「超訳百人一首 うた恋い。」#10【名古曽の滝 大納言公任】泣いた…。

今、ひょっとしたら一番楽しみにしてるアニメって
これかもしれない。
感想書いてないいくつかのアニメにもハマってたりは
するのだけどね。

これは歴史の勉強にもなるし、
彼らを知る事が、どんどん楽しくなってきてる。
彼らの残した歌の意味を知り、
彼らがどんな人でどんな風に生きていたのか
物凄く興味沸いて来ています。

今回はまた…凄いおふざけから始まりましたが
本編は結構、重くもあり、泣けました。
毎度ギャップが凄いよね。

寺島さんの行成は、ほんと良かった。
実際の行成がどんな人だったかは知らないけど
寺島さんの行成はすっかり出来上がっていたね。

公任も、これまでの登場回と違って
かっちょ良さも出てて良かった。
岸尾さんの公任っぷりも、楽しかったなぁ。

ほんとはもっと色々語りたい所ですが
相変わらず時間足りなくて、
記事も遅れてるのでこのへんで…。

原作欲しいぃぃぃ。

超訳百人一首 うた恋い。 一(完全生産限定版) [DVD]超訳百人一首 うた恋い。 一(完全生産限定版) [DVD]
(2012/09/26)
梶裕貴、諏訪部順一 他

商品詳細を見る


うた恋い。異聞 うた変。うた恋い。異聞 うた変。
(2012/08/03)
杉田圭

商品詳細を見る


あらすじは公式サイトから。

第10話 「名古曽の滝 大納言公任」
藤原道長の台頭によって、清少納言が仕える
中宮・定子の立場は危うくなっていった。
行成は蔵人頭として多忙な日々を送る一方、
清少納言とはどんどん疎遠になっていた。
もやもやする行成の気持ちを察してか
藤原公任は上から目線で仕事と女と
どっちかを選ぶしかないと助言する。
行成の働きによって彰子が入内。
追いやられた定子の死をきっかけに
清少納言は宮中を去る。
すると、疲れ切った行成が現れて...。


♪んちゃ、んちゃ、んちゃ、んちゃ
 ♪ちゃっちゃっちゃっちゃ~らららら…


おーい、今度はなんだ。
2羽しか居ないが4羽の白鳥のつもりなら
両脇にハリボテでも付けとけ。(そこっ!?)

なんか梶さんがえらいノリノリな気が。

♪ちゃん!ちゃん!ちゃん!

息ピッタリねぇ。ぱちぱちぱち。

「定家です!」「頼綱です!」
いやそんなコスで言われても。

百人一首の元ネタと言われている百人秀歌には
中宮定子の辞世の歌が乗せられているそうで。

「どうして百人一首では外しちゃったのぉ?
良い歌だと思うんだけど」
定家は思わせぶりにふっと笑って
「さぁ、どうしてかな」

意味があるんですね。
今日はそこの所を見せてくれるのね。
珍妙なバレエじゃなく。

OP~♪
ラブレター・フロム・何か?(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)ラブレター・フロム・何か?(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
(2012/08/22)
ecosystem

商品詳細を見る


陸奥へ旅立つ前日、実方は公任の元を訪ねてお茶、
いやお酒、してたのね。
羽根を伸ばしてこよう…なんて言ってますね。
この作品の中では、左遷の二文字は
あくまでもカットで行くのか。
伝わってる話も、何処までが真実なのか分からないし
実際はどうだったんでしょうね、実方という人。

実方が居なくなれば何人の女房達が泣くか。
そうであれば嬉しいと笑いながらも
心残りは蕾が花開く姿を見ずに行く事。
庭の木の蕾を見ながらの言葉なのに
公任はちゃんとそれが諾子を指してると察する。
さすが親友っすね。

「公任、気が向いたらあの子に
文の一つも出してくれないか」

公任が文…ですか?諾子に?

「当代一の切れ者のお前相手に
見事な返しが出来れば、
あの子の評判も上がるだろう」
あぁ…そういうこと。
頭が回るわね、貴方も。
そして、彼女の活かし方を良く知ってる。

「気の利いた返しが出来なければ
お前の元彼が大恥をかくぞ」
ふふふ、ま、そういうことだけど、
自信があるから話を振ってるのよね、実方。
ほら不安の欠片もない顔で受けてる。
「大丈夫、あの子なら上手くやる」
あ~ここの涼しげな顔がまた、とっても子安さんだ。

じゃあ、と公任も手加減しないつもりのようです。
楽しみにしてる、と応えた実方ですが、
彼が都に戻ることはありませんでした…。

陸奥に旅立ち数年後に、任国で
乗っていた馬が突然倒れて下敷きになって
亡くなったんですよね。
まだ40歳ぐらいだったそうです。

ある朝、随分冷える、と、
震えながら公任が廊下に立った。
どんよりとした空からは
名残の雪がふわふわと舞い降りている。
それを眺めた彼は、ふと庭の木に目を留めた。
赤い蕾が、あの日の実方の言葉を蘇らせる。
気が向いたら…と託した諾子のこと。

公任、貴方…
実方の願いを叶えることにしたのね。

定子も雪景色を眺めていますが、
女房達は寒くて敵わんって感じね。
でも御簾を支えてる諾子はもっと寒いと思うぞ。

このところ気が塞ぐことが多かったけれど
久しぶりに清々しい心持ちになったと定子は嬉しそう。
「おかげで私は、冷え冷えとしてしまいましたけど?」
結構言いますね…。
でもま、それが嫌味になってないようなので、
はっきり物言いあう、良い関係って所なんでしょうな。

さて、公任から文が届いて、諾子ビックリ。
何事かと文を開いたらば、

『すこし春ある ここちこそすれ』
とだけ書かれていた。
歌の下の句です。
これに上の句をつけろということのよう。
「公任様始め、皆様がお返事を待っておられます」
皆って~っ!? 

そうか、見事な返しをするかどうか、
審査員は多いほうが、評判も伝わりやすいものね。
でも何の前触れもなく、いきなりですからね。
こりゃ諾子も困ったろうな。

あの清少納言がどんな返しをしてくるか、と
皆、興味深々のようだな。
このお題は少々難しいのでは無いかとの声もあるが
「さぁどうかな」
あら公任、その顔は、諾子なら返せると思ってる顔ね。

諾子は案の定困ってました。
公任相手に下手な歌は詠めませんよね。
定子に相談しようにも、今は帝が来られてるらしい。
そりゃ邪魔出来ないわな。

「お返事を頂きに参りました」
早っ!
少し待っていてくれるよう頼み、
下手な上に返事が遅いのでは何のとりえも無い、と
諾子は一人ぼやく。
だが、ふと先ほどの事を思い出した。
寒い思いも、役に立ったわね。

【空寒み 花にまがへて 散る雪に
すこし春ある ここちこそすれ】

ほぉ…。

 空の寒さに
 まるで花とも見まがうばかりに
 雪が散り落ちるので、
 僅かに春の気配があるようだ。

 
「おぉさすが少納言!」
「帝に申し上げて内侍に推挙しても良いほどだ」
ふふ、作戦はばっちりね。

「ではご満足頂けたのですね」
「あぁなかなか見事だったぞ」
この雪の日に春を詠むということで
諾子はピンと来たとのこと。
白楽天ね、得意だもんね。

公任は白楽天の一節をヒントに下の句を詠んだ。
それが分かったから、諾子も白楽天を元に詠んだ。
「しかも雪を花に見立てて、
春に彩りを添えるとは
やはりこのお題は、貴女には優しすぎたようだな」
ふふ、知ってたからこそ、
「さぁどうかな」だったんだよね公任。

白楽天など基本中の基本。
公任は聞かされていたのですよ。
「白楽天を基本中の基本だと言う
生意気だが才能溢れる女が居ると」

実方は、諾子の才能も、愛していたんだよね。

『君のその、才走って生意気なところが大変いい』
いやだ…ちょっと泣ける。
ここの子安さんの言い方がまた、大変いい…です。

「いつも誇らしげに
貴女のことを話していた。
随分と気にかけていたよ」

公任~、そんなこと言うと、じわっと来るじゃないか。

話しを散々聞かされたせいか、諾子の事が古くからの
友人のように思えてくると公任が不思議がれば
諾子も公任の事を良く聞かされたと返す。
公任が帝の御前で元服した事を、自分の自慢のように
実方は嬉しそうに話してた。
おかけで諾子も昔から公任の事を
知っていたような気がしている。

-実方…。
 もしここに、
 お前が居たら…。


ううう。
公任の気持ちが伝わってきて、
やっぱり、じわっ。

ええっと話しは飛んで、ここはどこ?
水の枯れた滝は死んだも同然?
うーん、確かに見る価値はないかも。

この滝に、公任は実方を重ねてる。
一時は宮廷の寵児と言われた彼も、
今では名すら聞かなくなった。
自分も先の知れた人生だと、
公任、ちょっとひねてるわ。

声を掛けて来たのは道長。
おぉこの声は。
そうでしたそうでした。
道長は、檜山さんでしたね。

お、行成が傍に付いてますね。
せっかくの遊覧なのに公任がつまらなそうな顔を
していると道長が突っ込む。
そりゃーねー、枯れた滝見たって楽しくないよね。
世の無情を重ねて歌を詠むかと道長。
これには公任も同意。

行成にも何か詠めと道長が振るが、
自分は書記を務めると、サクッと断る。
相変わらず断り方が清々しいわね。

「はっはは。お前の書は天下随一だからな」
そうらしいですね。
私も調べてて、知ったのですが。

出来たら呼んでくれと道長が外すと、
行成が座った岩の横に、公任もどっかと座る。

「なぁ~行成、私はそんなに思った事が顔に出るか?」
うん、出てたよ。
行成の方がよっぽどつまらなそうにしているって?
「元がつまらぬ顔なのです」
ははは。
「得だな!私も無表情の練習をするかな~」
ぷ…。公任、笑える。

しかし道長もようやる、と公任が口の端を上げる。
朝議をさぼって物見遊山だったのね。
一緒にさぼっているのだから自分達も同罪、と行成は
淡々と返す。

自分達にも非はあるが一番悪いのは帝。
道長の娘の入内をいつまでも認めないから…か。
「その腹いせに朝議をすっぽかす道長も
大人気ないがな」

しかも、今朝廷をまとめることが出来るのは
道長のほか居ないのだから帝にはなんとか
折れてもらわないと政が滞る。
「それは帝も分かっていらっしゃいます」

帝が道長の娘の入内を認めないのは
定子を守るため。
後ろ盾が無い今、定子の立場は危ういから。

「美しい話だか私情で執政は動かせん。
そこをお諌めするのが蔵人頭たる君の務めだろう」
公任の言う事は分かるし、正しいのだろうけど
でも…それは辛いところだよね行成。

行成も帝と同じ。
中宮側に親しい人間が居るから気が咎めるのかと
公任が突く。

行成の脳裏によぎる
諾子の顔。

「仕事に情を挟むなよ」
仕事か友達か、両方取れない時は
どちらかを切り捨てるしかない。
「分かってます」
ぼそっと返った言葉を、うむと受け止めた公任。
歌が閃いたようです。

「詠むぞ、書いてくれ」
「あ、はい」

【滝の音は たえて久しくなりぬれど
名こそ流れて なほ聞こえけれ】


 昔あったと言う見事な滝の流れる音は
 もう聞こえないけれど
 名前だけは残って、今も語り継がれている


これも馴染みのある歌ですが、これが公任だったとはね。
しかも朝議さぼって遊びに来て詠んだ句とは。ぷぷぷ。

「公任様」
「ん?」
「本当に名前は残るのでしょうか」
賢いけど、ちょっと人を食ったような、
おふざけモードの公任と、
真面目でがちがちな(諾子の前では結構変なヤツだが)
行成の会話って、おもろいね。

栄華など夢のように儚い。
自分達が世俗にしがみついて何をなそうとも
いずれ自分達が生きたことさえ、
忘れ去られていくのではないか。

公任も、そこは同意。
「私も消えていく者を見るにつけ
そう思えてならない」
実方の例が、あるから、実感してるよね。

しかし一縷の望みはある。
「私や私の友の歌、君の書、
そして君の友達の書いた物は
いつまでも残るかも知れない」

ええ、残ってますよ、公任。
私は行成の書が有名だと言う事は知らなかったけどね。

「まぁ何にせよだ。先のことは知り様も無いから
今はただ流れに身を任せて、
ままならん世の中を、ままならんなりに
上手に生きるほかあるまいよ」
ふふ、公任な岸尾さん、いいなぁ。

そして…。

行成は、帝を諭したのね。

定子を皇后の座に置き、
彰子を中宮に置くという荒業を
道長はやってのけたようで…。
…ん?
ここの女房の声って、
もしや河童?…いや、知桐さんか?

帝の決意を促したのは行成だということも
女房達の間ではもう広まっているようです。
定子も彼女の女房達も、さめざめと泣いている。
諾子は、何があっても定子を守ると強く心に誓う。

それから定子はすっかり沈んでしまったのね。
諾子を明るく振舞って、定子の気を少しでも浮上させようと
努力していたようだけど、その時身ごもっていた御子を
出産すると同時に、定子は亡くなってしまった。

これはやはり、心痛もあってのこと…だったのでしょうか。

愕然とする行成…そして諾子…。
定子の死で、運命の輪がごとりと動いた、
そんな感じがしますね。

その後、行成はすっかり元気が無くなり
仕事の予定もうっかり忘れそうになることもあるほど。
提出した昇進願いがまた却下された事も響いてるようで。
蔵人頭という激務をこなせる人材が他に居ないので
上が手放さない、か。
先日は友人2人が出家したこともあり、
あくせく働く自分が、急に虚しくなっているのでは
部下達は想像する。

「そういえば行成」
お、また公任と絡むのね。
「清少納言の事は耳に入っているか?」
定子が亡くなったから、
そら諾子も宮中から下がってるわよね。
公任は今でもたまに連絡を取っているらしいが
彼女は近々京を離れて摂津に下るそうです。

動揺し、巻物を持つ行成の手が震える。
「親しくしていただろう?
おせっかいとも思ったんだがね、
一応は伝えておいてやろうとな」
良いヤツだなぁ公任。

-少納言が都を去る…。
 俺に告げることも無く。


そうか、ダブルショックだね。

彰子の立后依頼、どこか後ろめたくて
いつの間にか疎遠になっていた。

そうね、それは仕方ない気もするよ行成。

これでは斉信とさして変わらない、と行成は己を笑う。
真面目一途な行成なら落とせるかもと
斉信にけしかけられ積極的に出て、
やっと恋の関ではなく心の関なら開くと
言ってくれたのにね。

-あぁ…なんだか
 無性に疲れた。


疲れ果ててるね行成。
心安らぐときも無い、そんな感じだ。

諾子がなにやら難しい顔で紙に向かって筆を揺らしてる。
枕草子の続きを考えてるところかな。

と、声の悪いニワトリがコケコケと外で鳴いた。
今、夜ですよね。
諾子もおかしいと思ったのだろう、
御簾を上げて様子を見ると、
「やはりちょろいじゃありませんか」
ハッと声のした方を見れば、
「ご無沙汰しております」
行成が廊下に蹲ってます。
さっきのニワトリはキミか。

何か用かと訊かれ、
「今宵こそ、恋の関を越えさせて頂こうと」
おぉはっきり言った!と思ったのに、
「飲んでるの?」
うう…そんな扱いか、やっぱ。

「失敬な、しらふの冗談でしょ」
なんだ冗談なの?
諾子にしてみりゃ、
こんな夜更けに来て何を言ってるのって話だよ。

「冗談です。関は越えないから、夜話の相手だけでも
してくれませんか?」
あぁ行成、なんか伝わってくるよ。
貴方いま、諾子が相手してくれなかったら
窒息死しそう。
「昔みたいに!」
あの頃に戻れたらと思うよね。

恨んでいるかと行成が訊く。
いや、諾子は男社会も分かってるし、
頭の良い女だから、恨みはしないさ。
彰子の立后も必要な事だったと理解してる。

「国の未来を思えば、貴方は正しい事をしたと思うわ。
公家としてはご立派よ」
「そうですか…」
もしどうしても気が咎めるなら、定子が残した御子を
守ってあげて欲しいという諾子に
「貴女はどうするんです」
行成は膝の上の拳を硬く握って訊ねる。

都を離れると聞いた。
定子以外に仕える気は無いのかと、やや責めるような声。
そりゃ無いでしょう。
私が諾子だったとしても、無理と思う。

御所で御子達の成長を見守る道もあるし、
道長からも再出仕の誘いがあった筈。
定子の一の女房だった諾子ですから、
最初のうちは周りの眼も厳しいとは思うが
「貴女のことは、俺が必ず守るから!」
行成…。

気持ちは嬉しいが、そのつもりは無い。
御子の事は心配だけど、自分にはやることがある。
「これ、なんだか覚えていらっしゃる?」
枕草子、これには一家の没落も定子の死も
悲しいことは何一つ書いていない。

「私が後世に伝えたい、
定子様のお姿は
明るく聡明だったあの方の
笑顔だけだから」

楽しかった日々を楽しいまま、この枕草子の中に
閉じ込めるのが清少納言の務め。
「それなのにこの中で一番忠勤に励んでいる私が
別のところに出仕したなんて話が残ってしまったら
だいなしでしょ?」
諾子…。

「私はこの先の舞台に
現れてはいけないのよ。
私の務めはまだ続いているから」


「なんて人だ…御子様への心配より
仕事を取るなんて」
ちょっと恨みがましい行成の台詞。
御子様より仕事を取ったことが
ショックなわけじゃないでしょ。
御子様にかこつけて、
残って欲しかった自分の願いが
叶わなかったから、だよね。

仕事第一はお互い様、と言われて行成は笑う。
でもその笑い声が乾いてて、苦しそうで、
痛々しいよ…。

「少納言…俺は…
貴女とくだらない話をしていた頃が
一番楽しかった」

戻りたいのかと訊かれて、
そんな後ろ向きな考えはしないと
行成は応える。
でもそれは、そうでなきゃいけないと思うからであって、
心の奥で本当の貴方が、寂しさに蹲ってるのが見えるよ。

諾子が御簾を下ろしてしまったので、
行成は更に気落ちしますが、扉の開く音がして、
諾子が廊下に出てきました。
…顔も隠さずに。

行成の瞳が揺れる。
諾子はまっすぐに彼を見つめて近づき、
その傍にきちんと座った。

行成の手が、やっと見つけた物を掴むように伸びて
手繰り寄せた。
言葉もなく、重ねる唇。

今この時に、ようやく触れる事が出来るなんて…。
くーっ泣けるっ。

「私も楽しかったわ行成様、だから進みましょうね。
楽しかった思い出は、戻りたいと今を嘆くものではなくて
前向きに今を頑張るためにあるのよ」
さすが6歳年上。こういう時は姉さんがリードよね。
泣いてる行成が可愛いや。

昔を思い出すたびに、悲しくなったりしないように。
自分達は強くまっすぐ生きて、
きっと豊かな人生を送ろう。
辛かったこの別れの冬も、いずれ雪が解けて春を迎える。
そうしたら自分達の思いは、また何処かでそれぞれの花を
咲かせる。

最後に諾子は、ふっきれたような思い切り良い顔で
片手をあげて行成を見送った。
行成も振り返って手を上げ、少し微笑んだけど、
戻した顔はやっぱり少し寂しそうだ。

行成は定子が産んだ御子、敦康親王の家司となり、
親王が無くなる時まで、その任をまっとうした。
清少納言、諾子が残した枕草子がどうなったかは
言うまでも無いですね。

【夜もすがら 契りしことを忘れずは
恋ひむ涙の 色ぞゆかしき】


 私くしと愛し合ったことを
 お忘れでないなら
 世を去った私くしを乞うて
 貴方が流す涙の色はどんな色か
 その色が知りたい。


後年の定子の心細さを秘めた悲しい歌。
定家はそれを百人一首から外した。

現存する枕草子の写本は
定家の手によるものと言われてる。
枕草子を書き写しながら、
果たして定家が何を汲み取ったのか。

いずれにせよ、世に知られている百人一首に
定子の歌が入らなかったことにより
中宮定子と聞いて、我々が真っ先に思い浮かべる姿は
枕草子の定子になった。

定家の気持ちに、キュンと来た。
定家も定子の寂しい姿を、
入れないでおこうと思ったのね。

『私が後世に伝えたい定子様のお姿は明るく聡明だった
あの方の笑顔だけだから』

最後に諾子の台詞と在りし日の姿とは…泣かすなぁ。

諾子の思いは伝わり、定家も一役買って、
彼女の望みは叶えられたわけだ。
凄いね。

ただの歴史上の人物だった彼らが、
今では物凄く身近に感じられる。
思いが伝わってきて、切ないよ。

ED~。
Singin’ My Lu(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)Singin’ My Lu(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
(2012/08/01)
SOUL’d OUT

商品詳細を見る


良い話でした。
諾子のことも、行成のことも、定家のことも、
愛しく思う。

おぉ次回は紫式部ですかー。


前回までの感想。

#1
「超訳百人一首 うた恋い。」#1 結構面白いぞ。

#2
「超訳百人一首 うた恋い。」#2【貞明と綏子 陽成院】
 素敵じゃないか。

#3
「超訳百人一首 うた恋い。」#3【宗貞と吉子 僧正遍昭】
 内田さんの宗貞っぷりがイイ!!

#4
「超訳百人一首 うた恋い。」#4【康秀と業平 文屋康秀】
 ちょいとほろり…。

#5
「超訳百人一首 うた恋い。」#5【東下り 小野小町/
 貫之と喜撰 喜撰法師】良い関係だね。

#6
「超訳百人一首 うた恋い。」#6【うた変。+(プラス)】
 ホストクラブ…確かにイケる。

#7
「超訳百人一首 うた恋い。」#7【義孝と源保光の娘 藤原義孝
 / 高内侍と道隆 儀同三司母】2人とも良いオトコ♪

#8
「超訳百人一首 うた恋い。」#8【末の松山 清原元輔/
 実方と諾子 藤原実方朝臣】清少納言がちょっと…。

#9
「超訳百人一首 うた恋い。」#9【少納言と行成 清少納言】
行成も良いキャラしてんな。


※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

超訳百人一首 うた恋い。 #10「名古曽の滝(大納言公任)」

「中宮側に親しい人間がいるから気が咎めるのかい?」 仕事 or プライベート の葛藤。

後の世まで

砂漠化! 気がとーくなるね・・ 『超訳百人一首 うた恋い。』 第10話 名古曽の滝 大納言公任 んっちゃんっちゃんっちゃんっちゃ・・って〜ww これ、白鳥じゃなくてニワトリみ...

超訳百人一首 うた恋い。 第10話「名古曽の滝 大納言公任」

『藤原道長の台頭によって、清少納言が仕える中宮・定子の立場は危うくなっていった。行成は蔵人頭として多忙な日々を送る一方、清少納言とはどんどん疎遠になっていた。もやもやす...

超訳百人一首 うた恋い。 第10話「名古曽の滝 大納言公任」

「仕事に情は挟むなよ  仕事か友達か、両方取れん時は どちらかを切り捨てるしかない」 蔵人頭として多忙な日々を送る行成 公任というより清少納言と行成がメインな感じでしたね...

超訳百人一首 うた恋い。 第10話「名古曽の滝 大納言公任」

ついにアバンは禁断の域に 拍手がまばらで笑ったw BGMまで自演の定家と頼綱さん^^; 締めが真面目なだけに余計アバンが浮いてますね~ サブタイは公任になってますが、彼はどちら

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR