スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「PSYCHO-PASS」#11【聖者の晩餐】優しすぎて泣けるよ、もぉ。

ごめんなさーい。
結局一週間遅れになっちゃいました。
先週、「絶テン」書き上げた後、
こっちもちょこちょこ書いてたのですが
時期柄、年賀状を先に片付けなきゃならなくて
ちょっと後回しになったのと、
PCが絶不調で、
ほんとよくパタパタ落ちてくれちゃって
進まなかったので、すっかり遅くなりました。

前半、書いてた記事の相当量が、
3回ぐらいパァになって 
いい加減嫌になってしまった…というのも事実。
もう今回は飛ばそうかと思ったぐらい。

でもねぇ慎也がカッコ良くて、
優しすぎて泣けるから
やっぱこの回は書いておかなきゃと、
今日再チャレンジしたわけでございます。

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.3【DVD】 (初回生産限定版/イベント参加抽選応募ハガキ(第1巻~第3巻連動購入者対象)付き)PSYCHO-PASS サイコパス VOL.3【DVD】 (初回生産限定版/イベント参加抽選応募ハガキ(第1巻~第3巻連動購入者対象)付き)
(2013/02/22)
関智一、花澤香菜 他

商品詳細を見る


PSYCHO-PASS サイコパス VOL.2【DVD】 (初回生産限定版/サウンドトラックCD付/イベント参加抽選応募券(第1巻~第3巻連動購入者対象)2付き)PSYCHO-PASS サイコパス VOL.2【DVD】 (初回生産限定版/サウンドトラックCD付/イベント参加抽選応募券(第1巻~第3巻連動購入者対象)2付き)
(2013/01/25)
関智一、花澤香菜 他

商品詳細を見る


PSYCHO-PASS公式HP

朱達は2班に分かれて突入したのね。
朱ととっつぁんは、慎也を探す方、
ギノと秀星、弥生は
手分けして妨害電波の発信源を探し潰す。
ん?慎也の方に3人、人を裂くべきじゃないか?
慎也だけじゃなく、一般人の被害者が一緒なんだし。

「正直、何がなんだかさっぱりだ」
ギノは想定外の状況に頭を混乱させているみたい。
強力なジャミング、記録にない地下空間
慎也からの応援要請…。
あ、それも入るわけ?

「ただごとじゃないのは間違いないっすよ」
秀星の表情にも余裕がない。
「お前もそう思うか」
「コウちゃんのあんな声、初めて聞きました。
マジで切羽詰ってた」
ゆきも一緒だし、余計だよね。

OP~♪
abnormalize(期間生産限定盤)(DVD付)abnormalize(期間生産限定盤)(DVD付)
(2012/11/14)
凛として時雨

商品詳細を見る


慎也はまた自分を囮にして走ってる。
ロボ犬もう一匹いるものね。
せめてこいつをなんとかしようと思ってる?
おっ道具車到着。
こいつのほんとの名前は知りませんよ。
ドミネーターが入ってて、キャスター付いてて
自力で走れて、人も横乗り出来るやつ。

あ、慎也を見つけたのね。
おりこうさんだな、こいつ。
サーチ、認識シマシタ、急行シマスって感じね。
ふふ。

こういう事が出来るってことは、
機材を収納出来るってだけで、
これもドローンはドローンってことなのかな。

よし、今からキミのことは、
道具箱ドローンにしとく。

秀星は妨害電波の発信源を見つけたみたい。
おーい、蹴飛ばして壊すんですか。

道具箱ドローンは、
慎也のもとへせっせと向かってますが
ロボ犬が邪魔しに走ってきましたよ。
暗くてよく見えないよー。
でもロボ犬が道具箱ドローンに体当たりして
倒しちゃったのね。

こうなったら動けない。
でも慎也の居るすぐ近くでしたからラッキー。
開いてドミネーターはゲットです。
げっロボ犬が気づいたよ。
ユーザー認証に若干時間かかるのがまどろっこしいね。
日高さん、ここは巻きでお願いします。
(だから無理だっての)

そうか、ロボ犬でも執行対象になるんでしたね。
前にドローン工場のドローンも撃ったもんな。
執行モード、デストロイ、デコンポーザーですか。
でも動きが早いから照準合わせるのが大変。
慎也に飛び掛ろうと走ってきたしぃ。
それを避けてその背に向けて発射。
こんな体勢でよく撃ったね。さすが慎也だよな。

これでロボ犬は排除、でも泉宮寺のライフルが慎也を狙う。
チラっと見た外観と2発ごとの空白からして二連銃身の猟銃だと
慎也は推測。
さすがだわー。

「残念ながら時間切れです。妨害電波が破られました」
聖護が泉宮寺に告げる。
まもなく公安局の本体が駆けつける。
だが泉宮寺の耳には届いてないようよ。
「ラブクラフトがやられた。撃たれて壊されたんだ」
ラブクラフトって…、ロボ犬の名前?
敵討ちしなきゃと思ってる?

「ヤツはとうとう撃ち返して来た」
昔は発展途上国のインフラ設備に携わる工事が多かった。
危険な現場ほど金になったもの。
紛争は突発的で状況予測と危機管理には限界があった。
現地でゲリラの襲撃に遭った事もある、と
7,80年も前の話を何故か話し始める。

あの時も隣にいた同僚が撃たれた。
それまで泣いたり叫んだりしていた友人が
次の瞬間には肉の塊になっていた。
「私は飛び散った血飛沫を頭から浴びてね。
彼の匂いが私の全身にベットリとこびりついて…」
うげげ~。
いいよ、もぉそういう話はー。

勘違いしないで欲しい、と泉宮寺。
これは良い思い出の話なのだそうだ。
「あの時ほど命を、
生きているという実感を
痛烈に感じたことはない」

 狂ってるわーそりゃ。
どこかネジ飛んでるわー。
実際、ネジだらけだろうけどアンタの身体。

で、それを今、再び味わって歓喜してるのね。
機械仕掛けの心臓に熱い血の滾りが蘇っている。
「ここで逃げろだと?
それは残酷というものだよ」

はいはい、じゃあ慎也とやりあって、
殺されてください。

ここから先はゲームでは済まない。
それは泉宮寺も承知の上。
これまでハンターとして多くの獲物を仕留めてきた。
だが今はデュエリストとして
慎也と対峙したいと泉宮寺は思っている。
見込まれたものですねぇ慎也。
別に嬉しくもないけどね。

「槙島君、君とてまさか、
ここで私が尻尾を巻く様を見たくて
妙な小細工を労したわけでもあるまい」

仰せのとおりだと、聖護がふっと笑う。
「貴方の命の輝き、
最後まで見届けさせて頂きます」

もう聖護の中では、泉宮寺の負け確定なわけね。

ということで、慎也と泉宮寺の勝負。
二人ともよい動きですな。
慎也が少し高い位置から泉宮寺を確認、
ドミネーターを向ける。
泉宮寺の左腕に命中し、膨れるように破裂しましたが
機械の体なので、これまでの犯人のように
肉片が飛び散るのではなく、
バラバラと部品が飛び散った。
そこは私的には助かるよ。

しかし泉宮寺、衝撃で身体のバランス崩しながらも
そのまま振り返って片手で撃つとは、凄いわね。
それが見事、慎也の腹部に当たったようですし。

慎也はうめいて後ずさり、反対側へと落ちる。
ここの構造ってどうなってるのか
暗いしよく分かりませんね。

泉宮寺は嬉々として彼を追う。
そしてまた、第九ですか。
なんかやだなぁ、今後第九聴くたび、
コイツの顔思い出しそう。

合唱が入る盛り上がりの前のフレーズだなこれ。

泉宮寺は緊張を顔に滲ませながらきょろきょろと
辺りを見回しつつ歩を進めていたが、
床に残る血痕を目にして低く笑い声を漏らした。
合唱も始まりましたし、歓喜の時ですか。
笑い声は徐々にあからさまになり、
顔もにやけて参りました。

カンと音がしてゴロリとドラム缶が滑り落ちてきた。
その先に隠れているように思えますね。
血痕もその坂の上へと続いていますし。
「チェックメイトが近いぞ、執行官」
泉宮寺が坂を上る。
だがその先で蹲っていたのは、ゆきでした。
なるほど、ゆきを囮に使ったのね。

泉宮寺がひるんだ所で、ドミネーターの声がする。
「犯罪係数328、執行対象です」
慎也は離れた所でドラム缶の影に寝転がり
このタイミングを待っていたのですね。

泉宮寺が笑顔でこちらを振り返るのがまたキモイよ。
一瞬で身体は真っ二つ…というか、
吹っ飛んだ身体の裏側(背の方)部分は
形留めてないようだが。
もうほとんど機械の身体だったんだね。
これまでのように膨れて膨張という過程が全く無い。

半分だけの泉宮寺の身体が
ゆきの前にバッタリ倒れてきたよ。
キミも災難だな。こんなもの見る羽目になって。

「凄い…やったよ。私達勝ったよ!」
ゆきが喜んでるよ。
慎也は彼女の方に行こうとして、
でも足はもう一歩も動かせなかったんだね。
無様に突っ伏すように、床へと倒れた。
ドミネーターが床を滑る。
手から離れたそれを掴もうとして
慎也はなんとか四つんばいにまで身体を起こしたが
手は空振り。
眼にもキテるんでしょうね、距離感が測れてない。

ゆきが駆け寄って、そんな慎也の手を取ると
「すまん…無茶をさせたな」
まずは彼女への謝罪ですか。
「ここを出たら…すぐにセラピーを受けろ。
アンタは…見るべきじゃないものを
…見すぎちまってる」
失血のためか、身体は痙攣し、
そんな苦しそうなのに、ゆきの心配ですか。

関係ないゆきを巻き込んだ責任とか
刑事という立場ってのもあるでしょうけど
何よりやっぱ、慎也は優しいんだよね。

「いいよ、狡噛さん。
素敵だったもん。
私も、潜在犯に
なっちゃいたいぐらいだよ」

こらこらこら、そういう軽はずみなことを
言うもんじゃありません。

慎也だって他のメンツだって
成りたくて潜在犯になったわけじゃない。
烙印押されて辛い思いして来たヤツもいるんだし
そういう人達の前で、そんな台詞はね、
いかがなものか。

まぁでも、キミの気持ちは大いに分かる。
惚れるなってのが無理な話さ。
前回と今回の慎也、カッコ良過ぎますもの。

「ばかを…ぅ…っ…」
馬鹿を言うな、と言いたかったんでしょ慎也。
でももう限界でしたな。
視界がぐらりと傾き、やがて暗転。

その隙に誰かさんがやってきて、
ゆきに手錠をかけ、ハンカチで口を押さえて
連れ去ろうとしていますよ。
「やめて!離して!」
彼女の嫌がる声が耳に届き、
慎也は重い瞼を必死に持ち上げた。

ピントが上手く合わない眼で
なんとか捕らえたのは男の姿。
「君と語り明かしたいのは山々だが、
今は具合が悪そうだね。
いずれまた会おう」
あぁ、聖護が連れて行ったということは、
ゆきの死亡は確定だろうなぁ…。

慎也は朦朧としつつドミネーターへと手を伸ばすが
また意識を失った。

こちらはとっつぁんと朱。
「油断するな、きな臭いなんてもんじゃないぞ」
朱もあちこちに弾痕を認めています。

火薬を使った銃の痕跡なんて久しぶりだととっつぁん。
そうよね、もう禁止されてるんでしょ。
朱が床に血痕を見つけてハッとします。
まだ新しい血だものね、それ。
いやな予感しかしませんでしょ。

「狡噛さん…」
祈るように朱が彼の名を呟いて、
とっつぁんと共に奥へと進むと
「誰かぁ!」
助けを求めるゆきの声が響いた。

二人が足を速めて進んだ先に
倒れた慎也を見つけて駆け寄るが
朱は立ちすくんでしまう。
それくらい、
生きてるかどうか怪しい状態ですよね。

うつ伏せになってる身体をとっつぁんが反転させ
ひでぇなと呻く。
「あちこちにもらってるじゃねぇか」
おぉそういう言い方するのね。
応急処置は、朱も訓練は何度もやってるようですが
実践はやったことなく気弱な声。
「なら俺に任せとけ」
ほんと頼りになるなぁとっつぁん。

慎也が意識を取り戻したようで、
弱々しい声で、朱に伝える。
「もう一人いる…お前のダチを連れてった」
慎也が指差す方をハッと見る朱。
走り出しちゃいましたよ。

「何考えてんだ!監視官!」
「まだ事件が終わってないんです!!」
おぉ、なんか「踊る」っぽい。

とっつぁんは救急箱抱えて、
朱の背と床に寝る慎也を交互に見る。
朱を追っていくわけにはいきませんよね。
今、止血しなきゃ、ほんと慎也死んじゃうし。
「くそっ!」
苦労しますね、とっつぁん。

「まるで戦場…いや、処刑場だ」
さっき朱達が通ったエリアまで入り込んだギノが
そう口にした。
相変わらず暗いし、私にはよく分かんないよギノ。
かといって、はっきり見えたら見えたで
げげげーと思うだろうから、こんなもんで良し。
(どっちなんだ)

これは3人4人なんてもんじゃなく
数十人、下手したら百人近く死んでると
秀星があたりを見渡して想像する。

「ここに狡噛が誘い込まれた」
「大量殺人、虐殺?犯人の目的は?」
「ゲームじゃないすか?」
うん、秀星、キミがアタリだ。
アイテムゲットのおまけとか、
まさにそうでしたよ。

秀星はこの地下にやってきてからずっと感じてたようで。
「対戦ゲームのステージみたいだなって」
RPG要素もちょいありましたよ。
あぁ違うか。
泉宮寺が用意したのが対戦ゲームで
RPG要素をちょい混ぜしたのは聖護だったね。

いずれにしてもゲーマーならピンと来る感じでしょう。

「バーチャルならともかく、
生きた人間を使ってゲームだと!?」
ギノには考えられないだろうけど
泉宮寺みたいなヤツが究極を求めると
こうなるわけですわ。

お、とっつぁんが通信。
コードネームは、執行官がハウンドで
監視官がシェパードでしたね。

ハウンド3を保護したととっつぁんが伝え
生きてるのが不思議な有様だと続ける。
犯人は人質を取って以前逃走中。
シェパード2が単独で追跡を続行している。
急いでくれと言われ、ギノがくそっと漏らす。
単独は良くないよね、単独は。

「どうやらそのクソッタレなゲームとやらは、
まだ終わっていないらしいな」

泉宮寺のゲームは終わりましたけどね。
聖護のゲームはまだまだ序の口でしょ。

そう、泉宮寺はダンジョンのボスにすぎないんだもの。

とっつぁんの方は慎也の応急処置がやっと終わったようで
ふぅと息を吐く。
身体が重く自分の身体じゃないみたいだと慎也が訴える。
良かった、それでもさっきより少しはまともになってる。
輸血したからだな。
輸血、とっつぁんが針刺したわけよね。
なんでも出来るな、すげぇな。

弾はまだ体内に残ってる。
とっつぁんがおっかなびっくりやって
太い血管傷つけたら、致命傷だから。
うん、下手なことはしないほうが良いよね。

「常守監視官はどこに」
こんな状態でまだ人の心配か。
朱のことは、とっつぁんだって聞きたいですよ。
慎也の応急処置が終わったから、
とっつぁんも今から追いかけてくれるつもり。
「俺も行く」
何馬鹿なこと言ってんだ。
今動いたら死ぬぞ!

とっつぁんは、もっと手荒だった。
身体またいで止めて額でゴン!
痛がってる慎也が、なんかかわいい。

重症なところ悪いがこれ以上時間の無駄は嫌なのだと
とっつぁんがシリアスです。
「お前がこんなになるんだ。はっきり言って
嬢ちゃんもかなりヤバイ」

慎也をこんなにした相手と、朱が追っていった相手は
別人ですけどね。
ただ、後者の方がより危険ですから
とっつぁんの勘は間違ってはいません。

お、丁度ギノ達が来ましたよ。
慎也が動かないように押さえつけておくようギノに頼み
とっつぁんはもう走り出している。

「しぶといもんだな、まったく」
慎也を見て第一声がそれですかー。
酷いなギノ。
いや、素直じゃないだけよね、きっと。

ドローンと秀星がしげしげと、床に転がってる
ガラクタを見ている。
あぁ、彼のパーツね。
「コウちゃんが一人撃ったみたいッスね」
ドローンがスキャンして出したデータは
泉宮寺豊久。
こりゃ弥生もギノもビックリだ。

「誰ッスか?それぇ」
あはは。知らんのか秀星は。
「厚生省の推薦ニュースも見てないの?」
「見てねーよ、そんなもん!」
あ、威張ってる。

ひぃーっ首はこんな所まで飛んでるのね。
カメラさん、見せなくていい、見せなくていい。

朱は、聖護に追いついたようです。
でもドミネーターを向けても犯罪係数は79。
執行対象ではなく、トリガーはロックされる。

なんてこと!
これでは撃つことが出来ません。
ゆきが人質にとられてるというのに。

「僕は槙島聖護」
「ま…槙島」
「なるほど、そこで驚くのか」
朱の反応を見て聖護は、
公安局に尻尾ぐらいは掴まれていたのだと知った。

聖護には複数の事件で重大な嫌疑が掛かっている。
同行を求められた聖護ですが
お互い多忙な身の上なのだから、
話はここで済まそうと言い出す。

「逃げられると思ってるの?」
全然余裕ですよ聖護は。
さっきの犯罪係数からして、
彼を捕らえることは出来ないしねぇ。

応援が来るまでの時間稼ぎのため、
ここで会話を弾ませるべきじゃないかと
朱にアドバイスまでしてる。

「君が言う複数の犯罪とはどれのことだろう」
御堂のことか、璃華子のことか。

人は自らの意思に基づいて行動した時のみ
価値を持つと聖護は思っている。
だから様々な人間に秘めたる意思を問いただし
その行いを観察してきた。

「いい気にならないで!貴方はただの犯罪者よ!」
そもそも何を持って犯罪と定義するのか。
シビュラシステムが決めるのか。
そう告げる聖護に再びドミネーターを向けても
数値は更に低いunder50。

サイマスティックスキャンで読み取った生体力場を解析し
人の心の在り方を解き明かす。
科学の英知はついに魂の秘密を暴くに至り、
この社会は激変した。
「だが、その判定には
人の意思は介在しない。
君たちは一体、何を基準に善と悪を
選り分けているんだろうね」

それは確かに疑問ですわね。

「貴方は一体…」
「僕は人の魂の輝きが見たい。
それが本当に尊いものだと確かめたい。
だが己の意志を問うこともせず
ただシビュラの信託のままに生きる人間たちに
果たして、価値はあるんだろうか」

聖護はライフルを朱の足元へと放る。
「せっかくだ、君にも問うてみるとしよう。
刑事としての判断と行動を」

聖護は手錠を取り出し、ゆきの手首にかけると
手すりに繋いだ。
そしてジャケットに手を掛け、
下着だけの胸元まで下ろす。

「今からこの女、船原ゆきを殺してみせよう。
君の目の前で」
ゆきがヒッと声を上げて怯える中、
朱は震える手でまたドミネーターを向ける。
だからー、それは使えないっての。

止めたかったらそんな役に立たない鉄屑ではなく
今あげた銃を拾って使えばよいと
聖護が親切にも教えてる。
引き金を引けば、弾は出る。

「出来る訳ない…だって、貴方は…」
「善良な市民だから、かね?」
聖護は折りたたみナイフを出して
ゆきの背を切りつける。

痛いぃぃぃ。
見てるだけで痛いよ、うう。

朱はまたドミネーターを向けるが、
こんなことした後でも、聖護の数値は
更に下がって32です。
どうなってるんだ、シビュラさんよ。

なぜかは聖護にも分からない。
不思議なことに子供の頃からいつでも
彼のサイコパスは真っ白だったらしい。
ただの一度も曇ったことがない、か。
じゃあ朱のサイコパスが綺麗なのも
怪しいもんだな。

「この身体のありとあらゆる生体反応が
僕という人間を肯定しているんだろうね。
これは健やかにして善なる人の行いだ、と」
聖護がゆきの髪を掴んで、剃っていく。

「止めて、助けて…朱!」
あれ、ブラがピンクだ。
パンツとお揃いになってる。
前回、ブラがブルーでおそろいじゃないから
慎也が不審に思って調べて、
ワイヤーのトコからアンテナ出したのよね。
色の塗り間違いなのか、実はブラ二枚付けさせられたとか
鞄に入ってたとかそんなオチ?

…こんな緊迫シーンで、そこ突っ込むなって?
すいません。

「君達では僕の罪を計れない。
僕を裁ける者がいるとしたら、それは…
自らの意思で人殺しになれる者だけさ」
うわ、めっさ笑顔。

朱はライフルを拾い、いますぐゆきを開放しろと叫ぶ。
でも左手にドミネーター持ったまま、
そんなおぼつかない状態では脅しにもならないぞ。

朱の殺意によって銃で撃たれ殺されるなら
それはそれで尊い結末だと聖護は言う。
「ほら、人差し指に
命の重みを感じるだろう?
シビュラの傀儡でいる限りは、
決して味わえない。
それが決断と意思の重さだよ」

って、そこまで言われても、朱はまだドミネーターを向けてる。
犯罪係数はunder20。
どんどん下がってるじゃないか。

デカルトは
"決断が出来ない人間は
欲望が大き過ぎるか悟性がたりないのだ"と言った。
「どうした。ちゃんと構えないと弾が外れるよ」
優しげにそう言った後で、聖護は真面目な顔で
まっすぐに朱を見つめる。
「さぁ、殺す気で狙え」

でも朱は未だ左手にドミネーター持ったままですし
脅しのように発砲しただけ。
そして後ずさり、銃を手放してしまう。
「…朱?」
裏切られたようなゆきの顔、訝しむ声。
「残念だ。とても残念だよ、常守朱監視官」
朱は聖護を失望させてしまった。
だから罰を与えられる。

「止めて!お願い!」
「己の無力さを後悔し絶望するがいい」

あ、さっきのゆきの下着の件。
違った、これキャミソールのピンクか。
そういやぁキャミも着てましたな。
慎也にキャミも脱がされて、
ブラからアンテナ抜いて、また戻してもらったのか。
そりゃそうだな。
失礼しました。

…って、またこんなシーンで止めるなって?
すんません。

聖護はゆきの髪を後ろに引っ張って彼女の首を晒し
そこにナイフを当てる。
それでも尚、その役に立たない銃を手に
シビュラを頼り続けるのか朱。

「やめてぇぇぇぇ!!」
プシュッという音を立てて、聖護のナイフは横へと動く。
ゆきは、悲鳴を上げる間も無かったね。
朱の悲痛な声だけが、その場に響き渡り、
向かっていたとっつぁんの耳にも届いた。

ゆきの首から血がぽちゃりぽちゃりと落ちてくる。
朱は座り込み放心状態で、それを見つめていた。

外はもうすっかり暗くなり、雪が降っているのね。
慎也が意識を取り戻し、
傍らの、自分を見つめているギノに気づいた。
「気がついたか」
「…常守監視官は?」
第一声がそれか。
もう惚れるなぁ慎也。

ギノは顔だけ向けて、彼女のいる方を示す。
いすに座りうな垂れてる朱は、
「私はゆきを殺しました…私はゆきを殺しました」
小さくぶつぶつと呟いてる。
そこにすーっと寝台のまま、慎也が近づき
ポンっと手の甲で朱をたたく。

これね、妙に泣けてしまったよ。

それまで放心状態だった朱が
慎也に触れられてビクッとして現実に戻り、
感情がドッと噴出してくるのがまた印象的。
これは、分かるなぁ。

「何があった」
なんかもぉ…たまらんな慎也って。

「あの男と…会いました。槙島聖護!
ドミネーターで、裁けません!」


EDが被る~。

ED~。
名前のない怪物名前のない怪物
(2012/12/05)
EGOIST

商品詳細を見る


ドミネーターで裁けない聖護を、
どう裁くのか。

あぁ早く続きが見たいですぅ~。



◆グッズ
PSYCHO-PASS -サイコパス- PSYCHO-PASS -サイコパス- 狡噛パズルキーホルダーPSYCHO-PASS -サイコパス- PSYCHO-PASS -サイコパス- 狡噛パズルキーホルダー
()
キャビネット

商品詳細を見る

PSYCHO-PASS -サイコパス- PSYCHO-PASS -サイコパス- 宜野座パズルキーホルダーPSYCHO-PASS -サイコパス- PSYCHO-PASS -サイコパス- 宜野座パズルキーホルダー
()
キャビネット

商品詳細を見る

PSYCHO-PASS -サイコパス- PSYCHO-PASS -サイコパス- 常守パズルキーホルダーPSYCHO-PASS -サイコパス- PSYCHO-PASS -サイコパス- 常守パズルキーホルダー
()
キャビネット

商品詳細を見る

PSYCHO-PASS -サイコパス- リフレクターキーチェーン 公安マークPSYCHO-PASS -サイコパス- リフレクターキーチェーン 公安マーク
()
キャビネット

商品詳細を見る




前回までの感想
#1
「PSYCHO-PASS」#1【犯罪係数】朱が嫌いになるのも計算?
#2
「PSYCHO-PASS」#2【成しうる者】慎也の印象が違ってました。
#3
「PSYCHO-PASS」#3【飼育の作法】面白くなってきました♪
#4
「PSYCHO-PASS」#4【誰も知らないあなたの仮面】
 子安さんが子安さん過ぎる(笑)。

#5
「PSYCHO-PASS」#5【誰も知らないあなたの顔】やっぱりね。
#6
「PSYCHO-PASS」#6【狂王子の帰還】教師とはね…。
#7
「PSYCHO-PASS」#7【紫蘭の花言葉】
 類は友を呼ぶとはキミらのこと。

#8
「PSYCHO-PASS」#8【あとは、沈黙。】刑事ドラマやねぇ。
#9
「PSYCHO-PASS」#9【楽園の果実】泉宮司見たくない…。
#10
「PSYCHO-PASS」#10【メトセラの遊戯】カッコ良いわ~慎也♪

※現在右クリックは利かない設定になってますので、
TBをいただけるようでしたら、
お手数ですがプラウザのコピーを利用してください。
(文字ドラッグして、編集↓コピー)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PSYCHO-PASS 第11話「聖者の晩餐」

『熾烈を極めた泉宮寺との死闘の果てに、狡噛はゆきの身柄を槙島に奪われてしまう。駆けつけた朱は狡噛に代わり、ゆきを連れ去った槙島を追跡するが、そこで彼女は信じられない光景...

PSYCHO-PASS 第11話「聖者の晩餐」

「あの男と 会いました  槙島聖護はドミネーターでは裁けません」 泉宮司との戦いで負傷した狡噛 そして、聖護を追った朱が見たものは――…    【第11話 あらすじ】 熾烈

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。