がしてくる。  ↓  ↓

[ C ] #06『conflict(葛藤)』

宣野座功(29)。 57戦56勝1敗。 個人資産98億7000万円。 そんな彼の次の対戦相手が公麿であった。

[ C ] 第6話「conflict(葛藤)」

「勝ちたくないけど 負けたくもない、未来よりも何よりも  俺はとにかく身近なものを失うのが恐い」 公麿vs宣野座! 戦いを避ける為 ディールのパスを持ちかけてきた宣野座の考えとは…    【第6話 ...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。