FC2ブログ

「青の祓魔師」#9【おもひで】雪男が切ない…。

ほんとは遅れてるから簡易にしようと
思っていたんだけど、
今回はなんか雪男の思いが沁みまして…
あ、燐のアレも、ズキュン!ときましたよ。
でも雪男もね。
その辺を書こうと思うと、やっぱ順を追って
書かなきゃ話が伝わらないよなぁと思って
拾ってたらやっぱり遅くなった。うう。

不器用だよなぁ私…。

あーちなみに原作未読なのに
けっこういい加減な事言ってます。
原作既読者さまにお願い。
もしも、私が誤解して
変なこと言ってたら、
こっそり教えてくださいませ。

青の祓魔師 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]青の祓魔師 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/06/22)
岡本信彦、福山 潤 他

商品詳細を見る


青の祓魔師 2 [Blu-ray]青の祓魔師 2 [Blu-ray]
(2011/07/27)
岡本信彦、福山 潤 他

商品詳細を見る



あらすじは公式HPより↓
TVアニメーション「青の祓魔師」公式サイト

あらすじ 第9話「おもひで」
仲間との共闘で辛うじて苦難を乗り越えた燐たち。
その場に突如、メフィストや塾の講師たちが登場する! 
実は今回の強化合宿は悪魔の襲撃を含め、全て祓魔塾が
仕組んだ祓魔師候補生(エクスワイア)への認定試験だ
ったのだ!! 
予期せぬ展開に戸惑う塾生たち。彼らをよそに雪男は、
襲撃役を務めた講師・ネイガウスの様子に疑問を感じて
いた。ネイガウスが燐に向ける敵意の意味は? 
そして燐たちは無事に候補生へ昇格できるのか!?


前回は、戻ってきた雪男がイゴールと一緒なので
燐が驚いた所で終わりでしたね。
燐の表情が硬くなってる。

「ゆっ雪男…そいつは…敵…」
言いかけた言葉を最後まで言わせてもらえず
燐は顔蹴られて吹っ飛んだ。
凄い派手に飛ばされたもんだ。
ひっくり返った燐の眼に映ったのは
天井板外して宙ぶらりんなメフィスト。
この足ですか、燐を蹴ったのは!

「はぁい、ペイジの皆さん、
大変お疲れ様でした!」

メフィストが中級以上の悪魔の浸入を許す筈はなく
この合宿は、エクスワイア認定試験を
兼ねていた、と。

ええーっそれ後付じゃなくて?

合宿中はそこかしこに先生達を審査員として
配置させていたのだというけど…。
うん、確かに今押し入れや床底から出てきたけどさ。
でもイゴールは、イゴールだけは
ちょっと違う気がしますよ…。

雪男が燐に苦笑いしてる。
試験を兼ねていたってことは確かのようです。

これから先生方の報告書を読んで
メフィストが合否を最終決定するそうな。
「発表を楽しみにしていてくださいねっ」
☆飛ばしてる場合か~っ。
いくら先生配置してたって言ったって
かなり危険な眼に遭ってたぞ皆!
昨日の朴だってしえみが居なかったら
やばかったじゃないか。

はい、OP~。
CORE PRIDE(期間生産限定盤)(アニメ盤)CORE PRIDE(期間生産限定盤)(アニメ盤)
(2011/05/11)
UVERworld

商品詳細を見る

CORE PRIDE(初回限定盤)(DVD付)CORE PRIDE(初回限定盤)(DVD付)
(2011/05/11)
UVERworld

商品詳細を見る


「くっそぉーーーーーーーーーっ!!!」
OP開け、チャンネル変えた覚えないのに
違うアニメ?と思っちゃったよ。
いくらギャグ画とはいえ、作画酷すぎませんか?
誰よコレ。声が岡本さんだから燐なのよね。

「まさか…抜き打ち試験だったなんてな…」
ほんとにね、とてもそうとは思えませんよね。
今だってみんな、燐以外は点滴受けつつ喋ってるのよ。
しえみは眠ってるし。

少しは可能性を考えておくべきだったと志摩。
「あぁ…僕、大丈夫やろか…」
子猫丸は頭抱えて焦ってます。
「坊(ぼん)や志摩さんは、
ええですよ。
僕なんかロクに腰立たんように
なってたんですから」

でも頑張って詠唱してたじゃないの。
頑張ったよ、子猫丸。

「アンタ達は大丈夫でしょう」
出雲が口を挟む。
雪男は試験前に強く念を押していた。
『祓魔師は一人では戦えない!!』
『皆で仲良く頭を冷やしてください』
エクスワイアに求められる素質は
実践下での協調性。
「それで言うと、私は最低だけどね」
でも出雲も最終的に、ちゃんと努力したじゃん。

「お前はまだ全然マシやろ」
ほら竜士もキミがやった事はちゃんと認めてる。
それよりすっかり外野を決め込んでたお二人さん。
まぁ片方はアレなのでアレでしょうけど
もう一人はねぇ。
これで受かったら怒っちゃうぞ。
人形持ってる子は、顔は眠そうで大人しそうなのに
「煩いガキどもがってめぇらと話す事なんか
ありゃしねぇんだよ」
口悪いんだー。
って、腹話術ですから、本人じゃなく
人形の方の性格設定がこんな感じなんでしょうけど。

言われた言葉に竜士はキレますが
燐は謎だった二人が喋った事にまず驚き、
「腹話術、超うめーじゃん」
感動してるし…。
反応する所が全然違うね、おもろい。

燐の大きな声に、しえみが眼を覚ましました。
「ああーっやべぇ…。
悪りぃ起こしちゃった?」
気にする燐が可愛いな。
「ううん、もう大丈夫。だいぶ元気になったよ」
しえみはぼけぼけのまま、
皆、何の話をしているのかと訊く。

「一番の功労者は、杜山さんやな」
「杜山さんがおらんかったらと思うと
ゾッとするわ。
ほんまに、ありがとう!!」

竜士が頭を下げる。
しえみはまだぼけぼけ中……
…………長いな。
「えっ!?」
やっとか。
「そっそんなっ!こちらこそっ」
ぺこっと頭下げるしえみ。

しえみは絶対合格だろう。
そうじゃなきゃ皆全員落ちちゃうわ。
真っ赤になってる戸惑うように苦笑するしえみ。
皆みたいに祓魔師目指してるわけじゃないから
ちょいと複雑よね。

そういえば燐はどうやってあのグールを倒したのかと
子猫丸に訊かれ、
「あ…あれ…俺はあのぉ…コイツで、
ぐさーっと」
あははは。間違ってはいませんよ。間違っては。

騎士の素質があると子猫丸。
抽象的過ぎると竜士が突っ込みます。
「俺はお前が一番謎や」
あはは。
「まぁな、俺ってこうみえて
ミステイクな男だからさ」

うん、確かに色々ミステイクだな。
キミも作画も。
ここの燐の作画も可哀想すぎるわー。

「ちょお!ミステイクて…」
「あ、ミステル?あ、いやミスチル?」
ミスチルって。 
「ミステリアスやろ!」
ちゃんと教えてやる竜士はやっぱり親切。

-ペイジなのに中級の悪魔を
サポート無しで倒した。
それも剣で?
ありえない。
 ほんとに謎だ、アイツ…。


出雲が疑惑抱いてる…。
ま、無理も無いよね。

「ネイガウス先生。
少しお話宜しいですか?」

雪男がイゴールを呼び止めた。

そうそう、
イゴールの武器って、巨大コンパスなのねー。

昨日、イゴールの行動は明らかに試験の域を
逸脱していた。
「一体どういうおつもりですか?」
いくら審査員のフォローがあると言っても
独断で生徒達を余計な危険に晒した。
「試験そのものが破綻するところでしたよ」
良かった。雪男が承知してた事じゃなくて。
やっぱりそうだよね。
私情に走ってたんだよね、この人。

「それに…奥村燐の力を生徒の前で
露見させる所だった」

燐の力は一部の教員しか知らされていない。
イゴールもメフィストからそう誓わされて
いるはずなのに。

「私の行動はそのフェレス卿の
命によるものだ。
殺す気でやれと言われている」

愕然とした雪男の顔。
「……なんだって?」
雪男、貴方…。

雪男が燐のブレーキ役なら、
自分はアクセル役なのだろうと
イゴールは言う。
「全ては奥村燐の能力をより正確に把握する為だ」
「どういうことです?」
あくまでも今後、騎士団の武器として使えるかどうかを
計る為。

「天才祓魔師の君は、ただでさえ忙しそうだからな。
せめて悪魔のお守りくらいは分担しようというわけだ」
酷い言い方…。

「兄は、力や感情を
良く制御できてますよ。
少なくとも、今は。
貴方もその眼で見た筈だ。
兄の能力を侮らない方が良い」
「なぁに、本当に殺すわけじゃない」

当たり前だーっ!!
「安心するといい」
安心出来ませんって。
立ち尽くす雪男…。
貴方今…どんな顔してる?

こちらは店番をしてるしえみ。
「昨日は大変な一日だったね、ニーちゃん」
「ニーイーィ♪」
くーっ可愛いっ。
あら、しえみに水かけてもらってるの?
気持ちよい?
河童みたいだな。
緑男の幼生だから、やっぱ水分必須なのか。

そういえば公式の予告語りで、
「マスターは、とっても優しい人です。
晴れた日は、ひなたぼっこをさせてくれるし
水もいっぱい注いでくれます。
ボクも、マスターのために頑張るぞー!」
とか言ってます。
ニーニー語で、字幕無いと何言ってるか
さっぱりですけどね。

しえみとはすっかり両思いのようで。
良いコンビでいてねー。

しえみの指に捕まってぷらぷらしてるー。
もういちいち可愛いねぇ。 

しえみは朴に、出雲に、竜士にお礼言われた事
思い出して幸せそうな顔になる。
自分が役に立ったって事が、嬉しいんだよね。

店の扉が開いて、しえみが慌てて
「いらっしゃいませ」
と頭下げると、ニーちゃんも頭さげてるー。
可愛すぎるーっ。

来訪者は雪男でした。
しえみ、焦る焦る。
女将さんは仕入れで出かけているらしい。
それでしえみが店番してるのだと説明しつつ。

-きゃぁー二人っきり。
 きゃー。


頭の上に"脳内しえみ"が出てきてて笑える。

雪男が来たのはしえみの進路について。

しえみは皆みたいに祓魔師目指して塾に入った
わけではない。
だからあの提出用紙にもなんて書いたら良いか
分からなかった。
「中途半端で恥ずかしい」
いやいや、ちゃんと皆の為に頑張ったし、
中途半端じゃないよ?しえみ。

雪男は、しえみと初めてあった時の事を
振り返って話をする。
まだ祓魔師になったばかりの頃。
雪男はがちがちに緊張していた。
『堅い!』
うわーん藤本ぉ~。
こうやって回想で新しいエピソードを見せてくれるの
嬉しいよー。

『今からそんな気合入れてどうすんだよー。
ただの用品店だよ』
藤本がリラックスさせようと思ったのに
『はいっ!!』
その返事からしてガチゴチ。
タラリと冷や汗も垂れるよね、父ちゃん。

藤本が雪男を女将に紹介する。
雪男はカチコチ続行中。
まだ若いのに偉いわねと返した女将は、
そうだ!と娘のしえみを呼んだ。

襖に手を掛けて顔半分覗かせたしえみ。
まだ髪も短くて少し幼い。
『うちのしえみ。座敷童みたいだろ?』
おーほんとだ~上手い事言うね女将…。
って、自分の娘なのに座敷童だなんて酷いな。
(どっちなんだ)

女将はこういう人なのに、性格全然似てなくて
しえみは極度の人見知り。
挨拶した雪男に応えて
『…こんにちは』
とは言ったがすぐに引っ込んじゃった。
『はは、相変わらずの恥ずかしがりやさんだな』
あぁ…藤本が喋ると嬉しい。

店を出ると庭の方から、しえみが先生!と呼んだ。
『おやぁ?』
『先生!』
誰のこと?って顔で雪男が藤本を見る。
お前のことだろって感じの表情で返され
慌てて
『えっ!?僕?』
自分を指差し、
『え…』
困ったような顔で助けを求めるように
藤本を振り返る雪男が可愛いよ。

『魔よけ!』
差し出したのは四葉のクローバー。
『お務め、気をつけてください』
ありがとうと雪男が受け取ると、
しえみの手は土で汚れてた。
一生懸命探したんだろうね。

『先生…』
尊敬の眼差しでキラキラ見ているしえみ。
藤本が微笑ましく見てますなぁ。
もっと気楽に呼んでもらえますかと
雪男が頼んだ。
『たとえば…』
『雪ちゃん!!』
『えっ!?』
『雪ちゃんは、どうですかっ?』
尊敬する先生が
いきなり近所の幼馴染に。 
なにその落差。

でも、しえみ、めっさ真剣なんだよね。
またキラキラされたんじゃ、
嫌とは言えない。
『あ…えと…可愛い…感じですね…
え…随分と…』
これが燐だったら、
「馬鹿、可愛すぎて恥ずかしいだろ」
とか言っちゃうんだろうけど、
雪男だから承諾しちゃう。
『良いと…思います』
それを横目でちろ~んと見てる藤本がさー
また良いんだよねーっ。

その時の事を言われると
しえみは、恥ずかしさで真っ赤になる。
でもその恥ずかしさは、人見知りが今より
激しかったからであって、
いきなり雪ちゃん呼ばわりした事じゃ
ないのよねぇ。

雪男に憧れていたというしえみに、
自分はそんな大層な人間じゃないと
雪男が返す。

「僕も昔は泣き虫で、
兄に助けてもらってばかりいたんです」
子供の頃、電信柱の上の方に引っかかってしまった
帽子を燐がよじ登って取った事があった。
くーっちび燐、ちび雪男可愛いのぉ。

「兄は、いつも僕には出来ない事を
してしまうんです。
だから小さいときは僕も、
兄に憧れていた」

小さいときは、憧れていた、か。
今はあの頃のような純粋な憧れにはならない。
そうなんだよね、雪男。

人はいつまでも子供のままじゃない。
しえみが努力して変わっていったのを
雪男は知ってる。
でもこれから塾を続けて行くのには
それ以上の覚悟が必要。
「しえみさんに手騎士(テイマー)の素質が
あると分かった今はなおさら…」

女将さんともよく話し合って
明日の結果発表までには
どちらかはっきり決めるよう伝える。

エクスワイアになれば、命に関わる事も
覚悟しなくてはならないから、
保護者の了承も、ね。未成年だしなぁ。

あのテストの時ももう駄目かと思ったというしえみ。
テストはテストだか一線を越えない配慮は
されていた筈だと口にしながら、
雪男の声に確信が無い。
「先生達もみんな、生徒の安全は十分わきまえて…」
雪男の脳裏にイゴールの言葉が蘇る。
『本当に殺すわけじゃない』
強烈な不安に襲われた雪男、突然「失礼します」と席を立つ。

-何か嫌な予感がする。

雪男の心の声は、しえみには聞こえていなかった筈ですが
察したのね。
やっぱキミ、色々と素質あんじゃん。

くはーっ燐ったらよだれ垂らして寝てるよー。
ぷくくくっ。
廊下を歩く靴の音。
誰かが近づいて来ているのね。

ドアを開け、入ってきたのはイゴール。
燐は気づかずむにゃむにゃ…。
イゴールは背中から彼の武器である
巨大コンパスを手にとり、思い切り針で
燐の布団を突き刺す。
感触ですぐに違うと気づきましたね。
掛け布団をめくると中はぐるぐる巻いて縛った
布団が寝ていました。
イゴールが刺した部分から、
ぷにゅっとはみ出ているのは血ではなく綿。ぷぷぷ。

事前に移動させたんだな。

イゴールの後ろでカチッと音がした。
「殺すつもりは無いんじゃ
なかったんですか?
ネイガウス先生」

雪男が銃をイゴールに向けている。

燐は別の部屋で寝てました。
皆が合宿授業を受けてた部屋だね多分。
あぁ昨日の試験会場とも言う。 
しえみが居るからビックリだね燐。
「なんでこんなトコに?
ま、まさか…夜這い?」

そりゃ希望的観測だろ。

起こしても起きないから雪男がここへ
運んだらしい。
そんな説明している間に、上で銃声。
二人は顔を見合わせる。

イゴールは自分の罪の枝を腕に変化させ…(違)
腕に魔法円描いてあるからそこを斬りつけて
血を出せば、そこから悪魔を召還出来るってか。
道理は分かるが気持ち悪いねぇ。

階段を登り、屋上へと向かう。
狭いと戦いにくいよねお互い。
「先生、なぜ兄を殺す必要があるんです」
手の形の…これもグール、なんだよね?
一杯飛んでくるから、雪男は左手を腰の後ろに回し
もう一丁の銃を掴んで両手撃ち。
カッコよいぞっ。

確実に倒して行ってるけど、「手」なだけに、
雪男の手足を掴んで転倒させてしまう。
とっさに聖水…かな?をかけて退治しましたが
そんな雪男の動きに、
「遅い」
イゴールが駄目出し…。

イゴールは更に腕を傷つけ血を流し、
彼の持ち駒の中でも最上級の屍番犬(ナベリウス)を
召還する。

…でぶ。
不細工だし…きもい。
でも…強い。
雪男を軽く片手で吹っ飛ばしてしまう。
銃は効かず、腹から出てきた手につかまれて
壁に叩きつけられる雪男。

じりじりと、でぶ屍番犬が雪男に近づく。
雪男がピンチ!と思ったら、でぶ屍番犬の腹に
刀が刺さり、それは青く光ってる。
この炎は、燐!

「てめぇ!やっぱり敵かぁ!!」
青い炎を身にまとい降下してくる燐。
「悪魔め!!」
ちょっ!イゴールったら、燐に聖水を!

「ははは、人の皮は被っていても
聖水が効くようだな。
やはり本性は隠しきれないと言うわけだ」
燐が身構えてるポーズが動物的なんだよね。
これ見ると、やっぱ素はこうなんだなと
悪魔なんだよなって思う。

眼くらましみたいにはなったけど
聖水でダメージを受けたわけじゃない燐。
下級悪魔と一緒にしないでね。

おっとでぶ屍番犬が燐を掴んで、
首をもごうとしてるーっ。
これは燐、ピンチーと思ったら、
雪男が魔法円を消してくれました。
魔法円さえ消えれば悪魔は消える。

雪男は肩で息してる。
かなりダメージくらったもんね。
でも燐を殺させまいと頑張った?
ありがとう雪男。

イゴール、雪男の事も燐の事も甘くみないでよね。
でぶ屍番犬が消され、イゴールはまた腕から
グールを出そうとしますが
その首元に青く光る刀が当てられる。

「先生、もうそれ以上は召還しない方が
身の為です。出血死したいんですか!?」
だよねー。

「お前は何もんだ!」
刀を向けたまま燐が訊いた。

イゴールは、青い夜の生き残りだった。
彼は僅かな間、サタンに身体を乗っ取られ
左目を失った。
そして彼を救おうと近づいた家族を
イゴールの身体を使って殺したらしい。

そりゃ恨むだろうね。
だけどさ、
憎しみを向けるべきなのはサタンだろうが。

「許さん、サタンも、
そして悪魔と名の付くものは全て。
サタンの息子など
もってのほかだ!!」


燐は…サタンの血を引いてるけど、
血はそうでも、心は悪魔じゃないもん。
心の親は藤本だし、家族はあの修道院の祓魔師たち。
燐の血を憎んでも、燐自身を憎むなよ。
…って言っても、無理な話かな。

「貴様は殺す!この命と引き換えても!」
それはサタン相手にやってくれ。
燐に何の罪があるってんだ。

燐は、イゴールの言葉にダメージ受けてた。
きっと彼の攻撃をあえて受けるだろうと思ったよ。
燐はそういう子だよね。

イゴールの腕の切り口から伸びたグールが
燐の腹を破り突き抜ける。
人間だったら死んでるな。
燐だって平気なわけじゃない。
口から血を吐いて苦しそうな声を上げている。

「…気ぃ…済んだかよ」
燐… 
「兄さんっ…」
ここの雪男の声がねぇ。
押さえ気味なんだよね。
こういうパターンなら、
「兄さんっ!?」
とか叫びそうなもんじゃない?
でもそうじゃない。

叫ぶ、じゃなく、呟く、でもなく、
動揺と心配と燐の気持ちを慮ったような声。
叫ばれるより気持ちが乗ってた。
福山さん凄いイイ。

「こんでも足んねーっつうんなら
俺はこういうの…慣れてっから
何度でも…何度でも相手してやる」

そういいながら、降魔剣を鞘に収める。
燐の身体の青い炎が消えた。

「だから…頼むから…」
声が震えてる。
「関係ねぇ人間巻き込むなぁ!!」
瞳には涙が滲んでいました。

もうキュンキュン来るよーっ。 

これにはイゴールも眼を見開いた。
「こんな事で済むものか」
悔しそうに唸るようにそう告げる。
「俺のようなヤツは他にも居るぞ。
…覚悟すると良い」


それは藤本にも言われてる。
あらゆる物があらゆる目的で
燐を狙ってやってくると。

屋上目指して上がってきたしえみは
踊り場ではぁはぁ言ってます。
ちょっと鍛えないと、キミ、
体力不足は問題かもよ。
祓魔師になるのならば。

降りてきたイゴールが怪我をしてると知ったしえみ。
手当てをしなくちゃと思ったみたいだけど
顔を見て少し固まったね。
きっととても冷めた眼をしていたのでしょうね。
「放っておけ」
そう言って降りていくイゴールを。しえみはまた
訝しそうに見てます。
何か感じたかな?

イゴールにやられた燐の腹は、
もう♪しゅうう~と音立ててる。
「もう閉じかけている」
雪男の呟いて、燐を見る。
「もともと怪我治んの早かったけど
いよいよ本当の化けモンだな」

そんな風に言わないで燐。
そんな悲しそうな顔で…。
雪男も返す言葉がなくて俯く…。

「雪ちゃん!燐!」
しえみが上がってきた。
「燐!?どうしたの?」
きゃっ!尻尾が反応してるーっ可愛いっ。
「うっわぁあああ!!大丈夫だ」
慌てて尻尾を服に突っ込むのが笑える。
隣で雪男もあわあわだし。

血が服についてる燐を見て、
グールの魔障だと思う、しえみ。
「いますぐ手当てしなきゃ!」
もうすっかり、みんなの手当てが
自分の役割だと思ってるね、しえみ。

平気だと言っても、
「はいっ!ここに寝て!無理しちゃ駄目!!」
しかられちゃいました。
「いいから、寝て!」
手で床をパンパンパン!!
「ニーちゃん、またサンチョさん出せる?」
「ニ、ニー♪」
ニーちゃん働き者ね。

でもニーちゃんは、燐が悪魔だって事、
分かりそうだけどな…。

「あぁありがとなー。
もう大丈夫になってきたかなー、あはは」
腹にサンチョさん当てられて
燐は苦笑しつつそう言いますが
しえみを見てビックリ。

涙いっぱい溜めてます。
そして…
「燐!私決めた!」
「は?」

こんな風に燐や雪男が傷つく事は
これからだってきっとたくさんある。
そんな時、何も出来ないなんて
きっとしえみは我慢出来ない。
傍に居て、大好きな彼らの為に
自分が出来る事があるなら、したい。

戦いに身を投じる事に怖さもあったろう。
でも今の燐を見て、どっちがより怖いか
身に沁みたんだろうね。
何も出来ない事の方が怖い。
傍に居なかったが為に
彼らを救えなかったら…
その方が怖いと、きっと思ったんだね。

雪男には、分かっちゃいましたね。

「だから何を?」
燐にはさっぱり分からない。
しえみは決意こめて頬膨らませ
雪男にこっくり合図を送る。

それを見つめる雪男の顔が…切ないんだよなぁ。

-兄さんは、
 いつも僕に出来ない事をしてしまう。


「やっぱり
…兄さんには敵わないな」

雪男…。

「eins…zwei… drei!」
試験、みんな受かったんだって。
あの腹話術の子はなんで合格なんだよ。
何もしてないぞ?

昇格祝いは「もんじゃ」だそうです。
私は「もんじゃ」大好きですけど、
こんな時は「焼肉」とか「フレンチ」とか
もう少し奮発しても良くない?

ほら、燐も焼肉希望。

もんじゃの店、なんで海の家風なんだ?

「お前が祓魔師ねぇ」
「うん、皆の役に立つの」
「戦えんのかよ」
「頑張るよー」
「へぇ~」
ぷふふふ。可愛いねぇ二人のやり取り。

メフィストがイゴールの件を雪男に謝ってる。
「まさか先生が私情に走るとは
思っていなかったものですから。
今後はこのような事は無いようにしますよ」

嘘付け!分かっててやったんでしょアンタ!

しばしメフィストを見ていた雪男が、
やっと応える。
「………お願いします」
この顔はキリリとして頼もしい。
メフィストを疑ってる眼。

志摩にラムネで良いかと言われて志摩たちの方へ
向かう雪男。
メフィストはアマイモンに電話をする。

「ネイガウスは私の言うとおりに
動いたが、
やはり荷が重すぎたようだ。
お前今すぐ正十字学園へ来い」

私の言うとおりに、ね。
どこからどこまで?

「僕は兄上の結界で学園に入れません」
悪魔だもんねぇ。
イゴールに手引きさせるってさ。
魔界のアマイモンの顔半分カット、
リキ入ってるね。綺麗だ。

「父上と兄上が夢中になっている
奥村燐とは
どれほどのものだろうな。
少しは退屈しのぎになると良いけど」

退屈しのぎねぇ。

Take off(期間限定生産盤)(アニメ盤)Take off(期間限定生産盤)(アニメ盤)
(2011/05/18)
2PM

商品詳細を見る



燐?もんじゃってそんな食べ方じゃないぞ?
それに一口ってアンタ…。

チーズ豚餅もんじゃはメフィストのbest3なんだって。
「理事長だろうがなんだろうが
こういうのは早いもん勝ちなんだよ」

うわー、悪い顔だー。

「この、悪魔ーっ!」
悪魔ですよ、それが何か?
アンタもじゃん。


さて、ちょっと雪男の話。
雪男の事がね、今ひとつ掴めてなかったんだ私。
燐の事、藤本の事だけじゃなく
色々恨んでるんじゃないかと思うし
双子、兄弟といっても、
サタンの血は雪男には流れてなくて
血液型まで違うんでしょ?
同じ腹から産まれた他人…みたいなトコ
あるよなぁ。
まぁそんな風には思ってないだろうけど二人とも。

燐が悪魔として落ちるような事があれば
きっと雪男は手をかけるだろうと思う。
兄さんと呼びつつも、この子は燐を殺せるんだ、
そんな眼で私は見てた。

でも今回、イゴールにに詰め寄る姿には
燐への愛情が見えたし、
イゴールの攻撃を避けずに
燐がまともに受けた時の声を聞いた時も
嬉しかった。

でも燐はいつも雪男に出来ない事をやってのける。
しえみの心も簡単に固めさせた。
それはちょっと雪男にしたら、悔しい筈。

やっぱり 兄さんには敵わない。
その気持ちが歪まなければ良いけど。

悔しくて妬ましくて
だけどやっぱり大切で愛しても居て
たった一人の家族で…。
雪男の気持ちは複雑だ。
そんな彼の気持ちが、よく出てるよ~福山さん。

今回は作画がしばしば妙ちくりんでしたけど
色々と見ごたえはありましたね。

次回はいよいよあの猫ちゃんの話ですな。
待ってましたよー。
すっごい楽しみです~。

Half Age Characters 青の祓魔師 (BOX)Half Age Characters 青の祓魔師 (BOX)
(2011/08/31)
バンダイ

商品詳細を見る


キャラフォーチュンプラスシリーズ 青の祓魔師占い☆俺も祓魔師になるぞ!編 BOXキャラフォーチュンプラスシリーズ 青の祓魔師占い☆俺も祓魔師になるぞ!編 BOX
(2011/09/30)
メガハウス

商品詳細を見る


青の祓魔師(エクソシスト) 300ピース 双子の運命 300-519青の祓魔師(エクソシスト) 300ピース 双子の運命 300-519
(2011/07/30)
エンスカイ

商品詳細を見る






前回までの感想。
#1
「青の祓魔師」#1【悪魔は人の心に棲む】似てねー双子だこと。
#2
「青の祓魔師」#2【虚無界の門(ゲヘナゲート)】藤原さんキャラの宿命?
#3
「青の祓魔師」#3【兄と弟】私も祓魔塾で訓練ちぅ♪けっこう楽しい。
#4
「青の祓魔師」#4【天空の庭】悪魔というよりわんこ?
#5
「青の祓魔師」#5【祟り寺の子】岡本さんの燐っぷりがツボ♪
#6
「青の祓魔師」#6【まぼろしの料理人】不意打ちは反則だ~。うるうる。
#7
「青の祓魔師」#7【友千鳥】ニーちゃん、可愛い♪
#8
「青の祓魔師」#8【此に病める者あり】イゴールって一体…。

※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミステイクな男

オゾン層! 「機動戦士ガンダム」シリーズの新作「機動戦士ガンダムAGE(エイジ)」が、 10月からMBS・TBS系で放送されることが13日、発表された・・ ということは、 青エクは9月までの放送なのね~ん。 『青の祓魔師』 第9話 おもひで こないだ原作読んだので、 ...

青の祓魔師 第9話「おもひで」

サプライ~ズ☆ミ グールの襲撃とかは全部どっきり試験だったって(^^; メフィストは冗談ぽく言ってますが。 眼帯の先生はやる気みなぎってたよね(汗)  ▼ 青の祓魔師 第9話「おもひで」  訪...

『青の祓魔師』#9「おもひで」

「許さん!サタンも、そして悪魔の名のつくものは全て…! サタンの息子などもってのほかだ!」 グールの来襲に、皆で力をあわせて撃退した燐たち。 ホッとしたのもつかの間、雪男とともに燐にドールを仕掛けてきたネイガウスの姿が…! とっさに雪男に彼が敵なのか...

「青の祓魔師」第9話

メフィストの計画、底知れず・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106120004/ 青の祓魔師 2 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.08 アニプレックス (2011-07-27) 売り上げランキング: 231...

青の祓魔師 第9話「おもひで」

『仲間との共闘で辛うじて苦難を乗り越えた燐たち。その場に突如、メフィストや塾の講師たちが登場する!予期せぬ状況に困惑する塾生たち。一方、ネイガウスの様子に違和感を感じた雪男は、ネイガウスを問い詰...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
ここ数年、仕事と体調が
落ち着かず
ブログ更新はまばらです💦
お急ぎの方はTwitterにて
連絡ください。

本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


音楽、アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
刀剣乱舞、グラブル、
夏目友人帳、うた☆プリ♪
あと、進撃の巨人、黒執事
ハイキュー!!、七つの大罪
黒バス等も好きです。

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR