スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「超訳百人一首 うた恋い。」#1 結構面白いぞ。

原作は未読ですが、百人一首は好きなので
(詳しいわけじゃないですよ)
これはとりあえず見てみようと思ってました。

当初、超簡易でサクッと感想書くつもりだったんですが…
なんか見てるうちに台詞結構拾っちゃって、
毎日ちまちま書いてて遅くなってしまいました。

まぁ諏訪部さんが悪いんですよ。(え)

登場人物の身体の外線だけ太くて貼り絵みたいな
変わったアニメで、ギャグ多めですが、
良いトコはちゃんとあってキュンとキタし、
まぁ今回は諏訪部業平の話だったんで、
必要以上に楽しめましたわ。

行平兄さんも、意外と良い男だったし、
面白かった。

感想は成り行きになると思いますが、
視聴続行です。


超訳百人一首 うた恋い。 一(完全生産限定版) [DVD]超訳百人一首 うた恋い。 一(完全生産限定版) [DVD]
(2012/09/26)
梶裕貴、諏訪部順一 他

商品詳細を見る


超訳百人一首 うた恋い。超訳百人一首 うた恋い。
(2010/08/04)
杉田 圭

商品詳細を見る




あらすじは公式サイトから。
第1話 「高子と業平 在原業平朝臣」「行平と弘子 中納言行平」
五節舞で藤原高子に一目惚れをした当代きっての
プレイボーイ在原業平。
高子に恋文を送り続けるが、高子は自分の相手には
相応しくないと全く見向きもしなかった。
そんなある夜、高子の前に突然業平が現れる。
自分を小馬鹿にする業平に逆切れした高子は勢いで
一線を越えてしまう。
いつしか本物に変わっていく二人の恋。やがて、
結婚が難しい立場の2人はついに駆け落ちを試みるのだが...


金髪碧眼の藤原定家って、斬新ねぇ。
でも確かに梶さん顔(梶さんが声当てそうな顔って意味ね)だね。

「計、百首、僕が選びました!(ふんっ)」
あらドヤ顔…。
好き勝手に選んだから、恋の和歌が43首あるそうで。
「そう、僕が好きなのは…恋の歌」
さいでっかー。

キャラの輪郭が太くて、4コマみたい。
ギャグ色強いのかな。
「殿といっしょ」思い出すわ。

OPも斬新ですね。
「ラブレター・フロム・何か?」 ecosystem
ラブレター・フロム・何か?ラブレター・フロム・何か?
(2012/08/22)
ecosystem

商品詳細を見る

画はまだ出てませんな。

当代きっての色好みとは、その形容詞だけで諏訪部さんだよね。
在原業平、ハマり過ぎじゃなくて? 

五節舞で業平が一目ぼれしたのは高子。
せっせと文を送るわけですね。
歌を詠む声がまた、無駄にえろいですよー。

お付きの娘がうっとりしてて笑える。
妄想の業平にもたれかかってるのね、アナタ。

高子が返した歌がまた凄い…。
「貴方が風だったらなんなのよ。
隙間から入ってくるなんて誰が許すのよ。
はい、残念」
ぶははは。

噂になるほどだから、業平は魅力的な公達なのだろう。
だが所詮遊び歩いてる顔だけ男。
「一夜限りの相手にしても、
私には相応しくない」
あははは。

高子は藤原長良の娘。
帝が元服したらその中宮、后になる身。
なるほどね。
そら業平なんか相手に出来ないわけだ。

でもその業平、いきなりこんばんはと忍び込んできましたよ。
「ぎぃああああああああああ!!」
おいおい、なんて声をあげてるんだ高子。
叫び声の噴出しがまた4コマちっくね。
誰だと訊かれて、風だと応える業平が良いじゃないすか。

「恋の炎に身を焦がすより、
風になって貴女の元に忍びたいと言った、
愚かな男の名を、お忘れかな」

あー、作画以上に声が美形なんですけど。
画が負けてるぞ!
いや、こういう作風だから、こんなもんだろうけどさ。

「売られた喧嘩を買いに参りました」
ふふ、そういうキャラでしょうね。
いや、業平さんがどんな人だったか知らないけどね。
諏訪部さんキャラなら行動読める。(なんでや)

ここをなんと心得る、とじりじり後退りする高子。
しゃくとり虫のような動きでにじり寄る業平の足に
思い切り吹いたー。

高子ったら、やられる!と怯え
涙浮かべて無阿弥陀仏唱えてるよ。
反応が意外すぎるわー。

で、彼にとってもそうだったようで。
こちらも眼に涙浮かべて大笑い。
つれない返事をよこすから、ちょっと苛めてみたのね。
悪乗りが過ぎたと反省したようですが、
「随分と慎みの無いお声をあげられる」
あ…。
「あれでは異性の心は、つかめませんよ」
うっわー、確かにそうだけどさ、
業平ってばなかなか意地悪よね。

かと思ったら、いらぬ心配かなと呟く。

「高貴なお顔に、内着の唐紅が映えて
お美しい」
うわー、口説いてる口説いてる~。
もうどうしてこう口説き文句が似合うでしょうねぇこの声は!

にやにやしちゃうじゃないかっ。

「間近でお会いした今、愛さずにはいられない」
高子、いきなり歯の浮くような言葉並べたてられて
おもろい顔になってるぞー。ぷぷぷ。

一度落として上げるのが業平のテクなのね。
で、
「とまぁ、見た目は結構なのですがー、
いかんせん中身がね」
おい、また落とすのか~。
「は?」
高子高子、美人設定なんでしょ貴女。
なんて顔してんのよ。

外見と中身が伴わない高子のことだから
内着の中身はさぞや貧相なのだろうと、
業平ったら、言う言う。

「顔だけ娘さん」
自分が高子に顔だけ男と言われたこと知ってて
やり返したみたいだな。

それではと去っていく業平を、高子が押し倒したよ。
べちゃっとつぶれる業平が笑える。

「私の身体が貧相かどうか、自分の眼で確かめて御覧なさい!」
「え…?」
「あ…」
ぼんっ。

あら高子ったら案外可愛い?

業平もそう思ったみたい。
でも次の機会に取っておくんだってさ。
「また来ます」
もうさ…あかん。
声にヤラれるって。
言い方がいちいち良いわー。

そしてもう何度も逢瀬を繰り返し
でも業平が遊んでるわけじゃなく、
高子が業平で遊んでるんだと言い聞かせる。

「勘違いしてもらっては困るから」
「悲しいな…私は本気なのに」

たったそれだけの言葉に真っ赤になって眼を回し
指ツンツンして、あわあわしてる。
よっぽど貴女の方が意識してるじゃないか高子。

「それとも君は、遊びでこんな事が出来るような
人なのかい?」
そんなわけないと返す高子の頭に、業平がそっと手を置く。

「だったら、心にも無いことを言って、
自分を貶めてはいけないよ」
ぶはははは…めっさ諏訪部さん。
「おいで」
「ん…」
高子は抱き寄せられて、業平の胸へ…。
あら良い感じ♪と思ったのに、ハッとする。

-なんでコイツのペースになってんのよ!

おもしろいなぁアナタ。
それで業平のほっぺをぎゅむ~。
「こら!」
「いひゃい」
ぷぷぷぷぷっ。
色男の顔がぁ~。

分かっているのか。
高子はいずれ帝の后になる女。
そうなれば、もう会うことも叶わなくなる。
本気と言っても、どうにも出来ないだろう、と
高子は言う。

業平も分かってる。
藤原家にとって高子の入内は政の上で大きな意味がある。
「それを止める術など、私にはありません」
おや口調がいきなりマジ。

だから遊びだと言った。
入内は高子の務め。
高子自身、それを誇りに思ってきた。
それなのに今、高子の心は揺れている。

「駆け落ちしましょうか」
「へ?」
「駆け落ちです…んっふ」
あら悪い顔。

高子を背負って森を走る業平。
体力あるのねーと思ったら、やっぱり息切れですか。
重いよねぇ。

服を脱がないかと言われて、こんな所じゃ嫌と反応する高子が
可愛いわね。
そーじゃなくて、重いのよ、十二単。
10キロもあるのねぇ。
無理無理。
「女に重いだなんて失礼ね!」
「だから服がだ」
わはっ、ここの声、良いな。
重くてぜいぜい言ってるからこういう声になってるのね。

この2人のやりとり面白いわ。

高子は自分で歩く事にしました。
内着を脱いだ方が身軽だと言う業平に、
「嫌よ!
だって…唐紅が映えるんでしょ?」

可愛いじゃないか高子。
これには業平も参りましたね。

草の露も、きのこも初めて見るのね。
大笑い茸は毒キノコだから食べられない。
場合によっては命も落とす。
「でも、お前が居れば安心ね」
すっかり業平を頼りにしてますねぇ高子。
でも…
馬の嘶きが遠くで聞こえる。

夢はここまでですね、業平。

「愛しておりますよ、高子様」
こうなること、分かっててやったんだね。
無理は承知で、やってみて、
高子が応じてくれたから、それで満足ですか。
逃げなきゃという高子の腕を掴んで、
「お帰りなさい」
そんな優しい声で言わないで。
高子と一緒に泣けてしまう。

大粒の涙をこぼした高子は、
やはり最後も高子らしく、
「いくじなし!!いくじなし…」
そうじゃないよ高子。

そうじゃない…。


何年か後、高子は帝の母として、
帝に仕える中将の業平と再会することとなる。

涙にくれた事もあったが、遠い日のこと。
もう心は揺れない。
だから…
って、遊ぶのか、業平で。
昔のように。

「中将におかれましては、歌しかとりえの無い阿呆と
耳にしておりますが、この場で1つ、
歌っては下さいませんか?」
言われた業平は、屏風を見て一首。

「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川
からくれなゐに 水くくるとは」

ちはやだー。
これ聞くともう、ちはや思い出しちゃうね。
でもあの作品の中でも
この歌に秘められた恋と情熱をについて
奏が語ってましたよね。

納得だわー。

皆には景色を詠んでるように思わせてるが
実は…ってヤツですね。
成熟したな…と業平を認めた高子が、
くくる?と引っかかった。
BGMもしぼんだよ。

-神様だって知らないんだろうね。
 唐紅の衣の中には、
 最高の女が居たってことを。
 んっふ…。


業平、ニヤリ。

-こ、コイツ!

青ざめて大口開けた高子ですが、クスリと笑います。
あの時、2人が重ねた想いは忘れないでいましょう、と。

あ、定家の説明入りますか。

当時、恋愛はお洒落な遊びだったようで。
文化として花開いてたんだってさ。
業平は平安きってのプレイボーイだったけど、
そんな業平には真逆の兄が居たそうな。

続いて兄ちゃんの話なのね。

兄ちゃんの行平は真面目そうだし、
妻の弘子の事も労わってるわ。
夫婦円満そうだよ。
ほんと真逆。

業平が病気で臥せってるらしく、
行平は見舞いに行くようですが、
「お優しい建前ですこと」
説教に行く事、弘子にはばればれでした。

業平の姑から愚痴られてるのね。
あんな薄情な男に娘をくれてやるのではなかった、か。
でもさー、プレイボーイである事は、有名だったんでしょ?
結婚すれば落ち着くと思ったのかしら。

「そういうお話を聞くと、自分の男運の良さを
かみしめてしまいますわ」
自分達が円満なのは、互いの努力があるからだと行平。
業平夫婦にはそこが足りないのだという。

でも弘子に言わせれば、互いに努力出来るほど思いやれる相手と
出会えた自分は、運が良いってこと。

行平は苦笑い。
「遠く因幡へ旅立ってしまう夫であっても?」
「ええ昇進の早い真面目な夫を持って幸せよ」
亭主元気で留守が良い?
いや、そういう女じゃなさそうね、弘子は。

夫の単身赴任を嘆きもしない妻。
物分りが良すぎて行平は不安になるようです。
でもその不安も、
無理をしているのではないか、という方向なのだから
行平はやっぱり真面目で優しいんだよなぁ。

業平とは年が離れてる上、母違いなのね。
初めての出会いは最悪だったようで。
大きな家じゃないから自分の部屋を持ってない行平に
「やっぱ母親の身分が低いと冴えないんですね。
僕の家に生まれれば良かったのに」
うっわーコイツ…。
そして行平の顔がまた面白すぎる。
でも言わせておかず、ばちんと叩いたのは良かったな、うん。

業平ったら、病気で臥せってるというわりに元気そうですな。
心の病だってさ。
仕事より大事な用ってのは、恋愛ですかね。
でももうこの時点で妻帯者だったなんて…。
まぁ男性が何人も妻を持つ時代ですから、
妻が居て、他の女に恋しても、この時代なら不倫には
ならないし、咎められる事もないのよね…。

昇進祝いを述べ、因幡へは弘子も一緒に行くのかと問う業平。
弘子が京に残ると知ると
「姉上の事は私がしっかり
お慰めしますゆえ、ご安心を」

あはははは。

船は帰るべき港があるから旅が出来る。
「君はさながら難破船だ」
上手い事言うね、兄ちゃん。
難破船だし、ナンパ船だ。

幸せの形というのは、人によって異なるもの。
行平と業平では、まるで違う。
だからね、行平。
貴方の感性ではかり、貴方の常識で押し付けても
ダメなんですよ。

2人の父が亡くなった時、行平は25歳、
業平は18歳だった。
天皇の皇子として生まれた彼らの父は
政に翻弄され続け、苦しみぬいた末に、世を去った。
誠実な人だったゆえに…。

そんな父を見て、業平は思ったのかも知れない、
誠実に生きても報われるとは限らない。
ならば自由に生きると。

でも行平は、父が間違っていたとは思わない。
誠実を貫きながらも、周りに翻弄されず強く生きる。
それが父への弔いだと、行平は思ってるのね。

行平の名を呼ぶ声がしてる。
弘子の声だ。
もう帰宅してたのね。
少し横になっていたのですか。
もう出立の時間だそうですよ。

業平が見舞うといっていた事を弘子に伝える。
「冗談だとは思うが、来たらまぁ、
適当にもてなして返しなさい」
あはは、適当ですか。

何かあったらすぐ駆けつけるから
知らせろという行平に、
自分の首を絞めるような約束はするなと弘子。
因幡は遠い。
「お仕事を第一に、私くしのことはお気になさらず」
そんなことを言う弘子に
声に真剣さを含ませた行平が、
思い違いをしてくれるなと告げる。

「私は自分にとって大事なものは何か
分かっているつもりだよ。
因幡から京なんてすぐだ。
あなどってくれるなよ」

おーっカッコ良い!!
旦那にするなら、行平だな。

「ではずっとここに居てください」
大事だと言うのなら、それが出来るのか。
弘子のそんな言葉に、行平は迷いもなく
「良いとも」
弘子の身体を倒して己の腕の中に沈める。
「これで良い?」
おやおや、行平も実はこういう人なの?

お勤めから開放されてラクになった、
これから2人でどう生きるか話し合おうと告げた行平が
「それとも二度寝する?…ん?」
うおーっ。
業平と変わらんやんけ。
さすが兄弟。血は争えないわー。
「意地悪はお止めになって」

良いなこの夫婦。

「やれやれ、意地悪はどっちかな」
服を着ながら行平が笑う。
気遣いはありがたいと思う。
でも心配しないでと弘子。
何があっても行平を支えると決めて
嫁いだのだから。

「君は強いね。そんな貴女だから私は、
貴女が愛しいのです」
ぎゅむっ。
「私は強くありませんわ。
強くあれるのは、貴方がいらっしゃるから」
「私もそうだよ。貴女が待っていてくれるから
何も怖くない」

うわー、もうらぶらぶねこの夫婦。
羨ましくなるわー。

そうして読んだ句がこれですか。

『立ち別れ いなばの山の みねにおふる
まつとし聞かば 今帰り来む』

そうだったのかー。
今後この句を耳にすると、この2人を思い出して
にやけそうですわ。
背景が分かるのは良いねぇ。

行平達の父は、息子達が政変に巻き込まれぬよう
彼らを臣下の身分に下ろした。
自分にとっての大事なもの。
いつか業平も、
それに出会えると良いなと行平は思う。

業平が高子と出合ったのはその五年後だったそうな。
例え引き裂かれることになっても、
大事なものを見つけられて
良かったのかな、業平は。

EDがラップですか…。
Singin’ My Lu(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)Singin’ My Lu(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
(2012/08/01)
SOUL’d OUT

商品詳細を見る

こちらも画はまだ無し。

曲は…ちょっと微妙かなぁ。
コメしづらいわー。

とりあえず、来週も楽しみです。

超訳百人一首 うた恋い。美ぬりえ超訳百人一首 うた恋い。美ぬりえ
(2011/12/27)
杉田圭

商品詳細を見る



※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イケメンの基準

植林・植樹! 眠いす・・ *新番組*『超訳百人一首 うた恋い。』 第1話 高子と業平 在原業平朝臣 プレイボーイ在原業平のテクにまんまとはまり、遊ばれる藤原高子。 高子の現代...

超訳百人一首 うた恋い。 第1話「高子と業平 在原業平朝臣」「行平と弘子 中納言行平」

『五節舞で藤原高子に一目惚れをした当代きってのプレイボーイ在原業平。高子に恋文を送り続けるが、高子は自分の相手には相応しくないと全く見向きもしなかった。そんなある夜、高...

超訳百人一首 うた恋い。 第1話「高子と業平 在原業平朝臣/行平と弘子 中納言行平」

「僕が好きなのは 恋の歌」 藤原定家が百人一首に選んだ 43首の恋の歌 今回は、業平と行平の歌のエピソード!    今期は個人的にあまり惹かれるアニメ作品が少ない…(汗) そ

超訳百人一首 うた恋い。 #1「高子と業平(在原業平朝臣) / 行平と弘子(中納言行平)」

「間近でお逢いした今、  愛さずにはいられない」 業平CVべーさんボイスのジゴロっぷり炸裂 業平さんイイ体してる(///ω///)恥骨ワッショーイ

『超訳百人一首 うた恋い。』#1「高子と業平 在原業平朝臣/行平と弘子 中納言行平」

「僕が好きなのは恋の歌」 原作未読。 百人一首を撰進した藤原定家は、恋の歌が好き!ってことで、 定家が選んだ主に恋歌を、物語つきで超訳してみせるアニメのようですね。 絵

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。