fc2ブログ

[C] #8【confidence(信用)】寒気がしました。(風邪引きじゃないよ)

怖いよ、もぉ。
これといい、「STEINS;GATE」といい…。
もう背筋がゾッとするよ。
幽霊ものより全然冷房効果あるかも。
ま、幽霊と言っても、最近の幽霊は
ラーメンとか食っちゃうみたいなんで、
怖さも何もないわな…うん。

なんか今回は感想もちと書き難かったわ。
言いたいことも、なんか上手く言えなくて。
"C"Monologuesの感想が書けそうだったら、
そっちで補完するかも。

公式で聴ける"C"Monologuesは、
一回目が三國、
二回目が公麿、
三回目がQでした。
今週は羽奈日です。

もう聴いたのですが、感想はまた後日、
書けたら書きます。

ちょっと時間ないので絵文字なしで
殺風景ですがお許しを。

「C」第1巻 <Blu-ray>【初回限定生産版】「C」第1巻 【初回限定生産版】
(2011/08/19)
内山昂輝、戸松遙 他

商品詳細を見る

あらすじは公式HPより。

あらすじ #8「confidence(信用)」
東南アジア金融街の破綻が近いことを悟った壮一郎は
〝C〟に備えるよう幹部達に指示を出す。〝C〟とは
一体何なのか。その影響は現実世界に序々に現れてい
たが、アントレプレナー以外の人間には感じ取ること
が出来ない。今まさに、公麿は己のスタンスを選ばな
くてはならなかった。


今日もアバン無しでOP~。
PASSENGER(初回限定盤)(DVD付)PASSENGER(初回限定盤)(DVD付)
(2011/04/06)
NICO Touches the Walls

商品詳細を見る


うっわー、東南アジア金融街の資産額、
減り続けてるじゃないの。
しかも一瞬0になって戻ってる。
この間、こっちの金融街でも似た現象あったよね。
あっちもこっちも崩壊寸前?

「"C"に備えろ」
三國が幹部達にそう告げる。
この作品のタイトルにもなってる"C"。
公式によりますと、

金融街は影響範囲内の人間の可能性を
ミダスマネーに変換しつくすと
自壊して大規模な次元褶曲現象を引き起こすらしく
アントレ達はその現象を
Calamity、 Catastrophe
Chaos、Clash、Crysis
Collapse等の頭文字をとって"C"と呼んで
いるそうです。

「金融街が破綻すると
国が消えるって、マジぃ?」

リーマンショックの後、
金融街に来た堀井は知らない。
「カリブ海って知ってるか?」
以前あそこは陸地で経済大国の
カリブ共和国という国があった。
それが南米金融街の破綻で消えたらしい。

げげげーっ!
何ここ!ほんとに渋谷?
スクランブル交差点渡る人込みが無いじゃないかっ。
角の建物に貼られた貸し店舗、貸看板の文字だけが目立つ。
怖い…怖いよ…。

「こう活気が無いと、
こっちでの商売はあがったりですよ」

おや情報屋、あんたの本業は屋台のクレープ屋ですか。
似合わねぇ~。そんな不気味な顔の店員で、
クレープ屋なんてやって、ちゃんと客来るの?

「いよいよこの国も末期に入ったということかな」
ジェニファー、そんな怖い事さらっと言わんといて~。

竹田崎に2000万も渡して何の情報を買ったのかと思ったら
クレープの外包みに挟んだSDカードですか。
中にどんな情報入っているのやら。

そろそろ円で商売するのも潮時、
次からはドルか元でという竹田崎。
「生まれた国がこんな状態になっても、
考える事は通貨の切り替えとは…」
ジェニファーは呆れてますが
竹田崎に言わせれば、選んでこの国に生まれた
わけじゃない、と。

「新しい情報は?」
「1つ。椋鳥の中に寝返りそうな人が居るんですが…」
「説得出来たらいつもの三倍」
うはー、そういう事やってたんだ貴方達。
竹田崎は金で動いただけでしょうが…。
ギルドからも金貰って動いてるよね貴方。
なんというかほんと、金だけなのねー。

「あ、そうだ。余賀公麿って、まだ気にしてますか?」
「なぁに~?」
公麿のアセット、真朱の事、以前から見覚えが
あるような気がしていたという竹田崎。
「彼が気にしていた、父親の事に絡んでいるんですが…」
「興味ない」
公麿が気にしていたなら、直接言えば良いのではと言い
ジェニファーは、去っていく。

「おやおや?読み違えたかぁ?」

ちょっと待て。
真朱を見た事があって、父親に関係してるって言ったら
公麿の父ちゃんのアセットだった、
もしくは父ちゃんのアセットと似てるってことだよね。

でもそれは有り得ない話じゃない。
父ちゃんの資産が家族であったなら、
公麿と公麿の未来も含まれていただろうし。

大学の講義を受けてた生徒も、ざっくりと減り、
残ってるメンツも、机に伏して寝ていたり
ぽかんと口を開けてぼんやりしてて
無気力症って感じですね…。

羽奈日を見つけて公麿が話掛けるけど、
彼女も随分ぼんやりしていて、
声を掛けられても、すぐには気づかなかった。
教育実習はどうだったかと訊かれ
大変だったけど楽しかったと羽奈日は答えますが
「なに?」
「いや…悪い…なんでもない」
すると羽奈日は両手を机につけ、
俯いた姿勢で立ち上がる。そして…
「変なの」
ぼそりと彼女から落ちた声が
とても冷めていて、
およそ彼女らしくない。

変なのはキミの方だよ羽奈日。
どうしちゃったの。

いや…公麿のコンビニバイト仲間、角田も妙です。
黙々と、でもテキパキと、働く子だったよね。
商品の値札付け作業の手が止まってぼんやりしてるわ、
手からぽろりと商品落すは…。

みんな無気力になってるー。
ホームレスも増え、サラリーマンも路上に座ってぼんやり。
ええーっ皆、ほんと所構わず座り込んでて
警備の兄さんまで!?

カラスだけが逆に元気ですか?
それも怖い。
群れを見上げた進藤に、
「気にするな、想定内だ。
次のステージに入っただけだ。
終わりではない」

三國はそんな事言いますが、
いやもう街の様子見てて怖いよ。
ここからなんとか出来るものなの?

三國の秘書の井萩まで、無気力症?
受け取ったアタッシュケース落すは
落した事に気づくのも遅いわ、
動きは緩慢だわ…。

金融街に出入りしていない人間も、
どこかでアントレとの関わりがある為
影響を受けてしまっているということ?
もうこの国の人間で、影響を受けない一般人が
居ないほど、多くの人がアントレに成っていた、
ということですよね…。

江原が屋上に…いやそのまた上の
ペントハウスに立ってるのを公麿が見つけ
慌てて登っていく。
「おお余賀か。どうした、青い顔して」
そら青ざめるって。
だいたい、ここまで上るのだって怖いよ。
風吹いてるし。

「いや…どうしたって…
何してんですかっ」

声が焦ってる。
だって考えられる事、一つしかないものね。

「金融街に担保に取られた子供達を
取り戻そうと思ってな」

色々やってみたのだそうだ。
引き換えになるかと財産捨ててみたり、
研究成果を廃棄してみたり。
「だが何も変わらなかったんだ」

あのさ、貴方が捨てたそれらが担保になるのなら、
子供が消えたりしなかったでしょうよ。
貴方の資産の中でそれらより価値があったから
取られたわけでしょ?

「分かりました…分かりましたから…
とりあえず、こっちに来てください」
あ…こういうトーンだとやっぱり内山さん、
ちょっと神谷さんと似た雰囲気あるな。
"C"Monologuesの時にね、ちょっとそう思ったんだけど。

「で、これをやってしまうと
他の事が試せなくなるので
最後に取っておいた方法を
試してみようかと…」
両手広げて落下準備。
もう瞳に光はない。
もう精神がだいぶやられてしまったよね江原。
「思ってな」

でね、それやったら、他の事が試せなく
なるだけじゃなく、結果も見れないのよ江原。

地面に落下して行ったのは左の靴。
公麿が抱きついて、手前に倒れこみ
助かったようです。

自分自身と引き換えに取り戻そうとしたのか。
いやラクになりたかっただけかもしれないと
江原は思う。

ディールで公麿に負けて破産して、
現実世界でどんな恐ろしい破滅が待ち受けているかと
江原はビクビクしたという。
「そして戻ったら子供が居なくなっていた。
悲しかったが、正直、こんな程度かと思ってる自分も
居たんだ」
これなら取り返しが付く、と思ったらしいが
それから何をしようとしても気力が沸かない。
学術書を読んでも全く頭に入らず、集中も出来ず。

「今思えば、未来を担保にしたと言った
あの真坂木という男は正しかった。
この実感は未来を失ったとしか言いようが無い」

まだやれる事はあると公麿が立ち上がる。
金融街で方法を探してくると。
「変わっているな、君は」
最近よく言われる。
ずっと凡人で通ってきたのに。

「それは君が動き出したからだよ!」
もう片方の靴を、江原が投げる。
「じっとしていちゃ、凡人も変人も分からん」

公麿は金融街に来ている。
これから、かなりのミダスマネーを使うつもりだ。
となると次回からは資金に余裕の無い状態で
ディールをすることになり、
真朱に負担をかけることになる。

「まー、いいけど」
あらま、あっさりと。
怒らないの?
「アンタなりに理由があるんでしょ?
じゃあ良いよ。嫌じゃない」

すげー理解あんのな。
さすがコンビネーションばっちりのぺア。

で、どうするのかと思ったら、息を吸って…
「真坂木ーっ!!」
大声で叫び出しました。
叫ぶちょい前から、
彼はキミの後ろに居るんだけどね。

真朱が教えようとするのを、真坂木が
「しっ」
人差し指を口に当てて止める。
ったくもぉ、お茶目なんだから。

「わたくしに、何か御用ですかっ」
くふふふっ。
ほぉんと櫻井さんの喋り方、ツボっ。

あと3つ位方法を考えてたらしいが
1つめで成功。
「次からはもう少し”小さい”声でお願い
できますかっ?」

言うほどデカイ声でもなかった気がするが。

「でっ!本日はどのようなご用件でっ?」
江原が担保にしていた未来を返して欲しいと公麿が頼む。
「その代わりに金を出す。
当初彼が貰った十倍でも百倍でも払う!」

百倍って数字には真朱も反応してますよ。

いくら払えばよいかと公麿は大マジですが、
そんなシステムはここには無い。
そうでしょうね。
「なんでだよ!
元でが百倍になったら、銀行としては大変な利益だろ!」
理由は分からない。
「上の者が決めたことですから」

いやそもそも普通の銀行じゃないし、
彼らは現金よりアントレ達の担保の方が、
美味しいんだろうさ。

上司に合わせろと公麿が叫ぶが、
そんなの無理でしょう。
用事がそれだけなら、と真坂木は消えました。
真朱が公麿を心配そうに見ている。

「人が担保にした未来を取り戻す方法ねぇ」
「アンタなら知ってるんじゃないですか」
今度は竹田崎の所に来ましたか。
で、また100万ですか…。
ほんとに100万分の情報くれるのか?

金がチャージされたとたん饒舌になるコイツがキモイです。

そういう事をしようとしたヤツは何人か知ってるが
成功した試しはないらしい。
ほら、100万損した。

てっとり早く、三人分の保障で何億か払えば良いのではと
言い出す竹田崎。
怒るかと思ったら、真朱が先に口出した。
「そんなことじゃ、
ぜんぜんスッキリしないよ。
むしろ嫌な気分、じゃない?」

公麿の気持ち、良く分かってんじゃん。
二人のシンクロ度、上がってきてるよね…。

三國は貴子の見舞いですか。
彼女の手を握り、優しい眼で見つめる。
ほんと、貴子の事が大切なのね貴方。

そして誓うように表情を引き締めた。

あら石動が現実世界で仕事してる所、
初めて出たね。
肩書きは日本経済調査室 主席エコノミストですか。

東南アジア金融街も限界のようで…。

-まずいな、この国に近い…。

それは共倒れの可能性ありってこと?
ジェニファー。
にしてもさ、ほぉんと毎度飴を舐めてますが、
それで良く太らないわね、貴女。

JRっぽいシートの電車。
車窓からの景色を見るとローカル線のようですが
ジェニファーと石動が接触してる。
あわわ…。
石動ほどの側近が…。
まぁ進藤以外の幹部は、裏切る可能性ありましたけどね。
電車の走る音だけで会話を我々に聞かせないのが
憎いなぁ。

金融街へは遅れて来た石動。
進藤が怒ってる。
「一分のズレが全体に支障をきたすこともある」
「三國さんの受け売りか」
「なにぃ?」
今更遅刻などで責めはしないと三國。
「それなりの仕事をさせるだけだ」

肝に銘じると返す石動の言い方が、
なんかしらじらしい。
先にジェニファーとのシーンを
見たせいもあるかな。

東南アジア金融街の不調が想定以上に深刻になってる。
「防衛資金集めを次の段階にシフトする」
な、何をする気?
「ギルドメンバー全員で、
ギルド街全員の資産を全て奪う」

ええーっ!!
そ、そんなことしたら…。
「現実への影響は気にしないの?」
あ、堀井が言ってくれました。

国の命脈に関わる事態が起き様としている。
痛みに配慮してる場合ではなくなったと三國。
自分達の割り当てのデータを配る進藤。
堀井は一番強いヤツとやりたいってさ。
進藤は二番目。
「やリすぎないで下さいよ?
恨みを買ったら、面倒っすよー」
もぉ直ちゃんったら。

「心配なのはお前だっ!」
進藤は真面目だなぁ。
堀井は腹抱えて笑ってる。
三國も、ふっと笑う。

うーん三國…貴方のやろうとしている事が
正しいのかどうか分からなくなって来た。

公麿ったら竹田崎に言われたとおり、
現金持って江原の自宅訪問ですか?
いやー、そんな事したって…と私は思うがな。
江原は留守のようで、公麿の顔は不安げ。
大学で事務員に尋ねてみますが…
おい事務員、返事だけして私用のメール打ちですか?

江原は交通事故で亡くなっていた。
葬儀は実家の北海道でやるそうで。
それは…自殺じゃなく事故なの?

一方、羽奈日もおかしな事になってる。
薄暗い部屋で、やはり動きは緩慢で、
教育実習に行った母校の生徒達から来た手紙を
事もあろうにハサミで刻んでゴミ箱に捨てている。

なんで?羽奈日!
貴女、教育実習楽しみにしてたのに。
子供達もこんなに慕って手紙書いてくれたのに!

ソファに寝転ぶ彼女の顔には表情が無い。
彼女も無気力症。
アントレでもないのに、未来を奪われたような
同じ状態。
関わっていた近しい誰かがアントレで、
破産でもしましたか。
家が暗いから、ひょっとして両親か
はたまたあの金持ちの彼氏?
もう存在がなかったりして…。

アントレでは無い羽奈日は、存在が消えた場合
居た事を忘れてしまうわけですが、
でも空虚感は感じるってところかな。

あぁ夕焼けがとても綺麗だね。

江原は酔払い運転の車に跳ねられたのだそうだ。
赤信号なのにぼんやり立ってたんだと
運転手は言ってるらしい。
半分、自殺でしょうね。
もう生きていくのは彼には酷過ぎたのでしょう。

公園のベンチに腰掛けて、
江原の事を思っていた公麿。
彼の前を親子連れが通り、
母親が子供に千円札を渡している。
受け取ろうとしたとたん、風が吹いて千円が飛んだ。
公麿の足元へと飛んで来たそれはミダスマネー。
凝視し、拾い上げる公麿に、
「それ僕の!返して」
子供が慌てて駆け寄る。
「ああ」
差し出した千円。
「ありがとう」
礼を言って受け取ろうとする子供の手、
確かにその手はあったのに…

事実が書き換えられた。
誰かの大事な資産の一部だったんだろうね、その子供。
公麿の目の前でこつ然と居なくなった。

『こうやって世界は
変化していたんだな
私達の知らない所で
少しずつ少しずつ』

江原の言葉が公麿の脳裏によぎる。

笑顔を向けていた母親は我に返り、
なんで私、こんな所にいるのかしらみたいな顔で
歩き出す。
自分の子供が消された事も知らずに。

怖い、怖すぎるっ。

「なんなんだよ。なんだってんだよ!」

これはキツイよ…。

公麿がクレープ屋の前を通りかかり、
竹田崎が声をかける。
あ…また一人通行人が消えたね。

こっちで会うのは初めて。
これも何かの縁。
1個買っていかないかと言う竹田崎。
お父さんと真朱の話なら、
私が買いたい気分です。
でも100万も出せません。

「アンタ…こんな事もやってるの」
情報屋で十分儲かってるのに。
そんなに金が欲しいのか。

「欲しいね。いくらでも欲しい」
「金なんて…いくらあったって」
そう、いくらあっても本当に欲しいものは
買えないものです。

勘違いされるけど、竹田崎が本当に欲しいのは
金ではなく信用なんですって。
あー、今日のタイトル、信用ですもんね。

信用があれば金はいくらでも入ってくる。
公麿だって、竹田崎を信用してるから
彼から情報を買うわけだ。
「信用が金を産むんだ。
だから私は人を信用させる力を
手に入れたいんだよ」


では未来を担保に金を借りるってことを
竹田崎はどう思っているのか。
彼の場合は単純。
未来と金、どっちが信用できるか。

おや…?
ミダスカードが砕けて…真ん中の円の部分、
真朱がよく顔出してるあの部分だけが残った。

病室?
病室にしてはちょっと変わったドア。
船室…みたいな。

水差しとか…未来っぽい?

『名前…まだ決まってないんです。
お父さんも考えてください』
赤ん坊を抱えた母親が主人にその子を近づける。
男の手は何故か皺皺で、
でもその指を赤ん坊がぎゅっと握る。
女の子の名前、どんなの良いか。
『真朱…』
そう応える男の声は公麿のもの。

ハッと目覚めた公麿は、
金融街へと向かうタクシーの中でした。

これは…どう取る?
父親が連れていたアセットが真朱あるいは真朱に
似ていたのだとしたら、
父親の取られた担保に公麿と共通する子供が居たと
考えても良いかもしれない。
となると、公麿が覚えてないだけで
本当は妹が居た、とか、
もしくはもっと先の幸せって事で、公麿の子供、
父親にとっては孫の象徴だった。
こっちの方がしっくり来るかな。

夢がただの夢ならば、公麿の潜在意識が形になった
だけであり、深読みしても仕方ないわけですが
多分これ…担保に取られてる未来でしょ。
金融街に向かうタクシーの中だし、
垣間見てしまったとか…可能性ありそう。

公麿も手に感覚残ってるみたいだしね…。

公麿は江原に渡すはずだった金を広場の中央にてんこもりにして
燃やそうとしている。
勿体無いだの、俺にくれだの外野から声が飛びますが
公麿の気持ちも分からなくは無い。
これを燃やしてるの見てたら、
なんか江原を火葬してる気分になった。

やりきれないね、切ないね、公麿。

せっかくの資産を無駄にしているというのに
真朱は文句言わない。
「そうするって決めて
ここに来たんでしょ?
良いよ。…ちょっと驚いたけど」

なんか真朱、嬉しそう。
公麿とトビラで背中合わせで寄り添って、
良い雰囲気。
今日は全体的に作画良かったけど、
ここの真朱がまた良いよね。

「俺はこんな物に
人の未来を奪う価値が
あるとは思えない。
紙だぜ?こんな簡単に燃える」

それが公麿の出した結論。
金よりも未来が欲しい。
未来の方が信じられる。

「だけど、そんな事しても、
金融街は、なーんのダメージも
受けないよ?
その紙に価値を与えているのは…信用」

って、ジェニファー!
今度はチョコですかっ。
甘い物好きだなぁアナタ。

紙を焼いても信用は燃えない。
金融街は新たなミダスマネーを発行するだけ。

「何かしたいなら、あまり時間は無いっ」
くくくっ。
ジェニファーの言い方も独特で毎度面白い。
「この国の状況はもう末期。
しかも…かなりのね」

公麿は三國を訪ねる。
「あの人の言った事、正しかったんじゃないかな」
功の言った事、ね。
可能性の失われた未来しか残らないなら
現在がある意味かない。
これは、ほんと、どっちもどっちだから、
私はどっちが正しいとは言えない。

三國は間違ってると言い切る。
「失われようがどうしようが、
未来自体が無くなることはない」
「それが悲惨な未来でも?」
「そうだ」

では三國が言ってた事はなんなのか。
本当に弱いものを守るということは、
遠い未来の人達を犠牲にして
今生きる人を救うってことなのか。
「なんかおかしくない?!」
功の言ってた事は、本当に三國が言うように
強い者の論理なのか。
「なんか違う気がするんだけどっ!!」

「今が無くなったら…未来もなくなる」
「未来の為に、今があるんだろう!!」

そこに進藤が知らせを持って来た。
シンガポールが崩壊しそうらしい。
「もう言葉を尽くす時間は無くなった。
決めて、動け」

三國は、予定通り、"C"への対処を指示。
現実世界へギルドメンバーが戻っていく。

「いいか、俺の邪魔をするな。
黙って見ていろ」


ついに東南アジア金融街が破綻した。
街が保てなくなり消えていくのと同時に現実世界でも
あちこち綻びるようにして消えていく。
アセット達が苦しみ出し、
身体が破裂するとミダスマネーへと代わり
上へと舞い上がっていく。

その様子を空中で見ている真坂木。
実に嬉しそうに笑ってる。

酷いな。

RPG(初回限定盤)(DVD付)RPG(初回限定盤)(DVD付)
(2011/05/11)
School Food Punishment

商品詳細を見る


ほんと、どんどん怖くなってきました。
三國と公麿も、距離が出来ていきそうだなぁ…。



前回までの感想はこちら。

[C] #1【complication(複雑)】櫻井さんが楽しいっ。
[C] #2【coincidence (暗合)】面白くなってきましたよ。
[C] #3【conspiracy (陰謀)】なんか三國が好きになってきたぞ…。(汗)
[C] #4【conversion (転換)】ガーン!そんな奪われ方もあるのか…。
[C] #6【conflict (葛藤)】こっちも分かんなくなって来たよ…。
[C] #7【composition (組成)】"C"Monologues拡大版ですか?


"C"Monologuesの感想はこちら。

「"C"Monologues 」#2【余賀公麿】まだ悩んでたのね…。
「"C"Monologues」#3【Q】Qの独白も参考に、ちょいとアセット考察してみた。

※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

未来と金と信用と

エコアクション! どうなっちゃうんですか~。><。。 『C(シー)』 #8 confidence(信用) 金融街が破綻するようなことって、あるんだ@@; 三國ら椋鳥ギルドがそんな話をしているうちにも、 渋谷の街はシャッター街になり、人影が消えてゆきます・・ 大学生の...

[ C ] 第8話「confidence(信用)」

「もう言葉を尽くす時間は無くなった、決めて 動け」 金融街の破綻は国の消滅―― ?C?に備える壮一郎、そして現実世界への影響を目の当たりにした公麿は…    【第8話 あらすじ】 東南アジア金融街の...

[ C ]  第8話 「confidence(信用)」

未来の方が信じられる――! まったくそれを言えないのが今の日本の現状なのですけどね(^^; 東南アジア金融街の破綻が急速に迫り、三國は?C?に備えるよう通達。 今を守るためにもう現実への影響も気にし...

[C]THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL #8「confidence(信用)」

リーマンショック前まで、カリブ海は陸地で『カリブ共和国』が存在していたΣ(゚∀゚)ナンダッテー!!! 南米金融街の破綻によって国が消滅し、存在さえ無かったことになるとは ミダス銀行はどれだけの能力を持ち合わせているのか恐ろしいー。  ↓  ↓

[ C ] #08『confidence(信用)』

東南アジア金融街。 そこは近々破綻すると予想されていた。 金融街が破綻すると国が消える。それは前からここにいた者ならば知っていること。 カリブ海はかつて陸地だったが、南米金融街の破綻により国ごと消えたのだと。なんと恐ろしいことか……

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
ここ数年、仕事と体調が
落ち着かず
ブログ更新はまばらです💦
お急ぎの方はTwitterにて
連絡ください。

本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


音楽、アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
刀剣乱舞、グラブル、
夏目友人帳、うた☆プリ♪
あと、進撃の巨人、黒執事
ハイキュー!!、七つの大罪
黒バス等も好きです。

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR