fc2ブログ

「アクエリオンEVOL」#13【堕ちた巨人】あんまりだ…(泣)

くそぉぉぉぉぉ~ミカゲめーーーーっ。

このカップル、良いなと思ってたのに。
ある意味、主人公カプより気に入ってた。(あ)

でもほんとに、そうなの?
蘇ったりしませんかね…。
容赦ないミカゲが、そんな中途半端な事しないか…。
ZENも、がぁぁーん!!って顔してたしな。

うわーん、ショックー。
良いキャラだったのにぃ。
楽しかったのに。

あんまりだ。


アクエリオンEVOL Vol.1[初回特典:イベントチケット優先販売申込券付] [Blu-ray]アクエリオンEVOL Vol.1[初回特典:イベントチケット優先販売申込券付] [Blu-ray]
(2012/04/25)
梶裕貴、茅野愛衣 他

商品詳細を見る


第13話「堕ちた巨人」
上映会イベントに突如として現れ、荒れ狂うミスラグニス。
パニック状態に陥る聖天使学園だったが、アマタ、ミコノ、
ゼシカの操るアクエリオンEVOLで迎撃を試みる。
しかし、ミコノはカグラと戦うことに動揺を隠せないでいた――。
一方、ユノハはジンがアルテア界からのスパイであることを
知り動揺してしまう。ジンから共にアルテア界に行こうと
誘われたユノハは・・・?



ドナールが逃げてる…?
おや追ってるのはミカゲですか。
「うわぁぁぁぁぁーっ!!!」
叫びながら目覚めた自室。
……広いな(そこか)。

夢だったのね。

ファントムペイン。
朝、ある筈の無い腕が痛む日は、
ロクでも無い事が起きる。

わー、その腕、引出し引っ張るのは便利ですね。
引出しの中は服じゃなく、腕の付け替えパーツですか。
ロクでも無い事、を想定して、武器となる腕を
付けて行くってことですな…。

これは今日、創立記念日の朝、だったわけね。
んで今、そのロクでも無い事が起きてるわけだ。
カグラのミスラ・グニスは学園の敷地で
四つん這いになって、ミコノを探してます。

ミコノもカグラを感じてますな。

こちらはジンとユノハ。
「信じたくなかった。ジン君、貴方は、
やっぱり向こうの人だったんだね」

ユノハはポケットからジンの通信機を出し、
彼への通信を聴いてしまった事を打ち明ける。

二人を見つけたMIXが早く避難をと叫ぶ。
そのMIXの声にアンディが、
「MIX無事か?」
気にかけていたのねアンディったら。
カグラが暴れてMIXが壊れた建物の下敷きになりそう!
アンディがすかさず飛び出して庇うのが素敵。
あ、アンディならきっと、穴掘って地面下に逃れて
無事だよね。

でもユノハは二人が押しつぶされたと見て
悲鳴あげて失神。

OP~♪
君の神話~アクエリオン第二章君の神話~アクエリオン第二章
(2012/02/15)
AKINO with bless4、AKINO&AIKI from bless4 他

商品詳細を見る


生徒達は避難させたが、行方不明者は20名以上
居るようです。

出撃は、アマタ、ミコノ、ゼシカか。
ゼシカ、辛いねぇ。
早速、アマタが
「何があっても、ミコノさんは絶対俺が守る」
なぁん言っちゃって、らぶらぶだし。
ゼシカがピクピクしてるぞー。
またどっか、ひん曲げられるぞ~。

「はい、はい、恋愛禁止、恋愛禁止っと…」
ゼシカらしくそう突っ込んだけど、
胸の中じゃどろどろしてるだろうなぁ。

迎撃合体でアマタがヘッドのEVOL。

カグラはもう匂いでミコノを察知してますよ。
「俺の…俺の…シルフィー!!」
カグラの声は、こちらの通信回線にも入った?
ミコノは胸の痛みを感じてる。
うむ、やっぱ、引かれ合ってるんスかね。
アポロの欠片とシルヴィの欠片…。

無限拳が効きません。
急速に巻き戻された反動で、後ろに倒れちゃったよ。
それどころか…うわ、手がもげた…。
駄目だよ、ドナールの手と違って
簡単に付け替え不可でしょそれ…。

あ…でも新しいの、生えたりして?
アクエリオンはベクター機合体の変形だけど、
バトル途中で進化したりするもんな。

ミスラ・グニスから高レベルのオーラエネルギーが
確認された。
「まさか!?エレメント反応?」
カグラがエレメントってこと?
…ジンもエレメントだしな、可能性はあり?

ZENいわく、逆さまの力だそうで。
「愛が憎しみに変わる時、
全ての炎は氷に閉ざされ光は闇となる」

んー、なんかそれ、ミカゲっぽいわね。
で、ZENのそのマジック、どうなってるの?

「つまりは物理法則の反転…」
え?それでオーラエネルギーが出ることになるの?
ちょっと良く分かんないな。

ジンはベクター機の格納庫に来てる。
予備機に乗り込むつもりだね。
ユノハが目覚めました。

「君は僕と一緒に行くんだ。
アルテア界。そう、僕の住む世界へ」
行けっこないとユノハ。
皆が戦っているのに。
自分達を受け入れてくれた皆が。

ジンには最初から計算づくだったと告白。
「最強のレア・イグラーを奪うため」
それを言うなら、ユノハが最強、とは言えないと
思いますが…。
能力の違いがあるから、どれが上って言えないけど
メンタルとか体力に限って言えば、
ユノハは弱い。
時空転移に耐えられない気がします。
行けそうなのは…ゼシカとかMIXかなぁ。
彼女達にももちろん弱さはあるけど、逆境に強いでしょ、
多分あの二人は。

「そんな人間が必要とされる筈がない!」
ジンはユノハを抱きかかえてベクター機に乗り込む。

当然、司令室にも動きは伝わる。
非常事態発生。
無断で発信しようとしている予備機があると
ええっと、このオペレターの子、モロイと仲の良い子、
名前がちっとも覚えられんが、金髪の子。
EDにクレジットあったのは…エイ・チャン。
この子がエイ・チャンで良いのかな。

「操縦者は?」
画面にチラリと映って消えた、ジンの顔を見て、
「アクバルジン・バドバヤール!?」
 凄いわカイエン。ちゃんとフルネーム呼び。
正確に言えるのって、貴方ぐらいかもね。
「やはりヤツは!」
「敵のスパイかっ!?」
「うそ…」「マジで?」
「どうりで何か影があると思った」
おーい、 サザンカそこで趣味に走るなっつの!

カイエンが止めに行くそうです。
でも今からじゃ、発進は止められないぞ。

アマタ達もいつまでも転んではいません。
「ゼシカ!力を!」
「はいっ!」
三角関係だけど、力を合わせる気持ちは
ちゃんとあるもんねゼシカ。

でもこれも効かない、振り回されて、
地面にうつ伏せになるEVOL。

「なんなのこのアブダクター!?」
妙な力だけじゃなく、以前戦った時とは段違いだと
感じたアマタが、次元ゲートからミスラ・グニスに降り注がれてる
エネルギーに気付きました。

それは司令室のドナール達の眼にも止まる。
次元ゲートを閉ざすか、チューブを切断しないと
ミスラ・グニスは倒せませんね。

「運命の赤い糸」
またZENが何か言い出したよ…。
「その残酷なる運命を紡ぎし者。
姿を見せよ!!」

え?

「ほぉ、流石だね。既に気付いていたとは」
ミカゲ、ここに思念体まで送れるんですか…。
「きっさまは…」
ミカゲの姿を見れば、ドナールは、冷静では居られませんな。

発進に向けて機体の状態をチェックしてるジンに、
ユノハがぽつりと声を落とす。
ジンは最初にここに来た頃より明るくなった。
それも計算だったのか。
ジンにはきっと、皆が必要だった。
「だから皆もジン君の事、必要だって思ってる!」
ユノハの瞳に涙が滲む。

「そんなこと…絶対に無い!!」

カイエンは一歩遅く、ジンは発進しちゃいました。

「最後の子も無事、自らの務めを果たしたようだ」
「何者!?」
モロイが手を向けてますが、モロイの能力って何だっけ…。

「やだ、美形」
おーい、こらこらこら。

ミカゲが手にしていた花に息を吹きかけて、
飛んだ花弁でサザンカは眠りにつき、モロイは額に
ビーム当てられてるぞ…。
男と女で差をつけるなぁ。
ドナールがスオミを庇うのが、かっちょいい~。

「そこまでにして頂きたいですわっ!」
クレアもミカゲの事は知ってるのかな。

「随分と久しいね。1万年と2千年。
それとも、
2万年と4千年ぶりかなぁ」

ZENもただ子孫とかじゃなく、生まれ変わりって事ですかね。

ZENの姿を見て、無様な形だと嘆くミカゲ。
ZENは本当の形をどこへ置き去りにしたのか。

目に見える形はただの呪縛であり、
過去への妄執。
「貴様こそ、未だ古き形を捨てられないのかなぁ」

アポロニアスの琥珀色に輝く翼。
真の太陽の翼のありかを、ミカゲはZENに、
教えて欲しいのだそうだ。

飛び立ったジンの操縦するベクター機は
ミスラ・グニスとEVOLが戦ってるすぐ傍を行く。
EVOLを眼にしたユノハは、降ろしてとジンに懇願する。
「皆が危ないの!」
でもジンはユノハの声を振り切るように次元ゲートへと
ベクター機を上昇させる。

「ジン君…お願いだよ…」
ユノハの身体が透けて行く。
見えなくなった身体。
でもジンの膝がぽたぽた落ちる水滴で濡れる。
ユノハの…涙です。
ジンがもっとも苦手な、ユノハの涙。

-ユノハ…僕は…

それでもやっぱり、ゲートを抜けてしまうのか、ジン…。

こちらはミスラ・グニスとEVOL。
EVOLはのびて動けなくなってるようね。
三人とも失神してるかな。
カグラは匂いを嗅いで機体から飛び出し、EVOLへと降りる。

「逆さま!」
カグラがそう告げると、機体が開き、中で意識失ってるミコノが
姿を現した。
「アマタ…君」
助けてるのはアマタの役目だからね。
でも今、キミを覗いてるのは、カグラだよん。

歓喜したカグラが、ミコノを抱きかかえ、
更に頭上に持ち上げる。
「俺の、シルフィー」
初めて見た時から大嫌いだったってさ。
それも逆さまなわけよね。

「だから憎んで、殺して…
そう…この俺の腕の中で…永遠に…」

おや、柔らかい良い顔してるじゃないのさ。

「嫌ーっ」
あ、拒否った。
ミコノってば、カグラの事、気にしてたのに。

「ミコノさぁぁぁーん!!」
アマタが翼で飛んで、奪取しました。
素早い素早い。ここは飛べるアマタが有利よねと思ったら
「貴様!」
今のカグラは、こんな技も使えるのか。
手から出したエネルギーで、アマタの翼を破壊し、
アマタはミコノを抱いたまま落下して、地面を滑る。

カグラはアマタの事を覚えてました。
匂いのしない妙な男。
匂いがしないのは存在しないも同じだとカグラは言うが
自分だから匂いがしないんだと思うよ、やっぱ。
君達二人で、アポロなんだろ。

存在しない者なら殺してもいいってこと。
「お前の心臓、逆流させたらどうなるかな」
ひぃぃーっ。
そういう殺し方は、えぐ過ぎるでしょうダンナ。

「素晴らしい、絶体絶命じゃないか」
ミカゲ、何に対して言ってるの?
アマタ達を見てるの?
「君達の希望は全て闇の中へ消え去った。
さぁ、答えを…2万年と4千年の恋人…太陽の翼、
そのありかは」
ZENがふっと笑う。

おっドナールの反撃。
朝、仕込んどいて正解だったわね。
でも、こういうものでどうこう出来る相手では
無いのよねぇ、ミカゲって。
実体がここまで来ているわけでもないしね。

「そうだった。忘れていてすまなかったね。
ドナール・ダンンテス」
ちゃんとフルネームで覚えてるんかい。
「また遊ぼ」
貴方にとっては遊びでもね、ドナールは
殺しても殺したりないくらい、貴方の事を憎んでますよ。
可哀想に。

こちらはアマタ達。
うわーっ心臓逆流はやめてぇ。
「死ね!」
カグラがそう告げた時、彼の足元がいきなり空間となり
落ちて、更に埋まった…。
これって、穴穴夫婦の夫婦技?

「アマタ!」「無事なの!?」
既に息ピッタリですな。
離れた所の穴からアンディとMIX
が出てきました。
MIXが穴から出るのを手伝い、アンディが抱き留めて
恥ずかしくなって、ぱっと手を放すのが
可愛いね、お二人さん。

あ、カグラ出てくるの早いー。
もう少し夫婦漫才見せといてよ。

「命を逆さまにしてやるっ」
「出来るもんなら、やって見な!!」
おぉゼシカ、頼もしいお声。
カグラ、多分その子もシルヴィですよ。
見た目と野性的な所がアポロそっくりなキミと
念動力持ちで男勝りな所がシルヴィに似てるゼシカ、
こっちのコンビでどうよ。
ま、あんまりピンと来ないけどね、
カグラとゼシカじゃ。

「ミコノー!!」
おぉ兄ちゃんも心配して飛んできたか。
って、カイエン!ジンを追うんじゃなかったのかよ。
シュレードも乗ってるらしい。
再合体の司令がクレアから下る。

しかし次元ゲートをなんとかしなくてはね…。
そこに、
「断ち切る力だ!」
ひゃっほー!
ジン、戻ってきたんだね。
やっぱ寝返ったか。そうだと思ったよ。

ジンは自分の能力を使えば、と提案し、
本名も名乗る。
「スパイのくせに!何をいまさら」
怒るカイエンに、ユノハが信じてあげてと助言。
ジンにきゅっとしがみついてるユノハが可愛いね。
もうすっかりカップルな感じだ。

「騙されるなユノハ、そんな奴に」
カイエンは簡単には信じませんよ。
固い男ですからね。
信用できないならしなくて良いとジンは返す。
でもこっちに来て目覚めたジンの断ち切る力の能力で無ければ
次元ゲートは閉鎖出来ません。
「だから僕も合体を!」

必死に訴えるジンですが、ミカゲが笑ってる。
「愛は星を超えるか」
また邪魔をするの?
にょきっと現れて、ユノハの首絞めてるよ。
ほんとに何処にでも出没出来るのねアナタ。
「裏切りの、愛の代償は、高くつくのだよ」
「やめろーっ!!」
これはジンから出たエネルギーだよね。
断ち切る力、だからミカゲの思念体も追いやれたのかな。

「ユノハ!!」
ジンは本当に変わったよね。
アルテア界で、けだるそうな声でイズモと話してた彼とは
まるで別人だ。
ユノハを守るために必死になってるジン。
目の光が違いますよね。

消える前にミカゲは、ジンの額に指を当てた。
「うわぁぁぁーっ」
額から血が垂れている…何したんだミカゲ。

「平気さ…思念体ごときにやられはしない」
守る者が出来て、更にジンは強くなったね。
「だから早く合体を!!」
カイエンはようやく認め、合体と相成りました。
アマタとミコノはシュレードと、連弾合体だそうで。
連弾…シュレードらしいわね。

カイエン達は砲煙合体。(ほうえんって、砲煙で良いかな)
ゼシカ、カイエンとジンユノハで四人合体ですよ。
いつぞやのミコノ状態だね。

同時に2体のアクエリオンが合体ってのは初めてのことで
同時だと、混ざり合うのかしらね、
この裸で溶け合いタイム。

うわー、ユノハとジンが良い顔してるる
ちょっとえろいぐらい。ふふ。
大人の階段登ったね。

ミスラ・グニスはふっとばされてもゲートからエネルギー
貰って、すぐに復活しちゃうよ。
遊びは終わりとばかりに、反撃。
今度はスパーダが押されましたが…むふふん♪
カイエンがしっかり支えてるわね。
サザンカ、サザンカ、寝てる場合じゃないよ。
君が見たいシチュが、繰り広げられてまっせ。

悲鳴を上げるユノハをジンが抱きしめるのがさー
なんか良いよねぇ。
圧力のように注がれるミスラ・グニスからの攻撃に
抗い、ジンは手を伸ばす。
ミカゲに付けられた額の傷から血が滴る。
それでも構わない。

「もう二度と見たくないんだ!
君の涙は」

うっわー。
こりゃ、ずきゅんとキタよね、ユノハ。


♪でっあぇたぁ~っきせぇきにぃ~っ
 もう、息が止まりそうだよ~


くはー、歌がまた良い!

ジンが伸ばす手にユノハが手を添える。
「一緒だよ」
そこに、ミコノ、アマタの手も伸びた。
「ジン…」「ジン君…」
シュレードもゼシカもカイエンも、
皆の手が重なり、力となる。

おや、メビウスの輪。
星を超えて繋がる無限大の力ですかー。

ゲパルトに新しい武器が召喚されたってよー。
進化してるなアクエリオン。

今日はシュレードえらく元気だけど
命削られないの? 大丈夫なの?と、
今は突っ込むの止めておこう。

おぉゲパルトが変形して、地面にどっしり座り
空間断絶砲を撃つ。

スパーダでミスラ・グニスを真っ二つにしようと
しましたが、また逆さまの呪文で元に戻りかけ
スパーダを攻める。
アマタはミコノを守ろうと抱きかかえた。
ジンとユノハの"合掌でぺちゃんこ作戦"が上手く行き
ゲートが消えると形勢逆転。
スパーダが留めのひと振り。
ミスラグニスは二つに裂けて爆発。
カグラは死んでないでしょうけどね。

アルテア界で見ているミカゲは、また薔薇の花を
ふーっと吹く。
それがジンの額にざっくり刺さりました。

勝利してスオミとドナールは手を握り合ってますよ。
ふふ、この二人も案外…ねぇ…。
クレアもぱちぱちと手を叩いてますが、
ZENは目を見開き、愕然としてる。
ミカゲのしたことが、分かったんだね。

「やったねジン君」
喜び抱きつくユノハですが、ジンの額から流れる血は増し
身体はガックリと脱力し、手からは通信機が滑り落ちた。

「ユノハ…君と出会えた奇跡に、
もう息が止まりそうだよ」

通信機から聞こえるジンの声。
ユノハへのメッセージを録音しておいたの?

ジンは人差し指でユノハの唇に触れ、
口元で少し微笑んで、瞳を閉じた。

「繋いだその手に…
少し強くなれる気がする。だから…」

通信機にぽたぽたと落ちる滴が、真珠のように光ってる。

「いやぁぁぁぁぁああああああーっ!!!」

悲鳴が、

響き渡った…。



うううっ。酷いよ。
大事な役割を終えたら退場なんて。
もうミカゲが憎らしくてたまらない。
いくら美形でも、サザンカじゃないから、
許せませんよ私は。

次回予告とユノハの語りからして
生き返りはしないようですな…。
棺に入ってたもんなぁ。

それでも、生き返って欲しいよ。
EDにもジンの画、加わったじゃない。
OPにも加えてやってくれ。
これからも一緒に戦う仲間で、あってほしい。

とりあえず、一週間待つか…。

アクエリオンEVOL クリアファイルアクエリオンEVOL クリアファイル
()
不明

商品詳細を見る



前回までの感想  ※諸事情により11話は書けていません。
#1
「アクエリオンEVOL」#1&#2SP 【終末(おわり)を抱いた神話的
 禁じられた合体スペシャル】相変わらずだったので安心した。(え)

#3
「アクエリオンEVOL」#3【トキメキ指数☆急上昇】ヤバイ!おもろいわ。
#4
「アクエリオンEVOL」#4【壁~conquer oneself~】藤原さんキャラ、やっと名前で呼べる…。
#5
「アクエリオンEVOL」#5【恋愛禁止令】こいつら可哀想…。
#6
「アクエリオンEVOL」#6【生命のアジタート】シュレードってもしかして…。
#7
「アクエリオンEVOL」#7【真夜中の少女】想像以上にユノハがユニーク♪
#8
「アクエリオンEVOL」#8【さらけだせ】さらけ出すのは肌なのねー。
#9
「アクエリオンEVOL」#9【男と女のアナグラム】穴による穴の為の穴回でした。
#10
「アクエリオンEVOL」#10【隻眼の転校生】
 どこのロミオとジュリエット?

#12
「アクエリオンEVOL」#12【アクエリアの舞う空】ジンの反応がいちいちおもろ可愛い。


※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクエリオンEVOL 第13話「堕ちた巨人」

僕は二度と見たくないんだ、君の涙は――。  カグラが襲撃して来たどさくさに ユノハを連れ去ろうとするジン。 やはり敵スパイだったか? なって中 影があると思ってたってサザンカさんw ▼ アクエリ...

命 散らして・・

オゾン層! 子どもが夕方、古本屋から『電撃デイジー』というマンガ本を買って来ました。 これが、読み始めたら止まらない^^; 遅くなってしまったので、ブログ活動明日にさせて頂きますっ人(´▽`;) はい。27日です^^; 敵も味方も関係ないようなサザンカ...

アクエリオンEVOL 第13話「堕ちた巨人」

アクエリオンEVOLの第13話を見ました。 第13話 堕ちた巨人 アクエリアの舞う空が上映される中、カグラの搭乗するミスラ・グニスが現れ、ミコノを探し回る。 「くだらない臭い共。違う、どれもこれ...

アクエリオンEVOL 第13話「堕ちた巨人」

「僕は二度と見たくないんだ 君の涙は!」 ジンの選んだ道、ユノハへの想い しかし そんなジンにミカゲ様は……   ミカゲに襲われる悪夢を見ていたドナール! それはファントムペイン、あるはずのない腕...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
ここ数年、仕事と体調が
落ち着かず
ブログ更新はまばらです💦
お急ぎの方はTwitterにて
連絡ください。

本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


音楽、アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
刀剣乱舞、グラブル、
夏目友人帳、うた☆プリ♪
あと、進撃の巨人、黒執事
ハイキュー!!、七つの大罪
黒バス等も好きです。

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR