「進撃の巨人」#20 せっかく仲間らしくなってきたのに…(涙)。

最悪な展開になってきました。
せっかくエレンとリヴァイ班の4人が
良い感じになってきたというのに
その矢先にこれですか。
この作品って、
「良い人や~」
「カッコ良いわ~」
「良い雰囲気~」
と、胸があったかくなった後
絶望へ落ちるスパンが超短い。
もぉ、辛い…。

それでも見ずにはいられない。
次回見るのが本当に怖いけど、
見届けないとね。



進撃の巨人(11)進撃の巨人(11)
(2013/08/09)
諫山創

商品詳細を見る


進撃の巨人 3 [初回特典:Blu-ray Disc ビジュアルノベル「ミカサ外伝」他(制作協力:ニトロプラス、プロダクション・I.G)]進撃の巨人 3 [初回特典:Blu-ray Disc ビジュアルノベル「ミカサ外伝」他(制作協力:ニトロプラス、プロダクション・I.G)]
(2013/09/18)
梶裕貴、石川由依 他

商品詳細を見る


「進撃の巨人」公式サイト

アバンは、女型と遭遇したところからですか。
もう!この殺し方!!
絶対、許せないわ。

リヴァイがエルヴィンと合流して、
後列の班が命を賭して戦ってくれたおかげで
作戦が遂行できたことを告げるシーン。
何度見てもグッときますね。
彼らのおかげで女型の正体を暴ける。
そう思ったリヴァイですが…

そうは上手くいきませんよね…。


OP~♪
自由への進撃 (通常盤/CD Only)自由への進撃 (通常盤/CD Only)
(2013/07/10)
Linked Horizon

商品詳細を見る

自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD)
(2013/07/10)
Linked Horizon

商品詳細を見る



奇行種か、超大型巨人と同じ存在か。
女型について、走りながら考えるエレンですが
どう見ても後者に決まってるじゃないの。
「もしかしてエルヴィン団長は…」

考えるのは後!
ほら、お姉ちゃんに叱られた。
今は、もっと離れた先で待機すべく馬を走らせることに
集中しなくちゃね。

はいと力いっぱい答えて、エレンは前を向く。

さて剣を抜いたリヴァイをエルヴィンが止めます。
念には念を。
もう少し撃っておくようです。
予備まで使えってよ。

女型は項を必死で守ってますね。
憎らしい。

こちらは森の入り口で囮になってる新兵達。
巨人が木に登ろうとしてる。
学習能力あるのか。
あ、前にサシャ襲った四つん這いのヤツもいる。

「そうだね、ここまで登ってこれたら
私がどいてあげようかな」
おや?こんな人居ましたっけ。
クリスタの班の先輩?
ちょっと美人さん。
EDのクレジットによると…ナナバ?

でも多分あと少ししたら撤退命令が出る。
あら、ナナバは作戦知ってるんですか。
それはさっきから森の奥でしている爆発音と
関係があるのかと訊くクリスタに
「さぁ…」と気の無い返事。
作戦を深く知らされてるわけではないのかな?

こっちはサシャ。
彼女も音を気にしてミカサに訊く。
「森の奥で大砲でも撃ってるんでしょうか」
なんか最近、サシャ可愛いね。
ちょっと怯えた声も可愛い。

大砲を持ってきたようには見えなかったが…と
冷や汗垂らしてるライナー。
ふぅん、そうですか。
焦ってるの?貴方、今。

ユミルはクリスタがど辺にいるのか気にしてる。
ベルトルさんってなんだよ。
普通にベルトルトと呼べば良くない?
そういえばユミルってEDのクレジットでまだ
名前書いてもらえてないね。なんで?
原作知らないはずの私が、彼女の名前知ってるのは
ネタバレ踏んじゃったからですよ。
最初の頃、登場人物多くて、
誰が誰やら分かんなくて、wikiをチラ見したから。

「ごめん…知らない」
わー、久々に喋ったね、ベルトルト。
登場してても台詞無しって多いよね、貴方。

今、何のために何してるか分からず
思わず「帰りたい」とこぼすコニー。
まぁキミはそうよね。

少し移動するぞとジャンがアルミンに声を掛ける。
うわー、巨人も登ろうと頑張ってるなー。
コツを掴んできたようで、木登りが上手くなってると
シャンも評価してる。

学習能力があるようだが個体差はありそうと
アルミンも見ている。

森の奥で何かやっているようだが
なんとなく察しがついてきた、とジャン。
「あの女型巨人を捕獲するために、
ここまで誘い込んだんだな」

おぉさすが。
「もっと正確にいえば、ヤツの中にいる
人間の捕獲だ。エルヴィン団長の狙いは」

ジャンは頭が回るね。

同じ話をエレン達もしていました。
でも自分達みたいな新兵ならともかく、
長く調査兵団をやってる先輩達にも知らされて
いないなんてとエレンが口にする。

おーい、それ地雷だから。
思ったことそのまま口にする前に
一拍考えようね。
「うるせぇなっ」
「私達は団長や兵長に信用されてないっていいたいのっ!?」
ほらほら、自尊心傷つけちゃったー。

「でもっそういうことになっちゃいますよっ」
こらーっ更に塩塗り込むんじゃないよエレンったら。

キレたオレオが、エレンの歯を抜いてやれと叫びますが
エルドはエレンの言う通りだと落ち着いてる。

「団長には、簡単に我々を信用できない理由が
あったんだと思う」

仲間を信用出来ない理由なんて一つしかない。
巨人になる人間、もしくはそれに協力する
諜報員のようなヤツが兵団に居るから。

ジャンも同じ言葉をアルミンに伝えていた。
「お前もそう思ってたんだろ、兵団の中に」
「うん、居ると思う」

グンタは信じがたいようですが
恐らくエルヴィンは確信している。
この作戦を知らされたのは
5年前から生き残ってる兵だけだろうとエルドは推測。
あ、さっきのナナバも居るね。
だから知ってたわけね。
彼女も結構長いんだな。
後は、リヴァイ、ハンジ、ミケ達。

そういうことかとグンタが納得し、
オレオはそうに違いないと乗っかり、
「分かったか、エレン、そういうことだ」
おいおい、アンタ分かってなかったよね。
エルドが解いてくれたんだよね。
ちゃっかり自分の手柄にすんな。

そういうことなら仕方ないとペトラ。
5年前、つまり最初に壁を壊された時に
諜報員が入ってきたと想定して
エルヴィンは容疑者を
そこで線引きしたのではないか。

ソニーとビーンを殺したのも、そいつ。

ペトラは団長に質問されたことを思いだした。
エレンも訊かれたよね。
『君には何が見える?敵はなんだと思う?』

あの質問に答えられていたら、
本作戦に参加出来たのかもしれない。
でもそんな者が居たとも思えないエルドに
自分は分かっていたと、またオレオが法螺を吹く。

「でもな、そこをあえて答えなかった。
お前らにはそれが何故だか分かるか?」
ペトラが、またかという嫌々声で、
それでも「なんで」と訊いてやる。

「なんだ、分からないのか。
まぁお前ら程度じゃ分からないだろうな。
お前らはまだ俺の域に達していないからな」
はいはい。

「ねぇまだリヴァイ兵長の真似してるつもり?
兵長はそんなこと言わない」

えっ、リヴァイの真似なんすか?
いや、どこが真似なのか全然分かんないよ。

これが成功すれば
この世界の真相に迫れることになる。
しかし、そのためだとしても
人が死に過ぎた。
歯噛みするエレンにエルドが問う。
「団長は間違っていたと思うか」

エレンではなく、こっちでジャンが答えてる。
正しいとは言えない。
内部の情報を把握してる巨人の存在を知っていたら
対応も違っていた筈。
「お前のところの班長たちだって…」
あぅ…ネス、シス~。
ここを何度も見せられると、辛いよ。うう。

「いや、間違ってないよ」
さすが、アルミンには大局が見えてるね。

どれだけ余計に兵士が死んだと思うんだと
反発するジャンにアルミンが説く。
後でこうするべきだったというのは簡単。
でも結果なんて誰にもわからない。
分からなくても、選択の時は来るし、
しなきゃいけない。
「100人の仲間の命と
壁の中の人類の命、
団長は選んだんだ。
100人の仲間の命を
切り捨てることを選んだ」


うん、そういうことだよね。

こちらではエルドがエレンに告げている。
「エレン、お前はまだ知らないだけだが
それも今に分かるだろう。
エルヴィン・スミスに人類の希望である
調査兵団が託されている理由がな」

リヴァイがあれほど信用しているぐらいだからと
ペトラが明るい顔。
「それまでてめぇが生きていればの話だがな」
もぉオレオったら。

エレンはまだモヤモヤしてるみたいだけど、
アルミンは、きっぱりとジャンに言い切ってる。
確信してることがある、と。

「何かを変えることの出来る人間が
いるとすれば
その人はきっと、
大事なものを捨てることが出来る人だ」

まず、ピクシスね。
そしてイアンも…か。

イアンは自分の命をも捨ててしまった…。
でも彼があの時、自分達を犠牲にしてでも
エレンを護ると決断、指示しなければ、
壁の穴は埋まらなかった。

化け物をも凌ぐ必要に迫られたのなら
人間性をも捨て去ること出来る人。
そうね、エルヴィンはもはや鬼と化してましたよ。
鬼になるしかないんだよね。
傍で見ていなくてもアルミンには分かってるのね。
キミは凄いよ。
いずれエルヴィンの頭脳面での片腕、
参謀となるべきだね。

「何も捨てることの出来ない人に
何も変えることは出来ないだろう!」

アルミン、カッコ良いわー。

アイキャッチは、
対特定目標拘束兵器について。
女型の身体に撃ちまくったアレですね。
前回、なんと書けば良いか困ったんだよ。
そんな名称だったのね。
なになに?
 積載している樽の中には七本の鉄の筒が
 敷き詰められており
 その筒には矢じりを両端に付けたワイヤーが螺旋状に
 内包されている


だそうです。

団長はまだ鬼の形相で、そのワイヤーを女型の身体に
撃ち込む指示を出してる。

ハンジが嬉しそうです。
もうこれでかゆい所があっても掻けない。
いやその前に、彼女は両手で項を護ってるから
掻けませんけどね。

傷を塞げば塞ぐほど関節がより強固に固まっていく
仕組みだそうで。
しかし肝心の中身はまだ出せないらしい。
リヴァイとミケが同時に女型の手を斬るも、
斬る瞬間に手が変化して斬れない?

身体の一部の表面を硬質な皮膚で覆うことの出来る能力を
備えてるようです。
そんなの反則だー。
鎧の巨人も、そういう性質なのか。

それでも攻撃を続ければ弱っていくのかどうか。
それを試している時間もない。
エルヴィンは女型の手を吹き飛ばすことにします。
中身ごと吹き飛ばしてしまう可能性を
部下が示唆すると、手首を切断するように仕掛けるよう指示。

「合図を送ったら一斉に仕掛ける」

下で準備を進める中、リヴァイは女型の頭に乗ったまま
いい加減出てきてくれないかと話しかけていた。

この状況から抜け出すことが出来ると思っているのか。
部下達を色々なやり方で殺していたが、
あれは楽しかったりするのか。
自分は今、楽しい、とリヴァイ。
「なぁ、お前もそうだろう?
お前なら、俺を理解してくれるだろう?」

煽ってるーっ。

一つ訊きたいことがあった、と
更に話を続ける
「お前の手足を切断しても大丈夫か?
また生えてくるんだろう?
お前自身の本体の方だ」
リヴァイの目が怖いぃぃ。

「死なれたりしたら、困るからな」
ひぃぃぃぃーっ。

リヴァイの怒りは半端ない。
あれだけの部下を犠牲にして、
それでも振り返らず走るしかなかったんだものね。

っと、いきなり女型が雄叫び上げだしたよ。
凄い声だな、おい。
獣の吠え声みたい。

で、これは巨人達を呼ぶ声だったのね。
ミケの鼻がすぐに捕えた。
全方向から多数の巨人が同時にここへ向かってきている。

囮やってたジャンやアルミンも動揺する。
巨人達はもはや彼らを無視してどんどん森の中へと走っていく。
エレンの時もそうだったよね。
人間よりエレン巨人を、巨人どもは食いたがる。

ここを通すなと班長に言われて、コニー達新兵も
戦闘開始ですよ。
ミカサも剣を抜き、向かおうとしますが
「待ってください!」
サシャが青ざめた顔で止めた。

さっきの悲鳴は聞いたことがある。
追い詰められた生き物が全てをなげうつ時の声。
「狩りの最後ほど、注意が必要だって教えられましたっ」

サシャは以前、森の中で生活してたのか?

「だから…注意しろと?」
「いつもより百倍注意してくださいっ。
森舐めたら死にますよ貴女っ」
こんな時ですが、サシャがやっぱり面白い。

「私も山育ちなんだけど」
「野菜作ってた子には分からないですよーっ」
あははは。

-確かに、サシャの勘は結構当たる。
 それも
 主に悪い勘の時だけ


ぐるるるるる…なサシャが笑える~。
どんだけ野生児。
キミこそ追い詰められた生き物のようだぞ。

-アルミンは中列後方に
 エレンが居そうだって
 言ってたっけ


ミカサは、まずそこの心配ですね。
ブレないねぇ。

ミケの鼻はほんとに利くわね。
東側から近づく巨人達が、一番早いそうよ。

エルヴィンは、荷馬車護衛班に迎撃を指示しますが
3体近づいて来た巨人は、
護衛班達をスルーして突進してきました。

目的は女型ですね。
彼女に向かってまっしぐらですよ。

「おいてめぇ、さっきなんかしやがったな」
リヴァイはまだ女型の頭に乗ったまま、
その足でゲシゲシと頭を踏み叩く。

めっちゃ機嫌悪い顔でワイヤー飛ばし、
目にも止まらぬ速さでザクザクザクっと
近づいて来た3体を斬りつける。

速ぇぇぇぇっ。

全方向から巨人が現れ、女型を取り囲みました。
彼女を死守すべく、皆、飛び出して行き、
切って切って切りまくりますが
キリがない感じですな…。

エルヴィンはついに撤退を指示します。
「陣形を再展開、カラネス区へ帰還せよ!!」

あぁ…悔しい。
悔しいよ。

「やられたよ」
エルヴィンのこぼした言葉に
リヴァイが思わず
「なんて面だ、てめぇ、そりゃ」
うん、酷い顔してるわエルヴィン。

「敵には全てを捨て去る覚悟があったということだ」
まさか自分ごと巨人に食わせて情報を抹消するとはね。

審議所であれだけ啖呵きったのに、このザマ。
「このままのこのこ帰ったら
エレンも俺達もどうなることか」
些細なことですが、リヴァイ、
自分達の立場の心配より先に
エレンの名が出るのね。
愛情感じるよ。

それは帰ってから考えるってさ。
今はこれ以上の損害を出さずに帰還できるよう尽くすのみ。
「今はな」

死骸の蒸気で視界が悪い。
信号弾の連絡に支障が出かねない。
そんなことを考えながら、
エルヴィンは超大型巨人が出現した時のことを
思い出している。
一瞬で消えたんだよね。
あの時も、つまりは中の人間が本体に戻って
逃げたと思われる。

ということは、この女型だって、ねぇ…。

自分の班を呼んでくると行きかけたリヴァイを
エルヴィンが止める。
「ガスと刃を補充して行け」
時間が惜しいとリヴァイが返す。
「十分足りると思うが、何故だ」
「命令だ、従え」
「了解だ、エルヴィン。お前の判断を信じよう」

これが、良かったのか、悪かったのか。
多分、リヴァイのためには、
補充しておいて良かったという展開になるのだろうけど
もしこの時、補充せずに彼らの元へ急いでくれたら…と
思わずにはいられない。

青の煙弾が森の中から何発も上がる。
青が撤退命令なのね。
「馬に乗って帰れってさ」
ナナバさん、青の煙弾にそこまでの意味が?

「帰れる!!やった!!」
おい、コニー…。

ミカサはエレンのことしか頭にないし…。

森の奥で煙弾を確認したリヴァイ班。
馬に戻って撤退の準備だとグンタが声をかける。

オレオは中身の人間の顔を拝みに行こうと言いますが
彼女はもうあそこにはいませんよ。

本当に女型の中にいたヤツの正体が分かったのか。
半信半疑なエレンに、
エレンのおかげだとペトラ。
いやエレン、何もしてないし…。

「私たちを信じてくれたでしょ。
あの時、私達を選んだから、今の結果がある」
まぁ、確かにそうだけど、
あれはむしろ選ばせようとしたリヴァイが凄いのであって
本来有無を言わさず進むところでしょうに。

「正しい選択をすることって
結構難しいことだよ」
それは褒め過ぎだ。
ペトラってば、良い人だなぁ。

「おいあんまり甘やかすんじゃねーよペトラ」
あらオレオ、そこはちょっと同意見。(笑)

でもなにそのポーズ。

それにその一言ぐらいで済ませておけば
まだ締まりがあるのに、
エレンはみっともなく
ギャーギャー騒いでいただけとか
余計なこと言うからウザイ人になるんだよ。

最初は生きて帰れれば上出来の調査兵。
だがそれも作戦が終わるまでは評価できない。
「いいか、かぎんちょ、
お家に帰るまでが
壁外遠征だからなぁ」

その言葉は重いわオレオ。

エレンはうんざり顔で
「わかりましたって!」
ははは。

オレオとペトラって、
初陣でおしっこ漏らしたんですかー。
エルドがあっさりバラして
ペトラがぎゃーと叫ぶ。

「ちなみに俺は漏らしてないからな、エレン」
エルド、なにげに自慢。

「ばかめ!俺のが討伐数とかの実績は上なんだが!?
上なんだが!?ばーか」
オレオも吠える。
あははは。

討伐数だけでは兵士の優劣は語れないと
エルドは涼しい顔。

「ペトラさん空中でまき散らしたってことですか」
そんな質問してやるなよエレンーっ!
デリカシーないなぁ。

いい加減にしろと、先頭行くグンタが怒鳴る。
ピクニックに来てるんじゃない、ここは壁外だと。
そう叱っておきながら、
「ちなみに俺も漏らしてないからなエレン」
なんて言っとくグンタが可愛いです。

このつかの間、
仲間内で馬鹿言い合えるのっていいよね。
エレンとリヴァイ班4人の関係が
少し良くなって。
でもこんなの見せるってことは、
和んで喜んだ分、倍増しの絶望を
この後、味あわせる気なんだよね、
この作品は、きっと…。

あ…フードを深く被った兵士が一人。
緑の煙弾を撃ちあげた。
それを見たグンタはリヴァイからの連絡だととらえる。
「兵長と合流するぞ!
続きは帰ってからやれ!」
続き、まだやるつもりなんですかね。

グンタは緑の煙弾を撃ちあげる。
それを確認したさっきの兵士は、
持ってた煙弾用の銃を捨て、剣を抜いた。

それはリヴァイ班の居る場所へと
その体勢で向かうってことですよね。
つまり貴方は、彼らを殺しに行くんですね。
同じ隊服を着た敵。
こんな怖いことないよ。

貴方、さっきまで女型の中に居た、彼女ですか?
エレンは巨人化解けると、体力消耗して動けないのに
どうして貴女はそんなビンビンに動けるのよ。

こちらは既に馬を走らせてるエルヴィン達。
時間がないのに何故リヴァイに補給をさせたのかと
ハンジが不思議がってる。
女型は巨人達に食われたが、中の人間が食われるところは
見ていない。
以前ハンジが言ってた推論通り巨人化を解いた後も
ある程度動けるタイプだとすれば…。
また、あらかじめ立体起動装置を付けていたとしたら
女型の中にいた人間は…。

エルヴィンの懸念通り、
そいつは今まさにリヴァイ班に接触しようとしている。
グンタはその姿を目にし、リヴァイと思って合流した相手が
彼ではないと気づく。
「違う!誰だ!」
とたん、相手は木々の幹を飛び歩くようにUターンして
グンタへと向かい、2本の刃で彼の身体を斜め切り。
いやぁぁぁぁぁぁ!!!

一瞬何が起きたか分からなかったエレンたち。
慌ててワイヤーぶら下がり状態のグンタのもとへと向かいますが
グンタは既に…。

うわぁぁぁぁぁ!!
グンタぁぁぁぁぁぁ!!

ED~♪
great escapegreat escape
(2013/08/21)
cinema staff

商品詳細を見る


次回予告。

そうですか。
彼女は、また女型巨人になるのか。
というか、さっき解いたばっかなのに
もう巨人化出来るんだね。
パワフルだな。
エレンとの差はなんなんだろうね。

リヴァイ班が彼女と戦うのね。
もう、怖くて次回見れないよ。

エンドカードは、荒木宰先生。
花を背負った女子たち~。
って右端はハンジですよね。
原作では一応性別曖昧にしてると聞きましたが
やっぱ女なの?

こんな時でも食ってるサシャが笑えるわね。
バケット一本食いとはさすがです。


ラバーストラップコレクション 進撃の巨人 (キャラクターストラップ) BOXラバーストラップコレクション 進撃の巨人 (キャラクターストラップ) BOX
(2013/12/31)
壽屋

商品詳細を見る


進撃の巨人 地下室の鍵 ネックレス チョーカー おまけ付き!進撃の巨人 地下室の鍵 ネックレス チョーカー おまけ付き!
()
LEPRECHAUN

商品詳細を見る




前回までの感想
#1-6
「進撃の巨人」#1~6見ましたよ~。【5/17ちょい追加】
#7
「進撃の巨人」#7 この筋肉質な巨人って…。
#8
「進撃の巨人」#8 どういう仕組みなんだろ。
#9
「進撃の巨人」#9 ミカサとアルミンは凄いね。
#10
「進撃の巨人」#10 うるっと来ました。
#11
「進撃の巨人」#11 ほら、いわんこっちゃない。
#12
「進撃の巨人」#12 アルミンがカッコ良くて泣けて、
ジャンがカッコ良くて惚れて…あれ?

#13
「進撃の巨人」#13 泣いたよ…毎回泣いてるけどさ。
#14
「進撃の巨人」#14 変人たちの巣へ、ようこそ。
#15
「進撃の巨人」#15 変態すぎる…。
#16
「進撃の巨人」#16 ジャンがイイ。
#17
「進撃の巨人」#17 ジャンが主人公でいいよね。(あ)
#18
「進撃の巨人」#18 遊んで殺すなーっ!!
#19
「進撃の巨人」#19 兵長がカッコ良過ぎて堪りませんっ。



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

進撃の巨人 第20話「エルヴィン・スミス-第57回壁外調査④-」

【数多の犠牲を払いながら、ついに巨大樹の森で女型の巨人を拘束兵器で捕えることに成功した調査兵団。作戦の本来の目的を知らされていなかったほとんどの兵団員は、ようやくエルヴ...

決断 と 覚悟

絶滅動物! なんということでしょう・・ 『進撃の巨人』 #20 エルヴィン・スミス -第57回壁外調査?- まだ油断は出来ない・・ 念には念を入れよと、女型の巨人を更に串刺しのガリバ

進撃の巨人 第20話 「エルヴィン・スミス-第57回壁外調査④-」

「何かを変えることの出来る人間がいるとすれば  その人はきっと 大事なものを捨てる事が出来る人だ」 エルヴィン団長の真意に気付いたエレンたち しかし捕えられた女型の巨人が

進撃の巨人 第20話「エルヴィン・スミス-第57回壁外調査4-」

多すぎる犠牲を払ったが、女型巨人を拘束した調査兵団。 しかし女型巨人が断末魔をあげ、巨人たちが女型巨人を抹消にかかる。 その数に対抗できずに、巨人の中の人間を捕える作戦

「進撃の巨人」第20話

女型の巨人、食われる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308250001/ 進撃の巨人 リヴァイ つままれストラップ[コスパ]《09月予約》価格:630円(税込、送...

コメントの投稿

非公開コメント

女型狡猾すぎる…(−_−;)

女型の行動を予測して対処するエルヴィンは優秀ですが、それでも情報不足感は否めませんね。
頭脳戦で一歩先んじられている感じです。
事前にもっと巨人の弱点を掴みたかったんでしょうが、あまりエレンに負担をかけられないし、そもそも天然物と養殖物レベルに性質が違うかもですしね。
それでも部分硬化なんて反則過ぎる(・_・;

女型の咆哮にテンパるサシャと、ローテンションのミカサが妙にズレた漫才になってますが、ベクトル違いに冗談が通じないアルミンと、天然もののデリカシーの無さを露呈したエレンの三人組は、端からは異様に見られていたかもですね。
それにしても年上美人先輩に何てことを(^_^;
でも考えてみれば104期生は、卒業の日に失禁する暇もない程の目に遭ってる訳で。
沢山の同期を失い、アルミンとミカサは食われかけ、エレンに至っては一度死んでいる訳で…この後の展開がコワ過ぎます…

そしてとんでもない方法で難を逃れた女型によって、とうとうリヴァイ班から犠牲者が出てしまいました。
よりにもよって兵長に偽装して襲ってくるなんて、これはもう許されない;
前に兵士の亡骸に謝罪していたような気がしたのは、記憶違いだったんでしょうか(><)

ソルトさんへ

ソルトさん こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。(^-^)

> 女型の行動を予測して対処するエルヴィンは優秀ですが、それでも情報不足感は否めませんね。
> 頭脳戦で一歩先んじられている感じです。

ですねぇ。

> 事前にもっと巨人の弱点を掴みたかったんでしょうが、
>あまりエレンに負担をかけられないし、
>そもそも天然物と養殖物レベルに性質が違うかもですしね。
> それでも部分硬化なんて反則過ぎる(・_・;

天然物と養殖物!!
上手いことおっしゃるなぁソルトさんっ。
ほんと、知れば知るほどレベル違いすぎて
人類もエレンも、ヤツらに勝てる気がしない…。


> 女型の咆哮にテンパるサシャと、ローテンションの
>ミカサが妙にズレた漫才になってますが、
>ベクトル違いに冗談が通じないアルミンと
>天然もののデリカシーの無さを露呈したエレンの三人組は、
>端からは異様に見られていたかもですね。

面白い三人組ですよねぇ。
タイプが全然違っていて、
普通に知り合ったら合わなさそうなのに
めっちゃ通じ合ってるし。
幼馴染ってのは、強いですね。

> それにしても年上美人先輩に何てことを(^_^;

ですよねぇ、いくらなんでも
デリカシーなさすぎ。
女の扱いも知らなさすぎですよねエレンは。
絶対モテないよ。
ミカサがいるからいいけどね。

> でも考えてみれば104期生は、
>卒業の日に失禁する暇もない程の目に遭ってる訳で。

ですよね。
班によって、多少の差はあるだろうけど。

> 沢山の同期を失い、アルミンとミカサは食われかけ、
>エレンに至っては一度死んでいる訳で…この後の展開がコワ過ぎます…

エレンは、腕と足は切断されたけど
呑み込まれて胃袋の中で巨人化したわけだから
正確には死んではいないですよね。
あのまま胃袋に長く留まれば、
先に飲み込まれてた兵士達同様
死んだだろうけど、その前に巨人化したから。

まぁ、周囲は死んだと思ってたでしょうけど。

> そしてとんでもない方法で難を逃れた女型によって、
>とうとうリヴァイ班から犠牲者が出てしまいました。
> よりにもよって兵長に偽装して襲ってくるなんて、これはもう許されない;

卑怯すぎて、もうこの怒りを
どこへ向ければ良いのか分かりません。
せめて早く、なんで彼らがこんなことをするのか
理由を知りたいです。

> 前に兵士の亡骸に謝罪していたような気がしたのは、
>記憶違いだったんでしょうか(><)

謝ってましたよね。
私もしっかり覚えていますよ。
巨人化すると性格変わっちゃうんでしょうかね。
いや…性格はあんなもんか。
容赦ないクールな人ですよね。
違うのは残虐性か。

ほんと項開いて引きずり出して
聞きたいよ、彼女に。
どんくさい私のことだから
引きずり出したとしても、
立体起動で、ひゅーっと逃げられそうですが…。
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR