LaLa7月号情報1~「夏目友人帳」連載再開♪【つきひぐいの章】感想です。

LaLa7月号、買ってきましたよ~。

って、いつもならここにAmazonのリンク貼ってたんですが
なんか貼れなくなったみたい?
以前からちょこちょこあった不具合で貼れない、ではなく
貼ること自体が停止になったようです。
ちょっとよく分かんないのですが…。

ちぃーと調べてみますー。

うーん、どうも、
自分で、アマゾンアソシエイトへ行って、
ソースコピって勝手に貼れってことらしい。



あ、なんとか貼れました。

今月号は「夏目待ちに待った」本編再開なので、
いそいそと本屋行きましたよ。
発売日の前日が土曜日なので、
今月は22日に書店に並ぶので、
早く読めてラッキーです。

で…
22日中に簡易で感想書いてUPするつもりで
書きかけていたのですが、
書いてるうちに、やっぱ「夏目」はあんま、簡易で書けなくて~
長くなって~
今日になってしまいました、ごめんなさい。

コミックス派の人はネタパレになるので、
ご注意くださいね。




【つきひぐいの章】
巻頭カラーで45Pです。
読みごたえありました。

今回のお話は、なんと夏目がちっちゃくなっちゃって
ニャンコ先生のことも、田沼、多軌のことも
彼らと自分との関係も、分かんなくなっちゃう話です。
これは先生には、痛い。
プリプリ怒ってたけど、堪えたんじゃないかな。
先生の気持ち考えると、
切なくなる話でもありました。


まずは夏目と先生がお団子買いに走ってるシーンから始まる。
塔子がお客様用に買っておいたお団子を、
先生ったら食べちゃったらしい。
「お前の机の上に置いてあったら
おやつかな ♡ って思うだろうが」


いやいやいや。
6本もあったんだし、客用と分かるだろ。

川の土手を走ってたようですが、
どこからか、ごわん、ごわんと変な音。
古い壺を除いたら頭が抜けなくなってしまって
困っている妖に出くわしました。
夏目に壺を取って欲しいと訴える。

まぁ、夏目のことですから、
助けちゃいますわね。
で、その妖、つきひぐいが、お礼をしなきゃってんで
「若返らせてさしあげよう」

へ…?
何故、そうなる?

余計なことはするなと先生が叫ぶも…
振り返ると夏目がちゃっちゃくなっていた…と。

ちっちゃくといっても、小学生ぐらいかしらね。
服は、がばがば。
驚く先生に、夏目は、
「わー!?へんな猫が喋ってるー!?」
これはショックですよねぇ先生。

あげく、たぬきのおばけとか言われちゃいましたよ。

先生ったら、夏目の記憶が混乱しているのを良いことに、
若干嘘の情報も加えつつ、
とりあえず夏目が、本当は成績は平均な
彼女ナシの高校生で
藤原家に居候中という現状を伝える。

こんな姿じゃ家へも戻れません。
さぁ困った。
名取の所へ行くかと彼を思い浮かべた先生ですが
「だめだ、何かこれっぽっちも役に立つ予感がしない」

あはははは。
確かにな。
こんな姿で会いに行ったら、
おまけに困って頼って来たと聞けば、
きっと大喜びはするだろうけど。

そこへ丁度通りかかった、田沼と多軌。
何とかしてくれと、先生、飛びつく。

夏目は田沼達のことも分からない。
「おれのこと…知ってるんですか」
怯えた眼で見られたら、
田沼も多軌もショックだったろう。

でもさすが田沼だわー。
自分達は、夏目が妖を見えるってことを知ってる。
「おれたちにはそういうことを
夏目が話してくれる仲なんだって
…それだけでも信じてもらえないか」


キュンときましたよ。

とりあえず、田沼の家へ行くことになりました。
田沼の家がお寺だと知って
凄いと目を輝かせる夏目が可愛いけど
田沼的には複雑だね。

あ、「田沼さん」とか言われたから、
微妙な顔したのか。

なんか…三人並んで歩く後姿が、
子連れ夫婦みたいだぞ。

歩きつつ、夏目はこの道を知ってる事に気づく。
この畑にはレンゲがいっぱい咲くのではないか、と。

レンゲ畑で花冠作ったこともある。
神社には祭りで行ったし、
西村達と釣りをした川もある。

二人からそんなことを聴かされた夏目は、
「まるでおとぎ話みたいだ」
そうね、こんな歳の頃のキミは、
いつかそんな日が来るなんて
思っても見なかったでしょうね。

「ううん、夏目くん、本当のことだよ。
みんな本当なんだよ」


多軌の優しい声が、聞こえてくる。
どんな声で彼女が告げたか、
その空気も、
伝わってくるよ。

田沼の家に着いて、状況を整理します。

つきひぐいは、旅をしながら古民家や蔵に泊まり込み、
出て行く時は、お礼にその家の古くなってしまったものをひとつ
新しくして去って行くらしい。
人や獣を若返らせる力もあるとかで
血眼になって探している呪い屋もいたという噂の妖。

夏目は助けた礼で、若返ってしまった。
年寄なら若返れば嬉しいだろうが、
夏目ぐらいの年齢じゃ、子供に戻ってしまってかえって迷惑なんですが…
そこは人間の事情であり、妖にはあずかり知らぬところですわな。

そういう感覚の違いを見せてくれるからいいんだよな、
この作品は。

じゃあ、つきひぐいを見つけて、元に戻してもらおうと夏目。
それしかないわね。
さっきの場所へ探しに行こうとする夏目、
だったら自分達も、と腰を上げる田沼に、先生が
「待てい」

つきひぐいの顔も覚えていないガキと、
見えもしないガキが行ってなんになるのか。

…おっしゃる通りで。

夏目が子供になったことをここらの妖に知られるのも面倒、
田沼達にはここで夏目の子守をしていろと指示。

あー、確かに言えてる。
ここら辺りの妖達は、夏目が強いから大人しくしてるけど
ちぴになったと知ったら、友人帳も狙ってくるだろうしな。

先生、こういう時は頭働くよねぇ。

「私が特別に探してきてやる」

「-どうして妖がおれのためにそんなことを」

「きさまが元に戻らんと
塔子の夕飯も食いに帰れんからだ」


そうだね、塔子の料理食べれないのは大した痛手だね。
でもそれ以上に、困るからでしょ。
嫌だからでしょ。
夏目に、
こんな、自分を忘れたままでいられるのは。

外へ探しに行く先生が、ちょっと振り向いてこっちを見て
それからトトッと走って行くの。
この振り向いて見てる、そのひとコマに、
先生の心細さが垣間見えるようで、
なんとも言えない気持ちになりましたよ。

そんな先生の姿を、
夏目は窓から見ている。

田沼と多軌は、藤原家へ行く途中だったのね。
お団子食べる予定だったお客様は、
キミ達だったのか。

偶然通りかかるなんて出来過ぎと思ったけど
なるほどね。

もし自分達が通りかからなかったら
先生は夏目をどこへ連れて行ったのだろうか、
もし戻らなかったらどうなるんだろうか。
不安を口にする多軌。
きっと先生が上手くやってくれるだろうけど…。

カレーでも作ろう、と田沼が言い出す。
今日は夏目と先生、お泊りになるかもしれないし
先生が腹ペコで帰ってくるだろうしね。

田沼ー、さすがだわー。

夏目にも、カレー作るから手伝って、と多軌が声を掛ける。

先生はあちこちの妖につきひぐいの事を聞いて回るも
収穫はなし。
夏目のこと、もう放っておこうかとも口にする。
今ならすんなり友人帳も手に入る。
そうだよ先生、それさえ手に入ればいいんだよね、ほんとは。
その筈だったよね。

『あまり…近づかないでくれ、たぬきのおばけ』
言われた言葉を思い出しては、
先生、ムカムカしてる。

壺を見つけました。
壺の中の匂いを嗅いで、
鼻先を上に向けて、その匂いを探る。

「ちっ
ああ…見つけてしまえそうだな
つきひぐい」


どろんと斑へと変化し、やれやれと飛び立つ。

見つけれてしまうから、と自分に言い訳ですか。
先生ったら。

一方、カレー作ってる三人は、なんとも微笑ましい。
目をつぶって玉ねぎ切るのはやめてー多軌~。
田沼が何か落としてこぼし、夏目は雑巾を取りに走る。
そして初めて来た筈の家なのに、雑巾の場所が分かる自分に驚く。

「…本当なのかな
お祭りとか…釣りとか…」


二人は本当に友達なのか、と
ちょっとドキドキしつつも思い始めた夏目に
妖がチャチャ入れる。

窓の外からコンコンとノックする埴輪の影みたいな
数体の妖。
田沼と多軌はとても怖くて狡い妖で、
夏目を騙して食べる話をしていた、
ねこ(先生のこと)は、自分が食べられるのが嫌だから
夏目を騙して自分だけ逃げたと吹き込む。

助けてあげるからここを開けてと告げる。
「あの二人も
あのねこも
お前をだまして嗤っている」


「嘘だ、あっちへ行け!!」

夏目の荒げた声に、田沼がどうしたと声をかけて近づくも
夏目ったらぴゅーと逃げてしまいます。
多軌が声かけても、ぴゅーっ。
様子がおかしい、と二人して夏目を捕まえます、

何か見たのかと訊かれて、最初は首を振った夏目ですが、
人様の家で鬼ごっこなんて初めてで楽しいと多軌が笑い、
田沼もここに来るまでは家の中で追いかけっこなんか
したことなかったと笑う。
そうそう、夏目に関わってから、追いかけっこ多くなりましたよね田沼。
屋内でも屋外でも。

そんな二人を見て、本当は窓の外におばけがいたのだと
夏目が白状する。
それで…と話を続けようとしたところで腹の虫がぐぅー。

お腹空いてるの?
と訊かれて夏目は恥じらってぶんぶん首振る。

遠慮なんてしなくていい。
丁度、カップケーキがあるから食べよう。
カレーはもう少し煮込むし夕飯までには時間があるから。

これは夏目の家へ遊びに行く手土産に
多軌が用意していたもの。
夏目の家で、皆で食べる予定だったもの。

「遊びに-…?
おれの…家に…?」


ちび夏目には信じがたい事実でしょうね。

「あのねこが言っていたフジワラ…さんって人の家?」

訊かれて田沼は「ああ」と微笑む。
夏目の不安そうな、不思議そうな顔

藤原さんはどんな人なのか。
自分は嫌われていないのか。

そんなことを訊く夏目を、田沼はまっすぐに見つめて応える。

とっても優しい人達で、嫌われてなんかいないし
夏目がいつもすごく大切にしている人達だと。

夏目やニャンコ先生を、
大切にしてくれてる人達だと。

もう…ここもちょっとウルっときましたねぇ。

本当は色々思い出せそうだけど
思い出すと恐いことや痛いことがいっぱい戻ってくるようで
先生も多軌も田沼も妖で、自分をからかっているのではないか
そう思っていないと、きっとガッカリする。
だけど…
「本当だったらいいな。
本当だったら、早く戻りたいな」


もし元に戻れたら、こうして二人に遊んでもらったことを
憶えていられるだろうか。

田沼が微笑む。
「おれ達が憶えてるよ。
だから
早く戻ってこいよ夏目」


あ~もぉ。
なんか温かくて、いいなぁ、こいつら。

先生がやっとつきひぐいを見つけました。
着地が華麗ではありませぬ。
先生、かなり疲れてるっぽいな。

夏目を元に戻せと迫る先生に、
つきひぐいは不思議そう。
人も物も命短いのだから
若返り新しくなれた方が嬉しいものではないのか。

「新しくありたいか、月日を重ねたいかは
それぞれ違うもんだろう」


そうだね先生。
本当は、先生にとっては、
夏目が若返れば、
彼と過ごす時間が長くなって良いのかもしれない。
でも、先生が共に過ごしたい夏目は、
今の、先生を忘れた夏目じゃないしね。
それに…

「夏目様がどちらをお望みか、
おわかりで?」


うん、先生は分かってる。
夏目は藤原家に引き取られ、この土地に来て
やっと幸せになれた。
その幸せを知らない子供時代に戻すのは酷だ。

夏目、寝ちゃっていたのね。
枕と毛布もかけてもらって。
窓が開いて、先生が帰ってきましたよ。

随分お疲れの様子。
見た目もズタボロです。
田沼と多軌はカレーの仕上げ中で、
夏目は眠くなったので昼寝させてもらっていたのだと
先生に告げる。

術解きを頼んできたから、
日が沈むころには解けるそうだ。
「疲れたから私は寝るぞ」
うんうん、お疲れ様でした。

「そのうち倍にして返してもらうからな」
ふふ、先生らしいこと。

即行眠りだした先生に、夏目は起き上ってそっと触れる。
先生のボロボロぶり見て、思うところもあったでしょう。

「にゃんこせんせい
おれとせんせいは友達なの?」


目を閉じたまま、しばしの間を持って、
先生が返す。
「違うぞ
ただの腐れ縁だ」


ふふ。
そう言われた方が、ちび夏目には信憑性あって信じれるかも。

夏目は微笑んで、先生に寄り添ってまた寝ます。

カレーが出来たと田沼と多軌が呼びにきたら、
夏目の身体は元に戻っていましたとさ。

先生の寝相が悪いのと、
身体が大きくなったから毛布からすっかり手足が飛び出して
腹掛け程度になってるわー。

今回も、ちょっぴり切なく、だけどほっこりする話でした。
夏目に、先生が居て良かった、
田沼、多軌との距離が縮まっていて良かったと
つくづく思います。

田沼は、結構な修羅場も、夏目と共にくぐり抜けてるし
憑依体験もしてるしねぇ。
こんな事態になっても随分落ち着いててさすがだわ。

夏目は元に戻りましたが、
田沼達とカレーを食べて、
帰宅してまた塔子の夕飯、食べたかしらね。

先生は、食べたでしょうね。ふふふ。

来月は「夏目」は休みなので、再来月ですね。
待ち遠しいです。



スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

無題

感想の書き方が素敵。

通りすがりさんへ

> 感想の書き方が素敵。

ありがとうございます。(*´ω`*)
sidetitleプロフィールsidetitle

橘 瑞来

Author:橘 瑞来
4年続けた他ブログから
引っ越してきて、
5周年を迎える所なのに
未だ未整理で
申し訳ない限り(汗)
本宅notresは
2014年5月8日を持ち
閉鎖いたしました。


創作以外では、音楽、
アニメ、ゲーム、
声優サン好きで
美味しん坊デス。
現在ハマってるものは、
音楽は、OLDCODEX、
NCIS、theHIATUS、
GRANRODEO、VAMPS、
ONE OK ROCK。
アニメ、ゲーム、漫画系は、
新たにハマってるのは
刀剣乱舞。
どっぷりハマってるのが
夏目友人帳、うた☆プリ♪
後、最近は、進撃の巨人、
ハイキュー!!、七つの大罪
などが好きです。

※仕事が不定休に
なりました。
更新が更にまちまちに
なりそうです。(汗)

※当ブログで一部使用
している画像の著作権は、
作者、製作者、出版社、
放送局にあります。

sidetitle義援金募集sidetitle
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleアクセス累計sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle広告sidetitle
◇靴とバック通販のJavari.jp


sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleうたの☆プリンスさまっ♪ 関連sidetitle
★BD&DVD
うたの☆プリンスさまっ♪
マジLOVELIVE 5th STAGE


カルナイライブのDVDも
早く発売してくださーい!

★PSPゲーム
うたの☆プリンスさまっ♪
All Star After Secret
うたのプリンスさまっ♪All Star After Secret(通常版)


sidetitle夏目友人帳 関連sidetitle
★夏目友人帳 コミックス
>
21巻発売中♪

★DVD

◆蛍火の杜へ
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
感想はこちら

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)
愛蔵版の描き下ろし必見!

◇BD&DVD
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
sidetitle相互リンク様sidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR