DVD「SOUND THEATRE X 夏目友人帳 ~集い 音劇の章~」感想その1♪

2/5発売した音劇+新作OVA。
全部見たのですが、
感想が遅れています~。

夏目友人帳 いつかゆきのひに(完全生産限定版) [DVD]夏目友人帳 いつかゆきのひに(完全生産限定版) [DVD]
(2014/02/05)
神谷浩史、井上和彦 他

商品詳細を見る


音劇の感想は、
ざっくり書くつもりでいたのですが、
見乍ら書いていたら
けっこう台詞とかも拾って
どんどん長くなり…
数日に渡ってちょこちょこ
書いておりましたがちっとも終わらない…。

あまりに時間掛かり過ぎて
長くなってきたので、
2記事に分けようと思います。
とりあえず書けた、
第一幕と第二幕の昼の部の方だけ
上げておきます。
夜の部はまた休日にでもなんとか…。

★SOUND THEATRE X 夏目友人帳
  ~集い 音劇の章~


第一幕 音劇版「儚い光~きずな~」
第二幕 (昼の部)「守り犬」
    (夜の部)「偽り神」

<スタッフ>
原作:緑川ゆき(白泉社「月刊 L a L a 」連載)
脚本・演出: 藤沢文翁
音楽: 吉森信

<出演>
夏目貴志:神谷浩史
ニャンコ先生/斑:井上和彦
田沼要:堀江一眞
西村悟:木村良平
北本篤史:菅沼久義
一つ目の中級妖怪:松山鷹志
牛顔の中級妖怪:下崎紘史
ホタル:桑島法子
杉野章史、犬、崇徳院:浜田賢二
少女・サヨ:寺崎裕香

<演奏>
ピアノ:吉森信
バイオリン:室屋光一郎
バイオリン:伊藤彩
バイオリン:浜野考史
バイオリン:森本安弘
ビオラ:島岡智子 
チェロ:岩永知樹
クラリネット・バスクラリネット:豊永美恵
パーカッション・ボイス:関根真理



昼の部と夜の部で、二幕の演目が違っていたのですね。
ネッ友様は、それで両方行かれたそうで…。
凄いわ~。
羨ましい限り。
でも、こうしてDVDにしてくれて、
当日観に行けなかった我々も見ることが出来るってのは
幸せですね。

音楽と朗読…というか映像のない声の演技で
どんな感じになるのかな、
生体験できずDVDで見てる我々にしてみれば、
演奏が豪華なドラマCD、みたいな感じかなと思ってましたが
伝わってくるものが、
ドラマCDとはケタ違いでしたね。

暗いステージから、ぽろりと吉森さんのピアノの音が
こぼれ出すと、
一瞬にして、夏目の世界にトリップです。
続く弦の調べ。
良く知る、
耳に心地よく
優しいメロディ。
アニメ映像がなくとも、
夏目の住むあの街の、山々や、畦道が
目の前に広がります。


【第一幕 音劇版「儚い光~きずな~」】

「儚い光」といえば、ホタルの話のタイトルですが、
あの物語をまるまる再現するのではなく、
夏目が思いだす形で表現されています。

「小さい頃から時々、変なものを見た…」
といういつもの夏目の語りから入り、
ニャンコ先生との出会いや、
西村、北本との関わりも、
演奏の合間合間に、
シーンを断片的に切り取ったような
モノローグと短い対話で
綴られていきます。

ニャンコ先生と散歩していて
ふとうたた寝してしまった夏目。
夏祭りに行こうと誘いに来た
北本、西村とともに
迷子になった先生をまず探すわけですが、
周囲に妖の気配もなく
ひょっとして自分が見えなくなったのでは…と
不安がよぎる。

夏目ったら、
昔は見えることが嫌で仕方なかったのに
いや今でも、面倒だとは思っているのに
見えなくなってしまうことに
最近は怯えてもいるよね…。

でもね、夏目。
思い出してみよう。
斑は見えなくなったとしても
ニャンコ先生は見えるぞ。 

迷子になった…
「迷子ではないっ!」
はいはい。
はぐれた先生は、田沼と遭遇。
田沼と先生のやりとりも好きなんだよねぇ。
堀江さんと和彦さんの間で
出来ている空気が既にあるから
田沼と先生になった時に
それが良い感じに作用されてる気がします。

章史とホタルの
あの切ない台詞をこうして生で聴けるって
(DVDだから生じゃないかもだけど)
感動ですわぁ。
章史なハマケンさんは、
ほんわり柔らかめヴォイスなので
今聞くと、木吉声だなと思う。へへっ。

見えていた頃、二人で過ごした日々。
線香花火や自転車の2人乗り。
ホタルの笑い声が明るくて楽しそうで
章史の声が、とても暖かくて…

だからこそ、見えなくなった時の
章史の叫びが胸に痛い。

「出て来てくれ!
俺の傍に…ホタル…
ホタル…出て来てくれ…
俺の事…嫌いになったのか?」

半泣きで声を震わす章史に、
「…きよ…好きよ…」
ホタルの絞り出すような声は届かない。

ハマケンさん、桑島さん、
章史とホタルそのものです…。(泣)
二人の張り裂けんばかりの
相手への想いが
伝わってくる。
「俺の事…嫌いになったのか?」
の言い方が、凄い良いんだもん…。
余計、切なくて
泣けました。

虫の姿でも良いから会いたいと
沼へ向かったホタルを追う夏目に
じれったいと先生が斑へと変化する。
和彦さんの切替りぶりが素晴らしい。
音楽の手伝いもありますが
どろんと変わった斑の
優美で大きな身体が
見えるようだよ。

ホタルが一斉にふわ~っと舞うシーンの演出、
綺麗ですね。
現場に居たら、
「うわぁ…」って感じだったでしょうね。


西村、北本とのやりとりは、
アニメ化されていない
コミックス16巻収録の特別編、
「西村と夏目」「北本と夏目」からのカットでしたから
もう嬉しくて、嬉しくて。
短い対話部分だけでも、
原作読んでる者なら、
一連の流れと
西村、北本の心情を思い出す筈。
特に西村の方は、
うるっと涙沸いてきましたよ…。

これは原作読んだ時も泣けてねぇ。

こうしてちらっと聴かせて貰えたのは
幸せだけど、
こうなるとやっぱり
あれらの話をちゃんと
生きてる彼らで見せて欲しいと思いました。

中級二匹にも会えて嬉しいなぁ。
もう松山さん下崎さんの顔が、
一つ目と牛顔に見えちゃう。
ふふふ。
この御二人もそのものですよねぇ。

見えることで、
夏目は、
子供の頃から随分と
辛い思いをしてきた。
でも、今は、人の友人も
妖の友人もいる。
どちらもかけがいのない存在。
夏目は、その両方を
大切にしたいと思ってる。
サブタイトルの~きずな~は、
そこの部分ですね。

第一幕は約40分でした。


【第二幕 (昼の部)「守り犬」】


学校帰りの夏目達。
さっきから気になっているんだが、
と田沼。
「後ろの茂み、
俺達、つけられてるぞ」
誰にと夏目が神妙に訊くと、
にゃあ~ぉお~ぉ~と変な鳴き声。
「ポン太に」
ふふふ。

田沼のポン太呼びが
私はとても好きなのですが、
堀江さん、
ほぉんと田沼だなとつくづく思うわ。
(どんなだ)

茂みがいつまでもガサゴソ。
どうやら犯人は先生だけじゃなく
子犬と遭遇。
北本西村をメロメロにさせる
可愛さのようですが
先生によるとこれは、妖らしい…。

妖なのに何故西村達に見えるのか。
それは先生同様、
犬の形としたものを依代としているから、
だそうで。

「同じ依代で、
こうも可愛さが違うものか」

あはははは。
夏目ぇ、そんなしみじみと。
「なんだとー!!
私は一部でとても人気があるのだぞ!」

会場からも笑い声が上がってる。

そうそう、グッズ売れまくりですものねぇ。

北本が犬の飼い主を見つけてきました。
犬の名は、くーちゃん…だそうで。
散歩の途中でいつも走り出してしまう。
皆がくーちゃんの為に水を汲みに行くと
くーちゃん、夏目に向って
しゃべりだしましたよ。

…おっさん声で。(笑)

「外見と声のギャップが凄いな」
外見知らない我々も、
さっきのくぅんくぅん声や、
西村達のメロメロっぷりで
さぞや愛らしい姿を想像してますから
「うおあえっ!?」
と思うぞ。

ちなみにくーちゃんの中の人はハマケンさんだ。
章史とのギャップも凄いぞ。

着ぐるみ脱いだら中からオジサンが出て来た気分だと
夏目がまた観客を笑わせてる。

妖の正体は、守り犬。
昔は子供が生まれると、その子供の魔除けに
犬の置物を置いたそうな。
香木で作られた犬の置物だったので
くーちゃん妖からはお香の匂いがするってわけ。

本物のくーちゃんは交通事故で亡くなり
飼い主の少女は泣き暮らしていた。
この妖は、宿無しの妖で、
少女の家に住み着いていたのだが
気が付くと守り犬の中に閉じ込められ
出ようとしても出られなくなった。

ただの人間でも子供の頃に
とんでもない力をもってしまうことがある。
少女は亡くした犬に会いたい一心で
守り犬に魂を呼び寄せてしまった。

もう少女の力は弱まっているのに
妖は出て行かない。
この姿の方が食いはぐれないから、と。

でも散歩のたびに逃げ回ったりして
ちょっと変ですよね。

理由は、少女を危険から遠ざけるためでした。
偽くーちゃん妖を呼び寄せたように
少女は壊れた掃除機のように
妖達を引き寄せてしまうらしい。
でもそんな自覚はないだろうし、
コントロールも出来ない。

だ、彼女の力は一過性の物だから
そのうち消える。
偽くーちゃん妖も
それは分かってる。
ならば何故と先生が問う。

情、ですよね。
守ってるつもりはなく、
やばくなったらいつでも退散するつもり。
いつまでもこんな猿芝居は
やってられない。
あの子が好きなのかと夏目に言われて
ガラでもないと否定する妖。
乱暴な言葉の中に、
それでも情が十分感じられる。
さすがハマケンさんだ。

「俺は所詮、偽物だ。
死んだ犬の代わりにはならん。
あの子もいつか、それを理解しなくては…」

口調など、ガラの悪い妖だけど
まともなんだよね、コイツ。
代わりにはならないと言う声が
少し寂しそうになってるの、
自覚してるかい?お前。

弦が落ち着かない音を奏で始める。
また怪しい雲行きになってきたのですね。

翌日。
田沼は昨日の犬はやはり変だったと
夏目は話を振る。
やはり感じるものがあるわけよね、
田沼には。
夏目は事情を打ち明け
心配する田沼に少女は大丈夫だと告げる。

そう、少女は大丈夫。
心配なのは、あの妖の方…。

風が吹くと、くーちゃんは走り出していく。
さっき、いつもより強い風が吹いて、
また吠えながら走って行ってしまったと
少女と北本西村が探してる。

強い風。
それはきっと良くない妖だね。
偽くーちゃん妖は、
少女にそれを近づかせないために
自分に引きつけて、
その場を離れるため
いつも走り出していたわけだ。

でも今度のは数が多かったようで
偽くーちゃん妖もピンチ。

焦った偽くーちゃん妖は、
逃げ回ってるうちに元の場所へと戻って来てしまい
少女と遭遇。
思わず、叫んじゃいます。
「早く逃げろ!
俺の努力が無駄になるだろっ!」
「しゃ…しゃべった…」
少女もビックリだよね。(笑)
愛らしいくーちゃんからオッサン声。

それでも離れない少女。
もう普通の犬じゃないと分かるだろうと
偽くーちゃん妖も諭しますが、
もういなくならないでと、
少女は聞かない。

ちょっかいだしてる妖達が今度は少女を傷つけ、
偽くーちゃん妖は、ついにキレる。
一番やっちゃいけないことをやったな、と。
「俺の飼い主に手を出すんじゃねぇ!」

飼い主、ね。

偽くーちゃん妖は、本物の守り犬じゃないから
戦うことは出来ない。
だから自分に引きつけて
ただ逃げ回っていた。
少女を守るために。

妖達をおっぱらったのは斑だろうに
偽くーちやん妖がおっぱらったことに
してやるのか。
優しいな、先生。

妖は自分が依代から
出られないことに気づく。
一体化してしまったようです。
犬のままで消える。
なんとかならないかと夏目が先生に訊くが、
「いや、これでいい…
これがいい」


この言葉にグッと来ました。
うう。

どうしてこんなことになったのか。
ケチな妖怪だったが
これもいいかと納得してる。
少女が目を覚ましたら
騙していてすまなかったと
伝えて欲しいと頼むが、
「知ってたよ…」
あ、聞いてたのね。

「だって…くーちゃんは、メスだもん」

うっわー!
あははは。とんだオチだ。
泣けるくだりなのに、
笑えたじゃないか。

「ありがとう…
嘘をついてまで一緒に居てくれて」

う…泣ける。

「泣くな」
いやー、ハマケンさん、その言い方と声、ずるい。
「俺の、最期の時ぐらいは」

あぁ…逝っちゃった。

これは、いつも物語終盤に流れるこのメロディ。
切ない結末でも、悲しいだけじゃなく
何か心に灯ったものを
ハラハラと泣きながら
でもふふと少し笑って
大事で掌で撫でてるようなメロディ。

嘘の下手な犬だと先生がぽつり。
そういう先生も何故あの時、
嘘をついたのか。
「武士の情けというではないか」
武士じゃないし。

「先生だって、つくじゃないか。
優しい嘘を」
ふふふ。

中級達によると、犬は魔を祓う力があると信じられ
犬を象った人形を子供の枕もとに置いたそうだと
中級二匹の真似しつつ喋る先生が笑える。

その子供に災いが襲い掛かる時、
それは身を張って
子供を守ることがあると言う。
あの妖は偽物でしたが、
その通りのこと、やってくれちゃいましたね。

田沼達が探しに来ました。
夏目の頭は笹の葉だらけだって。
走り回ったからね。

妖にも色んなヤツがいる。
悪さをするやつもいれば
傷だらけになりながら
嘘をついてまで
誰かを守ろうとする者もいる。

 あの妖は気づいていたのだろうか。
 もはや自分は偽物ではなく
 本物の…。


そうだね。
本物以上に本物だったね。

良い話でした。
もちろん原作にはないオリジナルですが
「夏目友人帳」の世界にあるだろう物語ですね。


夜の部と総評(?)は、感想その2をお待ちください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR