「夏目友人帳 参」#13【夏目遊戯帳】もう友達いっぱいだね、夏目。

今回のお話はHC7巻に掲載されてる
特別編7【夏目遊戯帳】。
16Pの短編ですから、
半分以上、アニメオリジナルです。

夏目友人帳 7 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 7 (花とゆめCOMICS)
(2009/01/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る


橘の原作感想は、こちら。
コミックス「夏目友人帳」7巻読みました~♪
 ↑原作の感想を細かく書き出したのは8巻からなので、
  7巻は割りとざっくり書いてます。


これもいつか絶対やってくれると思ってました。
3期の終わり、4期までのワンクッションで
丁度良かったのではないかしら。
オリジナルで、学校の仲間達のシーンを追加、
家での塔子、滋とのシーンも追加して
オールスターにしたのね。
3期の締めにふさわしい感じでした。


※注意
思い切りネタバレしてます。
感想書くにあたり、あらすじをほとんど
舐めつつ進んでます。
更に原作話は思い切り原作比較
入れてしまってますので、
そういうのがお嫌いな方は、
読み進まれませんよう、ご注意ください。


夏目友人帳 参 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]夏目友人帳 参 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/10/26)
神谷浩史、井上和彦 他

商品詳細を見る



あらすじは 
テレビ東京あにてれ「夏目友人帳 参」公式サイトより。

あらすじ 第十三話「夏目遊戯帳」
テストを終え、次の休みに出かける相談をする夏目たち。どこに
遊びに行くか話しているうち、子どもの頃の遊びの話になり、
仲間に入れてもらえず見ているだけだった影踏み鬼を思い出す。
翌日、夏目は妖怪たちの宴会に強引に連れて来られ、盛り上がっ
た妖怪たちに、人の子の遊びをやろうと言われる。つい口にした
影踏み鬼を妖怪たちとやってみることになるのだが…。


OP~。
僕にできること僕にできること
(2011/09/07)
HOW MERRY MARRY

商品詳細を見る


今日は中間試験の最終日。
チャイムが鳴って、
終わったぁ~と伸びをした西村は
前の席の夏目に、
「な~つめ~、どうだったぁ?」
西村の訊き方が可愛いね。
夏目はこの世の終わりみたいに
どんよりしてますよ…。

夏目ったら、寝不足で頭が働かなかったそうです。
徹夜で詰め込もうなんて甘いと西村は手をひらひら。
そうじゃないのよねぇ…。
妖怪達に徹夜で名前返していたらしい。
そら妖怪達が行動するのは夜だけどさ、
一日何人まで…とか決めて、
後日再訪してもらえば良いじゃん。
一気に返したら、夏目立てなくなるほど
体力消耗してしまうぞ?

せっかくテストも終わったんだし、と
西村はガイドブックをずらっと机に出す。
笹田が目ざとく見つけて
また何処か行くのかと寄ってきましたよ。

絡んでくるなと西村はちょっと迷惑そう。
男友達だけで遊びたいことだってあるよね。
夏目は2人のやり取りを微笑ましそうに見てる。

おっ今日の押し花も素敵だ~。

また釣りでは芸が無いのでぶどう狩りとか言ってますよ?
笹田は人生勉強になる所へ行くべきと言いますが、
息抜きなんだから、もう少しのんびりしたいよね。

帰ろうぜと北本&田沼が教室に入ってきました。
「お前らは何処がいい?」
早速西村に話を振られて、何のことか分からない田沼と、
遊びに行く場所の希望だとすぐに分かる北本。
これはひとえに付き合いの長さね。
北本は海を希望。
もう随分寒いはずですが…。

笹田の視線感じた田沼は、北本に続かず
笹田の方を見る。
「最近、田沼君って
イメージ変わったなと思って」

もっとクールなのかと思ってたらしい。
男子と馬鹿話してる印象が無いんだって。ふふ。

それは西村達がいつも馬鹿話してるってことになり
西村は拳上げて抗議。
夏目も除外だと笹田は言うけど、
「い~や、こいつもけっこう同類だぜぇ」
「はぁ?」
「そうそう田沼だっておんなじだ」
「あっはは」
西村が夏目の肩を抱き、北本が田沼の肩に手をかける。

夏目も田沼も転校生で、最初は無口だった。
「そうそう!もっとスカしたヤツかと思ってたよ」
あー…これ、本編最新話の
『特別編・北本と夏目』がよぎるわね。

「話してみれば俺らとおんなじでさ」
「あと、2人とも貧血でよく倒れるし」
って、それ、まさに『特別編・北本と夏目』の
1シーンじゃないの。
知ってて織り込んだのか?
そうなんだろうな。

LaLa11月号の発売は9/24日、早くゲット出来る地域でも
22日頃だったと思いますが
監督の所には、当然もっと早く流れてるんでしょうね。

貧血のことを言われて、
「それは…」
「まぁ…な」
夏目と田沼、2人で台詞を分けて
同じように頭かいてる。
うふふ。

面倒臭がって、また釣りにするかと言い出す西村。
おいおい。
「なんかアレだな。俺達も大人になってきたってことだな」
いきなりどうした北本…。

子供の頃は、近所の空き地で十分楽しめた。
人間は年齢と共にふさわしい遊びを覚えていくもの。

…ごめん、私後退してるけど…。
楽しんでやってることが、
中高生の甥っ子達と一緒だ。
話、合う合う…。

「じきに俺達は大人の遊びを覚えることになるだろう」
「「「大人の遊びか…」」」
3人、きれーにハモってるね。
こら、と笹田に叱られちゃったよ。

子供の頃どんな遊びをしていたか…。
あぁそうか、そうやってアレ(原作部分)に繋げるのね。
笹田は、ままごと、おはじき。
北本は探検隊ごっこ。
田沼はかくれんぼ。
かくれんぼでも田沼の場合、
本山の境内だもんなぁあはは。

かくれんぼ、鬼ごっこは定番。
すると笹田が、影踏み鬼!と言い出した。
はいはい、繋がるようにね。

「あぁそれなら俺も…知ってる」
そう、知ってる。
やったことがある、じゃないんだよね。

仲間に入れずに、いつも遠くから見ていた
幼い日の夏目。
…切ない。

夏目は何処に行きたいのかと笹田に訊かれ、
正直何処でも良いと応える。
「皆で一緒に行けるなら、
それだけで楽しい」

照れるような事をさらっと言う。
これも…最新話に通じるものがあるなぁ。
やっぱ意識していれてる気がする。

そうだ、と笹田が急に鞄の中からデジカメを出し、
「はいチーズ」
男四人をパシャリ。
文化祭の記録用に先生から預かってたのだが
卒業アルバム用にも撮ってくれといわれたらしい。

「卒業アルバム?」
「なんだか気が早いな」
そんな北本、田沼の声に、そうでもないと笹田は返す。
「あっという間…」

卒業したら寺を継ぐのかと北本が田沼に聞く。
まだ考えてないよねぇ。
「笹田は進学なんだろう?
俺はどうするかなぁ」
ひぃーっ!ちょっと今、ドキドキした。
本編と同じ台詞をもう吐いてしまうのかと思った。
そうだよね、この回では
いくらなんてせも吐かないよね。

夏目にも進路って言葉は引っかかったようで…。

-塔子さんや滋さんのためにも、
 きちんと考えないと…。


そして自分に出来る仕事って何だろう…と
考える夏目と田沼。

脳裏に浮かぶのは、
田沼は父親の姿→頭丸めて住職姿の自分。
夏目は、名取に的場…。おいおい。

「「いやいやいやいや!無い無い無い」」
ぷぷぷ。
もう少し高校生活を満喫してから考えようと
拳をこつんとする夏目と田沼。
そうそう、まだこの後、夏目はひと山もふた山も
超えなきゃいけないのだしね。
田沼ももう一歩踏み込んじゃうわけで…。

残念ながら、高校生活満喫というより
妖街道まっしぐらって感じよ。
………頑張れ!

あぁ…そんな貴方達を早く見たいわ。
三ヵ月後よね。

ただいまと帰った夏目に、
テストはどうだったか訊く塔子。
まぁまぁだと応えてる。あはは。
今日は天ぷらだってー。いいなぁ。
一人暮らしだとさ、天ぷら、揚げ物はやらないからねぇ。
家庭の天ぷら、揚げ物が羨ましい。

「あ、待って!味見、お願い」
きゃー、新婚さんみたいやな。
照れつつ、はむっと食べる夏目。
「どう?」
「おいひいです」
くふふ。
「衣はもっと薄いほうがいいかな」
うわー滋も食ってる。
「滋さん!つまみ食いは駄目よ!」
「なんだよ、貴志はよくて、
どうして俺は駄目なんだ?」
焼いてる焼いてるー。
滋ったら、可愛いね。

「あーっそれ海老じゃないの!
ちゃんと数決まってるのよ!」
「いいじゃないか1つくらい」
滋の分から1つ減らされるようですよ。
あ、滋が焦ってる。ふふ。
凄い生活観出てるねぇ。

着替えてくる、と2階に上がった夏目。
障子を開けて、
「うわっ!!」

ずらりと待ち構えていたのはちょびや中級たち。
先生が呼んだ訳ではなく、夏目に話があって
来たらしい。
先生は手土産の饅頭を早速食ってるようだがな。

「なんだ話って。面倒ごとは御免だぞ」
滅相も無い、と一つ目。
明日の夜は妖光の月と言って、酒の美味しくなる夜。
特に今年は星のめぐりがよくて
普段の何倍も酒が上手いらしい。

それで明日の昼から集まって飲むことになったのだが…。
「なんの縁だが
夏目様を知る妖達が
顔をそろえましてぇ~
夏目様を偲ぶ会in八ツ原近くの
ボロ神社ーを!
開催する事とぉー
なりましたぁー」

「え?」
…だよね、夏目。

「夏目様のしょーもない悩みや
お節介に付き合って
呼び出しあらば犬のごとく
馳せ参じようという妖が集まった
飲み会ー、いわば、
夏目組、犬の会!」

「わん♪」
「なんだそのネーミングは」
うふふふ。

「つきましては、明日お迎えにあがりますので
まずはそのご報告まで」
可愛く河童が締めたのに、
夏目の頭にでっかい怒り  マーク。

「悪いが行かないぞ。そんな妖しげな会」
水臭いとか遠慮は無用とか言って、
じゃれるじゃれる。
みんな、夏目好きだねぇ…。

でも塔子が早く降りて来いと下から呼んでる。
天ぷら、冷めちゃうじゃないかっ。
そこで夏目、ボスッどすっドカッ…。
家が揺れてまっせ旦那…。
相変わらず、強いのぉ夏目のパンチ。

とりあえず今夜はお引取り願います、皆さん。

翌朝、夏目は先生にぶつぶつ文句言ってる。
「ニャンコ先生!用心棒だろ?なんとかしてくれよ」
「いいではないか、行ってやれ。
案外楽しいぞぉ」
先生はただ、酒を飲みたいだけ。
そう思うよね。

と、道の途中で多軌が陣を描いてますが…。
こんな道の真ん中でー?
ちぃと無理がある気もするが…。

「多軌!」
声掛けて走ってく夏目でが、
多軌の視線は地面近くの先生の方へ移ってますよ。
かくして熱烈歓迎、窒息せんばかりの熱い抱擁~。
お~い、先生も、ちょっとは学習しろ。

多軌が突然あんなことやってるから
また呪いでもかけられたんじゃと心配する夏目。
おお、多軌が先生抱っこしてるから、多軌の鞄を
夏目が持ってあげてるよ。
やさしー。

多軌は祖父さんの残した研究を受け継ぐことに
したみたいです。
「もちろん、危ないモノには手を出さないつもり」
陣を描く時も、完成させないで必ず消すように
しているらしい。
でも時々、おさらいをしておこうと思ってる。
いざという時の為に。
夏目の役に立つかもしれないから。

「俺のことは…」
でもそれだけじゃない。
祖父さんの思いが、このまま消えてしまうのが
嫌だから。
将来の事は決めてないけど、
今、自分に出来る事はこれぐらい。

橋を渡りきった所で、夏目に話しかけるモノが居た。
「夏目様~名前をお返しくださいま~しー」
なんかこいつの声、チョーさんっぽい?
大根の妖怪みたい。
この妖怪はオリジナルだよ。

「先生」
「やれやれ、付き合ってやろ」
足をジタバタして下に下りる仕草が可愛い~っ。
「多軌…悪い、ヤボ用だ」
そう言って、多軌の鞄を突き出す夏目。
「先に言ってくれ」
多軌が先生を見ると、先生は多軌を
じっと見つめてる。
なんか…原作の先生の"眼でものを言う"を
アニメにも入れたみたいだね、ここ。

原作では良くあります。
"眼でものを言う"だけじゃなく
"何か含んだような眼""見定めてるような眼"などなど。
アニメにそれを入れるのは、難しいかなと思ったけど
ちびっと入れた感じかな。

ここは先生と多軌の気持ちが、通った感じだ。

久々の名前返しシーンだねー。
今期は少なめだったし、
最後に色々入れとこうと思ったのかな。
キャラも出来るだけだして、絡ませて。

おーっ真ん中アイキャッチ!
ぶよぶよ先生が、斑になったぁぁー!!
カッコ良い~♪

夕方のチャイム。
夏目はゴミを捨てた所で、長い縄があるのに気づきました。
触れようとした瞬間、夏目の手首にくるくるくるーっと
巻きついて、引っ張られる引っ張られる。
途中、女子生徒の前も通ったけど、彼女には見えないから、
夏目が手首を上に上げて、与太りながら走ってるとしか
見えないね。

森の途中まで来たら縄が外れました。
縄を手繰り寄せていたのは、今朝、夏目が名前返した
大根妖です。
でもそれをやらせていたのは中級たちだったのね。
夏目を胴上げして。わっしょいわっしょいと運びます。

胴上げして運ぶのは原作通り。
帰宅途中の夏目を呼び止めて、
アニメでは夏目の部屋で話した犬の会の説明を
原作ではここでして、
こうして宴会場まで運ぶのです。

ちなみに大根妖はオリジナルです。
原作の犬の会メンバーではありません。

アニメでは先生、既に宴会場に来ているわけね。
夏目を待っていたのは、ヒノエ、ちょび、河童と
昨夜も部屋に来てた小者妖たち。
ヒノエは早速、横においでと呼んでますよ。

河童が夏目に駆けつけ三杯と盃を渡すが、
未成年ですってば。
「相変わらず堅いねぇ」
さわさわさわ。
うはは、この時とばかりに触りまくってるなヒノエ。
なんか、可愛くてしょうがないって感じ。

そこに、
「夏目ー?」
夏目の肩に手を置いたのは紅緒。
ヒノエが一瞬、嫌な顔になってるよ。ぷぷぷ。
「久しいね。タダ酒があると聞いて久々来て見れば
お前か…」
紅緒の姿を見て、先生も声を掛ける。
「あぁ斑様。何度見てもおいたわしい、
ちんちくりんなお姿」
ふふふ、あの時の紅緒の"ちんちくりん叫び"は
おもろかったわねぇ。
懐かしい。

「お前は浅いな。
この姿も一部では好評なのだぞ。
人間の娘だがな」

「なんと!おのれ人間め。
どこまでも悪趣味な」
いやー紅緒、でもね。
こちらの世では、ニャンコ先生グッズが
巷で大流行ですよ。
その世界じゃ、先生の容姿にらぶなのは
多軌ぐらいのものかもしれんが、
こっちじゃ一部どころじゃないですよ。
来週末はまた大騒ぎになりそうですし…。

「さすがは夏目親分。大物の知り合いの多い事で」
「…そうなのか?」
紅緒も大物なんだねー。
ちょびやヒノエが大物なのは分かるが。

先生酔っ払って踊ってる。

人間の場合は、こうやって集まった時、
どんな風に楽しむのか。
一つ目の問いに、ヒノエも乗る。
「私も知りたいねぇ。
どんな遊びをするんだい?」

そこで夏目が考える。
「トランプとか…」
それはLaLa今月号の付録のことかい?
「あ、屋外なら確か缶蹴りとか
影踏み鬼とか…」
「影踏み鬼?面白そうだね」
ヒノエが乗った。

一つ目も、飲めない夏目に付き合って
その影踏み鬼をやろうと言い出しました。

どんな遊びなのかと河童に聞かれて
説明してる間、先生が
もっと酒よこせと、ごろごろ拗ねてるから
そっちに耳が言っちゃうー。

鬼ごっこの要領で、影を踏まれた者が次の鬼に
なるんだよね。

「鬼?それはまた面白そうな」
ちょび、顔恐いって。
「当然捕らえた者を
鬼は食っていいということか?」

ヒノエ~…はまだ分かるとして、
先生までなんで眼を光らせてるの!!

「いや全く違うぞ」
ヒノエ、なんだよ「ちっ」って…コラコラ。

基本は鬼に影を踏まれぬよう
逃げ回ったり物陰に隠れたりして
鬼をかわす遊び。
じゃあ日陰に入ってれば良いじゃないかと紅緒。
5秒以上は反則っていうルールがある。

じゃあまずは夏目が鬼ってことでスタート。
範囲はこの神社の敷地内。
「始めるぞ」
夏目が手を上げて合図すると、皆散っていった。

-脱兎のごとく…だな。

胸中でそう思った夏目。
子供の頃の記憶が蘇る。

『くるな』
『こっちにくるな』
『うそつき夏目!』
『あっち行け!』
耳に戻った子供達の声に苦笑して、夏目は足を進める。
おっ笑顔になってるじゃないか。

中級達に近づくも、サボり飲みしつつトラップが
仕掛けてありましよ。なかなかやるな。
これはオリジナルだけど。

ふと、見回したらちょびの背中が見えました。
「悪いな、ちょび」
「なんと…これは油断であります」
ん~と見回したちょび、
「あ、足の短い生物があそこに」
先生の走り方がおもろいっ。
と、そこにびゅんっと飛んできたちょび。
ひぃーっ恐いよーっ妖怪みたいっ!(妖怪です)
ちょびったらこんな技も出来るのよね。
普段そんな風に見えないけど
こんなの見ると、確かに大物なんだなと思う。

先生の驚きっぷりも笑える。

「…踏みました。
次は貴様が鬼でありまぁす~」

うはははっ。チョーさん言い方、最高!
走り方もとぼけてておもしろーい。

「くそう…なんだか腹立たしい!!」
先生が鬼になったと知った中級や紅緒達は
大慌てで逃げる。
「むむ…獣の血が騒ぐ…」
どろんと斑になっちゃいましたよ。
「だめだ…楽しい…」
わーっ和彦さん、その言い方、イイ!!

「影ー、踏んだー」
影踏んだというより土掘り起こしてるみたいよ斑。
あ、一つ目の台詞はカットか。
つぶれながら、
「…斑さま…影以外のものも踏んでます……」
ってのが気に入ってたんだがな。

「夏目ー覚悟しろー」
「何だよ先生はもう鬼じゃないだろ?」
「ええい問答無用!」
違う遊びになってるぞー。

「おのれ夏目ちょこまかと。
往生際が悪いぞ」
「ふざけるなよニャンコ先生。
仮にも用心棒がこんなこと!
許されると思うなよ」


実は原作はこのシーンからスタートでした。
だから、なんだなんだ仲間割れか?と
驚いたのです。
で、ことのおこりは…と帰宅途中で拉致された
シーンへと戻るんだ。

「斑さまーっやっちまえー」
「やっちまえー」
「人間相手に情けないのでありまぁす」
皆、好き勝手言ってるなー。
さすが妖。

「「外野は黙ってろ」」
息ピッタリね、夏目と斑。

「…って、影以外へ攻撃は、
反則だって言ってんだろ!!」
夏目の拳が斑の眉間にヒット。
一発でニャンコ先生姿に戻って、 しゅうぅぅぅぅぅ…。
「はぁ…危なかった」
「夏目のそれは反則じゃないのかい?」
…ですよね…。

あ、紅緒に縛られる所はカットか。

それでは斑に最初に踏まれた一つ目が改めて鬼…と
再スタートしようとした所に、鈴の音が…。
突風と共に現れたよ、三篠~♪

いつもの蛙も一緒です。
夏目の頭にぴょんと乗る。
好かれとるのぉ。

「お久しぶりだ夏目殿。
我々を犬呼ばわりするとは
相変わらず度胸がおありだ」

「げこっ」
あははは。
嬉しいなぁ~ここの台詞聞けて。
ほぉんと三篠って崇矢さんだよねぇ。
そのものだよねぇ。

「あれだったら中級たちが勝手に…」
しっかりノボリも立ててるものね。
一つ目が三篠の影を踏みました。
今度は三篠が鬼だよ。
「ほぉ…私が鬼に?やってみよう」
恐いって三篠ー。

三篠はルール知ってるのかぁ?
逃げる者の影ほ踏む役だと夏目が慌てて
説明しますが、
「成る程それは…面白そうな遊びですな」
いやいや、影以外も踏みそうだ。

「ふふふふふ。
さぁ逃げ惑え。下賎なる者度共」

色々違ってるからそれ。

三篠は審判やってもらうことにしました。

一つ目も変な影になって移動すること可能なのよねー。
こんな姿、この時、初めて見た。
紅緒が、
「ひとーつふたーつみーぃつ」
と脅すのは、ほんとは子狐だったんだけどね。
子狐に関しては、ちょっと思うことあるんで
下で書きます。

灯篭に隠れる夏目に
「確か影を踏んだら好きにしていいんだったね」
いじりたくてしょうがないのねヒノエ。
「そんなルールは無いぞ」
はははは。

影を前にして逃げれば踏まれずに済むことに
気づいた一つ目。
みんな北に向かって逃げる事にしました。
なかなか考えましたね。

「あ~、なんだこの遊びは…」
「エンドレスなのであります」
「人の子は…恐ろしい…遊びを考えるねぇ…」
皆さんぜぇぜぇへたばってます。

「夏目…どうやって…終わればいいんだい?」
ヒノエに訊かれた夏目は答えられない。
いつも遠くから見ていただけだから
よく知らないんだよね。

皆さん盛大に、「「「「なにーっ!?」」」」
夏目もこれで遊ぶのは初めてだった。
「子供の頃、
皆が楽しそうに
していた気持ちが分かったよ」

それもまた切ない話だが、夏目は笑ってそういう。

へたばってる皆を見つめつつ、
いつの間にかこんなにも多くの妖達と
知り合っていたんだと
夏目ったら感慨深げ。

-レイコさんも少しはこんな気持ちを
 知ることは出来たんだろうか…


次の鬼は先生。
じゃあラストケームということで影を踏まれたら
その場で失格とし、全員の影を踏めたら
鬼の勝ちとしようと紅緒が提案。
「ちょっと待て!
それは鬼の運動量がハンパじゃないぞ」

いーじゃん、ダイエットだと思いなさいな先生。
それぐらい必要よ。

踏まれた者が入る円を木の枝で地面に書いた一つ目。
墓って書いてあるし。
「うわぁ入りたくないな」
ふふふ。

かくしてラストゲームスタート。
「ほい、一匹ー」
「死んだー」
一つ目ご臨終。
「よいしょもういっちょう!」
「デーット!!」←これDeadって言ってるよね?牛顔。

夏目は草にまぎれて見えなかった穴に落ちてしまいました。
八ツ原の森って危険だなー。
これ普通の人だったら見つけてもらえないよね…。

ここにいれば当分影を踏まれる事はないと
夏目はちょっと笑う。

『お前、夏目っての?遊ばない?』
転々と引っ越す先で
着いてすぐには
話しかけてくれる子は結構居た。
でも夏目が訳の分からないことを言うから

-嘘つきが
 嫌われるのは当然で…


優しく掛けてくれた声も思い出す。
『おーい夏目ー!』
『転入生ーお前もこいよ』
『夏目はいいなぁいっぱい引越しして』
『な!いろんなトコ行って、
いろんな人に会って』
空が茜色になって、家の人が迎えに来たりして
皆、じゃあなと家へ帰っていった、あの頃。
一人ぽつんとそれを見ていた夏目を呼ぶ声…。
「夏目ー!」
幼い夏目が声の方を見上げる。
穴から覗いてるのはニャンコ先生。

ここねー、
夏目の中でずっと寂しがってた幼い日の夏目が
今やっと、名前呼んで貰って
昇天した感じかなって、思いました。

もう夏目が踏まれたら最後のようです。
「俺が踏まれたらおしまいか…」
「だからってずっと隠れているのか?」
「…いや、上がれないんだ。
ひっぱりあげてくれ」
夏目が腕を伸ばす。

「なに?まったく世話の焼ける」
先生は斑になって、首を突っ込み、
夏目は顔にしがみついて
上へと上がった。

この時の夏目がね、泣いてるのかなって
原作見た時は思ったんだ。
顔を先生にギュッとくっつけて。

子供の頃、やってみたくても見てるしかなかった遊びを
この歳になって、やっと…。
友達は、同級生どころか何百年も生きてるような
人ですらない生き物達ですが、
それでもきっと…胸は熱くなったんだと思う。

そして先生は…
そんな夏目の気持ちを
きっと分かっていたんだと思います。

穴に首突っ込む時、斑が首をよじよじして、
穴を広げてるしぐさが、ツボでしたわ~。

「おお夏目殿」
「なっつめさまー」
「夏目様ぁ」
「お前も踏まれたか」
「やはり人間は弱いねぇ」
夏目はちょっとふてくされ顔で返す。
「なんだよ…皆だって踏まれたんだろ?」
鬼の勝ちってことで祝い酒だってよ。

「弱くて悪かったな…どーせ」
笑ってヒノエの隣に座ろうとする夏目の耳に、
「守ってやるさ」
ヒノエの声が届く。
「弱いお前が呼ぶのならば
しょうがないねぇ。
しょうがない。気に入ったんだから
しょうがないさ」


原作はここがラストシーン。
ギャグ多めのこんな楽しい短編でも、
うるっとさせるとは、なにごと!!
緑川先生おそるべし!
と思いました。

あ…EDなくてクレジットが被る…。

「おーい夏目ー」
西村が呼んでる。
田沼の家で昨日の続きを相談だと北本。
あぁ何処へ遊びに行くか、ね。
「お前もこーい」
北本の視線の先には、立ってこっちを見てる夏目と
向こう向いてるニャンコ先生しか映ってない。
これが普通の人の視界。
なんか…泣けてきました。
ほんとは、居るのに。
今、宴会の真っ最中なのに。

歩きかけた夏目が、ふと振り返る。
こんなに大騒ぎしてるんだよね、皆。
でも…北本達には、何も無いところを
振り返ってるようにしか見えなくて…。
「何してんだよ夏目、何かあるのか?」
「あ、あぁ…いや…」
弱り顔の夏目に、先生が行けと言う。
「私はもう少し、こいつらと遊んでいってやる」
ヒノエも手でしっしっとやってる。

夏目はじゃあと皆ら手を上げて、
西村達のもとへ駆けていく。

-見えることを疎ましく思ったこともあった。
 けれど…そのお陰でこんなにもたくさんの出会いを
 もらえたんだと、
 今は、素直にそう思える。


夏目が振り返って、もう一度手を振る。

-大切な友人達。
 今の俺にとって、人も妖も等しく
 かけがえの無い…


うんうんうん。

犬の会のメンバー、この先も色々と夏目を
助けてくれるんです。
だからこれはここで見せておくの、
正解ですよね。

エンドカードの先生。
「さらばだっ」
「再会まで三ヶ月待つのだ!」
もう4期が決まってるから、寂しくないよ。

1期2期の時みたいに、またラジオ聴きつつ
待ちますよ~。


無かったけど、EDも貼っとく。
君ノカケラ feat 宮本笑里(期間生産限定盤)(アニメ盤)君ノカケラ feat 宮本笑里(期間生産限定盤)(アニメ盤)
(2011/08/10)
中孝介

商品詳細を見る


★原作では犬の会に居た子狐が居なかった件

夏目を慕う妖と言えば、当然子狐もだし、
原作では子狐も犬の会のメンバー。
この宴会にも、
「お酒は飲めないけど…」
と顔を出します。

子狐をアニメでカットしたのは、
やっぱ距離の事を考えて、かなと思ったり。
子狐の住んでるエリアは、かなり遠い筈で
以前、夏目に会いたくて彼が夏目の住む町に
来た時も、人間に化けて電車に乗って
けっこう大変な思いして来てましたよね。
3期8話のオリジナル回では
夏目と滋が行きましたが、
旅行で行く距離ですものね。

彼も成長して大きくなったから、
能力的にはUPしてるかもですが、
飛べるタイプの妖じゃないと、
やはり行動範囲ってけっこう限られてるのではと
思うのです。
8話でも、子狐は自分から訪ねては行かず
夏目が来るのを待っていたわけですし。

この宴会に簡単にひょっこり顔出せては
おかしいのではってこと。
まぁこれはあくまで私の想像ですけどね。

3期で子狐メインの8話入れたのは
子狐ファンの方への考慮もあってだろうと
これも想像ですが…。

とりあえず、3期は終了です。
いつも当ブログの夏目感想を見に来てくださっていた皆様
TB下さったブロガー様、ありがとうございました。
また4期も感想は書くと思います。
宜しければ、その時はまた、
お付き合い頂けると嬉しいです。

夏目友人帳 でっかいニャンコ先生 約38cm ぬいぐるみ バンプレスト プライズ夏目友人帳 でっかいニャンコ先生 約38cm ぬいぐるみ バンプレスト プライズ
()
不明

商品詳細を見る



前回の感想
#1
「夏目友人帳 参」#1【妖しきものの名】笑えるぐらい、すんなり自然な第一話。
#2
「夏目友人帳 参」#2【浮春の郷(さと)】オリジナルでもこの安定♪
#3
「夏目友人帳 参」#3【偽りの友人】すみません、我が侭言います。
#4
「夏目友人帳 参」#4【幼き日々に】これ見たかったんだよ~。
#5
「夏目友人帳 参」#5【蔵にひそむもの】カクラの動きがすごかった…(汗)
#6
「夏目友人帳 参」#6【人ならぬもの】やっと的場に会えましたね。
#7
「夏目友人帳 参」#7【祓い屋】名取と先生のコント、最高♪
#8
「夏目友人帳 参」#8【子狐のとけい】子狐、大きくなったねぇ。
#9
「夏目友人帳 参」#9【秋風切って】
 聴きたかった台詞が、やっと聴けた…。

#10
「夏目友人帳 参」#10【割れた鏡】妖の動きが、良いわ~。
#11
「夏目友人帳 参」#11【映すもの】この田沼が見れて良かった。
#12
「夏目友人帳 参」#12【帰る場所】こだわりに感動しました。

※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 夏目友人帳 第13話 「夏目遊戯帳」

夏目友人帳 参 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/09/21)神谷浩史、井上和彦 他商品詳細を見る テストを終え、次の休みに出かける相談をする夏目たち。どこに遊びに行くか話しているうち、子どもの頃の...

夏目友人帳 参 第13話「夏目遊戯帳」

冬までしばしお別れの第3期最終回。 最後は妖たちとの過激な(?)影踏み遊びw 中間テスト終って遊びに行こうって話題。 委員長も首をツッコンできますね(笑) ▼ 夏目友人帳 参 第13話「夏目遊戯帳」  将来の話題になりますが…。 夏目は名取のようなキ?...

夏目友人帳 参 第13話「夏目遊戯帳」

「大切な友人たち  今の俺にとって、人も妖も等しくかけがえの無い――…」 夏目を囲んでの宴会――! 皆で集まり、人の遊びをする事にw    【第13話 あらすじ】 テストを終え、次の休みに出かける相...

夏目友人帳 参 第13話「夏目遊戯帳」(最終回)

最終回もとっても乙女な塔子さん♪ オイラもあーんしてもらいてえぜ! 夏目代われえ~ エビ天をつまみ食いする滋さんに笑ったw この和みっぷりがいいね♪ 友達も恵まれた現在の夏目。 昔は出来なかった...

?年目の影踏み

エコバッグ! 妖にも人にも友だちが出来て、良かったね^^ 『夏目友人帳 参』 第十三話 夏目遊戯帳 最終回 影踏み鬼もしたことのない夏目。 妖たちの酒盛りに誘われた夏目は、 妖たちと影踏み鬼をやることに・・ 転校したばかりの頃は、 声をかけられたり新参者を...

夏目友人帳 参#13

第13話 『夏目遊戯帳』 再会まで、3ヶ月待つのだっ!…“4期決定”だそうですなw とはいえ“取り敢えずは〆”というコトで、総括的な感じで行こうか と思います。…今まで“本編の内容”には触れてこなかったので 一応最後くらいは『夏目友人帳の感想』にしてみよう...

夏目友人帳 参 #13(最終話)「夏目遊戯帳」

『さんぽ日和~てきとうに歩く』という雑誌をもってるとは西村くんシブイ!と思いきや 北本「じきに俺達はオトナの遊びを覚える事になるだろう」 3人「「「オトナの遊びかあ…」」」 やっぱり男子高校生、ソッチにも興味津津なのですね(笑) みんな一体どんな“オト?...

『夏目友人帳 参』#13「夏目遊戯帳」(最終回)

「大切な友人たち、 今の俺にとって人も妖も等しくかけがえのない───」 アニメ『夏目友人帳』3期も終わってしまいましたが、 2011年1月には4期が始まるから寂しくない!! と思いつつ、やっぱりちょっと寂しい… 最後までちょっぴり切なく、でも楽しい話...

「夏目友人帳 参」第13話(終)

どちらも、かけがえのない存在・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109270000/ 夏目友人帳 参 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.09.22 アニプレックス (2011-09-21)...

夏目友人帳 参 第13話「夏目遊戯帳」

『テストを終え、次の休みに出かける相談をする夏目たち。どこに遊びに行くか話しているうち、子どもの頃の遊びの話になり、仲間に入れてもらえず見ているだけだった影踏み鬼を思い出す。翌日、夏目は妖怪たち...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR