スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夏雪ランデブー」#8 頑張れ亮介!

いよいよ六花が気づき始めましたねぇ。
後は、実際会って確認するだけですな。

篤の立場や悲運も分かるんだが
それでもやっぱり、亮介の身体使って
あんまりやりたい放題だから
腹たってきちゃいます。
これで六花が篤を取ったら、
目も当てられんな。

亮介、頑張れよー。

※今の篤の状態、呼びにくいので、
 省略して"中身篤"で行かせて頂きます。
 モノローグは篤のままで。


お、BD&DVD1巻の正式画、ようやく出ましたね。
夏雪ランデブー 第1巻 初回限定生産版【DVD】夏雪ランデブー 第1巻 初回限定生産版【DVD】
(2012/10/19)
中村悠一、大原さやか 他

商品詳細を見る
原作画なんだね~。

夏雪ランデブー コミック 全4巻 完結セット (Feelコミックス)夏雪ランデブー コミック 全4巻 完結セット (Feelコミックス)
(2012/06/18)
河内 遥

商品詳細を見る


あらすじは、
アニメ「夏雪ランデブー」公式サイトより。

あらすじ 
店に戻った六花は、店内に残された生前の島尾を思わせる
フラワーアレンジメントや領収証の筆跡に混乱し、さらに
島尾の持ち物が消えていることに気づく。一方、絵本の
世界で出口を探す葉月は、六花の願いが島尾と暮らすこと
だったらどうするべきかと悩む。


アバンは前回の最後のシーンね。
店に戻った六花は、そこに篤の幻影を見る。
そうさせたのは、床に置かれた花達のせい。

-どこからどこまでが、
 誰がなんなのか、
 一体全体、
 営業妨害だよ、タコ社長。



OP~♪
SEE YOU(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)SEE YOU(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
(2012/08/29)
松下優也

商品詳細を見る


花も花ですが、この領収書ですよねぇ。

出世払イ
花代トシテ


カタカナ使ったこんな書き方、
個性ありすぎ、バレバレ。

わざとですか篤。
気づいて欲しくて?

入院中にスケッチブックに絵を描いてた時も
文章はこんな風に漢字とカタカナ使った
独特な書き方を篤はしていた。
六花に見られて慌てて隠し、
何故と訊かれた彼は、渋々応えた。
『雰囲気。気分出るじゃん、なんとなく』
そ、そうかな、
むしろ、戦時中な感じしちゃって
切ないですが…。
あぁ宮沢賢治の「雨ニモマケズ」なノリでもあるね。

本当は医者のカルテみたいのにしたかったそうな。
飾り文字が好きなの?
『エレガントじゃんか』
うわー、ちょっと篤の趣味が良く分からん。
絵は上手いと思うけどねぇ。
あ、六花も腹抱えて笑ってる。

まぁそんな事があったから、六花は覚えてるわけだ。
こんな書き方する人が、偶然現れるなんて不自然ですよね。
それに…
引き出しのスケッチブックが無くなってる。
花ばさみも剪定ばさみもフローリストナイフも
篤の道具が全部無くなってる。

泥棒が入ったにしろ、
亮介が持っていったにしろ、
篤の道具だけ寄って持っていくのは、
これまた不自然な話。

それに…
さっきからあまりに決定的な、
そこに並べられた花達。
六花の好きな花だけ使ってこんなにたくさんのアレンジ。
しかも全部見たことあるもの。
最初の誕生日、クリスマス、結婚1年目の誕生日、
2年目の誕生日、ハロウィン、クリスマス、最後のひな祭り
お正月。
篤が作ってくれたもの。
これら全部知ってて再現なんて
他に誰も出来る人いませんね。

-一体、何が起きてるの?

2階に上がると篤の部屋のドアが開いていて
六花は愕然とする。

その頃中身篤はATMで50万円下ろしていました。
って、何処の口座から下ろしてるのアンタ!
まぁ亮介が50万も持ってるとは思えないので
島尾家の何かの口座なんだろうね。

♪ぼ~くらはみんな、い~きている…。

歌いながらお金下ろすって…。
不気味すぎるわ中身篤。

下ろしたのは篤のヘソクリだったのね。
死んだ人の口座は即行閉鎖されるし、
今あるわけないので、
生前に六花の名前で作っといた口座かな。

でも今下ろしたのは、
六花でもなく篤でもなく赤の他人ですからね。
まずくないです? 

万が一通報されて捕まった時、
状況説明したら、亮介はヤバイ人になっちゃう。
もぉ篤ぃ。
アンタ、酷すぎるよ。
「あははははは」
あははは、じゃ、ねー!! 

お、電話だよ。
もう見つかったかとビクついたら六花からでした。

しばらく鳴らした後、少しだけ、と電話に出る。

-声聞くだけ…。

電話に出たけど、六花はすぐには話しださない。
しばしの間の後、店に来た時、2階に上がったかと訊く。
グレーのリュックが見つからない。
それから植木鉢が一つ。
篤の部屋の窓際にあった夏雪草。
えぇちゃんと持って来てますよ、中身篤がここに。

「もし手元にあるなら…返して欲しいの。
どうしても。…泥棒は駄目。
訳があるなら、きちんと話して」

-違うよ六花ちゃん。
 盗んで行ったのは葉月君だよ…。


それはどっちの意味でしょうね。

こちらは亮介達。
お、人魚姫はまた変化して親指姫スタイル。
身体は大きいままだけど。
借りてたシャツをちゃんと綺麗にたたんで
亮介に返します。

人魚姫が失った声の代わりに
手に入れた足って、歩くと激痛だったんすか。
知らなかったわ~。
「けど私のは平気。なぜなら人魚出身ってわけじゃないから」
おもろいね、親指店長。
「なんかいいね、楽しそうで」
楽しいのかな…。

「面白き 事も無きを面白く」
高杉晋作ですか。
私、彼の事は詳しく無いんだよな…。

「私の座右の銘、王子がいつまでも来なくて
暇で暇で」
来るってことは戻るってことで…
「戻る気あんのかなぁ、
あの馬鹿王子は」
「私は今のところ、
貴方より馬鹿な人見たこと無い」

うん…私もだ、亮介。

「その見た目で言わないで、傷つくから」
ですよねぇ。

で、本物の六花は、無言のまま電話切られてました。
「何処にいるの?…何処に行くの?」
もう六花、分かってきたかな。

篤が入院してる頃、
テレビで綺麗な場所が取り上げられてるのを見るたび
行ってみたいと六花は呟いた。
篤の頬骨が少し浮いてる。
やつれてるってことか。
もうたいぶ終わりが近づいてた頃なのかな。

篤も行ってみたいと静かに告げた。
でもこんな遠い所、いつになったら行けるのか。
今は無理だけど日程短くすればきっと行けると
六花は言う。
けれど、100m歩けば息切れする篤に
そんな言葉は気休め以下だった。

『六花ちゃんって、変な所あるよね』
いやむしろ変な所だらけだと私は思うぞ。
新婚旅行もなく、片道500円位の山しか
一緒に登ったことない篤に、
旅番組見るたびにいつか行こうと言う。

『だっていつか行きたいって思うんだもん』
『いつか連れてってくれる人と
再婚出来たら行きなよ』
馬鹿なことをいわないでと六花は声を強めて叱る。
でも実際のところ、無理ですよね、もう。

六花は、正直、何処でもいいのだという。
『つまりはここでもいいの。
一緒に居られるなら、なんだっていいの』

愛されてるなぁ。凄いね、篤。

『よくそんなこと臆面もなくいえるね』
六花はツンデレだと笑う。
『でれんでれんの人に言われたくない』
あははは。良いね、でれんでれん。

植木鉢がなくなってうろたえてる六花は
書棚にあった封筒を手に取る。
中から出てきたのは、スケッチブックの1ページ。
あぁ本人が丸めてゴミ箱に捨てたのを、
本人亡くなった後に六花が見つけたって
親指店長言ってたもんね。

くしゃくしゃに丸めた形跡の残る
紙の右下に書かれてる文字は

僕ガ死ンダラ
僕ノ骨少シ
食ベラレル?


うわー。凄いなそれ。
六花ならやりそうだけど。

で、筆跡が一緒だと、
これ見て確信しましたね。

ミホは店の床に置かれた大量のフラワーアレンジ見て
注文があったのかと喜んでる。
弟のセンスをそこに見て、驚くってのは無いか。

「六花ちゃんに頼られるのはレアだから
悪い気はしないのよ。おせっかいだからね、私」
そのかわり落ち着いたら訳を話してと言い、
それ以上は詮索しない。
「あと、何か困ったら、すぐに連絡して」
良い義姉だね。

「このご恩、忘れません」
六花は腰を折って頭を下げる。
「突然の奇異な行動を…
受け止めてくれてありがとう」


六花は、半信半疑だろうけど、
あれは篤だと悟って、
だからそんな格好、してるのね。
亮介ならばどこ行ったか分からないけど
篤ならば想像もつくってことでしょ。

こんなに当てもなく歩くのは初めて。
好きな人が確かに居るのに
それが誰だか分からないなんて。
これは、六花の胸中のぼやき。
まぁあの2人が悪いんだけどね。
ややこしいことしてくれるから。

-こんな無責任な片思いって無いわ。

うーん、やっぱ君の思考は全体的にちぃと変わってるのな。

泥棒は捕まる運命。
相手は怪人二重面相…か。
六花にしてみりゃ訳わかんないわなぁ。

亮介んトコの親指店長の身体が突然縮んで
また親指姫サイズになりました。
両手で受け止めて
「おお~」

-ミニサイズ。
 愛くるしすぎんだろ、これ。


なんかフィギュア見つめるオタクさんみたいね亮介。

姫は自分で変化したわけじゃないようです。
出来るのは王子、篤だけ。

-上目遣いとか…辞めて欲しい。
 なんかもう
 走り出したくなる。


あははは。

多分、絵本の作業が再開したのだろうと
姫が想像する。
「あの人、俺の身体で絵、描いてんの?
俺、美術2だったけど大丈夫?」
篤の脳で動く手足ですから、問題ないよ。

篤はペンションに泊まって、明日登山予定ですか。
ほんとに絵本作業、進めてた。
夜になって冷えてきて、そういえばと六花の着てた服を
思い出した。
冷え性なのにあんな服…。
「注意しそびれたな」

でへへ、私も冷え性なのに今タンクトップ。
先週もこんな格好で家で昼寝して、
多分そのせいで今、風邪引いてる。
なのにまだ懲りてない…。
だって暑いんだもの。

もう夜もだいぶ遅いと思うのに、
六花が、とある駅に到着。
「さぶっ」
ほらほら、一応山向けの格好だけど、
薄着だよ、それ。

亮介、今度は銀河で綱渡りですかー。
色々やらされるわね。
ロープの先を歩いてるのは、親指店長ではなく、
今の店長。
ほんとは並んで歩きたいのに
2人の距離は縮まらない。
そこにふわりと篤が下りてきて
六花と一緒に歩いていく。

「ねぇちょっと」
横から声が掛かって、見ると店の中。
ぼんやりしないでちゃんと聞いてと
六花がこっちを見ています。
「聞いてましたよ」
あ、亮介ポニテしてる。
ちび土方みたい。
なんかいい♪

そのまま六花と話してると、
「おおい!」
今度は親指店長の声。
「今、一瞬意識飛んだでしょう。
もぉ~っ危なっかしいなぁ」

親指店長は、篤が生んだ篤の一部だろうに
亮介の心配してたりして、面白いね。

肉体が無いままに思いばかり巡らせていると
自我が肥大してしまうとか…。
意識に記憶が出来ちゃうと
本当に戻れなくなるかもしれない。
ヤバイよ亮介ぇ。

とにかく亮介は今、絵の中に閉じ込められてるんだってこと
絶対忘れちゃ駄目みたいよ。
「でないと、間違えてお墓に入っても、
気づかないままになっちゃうかも」
怖いよ~。

「今更怯えてる貴方がアホ」
あうう。
悲劇にも程がある。
こんな人知れず22年の生涯に幕。
「勘弁してよ」
「じゃあ早く、帰り道見つけないとね」
「それよ、それ」
あるんですかね、帰り道…。

「葉月君」
六花が呼ぶ声。
言ってる傍から振り向いちゃってるし…。

これは実際にあったやりとりなのね。
帰る前に呼び止められて
寄せ植えを貰った。
今日亮介が着てる服に似てるからって…。
やっぱり六花のセンス変わってる。
バイト半周年記念だって。

仙人の舞…ですか。
多肉植物の名前って面白い。
小さいのが、銀のスプーン。
これ、可愛いね。
ちよっと調べてみた。
カランコエの仲間なのか。
なるほどそんな感じだ。

「なぁんかいちいち可愛いよねぇ」
よっぽど好きなのですね、植物が。
いとおしそうに指でツンツンしてる。

亮介はそれよりおでこの絆創膏が気になった。
思わず触れちゃいましたね。
まだ常連客だった頃、地味に気になった、
このおでこの絆創膏。
こうして直接聞き出す未来があるとは…。

-あぁ、あの時の俺に自慢したい。

可愛いわね、亮介。

理由はなんてことはない。
クローゼットにつけたフックに時々引っかかるらしい。

『痛てっ!!』
おい、おっさんみたいな声だぞ六花。

-理由は確かになんてことはない。
 なのに、心臓破裂しそうだ。


私も言いたいよ。

声は確かに悠一っさんだ。
なのに、何故か純情ボーイだ。

面白いわ、こういう悠一っさん。

-可愛い…。

でも、浸ってる場合じゃ…。

「だーからー!!」
のれんのような前髪掻き分けて、姫が叫ぶ。
髪掴まれてる亮介の眼の動きが面白い~っ。

「過去に引っ張られ過ぎだってばぁ!
思い出の中だけに生きるつもり!?」
可愛いわー姫。

「貴方ってほんとに乗せられやすいのね」
姫は溜息交じり。
って、これ、乗せられて引っ張られてることになるの?
篤の仕業?

こ、ん、にゃ、ろ~っ!! 

「分かって無い」
姫は両手を亮介の顔にぺたりと付けて説教。
「死ぬまでいう事裏腹で、
死んでも落とし前付けられなかった人の
往生際の悪さ、なめてかかると貴方、
絶対生きて帰れない!」


不思議なのは、この場所が
王子の絵本の中だと言う割には
姫の助言から王子の作為が感じられないこと。
「なんでかね?」

姫は亮介の鼻筋に顔をうずめて涙声。
「姫を自由にしたいというのも
王子の本音の1つだからね」
姫はそのまま肩震わせて泣き出した。
亮介の下ろした腕の先で、拳が強く握られる。

割り切れることばかりじゃないのは分かる。
でも…。

-マジであの旦那、許せない。

現実に戻ったら、もっと許せなくなるだろうな。
髪はあんなだし、コンタクトもなく、お金もなく
出世払いの借金までこさえてくれてる。
おまけに窃盗容疑で捕まるかもだしな…。

うわー、亮介が姫の頭を指でうりうりしてる。
可愛いっ。
力加減が難しいよね。
姫の頭がズコズコしてるわ。

「あんたにそういう顔させんのはやっぱ、
色々間違ってるよな」


亮介は六花の為だったら、
なんだってしたいと思ってる。
だけどもしその願いが、
篤との生活を再開させることだったら…。

-どうする俺…みたいな…。

それこそ悲劇よねぇ。

六花の横で笑う篤を憎々しげに見つめる。
怒りが爆発しそうになるけど…。
「いやいやいや、間違ってる、うん!」
思いなおして、姫を植木鉢において頭撫でる。
「ああ~怖っ。今なんかとんでもないこと
考えそうだった」
店長より長生きするって約束したのよね。

「お調子者だなぁ」
「調子良いから、こんなとこいるんだろう?」
「そうね」
「即答かよ」
あ、拗ね気味の亮介可愛い。

だって…と姫は植木鉢の穴から中へ。
「だって、何?」
いやもう居ませんよ姫。

すると後ろから六花の泣き声。
花やしき行った時の六花ね。
まだ篤のことが…と泣かれましたな。

「だからって、俺が諦めるかどうかは
別の話ですからね!」

うん、諦めるな亮介。
流されるな。

亮介は姫が入った穴へと飛び込む。

-もし店長が未来で待ってなくても
俺は絶対に、会いたいんだよ。
やるだけやって駄目なら駄目で
それはそれとして
限りを尽くさねぇと。
幽霊の二の舞は、
御免だ!!


篤は夏雪草の植木鉢持って、
山に入りました。

頑張れ、亮介。

ED~♪
あなたに出会わなければ~夏雪冬花~/星屑ビーナス(期間生産限定アニメ盤)あなたに出会わなければ~夏雪冬花~/星屑ビーナス(期間生産限定アニメ盤)
(2012/08/08)
Aimer

商品詳細を見る


この曲も好きなんだが、
なんでPVが百合なの?
しかも、かなり濃くないですか、あれ。

「夏雪」見てるとCMで流れるので
前から書こう書こうと思いつつ、
毎回書きそびれてましたわ。


エンドカードがこれとは…。
縁起悪っ。

公式で次回予告見ました。
六花は、中身篤と話して、どうも分かるみたいだな。
で、彼女が知った上でどう出るか、が
問題ですな。

夏雪ランデブー アニメ&原作公式ガイドブック (Feelコミックス)夏雪ランデブー アニメ&原作公式ガイドブック (Feelコミックス)
(2012/07/06)
河内 遙、公式ガイドサポーターズ 他

商品詳細を見る




前回までの感想

#1
「夏雪ランデブー」#1 なにはともあれ、シュールよね。
#2
「夏雪ランデブー」#2 連ドラ見てる気分。
#3
「夏雪ランデブー」#3 幽霊らしくなってきた…ぶるる。
#4
「夏雪ランデブー」#4 ちょっと不安…。
#5
「夏雪ランデブー」#5 貸し出し期間どんだけ?
#6
「夏雪ランデブー」#6 悠一っさん、上手いなぁ。
#7
「夏雪ランデブー」#7 ビックリした…良いのか、それ。(汗)

※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏雪ランデブー 第8話

「死ぬまで言うこと裏腹で 死んでも落とし前付けられなかった人の往生際の悪さをなめてかかると  あなた絶対に生きて帰れない!」 絵本の中で出口を探す亮介だけど、このままだと生...

夏雪ランデブー 第8話

夏雪ランデブーの第8話を見ました。 第8話 海から先に帰った篤は部屋に残っていた自分の遺品を持ち出し、戻ってきた六花は店内に残された生前の篤を思わせるフラワーアレンジ

夏雪ランデブー 第8話

『店に戻った六花は、店内に残された生前の島尾を思わせるフラワーアレンジメントや領収証の筆跡に混乱し、さらに島尾の持ち物が消えていることに気づく。一方、絵本の世界で出口を...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。