スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「坂道のアポロン」#6【ユー・ドント・ノウ・ホアット・ラブ・イズ】想う重さはきっと同じ。

順調に進んでは面白くないので、
ここらで薫と千太郎の仲を邪魔する存在投入ですかー。
どんなに振り回されても
きっと二人は大丈夫。
いつか元の鞘に戻るだろうと信じていても
はらはらはしちゃいますね。

泣かないで薫。
大丈夫。
君が想うのと同じ重さで、
千はキミの事、大事に想ってるから。
キミを失うの怖いと思ってるから。

それが分かる時が来る。
きっと、そんなに待たずにね。

坂道のアポロン 第1巻 Blu-ray 【初回限定生産版】坂道のアポロン 第1巻 Blu-ray 【初回限定生産版】
(2012/07/27)
木村良平、細谷佳正 他

商品詳細を見る


アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックアニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック
(2012/04/25)
TVサントラ

商品詳細を見る


坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック
(2009/09/16)
イメージ・アルバム、チェット・ベイカー 他

商品詳細を見る


坂道のアポロン 9 (フラワーコミックス)坂道のアポロン 9 (フラワーコミックス)
(2012/04/26)
小玉 ユキ

商品詳細を見る



あらすじは、アニメ「坂道のアポロン」公式サイトより。

あらすじ 第6話「ユー・ドント・ノウ・ホアット・ラブ・イズ」
春。2年に進級した薫たちの前に、ド派手なクラスメイトが現れる。
ビートルズや流行の音楽にのめり込み、髪型もマッシュルームに
した松岡星児。彼は、自分が率いるロックバンドのドラムに、
千太郎を誘う。初めは拒否していたものの、じつは苦労人で
ある星児の境遇を聞き、共感を抱く千太郎。彼は、その願いを
快諾するのだが……。


進級でクラス変えですか。
薫と律っちゃんはまた同じクラスになったのね。
良かったと嬉しそうな律っちゃんに、
「律っちゃんが嬉しいなら、
僕も嬉しいよ」

薫は複雑だよね。
しょっぱなから声が切ないのぉ。

千太郎はふてくされてるー。
ぷぷぷ。
分かり易いなぁ。
千太郎だけ別のクラスなんだな、と
その顔見ただけで分かるよ。
葉っぱ咥えたりして、前に幸子が作ってた
雪だるまにそっくりだぞ。

「やぁやぁどうした?ご機嫌な顔して。
悪たれぞろいの10組がそんなに嬉しいのか?」
薫の千太郎への態度ってどんどん変わって行ってるよねぇ。

あ、今さ、薫に西村感じた。
「そんなに」の言い方のトコで。
木村さんの中には西村、まだ居ますよね。
またやってくださいね。(うるうる)

千太郎は薫の嫌味にも反応せず元気なく立ち去る。
拍子抜けしたでしょ薫。
千太郎は慣れてない。
友達と離れるクラス変えなんて、
千太郎は初めてだから。
寂しいんでしょうねぇ。

薫が初めての友達なんだよね。
ふふ。

薫の髪に付いた花びらを律っちゃんが
取ってやろうと手を伸ばすも、
薫はさっと身体を引きました。

「良いよ、自分で取る」
手で払ったり、頭振ったり。
ちっとも落ちないね、薫。
でも…律っちゃんに触れて欲しくないんだよね。
一生懸命諦めようとしているのに、
優しくしないでって感じですよね。
分かるなぁ。

OP~♪
プレイボール/坂道のメロディ(初回生産限定盤)(DVD付)プレイボール/坂道のメロディ(初回生産限定盤)(DVD付)
(2012/05/02)
YUKI

商品詳細を見る


このOPも飛ばせませんよねぇ。
サビの部分のノリと映像が好き。
演奏してる薫が凄い良い笑顔するじゃない?
♪絡み付いても 離れないよ~
のあたりね。
律っちゃんや薫の髪がなびいてるんだけど
心地よい風と、澄んだ空気を感じるよ。

んで淳兄のトランペットがね、
♪メロディは~
良いよねぇ。

最後の鼓笛隊式にスネア叩くドラムも良い♪


おや丸尾も同じクラスなのね。
喜んでますが、薫は、
「そうだっけ?」
あはははは。

この間の東京行きの切符、
丸尾が千太郎の分も手配したこと、
怒られるかとビクついた丸尾でしたが
「お陰で良い旅行が出来たよ。
ありがとう」
お礼言われちゃいましたよ。にしし。
丸尾も固まるわな。

あの旅はホント、千太郎と一緒じゃなきゃ
上手く行ってなかったと思うからね。
丸尾にも感謝だ。

薫と律っちゃんは2年2組。
10組で早速喧嘩が始まったという話を耳にし
屋上へ行ってみたらば…。

あーあー、早速殴ってるし…。
相手は剣道部だそうで。
「千!」
「おー、ボン!」
おやおや、今では「千」って呼んでるんだ。
じゃあ私も、今後、千で行かせて頂くわー。
千太郎って打つの、長いんだもん。(おい)

屋上から降りてくると
美術室で絵を描いてる百合香の姿が
ガラス越しに見えて、千の足が止まる。
百合香も気づいて振り向き、手を振ってるよ。
ぷぷ、千が赤くなってら。

千は吸い寄せられるように
ふらふらと美術室に向かい、
それを見て律っちゃんは落ち込み、
薫はそんな律っちゃんを見て、
行くな、と千を止める。

「そんな傷だらけの顔で行く気か?」
上手い理由付けするなぁ薫。
律っちゃんに、千を保健室に連れて行き
手当てしてやってくれと頼む薫。
めっさ気を回してるなぁ。

頼んだよと見送った後に、沈んだ顔。
胸はまだ痛む。
そりゃそうだよね。
それでも、そのうち慣れて、
きっとラクに笑える日が来ると
自分に言い聞かせてる。
偉いなぁ薫。
普通、一度完全に距離を取りたくなるものだと
思うのよ。
それをずっと友人として傍に居つつ
あまつさえ、仲を取り持つ真似までして
傷ついた心を癒すなんて難しいことです。

千にモデルを頼み、百合香の描いた絵というのが
なんともはや…。
BGMのピアノの音も、
そら前衛になろうってもんだ。

無理に感想言わなくて良いと百合香。
この手の絵は、好みもあるしねぇ。

芸術に疎いからと身を縮める薫に、
それはおかしいと百合香。
絵画とジャズは近いところにあるのではと言い出す。

「絵画はキャンバスという空間に、
ジャズは演奏という時間に、
その場、その時に生きてる自分を
刻み込んでいく感じがするもの」

ほぉ…と思ったら、それ、淳兄の受け売りかよ。

百合香の口から淳兄の名が出て、
薫は彼の部屋の郵便受けに溜まっていた
百合香の手紙を思い出す。

百合香が淳兄に惚れちゃってるのは明白ですよねぇ。
もっと彼と色んなこと話してみたいと薫にこぼすほど
夢中です。

薫が春休みに東京へ行き、淳兄の下宿にも寄ったが
居なかったことをぼそりと伝える。
ずっと帰ってないこと。
郵便受けに手紙も溜まってたこと。
誰かの家に転がり込んでいるんじゃないかと
言われたことも告げると、
筆を持つ百合香の手が止まった。

「どこに行っちゃったのかしらね」
淳兄って、やっぱり女にとっては悪い男と言われる
類の男なんだろうな。
男同士だと良い兄貴でもね、
そこの部分は違うっての、ありますから。
女にだらしないタイプなんだろうなと想像。

保健室では千が傷の手当てを受けてます。
律っちゃんをじっと見つめて千が真剣な顔。
「律っ子、ボンと同じクラスで良かったたい。
こいからは、おいよりアイツの面倒ば
見てやってくれんか」
千…。
薫の片思いが分かったから?
でもそれを律っちゃんにキミが言うのは酷だなぁ。

手当てを終えた千が美術室に戻り、
まだ薫が居た事に喜んでるのが可愛い。
道具を拭いて片付けてる百合香の背中が寂しそう。
薫から聞かされた事実にショック受けてるのね。

「泣きよっとですか」
ビクッとして百合香が振り向く。
自分の事見抜かれたと思ったのね。
そうじゃない。
千は百合香の絵を見てる。
「こん雫、涙に見えるばってん」
そう、さっき薫から話を聴いた時、
そこ描いてたもんね。
これは百合香の心の表れね。

「それは失恋の涙さ!」
キタよ岡本さんキャラ。

ギリシャ神話でアポロンはダフネに恋をして
追い回したが逃げられて、
ついには月桂樹の木に姿を変えてまで
アポロンの恋を拒んだ。

「あぁなんというこっぴどい失恋。
そりゃ泣くさ。悲しみのあまり、
月桂樹の冠までこしらえちゃうさ」

あー。
こういうキャラなのねー。

「だ…」
「…だれ…」
千も薫も引いてるわー。

松岡星児、2年で美術部のホープだそうだ。
千と同じ10組らしいけど、
こんな子が同学年に居た事、
二人とも記憶にないみたい。

今度休みの日に一緒に出かけないかと
百合香が千を誘う。
モデルのお礼にプレゼントくれるってさ。
プレゼントより、休日デートがご褒美よね、
千にしてみたら。

うっわー、千ったら子供みたいな笑顔で坂道下ってる。
嬉しかったのねぇ。

律っちゃんがぼんやりしてる。
数学の課題忘れて居残りだって。
しっかり者の彼女にしては珍しい。
千に言われた事が響いてる?

しっかり者と言われて否定する律っちゃん。
「いかんね、春はぼんやりして」
春のせいにしてみる。

吹奏楽部の練習の音が聞こえてきた。
サウンド・オブ・ミュージックの
【My Favorite Things】
この曲が好きだと言う律っちゃんに
好きそうな映画、と薫が納得する。
でも映画は見てないそうだ。
どうも途中で寝てしまったようで。
なんで見逃したんだろうと悔いている。

「いつまでも見られるって
思っとったやろか。バカねぇうち」

それは…千の事を喩えてるんだね律っちゃん。

放課後スタジオへ行き、ピアノに触れれば、
薫の指は【My Favorite Things】を奏でる。
切ないメロディだよね、これ。

うほほほほっ。
千が合わせて来た。
ちょっとやかましいけどね。
千のそのリズムなら、逆にピアノがアレンジして
跳ねてくれると楽しくなりそう。

薫が手を止める。

-止めよう。
 俺にはもう…。


律っちゃんへ思いを封印しようとしてる?

千は百合香とのデートの事で相談しようとしますが、
「恋愛初心者の君に絶妙のアドバイスをしてやるよ。
…行くな。…以上だ」
おーい、薫。

一対一なんて失敗するに決まってる。
お嬢様な百合香の前でTPOをわきまえた振る舞いが
出来るとも思えない。

TPOって言葉自体分かってないみたいですよー。

「てぃっぴ…」
呟いてしょぼくれてる千が可愛い♪

デート当日。
薫が百合香と歩いてる千を発見。
最初からつけるつもりじゃなく、
偶然見かけたってことで良いのかしらコレ。
でも結局、つけるわけよね。ぷぷぷ。

真ん中アイキャッチはパレット。
油絵用のパレットだよね、これ。

翌日、千は屋上で、ほけー。
昨日のデートを思い出してました。

遠慮しないで好きなものを言ってといわれても
いきなり高級時計ですかー。
自分で高いもの買った事無いし、
上着も淳兄のお下がりらしい。

って、百合香めためた反応してる。
分かりやすい~。
そっから先は淳兄の話題ばっかになったわけね。
百合香って、千の気持ちは気づいてるんだよね?
罪なことするよなぁ。

薫がやってきて昨日はどうだったかと訊くが、
見てたのなら分かってるでしょアナタ。
「千、もうあの人に近づくのは止めとけ」
それは千の為に言ってるんだよね。
でも千はそうは取らないよなぁ。

どう見たって吊りあう筈がない
身の程知らずだと言う薫の言葉を遮るように
千は黙って立ち上がり
背を向けて行ってしまう。

-しまった…
 言いすぎだ。


口を押さえる薫。
良いヤツだねキミは。
千が傷つく前に、なんとか諦めさせたかったんでしょ?
でも言い過ぎて、それ以前に傷つけちゃ意味がない。
難しいよね。

でもさ、薫。
恋心は止められるものではないのだから、
他人にどうこうは出来ないよ。
傷つくことになっても、
その恋は行き着くとこまで行かなきゃ
ダメなんだと思う。
良くも悪くも消化しなきゃね。

星児が百合香をエサにして千に近づいてきましたね。
教室で仲良く話してる二人を見て、
薫がショック受けてるわー。

放課後スタジオにやってきた千は上機嫌。
薫は千の鞄から覗いてる『BEATLES BEST』に気づいた。
ここはジャズ以外は禁止でしたよね。
星児に押し付けられたらしい。

「良かったな、レコード貸してくれる様な
良い友達が出来て」
あ、じぇらしい?

千の表情も歪みますが、親父さんに呼ばれて
上へ上がっていく。

-アイツ、聴くのかなレコード…。
 どうして、こんなに不安なんだろう。


そりゃ友達取られてしまう気分だからでしょう。
それもただの友達じゃない。
千はキミにとって、もう大きな存在ですよね。
いや…変な意味でなく(笑)
バンド仲間であり、大事な相棒だ。

翌日は身体測定ですか。
星児はレコードを聴いてくれたかと
千に訊きますが、あんな女子供が騒ぐ音楽なんか
聞く気になれないってさ。
いやいやいや、ビートルズは聴いておくべきかと思うぞ。

予断ですが…
私が洋楽聴き始めたのは中1でした。
最初はクラスメイトに勧められたカーペンターズと
バンド組んでた先輩達の影響で、ビートルズ。
この先輩達が、ジェフ・ベックとかサンタナとか
色々聴いてて、コピって演奏もしてたので、
その影響も受け、その後も色んな音楽聴いて来たけど
基礎部分にビートルズがある感じです。

人気者になりたくて音楽やるんじゃないのかと星児。
目的が違うようですね。
将来スターになるのが夢なんだってよ。
って、パンツにしっかり名前縫い付けてあって
幼稚園児みたいね星児。

兄弟多いから、これぐらいしておかないと
パンツが何処かへ行ってしまう。
貧乏だから新しいのはなかなか買えない。
兄弟の中でもみそっかすと呼ばれてたが
歌うのだけは得意。
「こんな僕でも家の皆を支える存在になれるって
証明したいんだ」
このバンドはそんな星児にとっての第一歩。
「だから…川渕君。必要なんだ、君の力が」

ふぅん、つまり星児はバンド組んでて
ドラマーが欲しいのね。
いつの時代もドラマー不足ですねぇ。
私もずっとアマチュアバンドに関わってきたんだけど
ドラマーは掛け持ち多い多い。
友達のバンドも、畑違いの人に頼んだりもしてたわ。

ひぃえ~、丸尾!
アンタ、無線オタの鉄道オタのくせに、
ギターが弾けるとな?

…あ、そういやぁ義理の兄ちゃんとその友人も
かなり同類、その三拍子揃ってたんだった。
(どんな三拍子7)

でもちょっと待て、このログハウスみたいなのって
練習場?ふかふかソファまであるじゃないか。
ひょっとして星児って良いトコのボンボンなんじゃないの?
千に近づくため、貧乏のふりしたのか。

このやろー。

翌日。
千が律っちゃんを海に誘ったーっ!
と思ったら、なんだちびどもの御守かよ。
更に薫にまで声掛けて貝堀り勝負しようと誘ってる。
貝堀りとは何かの競技かと思った薫ですが
潮干狩りのことでした。
「律っちゃんも行くの?」
千に対してはもやもやしてる律っちゃんですが
薫も一緒なら楽しめるかもと思ったようで承諾。
がしっと二人を腕に抱く千が良いわね。
周囲は皆、ビックリしてますが。
「三人揃ったな!こりゃ楽しゅうなるばい!」
三人一緒が好きだよね、千は。

あ…木の陰で聞いてるヤツいますね。
一度見の時は気づかなかった。
ここで聞こえてたのね、アンタ。

あ…薫がまた妄想してる。
今回は心の準備が必要。
もし二人が良い雰囲気になる瞬間があれば
さりげなく身を隠してただ律っちゃんの幸せを祈る。
って、あらやだ、ちびどもも一緒なんだけど…。
そうか、ちびどもが来るってこと、知らなかったのね。

-もしかして、それどころじゃない…。

そうそう今日は子守がメインですよ~。

「はまぐり獲ったー」
「それあさりばい」
ふふふ、楽しそうじゃない。
っと、そこに来ましたよ、星児が。
偶然を装って。

幸子達に声を掛け、マテ貝で誘う。
律っちゃんにも、歯の浮くような褒め言葉。
あー、ダメだわ私、こういうヤツ。
例え大好きな岡本さんでも。

調子の良いヤツだと薫は警戒してますが、
千が星児を庇うんだよねぇ。
千、すっかり騙されてるもんな。

星児ったら何気にちびの扱い方上手いのな。
マテ貝獲りで盛り上がってるわー。
太一が蟹に手を挟まれて泣き出した。
律っちゃが慌てて飛んで行き、薫はぽつんと
取り残される。
子供の頃を思い出して、スギンと痛む胸…。

星児のバンド仲間、丸尾ともう一人のヤツは
ドラム候補が千と分かって反対する。
「アイツ、君達が思ってるほど
怖いヤツじゃないよ。
ただ後は、アイツを縛りつけてるモノから
解放してやれば全て上手く行く筈なんだ」


それは薫のことですか?
薫は別に縛ってなんかいない。
それに二人の関係は、
そんな簡単に壊れないと思うよ。
壊れないと私は信じてる。

薫は落ち込んでるかと思いきや、めっさ獲ってるし…。
「こういう地味な作業は得意なんだ」
うん、それ凄い分かる。
君って絶対A型だよね。

にわかに貝堀り競争が始まりましたよ。
律っちゃんの親父さんがくれたレコードを
賭けるんだって。

そこへ…
「ビートレズのレコードは?」
割って入ってきたよ、星児が。
千はビートルズ、聴いてみたそうだ。
悪くはなかった。
興味が沸いたわけではないが
星児が文化祭でやるというバンドは
手伝っても良いと言い出し、星児を喜ばせる。

その反対側で、急速冷凍化していく空気。
薫が凍ってるよ。
「ボン、心配すんな。
文化祭までの間、
ちょっと離れるだけたい」

薫は言葉も返せない。

かつて同じ台詞を聞いたことがあった。
ちょっと離れるだけ。
転校することになった時、
クラスメイトはそういって手紙を出し合おうと
約束した。
でもついぞ手紙は来なかった。
あの思いをまたするのかと
薫はぞっとしたのでしょうね。

「冗談じゃない!
見損なったよ、裏切り者!」

声を荒げて立ち上がり、
バケツのあさりを海にぶちまけると
背を向けて歩き出した。

「待てボン!話ば聞け!」
肩に掛けた手を
薫は触るなと振り払う。

「話なんか聞きたくない。
…俺にはもう…
君なんか必要じゃない」

これには千もショックを受け、立ち止まる。
丁度来たバスに乗って、薫は行ってしまった。
律っちゃんが走って呼び止めたのに…。

-分かってる。
 子供じみた怒り方だってことぐらい。
 でも…アイツが離れていくのが
 どうしようもなく怖くて
 思わず自分から捨ててしまった。


薫ったら…泣いてるのね。
離れられるぐらいなら自分からっていう心理は
良く分かるよ。
そんなに大事なんだね、千のこと。

自分がもともと人と上手く関われない
人間だという事を
この土地に来てから、薫はずっと忘れていた。
忘れさせてくれる存在が、
傍にあったものね。

これでいい。
今までだってずっと一人で生きてきたのだから。

-何も…問題ない。

一生懸命言い聞かせてる薫が
なんか不憫だなぁ。

さてBAR Stellaに律っちゃんの親父さんが顔を出すと
カウンターの奥でやさぐれてる男が居ますよ。
髪長いけど、淳兄かしら。
淳兄、やさぐれは困るけど長髪は良いかも。
諏訪部さんキャラだし、長髪じゃないとね。(あ)


ED~♪
アルタイル(初回生産限定盤)(DVD付)アルタイル(初回生産限定盤)(DVD付)
(2012/05/30)
秦 基博 meets 坂道のアポロン

商品詳細を見る

アルタイルアルタイル
(2012/05/30)
秦 基博 meets 坂道のアポロン

商品詳細を見る



うわー、EDのクレジット見て、ようやく気づいたよ。
星児のバンド仲間のギターのヤツって、
前に薫のを苛めようとして、
千に前歯折られた山岡ですか~。

あぁ早く続きを見たいぃぃぃ。
淳兄も気になるし、千と薫の仲も、
星児のバンドも、
気になるとこだらけだ!

前回までの感想
#1
「坂道のアポロン」#1【モーニン】
 すげぇ…音と動きがめためた合ってる~っ!!

#2
「坂道のアポロン」#2【サマータイム】
 ここまでマジに描いてくれるなんて感動♪

#3
「坂道のアポロン」#3【いつか王子様が】みんな片思い…。
#4
「坂道のアポロン」#4【バットノットフォーミー】淳兄カッコ良すぎ~。
#5
「坂道のアポロン」#5【バードランドの子守唄】良い巡り合わせね。


※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 坂道のアポロン 第6話 「ユー・ドント・ノウ・ホアット・ラブ・イズ」

投稿者・全力丘 坂道のアポロン 1 (フラワーコミックスアルファ)(2008/04/25)小玉 ユキ商品詳細を見る 春。2年に進級した薫たちの前に、ド派手なクラスメイトが現れる。ビートルズや流行の音楽にのめ...

坂道のアポロン 第6話「ユー・ドント・ノウ・ホアット・ラブ・イズ」

「俺にはもう 君なんか必要じゃない」 新しいクラスメイト、松岡星児の登場! ロックバンドのドラムに誘われた千太郎に薫は…    【第6話 あらすじ】 春。2年に進級した薫たちの前に、ド派手なクラス...

『坂道のアポロン』#6「ユー・ドント・ノウ・ホアット・ラブ・イズ」

「あいつが離れて行くのがどうしようもなく怖くて、 思わず自分から捨ててしまった」 アポロン。 2年に進級しても、薫とりっちゃんは同じクラス☆ だったんだけれど、千太郎は一人悪たれぞろいの10組...

坂道のアポロン #6「ユー・ドント・ノウ・ホアット・ラブ・イズ」

坂道のアポロンの第6話を見ました。 #6 ユー・ドント・ノウ・ホアット・ラブ・イズ 春になり、2年に進級した薫達だったが、千太郎だけ別のクラスになってしまう。 「慣れとらんとよ。友達と離れる...

めぐる季節

ゴミ分別! (´・ω・`) 『坂道のアポロン』 ♯6 ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラブ・イズ(You don't know what love is ) 3人は2年生になり、薫と律ちゃんは同じクラスになりましたが、 千太郎だけ別のクラスになってしまいました。 クラス替えした?...

坂道のアポロン 第6話「ユー・ドント・ノウ・ホアット・ラブ・イズ」

『春。2年に進級した薫たちの前に、ド派手なクラスメイトが現れる。ビートルズや流行の音楽にのめり込み、髪型もマッシュルームにした松岡星児。彼は、自分が率いるロックバンドのドラムに、千太郎を誘う。初...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。