FC2ブログ

「夏目友人帳 参」#12【帰る場所】こだわりに感動しました。

今回のお話はHC8巻に掲載されてる
原作30・31話【帰る場所の章】です。

夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)
(2009/07/03)
緑川 ゆき

商品詳細を見る


橘の原作感想は、こちら。
コミックス「夏目友人帳」8巻 -帰る場所の章- 見せてない部分で泣けるなんて…。

今回はねー、物凄く嬉しかったので頑張って昨日中に
感想をUPしたかったの。
でもやっぱ一日じゃ無理だった。

夏目が藤原家に引き取られる前に
一緒に暮らしていた家族。
声をちゃんと櫻井さん、高瀬さん、知桐さんで
やってくださった事に感動してる。

なんでチョイ役に櫻井さん?と
疑問符飛ばした方は大勢いらっしゃると思います。
一応、それについては感想の下に書いておきました。
宜しければご覧ください。

それでなくともこのお話は泣けるのに、
余分に泣いてしまいました。
このキャストに泣けて、
病室シーンで泣いて、
ニャンコ先生に泣かされて、
みたび泣きましたわー。



※注意
思い切りネタバレしてます。
感想書くにあたり、あらすじをほとんど
舐めつつ進んでます。
更に原作話は思い切り原作比較
入れてしまってますので、
そういうのがお嫌いな方は、
読み進まれませんよう、ご注意ください。


夏目友人帳 参 2 【完全生産限定版】 [DVD]夏目友人帳 参 2 【完全生産限定版】 [DVD]
(2011/09/21)
神谷浩史、井上和彦 他

商品詳細を見る


あらすじは 
テレビ東京あにてれ「夏目友人帳 参」公式サイトより。

あらすじ 第十二話「帰る場所」
夏目の元に現れた面をつけた妖怪、名前を取り返しに
来たのではなく、その目的は夏目自身にあるようであった。
出会った途端、その妖怪にあてられ倒れてしまった夏目。
かつてその妖怪とは会ったことがあるという。
それは、塔子と出会い藤原家に引き取られる少し前のこと
だった…。


OP~。
僕にできること僕にできること
(2011/09/07)
HOW MERRY MARRY

商品詳細を見る


「空が高いなぁ」
おぉ、お昼、屋上で食べてるのか。
北本のお弁当、大きいねぇ。
西村はやっぱりメロンパン。

「夏目~」
「ん?」
「卵焼きくれっ」
「かえせ俺のタンパク質」
あはは、タンパク質。
原作通りの台詞をありがとう。

「い~じゃないかっメロンパンだけの俺が
可哀想だと思わんのか」
あぁ西村、背中向けてるから
この顔→( >◇<)みれなくて残念。

笑った北本が、しみじみと言う。
「しかし、いつ見ても
愛を感じる弁当だな」

少し間を持って、
「うん」
夏目が、これまたしみじみとした笑顔で応える。
幸せ噛み締めてる感じがするなぁ。

西村が夏目に何回転校したか訊く。
「苦労してそうなのに、
あんまり曲がってないよな」
言いにくい事ずけずけ言える君が凄い。
「おい西村」
北本がたしなめるように西村を呼ぶけど、
こういう事いえるってのは、
それだけ遠慮の無い関係になってるからだよね。
「俺ならとっくに曲がりきってる」
あはは。

あの頃は、曲がってたらもう
屋根の下にも入れてもらえなくなるって
思ってたんだよね。
そういう卑屈な気持ちが伝わって
当時の自分はきっと可愛くなかったろうと
夏目は思う。

「今はなんとなく分かるんだ。
ご飯も変に遠慮なんかしないで
美味いですって言って
いっぱい食べてみれば
よかったかもしれないな」

この歳でそこまで悟れるって
どんだけ大人?って思うよ。

帰宅した夏目に、
「ちゃんと食べた?」
と訊く塔子。
蓋を開けてパセリが残ってると指摘。
「え?でもパセリは…」
「駄目よ、ほら食べて食べて」
パセリはねー、居酒屋で添えに付いてて
使い回されそうなヤツは、手を付けないけど
私はけっこう食べる方。
ただ、こんな学生の頃は、食べなかったわねー。
苦いからなぁ。

おっ今日の押し花は、塔子ちっくだね。
やわらかく、優しく、ぬくもり感じる。
そしてちょっと可愛い。
塔子、可愛いもんね。

夏目はプリンを持って二階に上がる。
いいなー、塔子の手作りプリン~。
私は甘いものに、そぉんなに執着ないけど
プリンは好きなんだよね。
それも今時のお洒落なやわらかブリンとか
なめらかブリンとかは駄目で、
昔ながらのプリン型でカラメルたっぷりを希望。

ニャンコ先生はまた飲みにいってるのか不在です。
「一人で食べちゃうぞ」
なんて言って、嬉しそうにパクパク。
なんか可愛いな、夏目。
ちなみに、ブリン食べるのはオリジナルです。

トントンと窓を叩く音がしてそちらを見ると
大きな面を付けた妖怪が居て、
夏目は驚いて飛び退く。
って、あああああーっ!!!
プリンがぁぁぁぁぁぁ!!!
塔子の手作りプリンなのにぃぃぃ。
な、なんてことするんだっ!!
(そんなに大事かプリン  )

ちなみに原作ではプリンはぶっちゃけてません。
食べても居ないし
腰降ろす前に、妖怪が窓叩いてる姿を
見ているから、ここまで驚いてないし。

「ミツケタ…ミツケタ」
ぶつぶつ言ってる台詞もあり、
名を取り戻しに来たのかと思う夏目。
でも、触りもせずに窓のロックを解除して
夏目が窓を押えても隙間から手を入れて
難なく開けてしまう。
これはかなり強い妖怪のよう。

「ミツケタ…モウ逃ガサナイ…ナツメ」
いつもの名を返してもらいに来る輩とは
明らかに違う。
そこに、
「たぁだい…まっ?」
ま?の驚き方が可愛かったよーっ先生っ。

「何者だ!それを放せ!!」
先生のいつものピカッで
妖は窓から退散。
「ちっ逃げ足の早い」
先生がそうぼやいた時、ドサッと倒れる音が…。

「っ…ぁっ…」
だーかーらーっ。
神谷さんってば、そういう声、
めっさ色気あるから、不意打ちで漏らさないでー。
ここ、原作夏目は声も漏らさず意識失ってるんで
まさかそういう声付くと思わなかった…。
どきどき。

「どうした!?夏目!夏目ー」
おや、心配してる。
先生ったら、原作より心配性。
そして夏目らぶ。
(いや変な意味じゃなく)

夏目の熱を測った塔子が溜息。
けっこう高そうね。
「今日はゆっくり休みなさい。
明日、朝一番にお医者様に行きましょうね…」
夏目の呼吸が荒い。
それを心配そうに見ていた塔子。
スーパーと薬局に行くことにする。
「すぐ帰るから、猫ちゃん貴志君に
付いていてあげてね」
わー、先生が尻尾ふりふり、
「ん~ん~」
猫っぽく鳴いてる。
可愛いよ~。

塔子が出て行くと、
「んなっ?
まったく世話のやける」
急に態度変わる所が笑える。
「あの程度の妖に当てられるとは、
なっ!!」
くはーっ額のタオルを水に浸して絞って…
器用だなーっ。
でも上手く絞れないからべたべたなのよね。
って、布団で手を拭くなーっ!!

ここの動き可愛かったなぁ。絞ってる顔とか。
原作ではひとコマですからね。
ベタベタのタオルを乗っけてる画、
だけなので、動きが見れて嬉しい。

先生ったら、心配してるのよね、
ふふ。

夏目が目を覚ました。
第一声が、「先生?」
先生がそばに居ない。
「塔子さん…?」
廊下に出て…
「…滋さん…?」
声の変化がいいなぁ。
だんだんおかしいな、
と思ってる感じ、出てる。

ガタッと物音がした部屋の障子を開ける。
「ニャンコ先生!」
ここの夏目が凄い笑顔なんだよね。
いかに頼りにしてるか。
こういう時、出ますね。

でもその部屋に居たのは、
さっきの妖怪。
「何ヲ探シテ イルンダイ
モウコノ家ニハ 誰モイナイヨ ナツメ
ミンナ私ガ 食ベテヤッタヨ」


「うわぁぁぁぁぁーっ!!」
叫んで飛び起きた夏目。
その勢いで、布団脇で居眠りしてた先生が
すっころびました。
コマ送りで止めたら、鼻ちょうちんが
ちゃんと爆ぜてたよ。
ここも動きが凄い楽しい。

「急に動くなアホウめ」
あ…ここの台詞のタイミングが違う…。
アニメだと夏目が急に飛び起きたから、
先生がひっくり返ったことに対して
言ってるように聞こえるけど、
原作では多分、
急に起き上がった夏目がくらくらして倒れたことに
対して、言ってると思うんだ。

入れる位置で意味が違ってくるよね。

「まったく…ふんっ」
とか言いながら、毛布かけてやってるしー。
なんか凄い優しいね先生っ!!

「先生…」
あぁなんか弱った夏目の声がイイ。(おい)
「大人しく寝ていろ!」
「あの妖怪の事、覚えがある」
「会った事があるのか?」

先生と会う前のこと。
夏目は妖怪の事がよく分かってなくて
変に関わっちゃったんだよね…。

「あぁ…今だって…
良く分かっては居ないけれど…
まずい…眠りたくない…
きっとまた…夢を見てしまう」

あ、もう過去に行っちゃいますか。
時間ないしな…。

ほんとはここで、眠りに落ちていく夏目を
先生が含んだ眼で見てるんだよね。
証拠はありませんが、多分この時、
先生は夏目の夢の中を覗いたというか
"見た"んだと思う。

藤原夫妻に引き取られる少し前のこと。
相変わらず夏目は日々妖怪にちょっかいかけられ
追われていた。
今よりちょっとだけ幼な顔だよね。
可愛い。
これじゃあ家に帰れないと困っていたところ、
『上だ』
木の上から声がした。
『そいつの目は上の方がよく見えないんだよ』

夏目は木の上に登って何とかやり過ごし
ほっと息をつく。
『お前は見えるくせに何にも知らないんだな』
追いかけてきた妖怪の弱点を教えてくれたのは
コイツだが、別に夏目を助けようと
思ったわけじゃないらしい。
ただ、アイツが食いっぱぐれる所を見たかっただけ。

『妖怪は本当に、意地が悪いな』
この頃までは、夏目、良い妖怪には巡り合えてないしね。
あ、木の上の妖怪さんは、
ほんとは良いヤツだったんだけど
そうとは知らなかったわけだし。

夏目は妖怪に名前を訊く。
普通、教えないでしょう。
でもとにかく助かったと礼を言って
夏目は帰って行った。

ただいま…と帰ったその当時の家は…、
そうそう、マンションでしたね。
遅くなって…と謝りながらリビングダイニングを
覗いたが誰も居ない。
テーブルに置手紙があった。
買い物に行ってるから留守番を頼むというもの。

風の音がして夏目の髪が揺れた。
窓が開いたままです。
閉めようとしたら、黒い小さな妖が入ってきた。
「ぴよん、ぴよん、ぴよん」

声出てるーっ!!

かっ、監督ーっ。
このぴょんぴょんは、この妖が喋ってるんじゃなくて
動きを表してるだけで…!!
…可愛いからいいか。

ここは可愛さ重視!と思ったな?

かくしてこのチビ黒(橘が勝手に命名)と
追いかけっこしたら、そこら中が散らかり…、
そこに家の人が帰ってきちゃった、と。
『貴志君、ごめんなさいね。
ついでにこの子を塾に迎えに…』
『出て行け!』
あっちゃー。
今の夏目の出て行けは、妖に向けて発したのだけど
これはまずいわねー。
『なに母さん、どうかしたの?』

櫻井さぁぁぁーん。
もう、ここで泣けた。
その前にお母さんも
ちゃんと知桐さんの声だから
あ!とは思ったけど、知桐さんは3期では
ちょくちょく出てるからね。
メイン(?)の河童のみならず、
兼役で、旅館の女将とか子供役とか。

だから、知桐さんは、可能性大でしたが、
櫻井さんはさ…わざわざってことになるし
ちょい出になるし、やってくれるのだろうかと…。
いや、信じてたけどね。
もし出るならば、
櫻井さん以外にはやらせないだろうって。

長くなるからこの話は下でしますね。

ちなみに原作ではここで彼はこの場に顔は
出してません。
せっかくだから、余分に出したのかなと思ったり。

この有様みたら、
叔母さん、そら顔も引きつるよね。

その夜、べッドに横になったものの、
眠れなかった夏目は
廊下で叔父さん叔母さんの会話を耳にしてしまう。
悪い子じゃないと思うけど、なんだか恐くて…と
叔父さんに話している叔母さん。
実際はもう少し、キツイ事も、言ってるんですが
そこはカットですね。
夏目はひと声掛けてから、外に行くのだけど
アニメではそのまま外へ。

-あんな小さな妖怪、ほっとけば良かったんだ。
 誰にも見えないんだから。

 
今の学校でも、同級生達から気味悪がられてる。
あれ…この声って久ちゃんだよね。
こっちはひょっとして木村さん?

-誰にも…分からないんだから…
 誰にも…。


くー、夏目の声が…切ない。

-ちっとも学習しないで、馬鹿みたいだ。

立ち止まった夏目は、寒い…と肩を丸める。
その時…

『夏目君?』
天使の声だな、塔子。

『貴方、夏目貴志君?』
『あの…』
いきなり知らない人に声掛けられたら恐いけど
塔子だったら警戒しようにも出来ないわねー。

様子だけでもと思ったけど、姿を見たら嬉しくなって
つい声を掛けてしまった。
塔子は名乗り、夏目の父の遠縁に
当たるのだと打ち明ける。

今からどこへ行くのかと訊かれ、
散歩だと応えると、
『えっ!?駄目よ、こんな遅くに危ないわ。
お家に帰りなさい』
夏目的には、聞き慣れない言葉のオンパレードですよね。
照れた顔で視線ずらしたりしてる。

『もしかして…帰りたくない?』
塔子のこの声が、とても優しいね。
責めるでも、怪しむでも、探るでもない、
夏目を気遣った言い方だよなぁ。
塔子の愛も、
伊藤美紀さんの愛も感じるわー。


じゃあ…と来た道を戻る夏目。
振り返ると、塔子が手を振っていた。
スポットライト当たってるよ、おい。

-とても…暖かい声の人だった。

声自体もそうなんだけど、
夏目の事を思って声を掛けてくれる人って
今までいなかったから、そういう意味でも
初めて夏目が暖かい声だと感じた相手なのでは
ないかなと思いました。

-でも…本当に人だったのかな。
 俺にしか見えてなかったんじゃないか…


そんな疑問を持っちゃう夏目がねぇ、悲しすぎる。
それほど、彼に暖かい声掛けてくれる人間が
存在しないってことだもの。

夏目はまた昨日の妖怪と遭遇した。
『よく会うな』
『まだ二度目だ』
そうだなと言って横に座る夏目。
ほんと、今と違って警戒心無いですよねぇ。
名前聞かれてあっさり教えちゃうし。

『お前は寂しいんだね、夏目。
寂しいヤツは好きさ。見ていると面白いから』

妖怪を見えなくなる方法を知らないかと
夏目が訊く。
『…知らんな』
そう、妖怪に訊いても駄目だね。
人間側で能力のある者なら、
まだ何か分かるかもしれんけど。
この頃の夏目には、先生も妖の仲間も
名取も居ない。
ほんと…孤独でしたね。

じゃあなと去っていく夏目を、妖怪はその大きな眼で
じっと見ていた…。

真ん中アイキャッチ…。
ひぃぃぃーっモチみたいに垂れて、ぼたんと落ちた!!
先生!ヤバイよ、その身体!!
弛んでぶよぶよじゃないか!

学校帰り、ぼんやり歩いていたら、
『夏目君』
塔子が待ち伏せしてました。
『わっ!?えっ!…えっと…
藤原さん…』
きゃーっなになにっ?
テレテレで、
ここの夏目、可愛いー初々しいーっ。
声がまた!
神谷さん、ナイス♪

気持ちだけでも伝えておきたくて、と塔子。
『もし良かったら、私達の家に来てくれない?』

ここよりずっと田舎にある家に、
塔子は滋と2人で、古いけどけっこう広い家に
住んでいる。
子供が居ないから、広すぎる家。

アニメではカットされてますが、
自分達の代であの家に人が居なくなるのを
2人は寂しく思っているらしい。
そしたら最近、夏目の事を知った。

『もちろん無理しなくていいの。
決めるのは、貴方だから。
でも、もし貴志君が来てくれたら
あの家もきっと賑やかになるわ』

今度は滋と挨拶に来る、と塔子。
『だからどうか考えておいてね。
どうか…』
塔子が心底望んでる気持ちが、
繰り返された"どうか"で伺える。
夏目は、頬を染めて見送った。

これまでは仕方なく引き取る人達ばかりだったのに、
来て欲しいなんて言われて、
夏目は戸惑っていた。

-考えて…なんて言って貰ったの…

初めてですよね。
でもそれも、知らないから…と夏目は思う。

-失望したり、恐がる顔は見たくない。

そこに例の妖怪が現れた。
『ナツメ迎えに来たよ。
お前の傍に居てやろう』

悲しみの心は自分にとって
とても甘美。
そこで思いついた、
人を飼うのも面白いと。

『さぁおいでナツメ、寂しいだろう?』
夏目は逃げ帰ったが夜中に物音がしたりして
もしかして付いてきたのでは不安になる。

そぉっと玄関のドアの覗き窓を覗く夏目。
何もいないと分かってホッとしたものの、
こんな状態では何処にも行けないと
芽生えたばかりの淡い期待を
夏目は自ら消します。

翌朝。
学校へ行く息子達の気配に気づいて
叔母さんがマフラーマフラーと
台所から追いかける。
『いいってば母さん』
『ちゃんとして。風邪引いたら大変でしょ』
『だったら貴志君にも…』
『え…だって…ほら…』
そんな2人に夏目は静かに
『いってきます』

学校へ行くまでの夏目の行動が怪しすぎるっ。
あの妖怪がその辺に居ないか伺ってるのだけど
周囲からは、どうみても危ない人…。
原作より何倍も慎重だし…。
探偵かストーカーみたいだな。

授業中も、あの妖怪を追い払う方法を
考えてた。
そして思いついたのが、妖怪の振りして妖怪に近づき
情報を得る方法。
危ない事やってるよねー。
今も夏目は似たことやってるけどさ。
今は、先生やヒノエや名取、誰かが一緒だからね。

枯葉を面代わりにして、妖怪に近づき
妖怪を追い払う方法を知らないか訊ねてみる。
このあたりも聞き方が甘いよね。
妖怪に、妖怪追い払う方法訊くなんてさ。

でも鶏顔の妖怪が、一つ情報を持ってました。
狐岩の近くに、昔坊主が仕損じた
妖封じの穴があるらしい。

と、夏目から人間の匂いがすると気づいた鶏顔。
馬顔の方が夏目の枯葉面を剥ぎ、
人の子だとバレちゃいました。

逃げた夏目は何かにぶつかって失神。
目覚めた時には、例の妖怪が傍に居ました。

小物妖怪達は、コイツが追い払ってくれたそうな。
『何をしようとしていたんだ?ナツメ。
お前は本当に面白いねぇ。ずっと見ていたけど』
もう家は知られているようです。

一緒に行こうと妖怪が言う。
『お前は人間の中では暮らせないだろう?』
そう、とても暮らしにくいのは確かよね。

酒飲んで当たるやつも居た。
忘れた振りしてご飯くれないヤツも居た。
子供は子供で集まると意地悪になる。

妖は簡単に、心を覗けるんだなぁ。
いやある程度、妖力の強いヤツ限定だろうけどね。

初めは皆優しかった。
ずっと良い人達だった。
だけど自分が…!と、夏目。

『いい人達だった?おかしいねぇ。
お前はどうして愛されないんだろうねぇ』

訳の分からないものを大事な家族の中に
入れたくないのは当たり前だと叫ぶ夏目が悲しい。
自分のこと、そんな風に言わないでよ夏目。
そんな風に、納得しちゃわないでよ。

でも…そう納得しなきゃ、生きて行けなかったのかも
しれないわね。

だったら一緒に来ても良いじゃないかと妖怪。
そういう訳にはいかない。
人の子が消えたら、おおごとになるのだから。
家の人達に迷惑がかかる。

面倒な事だとぼやいた妖怪が、それならそいつらを
全部食ってやろうと言い出した。
そりゃもっとおおごとだぞ。

夏目は顔色変えて、お願いだから止めてくれと
すがりつく。

今日は帰って、上手く分かれて来いと
言われてしまいました。

夏目はベンチに座ってぼんやり夕陽を見つめている。
えーと、頭に木の葉付いてて、
キツネが化けたみたいな雰囲気に
なってますよ夏目。
『誰もお前を待っていないのに…』
妖怪に言われた言葉が、胸に刺さってる。
そこに、
『あれ?貴志君?』
こんなところで何してるんだと親戚の兄さん。
『なんか…汚れてるな』
『すみません…』
兄さんは夏目の髪に付いてた葉っぱ、
払ってくれるんだよね。

『いつも母さん達が御免な…
なんか、無神経っていうかさ』
『いいえ…』
『一緒に帰ろうか』
夏目の親戚の中じゃ、
珍しく相当まともな良い人だよね
この兄さんは。

あと三世子の両親(HC11巻で登場)ぐらいか…。

どうすればこの人達を傷つけずに消えられるか…。
兄さんの後ろを歩きながら、
夏目はそんなことを考えていた。

帰宅したら、リビングから叔父さんと叔母さんの
話し声がもれてきた。
なんであんな遠縁が、しゃしゃり出てきたのか…。
後で養育費を請求されるのではと心配する叔父さん。
肩の荷が下りるとホッとしてる叔母さん。

テーブルの上にはお茶が四つ。
会話からも察して、藤原夫妻が来たのだと分かる。

-来てくれたんだ…藤原さん
 本当に、来てくれたんだ…


夏目、泣きそうです。

-行きたい
 あの人たちのところへ


消えたりしないで、
今の家の人達にちゃんとお礼言って
藤原家へ行く。
そのためには、一つ、しておかなきゃ
いけないことがありました。

ほんと、無茶な事をする。
あの森に入って、妖怪達呼び出して、
とっ捕まえて狐岩の場所と、封じ方を訊く。
もう手段なんて選んでいられないってところですね。
夏目の気迫に、妖怪達もビビってるよ。

-恐い
 でも行きたいんだ。


『ナツメーナツメー出ておいで』
あの妖怪が夏目を探している。
やがて、開けた場所に立っている夏目を
見つけました。

原作では木の陰に隠れていて、飛び出し、
押し倒して穴に入れるのだけど
アニメの夏目は待ち構え法なのね。
堂々と睨んで立ってる姿はカッコ良い。


妖封じなど夏目のような子供に出来るはずが無い。
夏目が封じようとしてる事もお見通しな妖怪。
『多少は可愛がってやろうかと思ったが
調子に乗りすぎだ。一度痛い目にあわせてやる』
飛び出した妖怪は、夏目が立っていた手前の穴に
まんまとはまってしまいました。
夏目は蓋をして押える。
蓋にくっついていた封印札がちゃんと作用するのが
凄いよね。
夏目の妖力を吸ったのやもしれんが。

それで素人だっていうのに、封が出来た。
ただ、その時の衝撃で、夏目は吹っ飛び、
崖下に落ちてしまった。

当時は受け止めてくれる猫饅頭が居ませんから
そのまま病院行きですわ…。

一週間の入院となり
叔母さんは自分達への嫌がらせと受け取る。
これ、原作より大人しい。
ほんとはもっとヒステリックに喚いてるんだ。
一緒に居るのは、息子じゃなくて旦那だし。
櫻井さんに余分に喋ってもらおうって感じですねー。
…一言ですけど。(汗)

ベッドの中で、夏目は苦笑する。

-また、迷惑を掛けてしまった。
 もう、あの人達の所へも戻れないな。


眠りに落ちた夏目の耳に、柔らかい声が聞こえてきた。
『あらあら、貴志君、眠っているわ』
『あっ、しーっ。静かにしないと起こしてしまうよ』
『そうね』
夏目は眼を開けて、
『藤原さん…?』
2人揃って『『あ』』ってのが可愛いよね。

『ほらみなさい。起こしてしまった』
『滋さんだって声出したじゃないの~もぉ』
『それは…』
いいなぁこの夫婦。
原作より、塔子がちょっと甘えてら。

『貴志君、気に入らない所だったら、
いつでも旅立って行ってもいい。
でも今は静かに落ち着いて
考える場所が必要だ』

滋がこう言ってるでしょ?
で、塔子も最初に会った時、
「帰りたくない?」って訊いたよね。
だからね、私はこの2人、
ある程度は聞いて知ってると思うんだ。

アニメではカットされてるけど、
この時預かってた夫婦は、夏目の妙な所は隠して
引き渡そうとしてた。
だから変なところがあるって事は、
ここの夫婦からは聞いてない筈なのです。
でも、もともと塔子達は、
何処かから話を聞いて、
あの家を訪ねたのだから、
何も聞いてない、知らない筈は
無いと思うんだよね。

滋は静かに落ち着いて考える場所が必要と言ってる。
夏目に変な所かあるのは、情緒不安定なのだと
思っているのかもしれない。

『うちは静か過ぎるぐらいなんだ』
そういって笑う滋が良いね。
『うちに来なさい』
決して強制してる言い方ではないけど
滋の眼はとても真剣で強い。
夏目を引っ張ってる。

塔子と滋は、今回の怪我の事情、
きっと全く知らないだろう。
詮索するタイプでもないからね、この2人。
今の家の人達が夏目に何かした…とは思ってない。
でも、高校一年生の男の子が夜遅く一人で山へ行って
崖から落ちるって、普通のことじゃない。
その前に、塔子は夏目が夜一人で散歩に出る所にも
遭遇してるわけだし、ここの暮らしが彼にストレスを
与えてるだろうことは想像つくよね。

だから、この時の滋は強く出たのだと思う。
ここに居たらきっと夏目は、またこんな風に
心も身体も傷つくかもしれないと思って。

夏目は半身を起こす。
『あぁ起きては駄目よ』
2人ともおろっとする中、夏目はぽつりと声を落とす。
『行きたいです…藤原さんの所へ…
行きたいです』

顔を上げて、微笑み。
『お願いします…』
そう言った後、夏目は泣けて…泣けて…。
『お願いします』
手の甲で涙をぬぐい、顔を伏せた。

も…泣ける…。

「ん~、ぷぅー」
相変わらず可愛い寝息で寝てる~っ!!
先生っ!
その寝息は宝だよ和彦さん。

夏目の瞳から涙が一滴落ちた。

先生の耳がピクリと動く。
ここの動きがとても動物っぽくて良いね。

「ソコヲドケ、ソレハ私ノモノダ」
片目を開けた先生が、
「残念だが、今は私のものだ」
キター私のもの発言。むふふ。
「もう諦めて帰るがいい。
今のコイツはお前にとって、
そう面白くはなくなっている」


一度光で追っ払っただけの関係。
先生がこの妖怪のそうした嗜好まで
知ってる筈も無い。
それを知ってるってことは、
夏目の夢を、心を、覗いたということ。
この妖怪との関係も、夏目の気持ちも全部
見たんですね、先生。

面白くなくなったのなら、また悲しみを
与えるだけ。妖怪は引きません。
「ヒトノクセニ私ニ逆ラッタ
許サンゾ許サンゾ!」
鬼の形相で掴みかかろうとした妖怪。
先生はくっと眼を眇めて…。

パリン…。
物の割れる音がして、夏目が眼を覚ました。
起き上がると布団の上に割れた大きな仮面があった。
布団の横には斑。
あぁ久しぶりにその姿見れて、声聞けて嬉しいっ。

「封印されていたものが
何かの拍子に掘り起こされでも
したのだろう。
こんな素人のガキに
封印されるようなまぬけな妖は
追っ払ってやった」

ああ~ゾクゾクするほど良いお声。
斑、らぶ。

ほんと、余計な事は言わず、ちゃっちゃと
黙って始末して、夏目の憂いを払っておいて
くれるなんて…。
ここもねー、泣けましたよ。

「まだ寝てろ!塔子にしかられるぞ」
優しい…優しいよ先生。

夏目は手を伸ばし、先生の顔をなでる。
「うん…」
そっと先生に顔を付ける夏目。
「ありがとう…ニャンコ先生」

『帰るのかい?
誰もお前を待っていないのに』
昔、あの妖怪が夏目に言った言葉。

-いいや、帰りたい場所が出来たんだ。

もう夏目を待ってる人は、たくさんいる。
人だけじゃない、慕って集まってくる妖も
居るしね。

お、今日のお弁当はミートボール。
卵焼き、西村に取られないようにねー。

あ、食パン加えておんなじポーズの
先生と夏目見れなくてちょっと残念。

「いってらっしゃい」
「残さず食べるのよ」
二人に見送られて、
「はい」
と、玄関で笑顔を向ける。
「いってきます」
「にんにん~♪」
 先生までなんで行く…。

ED♪
君ノカケラ feat 宮本笑里(期間生産限定盤)(アニメ盤)君ノカケラ feat 宮本笑里(期間生産限定盤)(アニメ盤)
(2011/08/10)
中孝介

商品詳細を見る



次回、最終回は【夏目遊戯帳】
キタキタ犬の会!!
これやってくれると思ってましたよ。
楽しみ♪

エンドカードは、タオル絞ってる先生。
ここかわいかったよなぁ。
台詞は…
「だーだいまっ!?何者だ!」
うんうん、この台詞も最高だった。

あー、先生、大好き。


さて、上で触れた櫻井さんの件、
書いておきます。


★名も無き親戚のお兄さんが櫻井さんの理由。

12話見て、あ!と分かった人は分かったろうけど
多分、分からなかった方が多いだろうなと思うので
書いておきます。

なんで、チョイ役で名前も無い親戚のお兄さんに
櫻井さん?
そう思った方は大勢居る事でしょう。

夏目友人帳の1期、一番最初のDVDの初回特典に
ドラマCDが付いていました。
「君去りし、後」
と題された22分ぐらいの物語。
これは夏目視点ではなく、
夏目が藤原家に引き取られる前に
暮らしていた家の一人息子である
佐野由人の視点で描かれていて
彼の声は、櫻井さんが担当しています。
由人の父は高瀬右光さん、
母は知桐京子さんです。

DVDの1巻が発売されたのは
2008年10月のこと。

今回のこの帰る場所の章は、
2009年、LaLaの4月号5月号で連載されました。
コミックになったのはその年の7月。
そのコミックのあとがきで、
緑川先生は、こんなことを書かれていました。

「アニメ夏目友人帳DVD第一巻特典ドラマCDで
藤原家へ来る前の夏目の素敵なお話を
作って頂いているので、
そちらに少し寄せて頂きました」


ドラマCDはアニメで脚本担当されてる高木登さんが
書かれていて、緑川先生の書いたものではありません。
でもそんな風に合わせてくるなんて、なんてニクイことを!
と、感動したものです。
8巻読みつつ、そうか、由人か、櫻井さんかーと
感慨深く読み返しました。

そしてアニメ化。
緑川先生がお気持ちでもって寄せたシーンです。
私としては、ここも描くなら、
ドラマCDのキャストで、
絶対やって欲しいと思った。
やってくれると思った。
でもこうして本当に実現したの見ると、
ほんと…感動で…。

「君去りし、後」は、由人の謝罪の言葉から
始まっていて、彼は夏目を傷つけるようなことを
しています。
アニメや原作のように優しいお兄さんだけで
終わってはいません。
でも…いい人です。(どっちなんだ)
そんな由人を演じてる櫻井さんが、とてもよい感じだった。

今となってはもう入手できないドラマCDですよね。
今回、ほんとどれだけの人が気づいたのかなって所ですが
それでもあのキャストでやってくれた、
監督に拍手です。

クレジットに佐野由人の名を出さなかったのは
由人を生んだのが緑川先生ではなく、
原作でも名は出してない事から
親戚のお兄さんにされたのだと推測します。

緑川先生と監督及びアニメスタッフの
とても暖かい関係が、感じられました。

なんて幸せな作品なんでしょうね、
夏目友人帳って。



前回の感想
#1
「夏目友人帳 参」#1【妖しきものの名】笑えるぐらい、すんなり自然な第一話。
#2
「夏目友人帳 参」#2【浮春の郷(さと)】オリジナルでもこの安定♪
#3
「夏目友人帳 参」#3【偽りの友人】すみません、我が侭言います。
#4
「夏目友人帳 参」#4【幼き日々に】これ見たかったんだよ~。
#5
「夏目友人帳 参」#5【蔵にひそむもの】カクラの動きがすごかった…(汗)
#6
「夏目友人帳 参」#6【人ならぬもの】やっと的場に会えましたね。
#7
「夏目友人帳 参」#7【祓い屋】名取と先生のコント、最高♪
#8
「夏目友人帳 参」#8【子狐のとけい】子狐、大きくなったねぇ。
#9
「夏目友人帳 参」#9【秋風切って】
 聴きたかった台詞が、やっと聴けた…。

#10
「夏目友人帳 参」#10【割れた鏡】妖の動きが、良いわ~。
#11
「夏目友人帳 参」#11【映すもの】この田沼が見れて良かった。



※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏目友人帳 参 第十二話『帰る場所』

『曲がってたら屋根の下に入れてもらえないんじゃないかと思ってたんだ』 後にならないと分からない事もあるのです。 夏目友人帳 参 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アニプレックス 2011-10-26by G-Tools

第12話 『帰る場所』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 シュタゲが終わってしまったのは寂しいですが、おかげでちょっと余裕が出来たので、久し振りに夏目友人帳の感想をば。いやはや、今回の話にはやられました…!今までもいっぱい良いエピソー?...

夏目友人帳 参 第12話「帰る場所」

「行きたい、あの人達の所へ!」 帰りたい場所―― 夏目と塔子さん・滋さんとの出会い    【第12話 あらすじ】 夏目の元に現れた面をつけた妖怪、名前を取り返しに来たのではなく、その目的は夏目自身...

夏目友人帳 参 第12話「帰る場所」

帰りたい場所が出来たんだ――。 夏目自身を狙ってきたお面の妖怪…。 その妖気に当てられた夏目は、藤原家に来る前のことを夢に見る…。 塔子さんたちとの出会いのことを。 ▼ 夏目友人帳 参 第12話「帰る...

夏目友人帳 参 第12話「帰る場所」

塔子さんのあふれる優しさに泣けた。 今期のいい人四天王 大吉 コウキママ 藤原夫妻 ついに描かれた夏目と塔子さんの出会いでしたが、結構唐突だったのね。 遠縁ということもあって話が通ってなかった...

それは誰のせいでもなくて

京都議定書! メロンパンだけとは、本当に可哀想だ^^; 『夏目友人帳 参』 第十二話 帰る場所 夏目が藤原家に引き取られる頃の話。 なんだか酷い親戚の間をたらい回しにされていたかと思っていたら、 そんな酷い人たちばかりじゃなかったのね。 それにしても、 夏...

夏目友人帳 参#12

第12話 『帰る場所』 うん。良い最終か…え?まだ“1回残ってたっけ”か!? 最近、1クールが『12話』なのか『13話』なのか覚えきれなく なって来た…いやはや、ホント歳は取りたくないね、てへぺろ! しかし今回の“お化けの描写”は、久し振りに頗る怖かった気が(...

「夏目友人帳 参」第12話

帰る場所、見つかる・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109200000/ 夏目友人帳 参 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.09.16 アニプレックス (2011-09-21) 売り上げ...

『夏目友人帳 参』#12「帰る場所」

「もし良かったら、うちに来てくれない?」 今日も塔子さんの手作り弁当を友だちと一緒に食べる夏目。 苦労が多そうなのに、性格が曲がってない夏目に西村は素直に感心していたが、 夏目は性格が曲がっていては家に入れてもらえないと思っていたらしい。 もっと子ど...

夏目友人帳 参 #12「帰る場所」

「帰るのかい?誰もお前を待っていないのに」 「いや、帰りたい場所が出来たんだ」 藤原家に引き取られた経緯。

夏目友人帳 参 第12話「帰る場所」

『夏目の元に現れた面をつけた妖怪、名前を取り返しに来たのではなく、その目的は夏目自身にあるようであった。出会った途端、その妖怪にあてられ倒れてしまった夏目。かつてその妖怪とは会ったことがあるとい...

コメントの投稿

非公開コメント

お久です♪

たちばなさん、ご無沙汰しております~^^;
櫻井さんのキャスティングにぉぉ!と思ったので、ひと言お邪魔します~

初め、ちっとも櫻井さんと気づかなくて、李胡さんのブログで知ったくらいでした^^; アーマダマダダネ ・・
たちばなさんのおっしゃるとおり、どうしてこんな少ししか出番のない役に櫻井さんを?と思いましたよ。
このお話の中では癒し要員だったおにいさんとも、何かあったのですね ;;
特典ドラマCDの世界もキチンと本編と連動させてくれるって、
うれしいこだわりと思いました。
教えて下さりありがとうございました^^♪

こんばんは!

たちばなさん こんばんは♪

先ほどメールを送りましたので、あわせて確認下さいませ~

今回も良い話しでしたね!
夏目と塔子さんとの出会いが見れて良かったです
あの時 塔子さん達と出会っていなかったらどうなっていたか…
病室で行きたいですと涙を流す夏目の姿に
思わず涙腺崩壊でした…! 夏目ぇ~(涙)

そして、文句を言いつつも看病してるニャンコ先生に癒されw
タオルを絞ったり、布団を掛けなおしたりと
器用にこなすニャンコ先生が面白かったです!
最後にチラッと斑も見れましたし、そっと寄り添う夏目がまた良かったなと!

今回登場した 親戚の兄ちゃん@櫻井さん!
たちばなさんに言われるまでスッカリ忘れてました…
普通に チョイ役なのに豪華だなぁ とか思って見てました(ぁ)
今回の家族が、そう繋がってくるとは――!
後で 頂いたCD引っ張り出して聞き直そうと思います!
改めて聴くとまた印象が変わりそうな感じがw

次回で3期も終わりですが… 早くも4期が決定のようですね!
既に色々と話題になってるようでw
ではでは、失礼しました~!

ハトははさんへ

ハトははさん こんばんは♪
コメントありがとうございます。

> たちばなさん、ご無沙汰しております~^^;

こちらもちっともコメ出来なくてすみませんっ。

> 櫻井さんのキャスティングにぉぉ!と思ったので、ひと言お邪魔します~

反応して下さって嬉しいです。
書いて良かったわ。

> 初め、ちっとも櫻井さんと気づかなくて、
>李胡さんのブログで知ったくらいでした^^; アーマダマダダネ ・・

私もまだまだ聞き分け出来ない声優さん
いっぱいです。
いや…聞き分け出来る方の方が断然少ないと思う。
そんな中でも櫻井さんは、私が聞き分け出来る
数少ない声です。
長らく聞かないと禁断症状が出てくる声ってのが
私の場合、あるようで、
櫻井さんもその一人らしいです。
って、ひとごとみたいですが、
普段意識してないもので。
症状が出て、初めて知ったんだ。

> たちばなさんのおっしゃるとおり、
>どうしてこんな少ししか出番のない役に櫻井さんを?と思いましたよ。

普通、そう思われるだろうなと思います。
私は、でも皆さんに知っておいて欲しくてね。
余計な事かな?と思いつつ、
書いてしまいました。

> このお話の中では癒し要員だったおにいさんとも、何かあったのですね ;;

見えない人からしたら、
理解できない行動をしますからね夏目は。
由人も見えないから…
仕方ないし、夏目もそれは分かってる。
だから由人の事を悪く思ったりはしてないです。

> 特典ドラマCDの世界もキチンと本編と連動させてくれるって、
> うれしいこだわりと思いました。

でしょー?
ほんと嬉しかったの。
感動したの。

> 教えて下さりありがとうございました^^♪

お役に立ててなによりでした。

流架さんへ

流架さん こんばんは♪

メールも拝見しました。
忙しいとこ、ストーカーのように
メールしてこめんなさいね。
ブツの方は、また整いましたら連絡しますね。

> 今回も良い話しでしたね!
> 夏目と塔子さんとの出会いが見れて良かったです
> あの時 塔子さん達と出会っていなかったらどうなっていたか…
> 病室で行きたいですと涙を流す夏目の姿に
> 思わず涙腺崩壊でした…! 夏目ぇ~(涙)

でっしょー!!
もう原作読んだ時、散々泣いたので
アニメではそこまでは泣きませんでしたが
それでも潤みましたよー。

> そして、文句を言いつつも看病してるニャンコ先生に癒されw
> タオルを絞ったり、布団を掛けなおしたりと
> 器用にこなすニャンコ先生が面白かったです!

布団掛けなおしとかはオリジナルですが
ほんとこういう動きを入れると可愛さ倍増ですよね。
タオル絞ってる姿、めためた可愛かった~っ♪

> 最後にチラッと斑も見れましたし、そっと寄り添う夏目がまた良かったなと!

あのシーンは、これまた原作でうるうるしました。
余計な事は言わず、さくっと夏目の憂いを
払っておいてくれる先生が
カッコ良すぎ。
そして夏目もまた、余分な事は言わず、
ただありがとうと斑に顔を寄せる。
気持ちが本当に通じてますよねぇ。

> 今回登場した 親戚の兄ちゃん@櫻井さん!
> たちばなさんに言われるまでスッカリ忘れてました…
> 普通に チョイ役なのに豪華だなぁ とか思って見てました(ぁ)
> 今回の家族が、そう繋がってくるとは――!
> 後で 頂いたCD引っ張り出して聞き直そうと思います!
> 改めて聴くとまた印象が変わりそうな感じがw

あれはねぇ、原作読んでても、
DVD特典持ってない人は分からないし
原作読んでいて、特典持ってても、
8巻を持ってなければ分からない筈。
緑川先生がそういうつもりで描いたってのは
8巻のあとがき見なきゃ分からないものだから。

流架さんはドラマCD持ってたけど
8巻読んでないから当然分かりませんよね。
ドラマCDだって、随分前ですから
忘れるって。
無理ない話。

> 次回で3期も終わりですが… 早くも4期が決定のようですね!
> 既に色々と話題になってるようでw

LaLa発売前から情報流れてしまってましたね。
私はとりあえず今日の発売を待ってから
ここで語らせて頂きました。

この先をまた見れるかと思ったら
ほんと幸せ。
名取も頑張りますよ。
流架さん、楽しみにしててね。
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
ここ数年、仕事と体調が
落ち着かず
ブログ更新はまばらです💦
お急ぎの方はTwitterにて
連絡ください。

本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


音楽、アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
刀剣乱舞、グラブル、
夏目友人帳、うた☆プリ♪
あと、進撃の巨人、黒執事
ハイキュー!!、七つの大罪
黒バス等も好きです。

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR